FC2ブログ
Welcome to my blog

探偵に何を求める

Mr.ホームズ 名探偵最後の事件 (2015)

「ロード・オブ・ザ・リング」「X-MEN」シリーズのイアン・マッケランが、引退した老齢の名探偵シャーロック・ホームズに扮し、自身を引退に追い込んだ未解決事件と再び対峙する様を描いたミステリー作品。ある男性から不可解な行動を取る妻の素行調査を依頼されたホームズだったが、その謎解きはホームズの人生最大の失態となり、探偵稼業を引退することとなった。あれから30年、93歳となったホームズは、30年前の未解決事件に決着をつけるため、ロジャー少年を助手に迎え、最後の推理を始める。現役から退き、93歳となった年老いたホームズをマッケランが演じ、アカデミー賞ノミネート女優ローラ・リニー、真田広之らが脇を固める。監督は「ドリームガールズ」などを手がけたビル・コンドン。



映画. comより

20180307184746fa6.jpeg

観たかった映画。

悲哀に満ちた、とても良い映画だったと思う。
俳優陣も演出も、抑えた感じが悪くなかった。

それにしても。

依頼者達は、ホームズに『事件解決』より『救い』を求めていたのだろうか。

ホームズは神様でもなければ、本当はヒーローでさえないかも知れぬのに。


この映画の原作者も映画の製作者も、『シャーロック・ホームズ』の最期に、彼自身の贖いを表したかったのだろうか。

BBC『Sherlock』を始めさまざまなシャーロック像が描かれる。

まるで塗り絵のように。
シャーロックの下絵に、其々好きな色を。

シャーロックのドラマといえば、必ずと言って良い程加えられる色は
『人間性・人間味』。
それをいかに作るかに終始した。

ジェレミー・ブレット版は原作に忠実だと言われるが、
好みは人それぞれ。

ヒーローに何を求めるか、
それだって、実に人其々だと思う。

この映画に関しては、
救えなかった依頼者やワトソン、マイクロフトの墓標代わりの石に囲まれ、
ホームズは神に赦しを請うように空に向かっている。

天才ホームズは最期の日々を少年とその母と暮らすことで
初めて人間として過去の事件に向き合い、
依頼人(この役が真田広之‼️)が求めていたであろう救いに報いる。

私が思い描いたホームズの最期とは似て非なる姿。
でも映画としては胸うたれる。

ファンはシャーロックに何を求めるのだろう。
ドイルが残した余白を、何で埋めようとしているのだろう。

なーんてことを考えるような、余韻を残した『ホームズの最期』だった。

さて、これは例えだけれど。
ホームズのファンが。
ほかの探偵を批判したからといって、
ホームズ自身に『貴方のオタを諌めよ』などと言うだろうか?


『貴方がファンを戒めるべき』だなんて。
いくらなんでも‥‥。






関連記事

Comments 2

にゃんこさんさん  

こんにちは(^^
なんだかお具合が悪いようで、マイペースでゆっくりやっていきましょうね。私も頑張ります。

ヒーロー、色が鮮やかなだけに色々ですものね。
こうした映画もTVで流れたらいいなあ・・・と思います。

ファンも色々いますものね(^^;
せっかくのファンとの交流場所が奪われなければいいですけど。

2018/03/08 (Thu) 17:29 | EDIT | REPLY |   
mikaidou
mikaidou  
Re: タイトルなし

にゃんこさんさん様

ありがとうございます😊
ほんと、昔はドラマも映画も、良いものが地上波でも放送されましたよね。
先日、新海監督の『言の葉の庭』を遅ればせながら観たのですが、
素晴らしいクオリティでした。
テレビがおかしくなって久しいですが、文化的損失は大きいと思いました。
『君の名は』放送時、ほかの新海作品は遅い時間に放送されたそうですが、
私に『言の葉の庭』のことを最初に教えてくれたのなんて、
南半球の友人でしたから(´°̥̥̥̥̥̥̥̥ω°̥̥̥̥̥̥̥̥`)

さて、どんな分野にしろファンも色々ですね。
いずれにせよ、真央さんに火の粉がかからないことを祈ってます。

2018/03/08 (Thu) 18:09 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply