FC2ブログ
Welcome to my blog

演技構成点

アピールは、芸術ではない。
芸術はアピールするけど。
『強い気持ち』は睨まない。
勇気とは、静かなものだという言葉は本当だった。


ネイサン、終始重力が十分の1程度のリンクで滑っているようでしたね。

全くどこまでもクールな男です。

それ、お腹が見えちゃうタイプの練習着だったよね?という衣装の疑問も吹き飛ぶ素晴らしい演技でした。

4回転を複数回跳ぶプログラムの過酷さの中で、ただ1人最後のステップで思い切り踊りきる体力を温存できていたネイサン。

男子シングルのフリーで、多くの選手が後半目に見えてスピードが落ち、ステップもスピンもその影響から逃れられない演技で終わる中、ネイサン・チェンは別格でした。

黄色の小山を軽々と越えて、メンタルの強さはショートの不敵な笑みでもわかってましたよね。


世界選手権、10代での2連覇はヤグディン以来だそうです。

おめでとう🏆🏆🏆🏆🏆🏆🏆


20190323214729774.jpg

ところでメインリンクで行われたFS直前公式練習のノートを、ジャッキー・ウォンがあげていました。

201903232153248bb.jpeg

羽生、宇野、リッツォ、ネイサンの4人の部分です。

これを読んでもショーマの調子が良くないことがわかります。
演技中、演技後の息の荒さを見ても体調が良くないことは明白でした。
とにかく試合が無事に終わって良かった。


直前練習の内容だけ見ても、ネイサンのジャンプの調子の良さが際立っています。

フリーでの羽生劇場の直後、演技を楽しむように滑るネイサンの身体のキレは、今シーズン1番だったのではと思います。

ネイサンのインタビューがテレビで流れると、低音の落ち着いた声が又素敵。


芯の強さを持つ人は、静かなものです。
饒舌でもなく、自意識過剰にも陥らない、メンタルの安定感がありますよね。


そのネイサンの情熱がほとばしるような最後のステップ。

身体の使い方の美しさは元々抜群ですが、彼の中で静かに何かが爆発したようでした。


本田武は阿呆なのか?

解説席で、ネイサンをジャンプが跳べてGOEが貰えるからすごい的な評価をしていましたけれど、ネイサンの評価は本来そこだけじゃないでしょ。

ハニューのオリジンについて、試合の後のスポーツバラエティーでタラソワさんが、『技術的に失敗することがあったとしても、彼の表現にかなうものはない』みたいなこと言ってましたが。

流石プロの目は違いますね。

あの足元のおぼつかないスケートで、今日の演技でさえSSも含め、演技構成点はネイサンの上。


PCSをどうしてここまで都合よく使う事ができるのか、不思議な程です。


20190323231412604.jpeg


タラソワさんは重鎮ですからね。
ロシアのね。




関連記事

Comments 4

りほ  
ワールド雑感

こんばんは。
いつも更新ありがとうございます。
ネイサン、凄かったですね!
難易度の高い技をあのジャンプ構成の合間にさらーっと入れてくるのがまたすごいです。真央ちゃんもそうでした。

ネイサン昌磨より彼の方が表現力やSSがあるから好きと、誰が言っても自分に嘘はつけません。(初めて聞いた時は本気で違うものを見ているのかと思いました)

私ももうずっとフィギュアがわかりません。
昌磨、コリヤダくんやボーヤン他のジャッジはあれでいいの?
坂本さんはまともにジャッジされたらもっと上だったのでは?ロシアにいいようにやられてない?(ロシア女子は皆一生懸命で好きです)トゥルシンちゃん、よくぞこのワールドでやってくれました!

また、ロマンくんとのデートをしょっちゅうネイサンに邪魔されてもたまに困った顔するくらいのマライアちゃんがそんなことするはずないわ!とか色々考えてしまいました(ネイサンのインスタフォローしてるファンは皆マライアがいい子だと知ってるはず。欠点のないクールなネイサンも気のおけないチームメイトには甘えてるのかも笑)ロマン・ポンサール選手もチームラファ一員のフランス選手でネイサンの親友です。ネイサンはマライアとも仲がいいです。
ラファはそんなこと許さないタイプに見えるし、何の得にもなりません。
正直、ネイサン無双しそうだからそっちから揺さぶってきたのかな?と妄想しそうになりました。マライアちゃんも理不尽な攻撃されてる中、良くやりました。ウンスはそんなことして、ラファのところにいられるの?

