現在の閲覧者数: ほめごろし - 老嬢の鼻眼鏡

ほめごろし


国別、男子のFSは見るのを忘れていて
さっき、動画で好きな選手だけフリーを見たのですが。



男子は・・・。

しょーま君の演技は今現在の男子シングルでは最も技術と美しさのバランスの取れた演技だったと思いました。
まじめなお祭り騒ぎに見えた日本選手の応援席では、終始表情が硬いように見えましたが、隣の人のハイテンションにひきずられないためには必要な鎧だったのかもしれませんね。

ネイサンは、ちょこちょこ垣間見せてくれるあの身体のしなやかさと伸びのある手足の使い方にワクワクしました。
それにしても、ネイサンのあの演技にあの演技構成点とはひどすぎる。
ジャッジは何を見とるんじゃい。
GOEの付き方、PCSの低さにプロトコルを他の選手の分まで何度も見直してしまいました。



JBの美しさには参りました。
ロヒーン氏、やりましたね。
特にフリーの「ピアノ・レッスン」のしっとりとした濃さ。
今シーズンは怪我の影響が癒えたのか、ジャンプもクワドなしでもきっちり決めてくるようになりました。

ほうっと溜息が出ました。

2Aを数えることも忘れて見入ってしまいました。
完成度で勝負する、とはここまでの演技をやってからなんだわと思い知らされるようでした。






女子は

ひっくり返りましたwww
PB続出のお花得点に。

修造さんは「お手本にしている棒選手のジャンプをイメージして跳んでいるそうです」とかなんとか、
それますます好感度下がりますやん情報を入れてきますし。
その選手にだけは、
何しろショートもフリーも、2Aを跳んだだけで、
「素晴らしい2A!」
初めて聞く驚くべき2Aの褒め方をしていた解説ロボがいましたから。

3Aに練習で成功したから~~~という前ふりなんでしょうか。

解説ロボが三原さんの素晴らしかったフリーの後、しばらく放送事故でも起こしたかと思うような沈黙を続けたのも非常に興味深いところでした。
ま、実況アナがあれだけ喋って間を持たせたので、良かったですね。
そのあたり、今も何かの「都合」があるんでしょう。
スケ連なのか局なのかは知りませんが。

メドべは今季最後の試合もリラックスした表情ではありませんでした。

次のシーズン、ザキちゃんがシニアに上がってくれば、
ロシアの1番手もわかりませんもの。
点数だけを追いかけると、その評価に賞味期限がついている限り、
どれほどの点数をもらっても、心の底の不安はぬぐえないのかもしれません。

「日本が3大会ぶり2度目V 三原2位、樋口3位日本最高を連発」

毎回違う競技のようだと思っていましたが。

本当にそうだったようです。



もう、動画で十分ですね。

関連記事

4 comments

非公開コメント