FC2ブログ
Welcome to my blog

芸術家との付き合い方

大量の本を前にして。

これはいける、これはどうだか、と自分の中で振り分けてしまうことがあります。

装丁、字体、最初の1行。

グッと堪えてパラっと数ページ読んで、
これはもういいや、と脇に置き。

書いた人には申し訳ないけれど、瞬時に一線引いてしまう何かがそこには横たわっていて、
食わず嫌いはよろしくないと思うのですが。

流石に今回、自分で自分に問うてみました。

これは何なのだろうと。


先に書いた、『ニューヨーク 眺めのいい部屋売ります』でのワンシーン。
主人公夫婦の友人が、息子を画廊の共同経営者にすると話すレストランでの会話で。
絵描きの夫の絵は、今は売れ筋ではないと言い放つ友人の息子。

『You wanna sell your stuff ❓』

そこで妻はカチンとくるんですね。

『絵は芸術作品よ。モノ(stuff )じゃないわ。』

『画家は市場のために絵を描くんじゃない。自分のために描くのよ。』

『アレックスは人が好む絵を描く描くべきだということね。
それで見込み客が現れたら、その客の家へ行くんでしょ?
絵を掛ける部屋を見て、色見本でも見せながら
壁の色を相談する。』

本にも、同じ事があるんですね。
ダイアン・キートンの台詞を思い出して、胸にストンと落ちました。
この映画の画廊の息子も、それまでは自己啓発本のゴーストライターをしてたっていうんですから。
同じやり方で行こうと言うわけです。

私がソッと横に振り分けた本には、
いくつかの特徴があったのです。

まさに、市場の満足のために書かれた本。

仕事だから、受け入れなくてはならない?

仕事だから、スルー物件に振り分けました。

結局、本物しか残っていかない世界です。





関連記事

Comments 0

Leave a reply