昌磨はいかにも足や体調が悪そうで心配でしたが3年間ずっと実力で表彰台に立ち続け、今日も3枠確保してくれて本当にありがとう。気迫の月光でした。ネイサンも昌磨もまたにはゆっくり休んでね。

彼の演技は久々に見ましたが、本当に久々に練習再開したのかな?と思ってしまいました。まっとうにジャッジしたら何位になるのでしょう。

ますます混沌としてくるフィギュア情勢、そろそろフィギュアだけはアンタッチャブルでは済まないのではないかと思わずにはいられません。長文失礼しました。

2019/03/24 (Sun) 01:21 | EDIT | REPLY |   
mikaidou
mikaidou  
Re: ワールド雑感

りほ様

おはようございます(^^)

> ネイサン、凄かったですね!
> 難易度の高い技をあのジャンプ構成の合間にさらーっと入れてくるのがまたすごいです。真央ちゃんもそうでした。

真央ちゃんもあまりにも簡単そうに技を入れるので、何故か表現面でも劣っているように言われた時期もありましたよね。
色々思い出してしまいます。

> 昌磨、コリヤダくんやボーヤン他のジャッジはあれでいいの?

ショートから驚きましたね。採点で選手を線引きしているようで。

> 坂本さんはまともにジャッジされたらもっと上だったのでは?ロシアにいいようにやられてない?(ロシア女子は皆一生懸命で好きです)

外国人記者もそれを指摘しているようですね。
坂本さん、努力の跡が見えるような演技で素敵でした。

> ウンスはそんなことして、ラファのところにいられるの?

リッポン君もベルちゃんを擁護してくれているそうですね。
何が問題って、あの国のSNS攻撃が選手のメンタルに影響する程酷いってことです。
そんな状況でもとてもパワフルな演技で、素晴らしかったですね。

> 昌磨はいかにも足や体調が悪そうで心配でしたが3年間ずっと実力で表彰台に立ち続け、今日も3枠確保してくれて本当にありがとう。

ショーマはトップを目指していると言い切って演技に挑みましたが、コンスタントに結果を残し続けることの方が難しいと思うんです。なのにインタビューでのセンパイ選手に気を遣ったような発言を聞くと、ショーマも抱えているものが色々あるんだろうなと‥( ; ; )

昨夜のウジミヤネ番組は、優勝する事前提であれだけの枠を取っていたのでしょうね。
ブログ書きながら見ていたのですが、ぶっ飛んでいました。
マッチーのメディアリテラシー論、やっぱり必要ですね。

2019/03/24 (Sun) 08:39 | EDIT | REPLY |   
すーママ  
目が曇ってるとしか思えない

なんでしょうか、重鎮さんや酔っ払いの皆さん。目が曇ってるのか見えないのか、としか思えない解説。
ネイサンは紛れもなく美しく力強く最後まで息継ぎの見えない演技をしましたよね。

フィギュアスケートは数分で力を使い切る厳しい競技です。だからこそ歴代の真の勇者達は常日頃から食生活に気をつけトレーニングを怠らず試合に臨んできました。
浅田真央があのタラソワの超絶技巧満載の振り付けのあとも肩で息をする姿を私は見たことがありません。
たとえジャンプで失敗しても最後まで気を抜かず神経を研ぎ澄ませた演技を見せてくれました。

しかし昨今の選手たちは…
見ていると「ああ、疲れてるな」「手を抜き出したな」とわかります。ジャンプを成功させる為だけに力を使い、他は体力温存のためのはっきり言ってだらしない演技です。

羽生のオリジンにはもう最初からガッカリです。いったい誰へのオマージュ?ショートの演技でも振付師をドヤしたいくらい曲の無駄遣い。この音をなぜ置き去りにするの?というもったいない使い方。見せ場はいくらでも作れる曲なのに流して終わり。

宇野の体調が万全であったならネイサンと宇野の白熱した本当の闘いが見られたでしょうが。

もうほんとにね、とにかくね、フィギュアスケートをちゃんとやってくれ!
ちゃんと見てくれ!
と大空に叫ぶおばちゃんファンでございますよ。

2019/03/25 (Mon) 13:59 | EDIT | REPLY |   
mikaidou
mikaidou  
Re: 目が曇ってるとしか思えない

すーママ様

こんにちは。

> もうほんとにね、とにかくね、フィギュアスケートをちゃんとやってくれ!
> ちゃんと見てくれ!
> と大空に叫ぶおばちゃんファンでございますよ。

あはは( ̄∇ ̄)
今回メディアは一斉に同じ色の記事をあげていますものね。
そう言いたくなりますよね。

確かにジャンプは美しいので、そこは否定はしませんが
、ネイサンの評価がまるで逆なのが気になります。
ネイサンのジャンプの加点が盛りすぎだと言うマッシミリアーノの提灯記事が上がっていますが、そのくせネイサンのPCS には羽生選手の方が上で当然だと言い張っていることに心底驚いています。

でも、専門家程日和見主義な人種もいませんものね。

2019/03/25 (Mon) 15:07 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply