2017
08.01

See you tomorrow

Category: 日常のこと
7月は飛ぶように去ってしまった。

公私ともに忙しく、それだけに夜寝る時間も惜しかった。

8月はもう一つの別れと出会いの季節。

4月ほどの節目でなくとも、春の別れとはまた違う。

『また、明日ね』

ある日突然、そう言えなくなる。

4月の節目とは違って、別れを惜しむ雰囲気でもなく。

なんと言えば表現として適切なのかはわからない。


今までにない不思議な感情とせめぎ合っている。


まだ若い友人は、
羽を準備する間も無く飛び立とうとしている。

SNSがどれ程発達しようとも、

ただ、『また明日』と、

互いの存在を確認しながら別れる。

そうできなくなる日。

それが、こんなに寂しいとは。

フィギュアスケートを見る、
あの日あの時の感激と興奮が2度と戻らないように。

今回の別れも、楽しかった時間は、
もう、2度と帰らない。

1人で呟く、『また、明日ね』。

あなたの幸せを信じて。


関連記事

コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top