FC2ブログ
Welcome to my blog

明けまして気象予報士

明けましておめでとうございます(*⁰▿⁰*)

歳が明けたことにも気付かず、CSで3日間程ぶっ続けに放送中のポワロを観てました。

あ、紅白もいいトコだけ見られて楽しませて頂きました!



で、早速ですが、『好きなもの』カテゴリに何か書くのは多分すごく久しぶりな気がするのですが。

先日の『泣いた気象予報士』で書いた広瀬さんの衝撃が歳を跨いでお正月というのに私の好奇心を刺激し続けています。

201901021557461da.jpeg

こんな写真も上がってましたし。

20190102155739323.jpeg
どの写真も『バラード1』

20190102160234c82.jpeg
こんなコラージュもインスタに⁉️


そういうわけで『安藤百福さん』に続いて『広瀬駿さん』についてもネットで検索を続けているのですが。

20181229094035b13.jpegこの方です。


ライブ中継でのチーズケーキ屋さんの前で、まるで高島屋の真央展に来ちゃった人みたいに思わず泣いちゃった気象予報士の広瀬さんには、詳細なwiki情報がありました。
いやびっくり。


私がまあまあ好きな依田さん(テレ朝に出てるお天気キャスターですね)のwiki情報と比べてみると、依田さんの『ももクロ好き』なんてとうの昔に霞んでしまう程の情報量です。

広瀬さんが1989年生まれの『今年30歳!』という若さにも関わらず圧倒的に『色々やってる感』がすごいんです。
特に俳句とフィギュアスケートへの関わり方に関するページの割き方にも驚きの連続。

依田さんの『資格持ってるぜ』、『ドラマにも出たし』、『気象予報士なのにメインキャスターにも抜擢』、『すんごい若見え』ということを読み取れるwiki情報には『安定の依田さん』を感じて安心したのですが。

広瀬さんのwikiは『フィギュアスケートのスタジオ解説』、『柔らかくも硬い気象予報士の顔』、『俳句』という多岐にわたる全く安定しない『エピソード』だらけです。

広瀬さんの先日の『マジ泣き』も、ほとんど通常運転に近い素顔だとわかってきました。

『広瀬駿wikiより』



人物・エピソード


趣味は俳句作りで、歳時記や七十二候にも詳しい。

『ちちんぷいぷい』の「きょうのそらいろ」では、プロジェクターに映し出す気象概況・話題のポイントを本番前に自ら毛筆で書いたり、「駿の旬ばなし」(歳時記・七十二候にちなんだ気象の知識・表現)や「シュンの一句」(放送翌日の気象概況のポイントを詠み込んだ自作の句)を随時披露したりしている。

ちなみに、おじ・おば共に「いつき組」(自身と同じ愛媛県出身の俳人・夏井いつき[2]がリーダーを務める俳句集団)の組員(メンバーの意。ただし、よく夏井が語る通り、組員となるための条件は俳句の楽しさを広める活動に賛同し、余裕があれば自らも関わっていくという点のみ。それをクリアし自称し始めれば、もうその時点で組員である。従来の俳句結社の同人などとは全く異なるので注意)。

おじ(村重尚)は、NHK松山放送局へ勤務していた時期に、プロデューサーとして『俳句王国』(夏井が出演する同局制作の文芸番組)を立ち上げたという[3]。

その影響で、広瀬自身も中学生時代から、夏井が主宰する「句会ライブ」へ数回参加している。

学生時代には、「キャッツ」へ感銘を受けたこと[4]をきっかけに、アマチュア演劇へ参加。

一時は、ミュージカルの俳優を養成する専門学校に通っていた。

このような経験から、『イチオシ!モーニング』では、「歌って踊れる気象予報士」という一面を披露。

「勇気100%」(光GENJIの楽曲)に合わせて踊りながら、北海道内の気象概況を伝えたこともある。『ちちんぷいぷい』2017年夏季「スペシャルウィーク」(7月31日 - 8月4日)期間中の「そらいろのーと」では、毎日放送本社(大阪市北区茶屋町)1階「ちゃぷらステージ」からの生中継による特別企画「らいよん 音頭de温度」で、「浴衣姿でオリジナルの盆踊りを披露しながら(同コーナーの放送エリアである)大阪・鹿児島における放送翌日の予想最高気温を発表する」という試みに取り組んでいる。

また、高校生時代からの熱心なフィギュアスケートファンで、
1シーズンに2回は試合やアイスショーを会場で鑑賞。自身はアイススケートを一切滑れないにもかかわらず、

フィギュアスケートの演技を解説するためだけに番組へ登場したり、自身で考えた振り付けをスタジオで披露したりすることもある。



2018年2月の平昌オリンピック期間中には、宮原知子・坂本花織両選手が日本代表として臨んだフィギュアスケート・女子シングルのフリープログラムが終盤(2月23日)に組まれていたことから、開催の前日(22日)から開催国の韓国へ急遽渡航。

滞在先からの生中継形式で『ちちんぷいぷい』向けに天気予報を伝えながら、オリンピックの開幕直前から韓国に派遣されていた辻憲太郎(毎日放送報道局解説委員)に代わって、フリープログラムの観戦リポートや周辺取材を担った。





こんな記事からも広瀬さんの真央愛がダダ漏れしています。


広瀬駿のフィギュアスケート&真央ちゃん会議
https://www.mbs1179.com/cyk/sp/c_diary/061299.shtml

20190102153122794.png
中央バラ1ポーズが広瀬さんですね。

みなさん、きょうは番組始まって以来初となるゲスト持込み企画です!!
なぜ最初に高らかにこう宣言したかといいますと。。。。
いやぁ〜もうゲストさんの「想い」がスゴイからでして・・・
熱いあつい想いをぶつけにきてくださったゲストさんはこの方!
ちちんぷいぷいやVOICEでおなじみの【気象予報士 広瀬駿さん】でございます!
現在は、毎週金曜日20:00〜21:00
「ヤマヒロのぴかいちラジオ」の前に放送している
「こちら茶屋町お天気部!」にも出演しお天気のことをわたしたちに教えてくださる広瀬さん。
https://www.mbs1179.com/otk/
お天気が好きでお天気のことを熱く語りにきはったんや〜・・・と思いきや、、、
広瀬さんが生まれかわったらなりたい、とまで言い切るほど大好きで大好きで愛してやまないもの・・・
「フィギュアスケートと浅田真央さん」について語らせてくれ〜〜〜!ということで今回は、会議室のドアをたたきに来られたのであります☆
来年2月に迫った冬季五輪「平昌五輪」
代表選手の選考も12月に控える中、フィギュアスケートのルール、見どころについて広瀬さんがたっぷりたっぷり愛情をこめて解説してくださいました!
なかなか生で観戦する機会がないかもしれないフィギュアスケートですが
広瀬さんいわく
生のスケートは着氷のときの音が「ドンっ!」とかすごい迫力で聞こえてくるそうでジャンプやスケーティングのすごさが伝わる、とのこと。
テレビ画面を通してではわからなかったことを深い深〜い愛とともに教えてくれる広瀬さん。
コットンのような軽やかなジャンプ
漢らしさすら感じさせる競技への姿勢
観客やまわりへの細やかな気遣い
そのすべてが本当に大好きなので「浅田真央ちゃんになりたい!」とまで言い切る広瀬さんのあまりの本気っぷりにちょっと押され気味だったヤマヒロさんまでご機嫌に歌いだす結果となりました☆

広瀬さんが「トゥーランドット」のメロディに乗せて披露してくださったフィギュアお天気予報(※広瀬さんオリジナルの天気予報です)によると今年の冬はとても寒くなるそうなので、皆様、どうか寒さ対策をして
風邪をひかないように気をつけておすごしくださいね☆




いやあ、テレビに出ながら真央ちゃんファンを公言する肝っ玉に恐れ入ります。

ひっそりと応援しています。

頑張れぼくらの俳句気象予報士‼️
頑張れみんなのフィギュア気象予報士‼️

関連記事

Comments 0

Leave a reply