現在の閲覧者数: 孫の応援 - 老嬢の鼻眼鏡

孫の応援


テレビ版の金田一シリーズを撮りためているので、さて今夜は夕食後、「夜歩く」かなあ、などと思っていると、オットが

「あ、マリンちゃんだよ」とおっさんにそぐわぬ浮かれた調子で教えてくれました。

ジュニアワールドでしたのね。

というわけで、機械判定より先に機械解説が導入されているらしいウジTVを見てしまいました。
時折実況の中村アナがと思う不思議なことを言いますが、ま、それも人間らしくてツッコミを楽しませて頂きました。

世界ジュニアをライブでゴールデンタイムに放送するとは良い時代になったもんですが、
さすが時代を読めないウジ、時既に遅しですわ。

それにしても、白岩ちゃんの演技に、ウキウキしました。
点数はもっと出てもよかったと思うのですが。
白岩選手はどう見ても4位の選手にひけをとるようなことはなかったと思います。
これからもどんどん伸びてください!

同じくジャンプを一つ転倒したにも関わらず、「あれれ?」という加点がついたらしく、
なぜか白岩選手を上回った4位の選手。
細く長い手足のその某国の選手は昨年見た時にはもっと良かったと思ったのですが、今回は何しろ細かい部分で粗さが目立ちました。

その後では、本田選手の応援にも力が入ろうというもの。

本当に素晴らしいジュリエットでした。
久しぶりにテレビの前で「行けっ!跳べっ!よっしゃ~!」と叫んでおりました(#^^#)
均整の取れた身体と姿勢の良さで華もあるのですが、技術的にもちょこちょこ難しい繋ぎが入っていたりして、プログラムもよかったのではないでしょうか。
ハマコー組はディクソンさんの振付が多いのでしょうか。
さっとんもこれまでディクソンさんの振付で魅力を増してきたと思います。

それにしても、本田選手のあの演技の後でも絶対動じないだろうと確信していた通りのザギトワ選手。
メンタルの強さが彼女のドン・キホーテを迫力ある演技にしていたと思います。
スケーターにしておくには勿体ないほどのバレエの才能がある選手なのではないでしょうか。
彼女のタノは、私は嫌いではないのです。
今のザギ子さんには迷いがなく、何しろロシア女子の良いところは全部持っている感じがするのです。

坂本選手の演技は全体的に上質ではあったと思うのですが、肩甲骨から肘が十分に動いていないため、ちょっと残念でした。
最後の挨拶まで洗練されてくればいいなと思いました。
それにしても、坂本選手の点数が出るまでの時間のかかり方にはドキドキしましたよ。
般若でさえ、「ほとんどの要素がクリーンでしたので、見直しはそんなにないと思うんですけど」と言ったのですから、まさかあの選手を3位に入れ込むのは無理だろうとは思いましたが、ちょっと心配してしまいました。
見事銅メダルでしたね、本当におめでとうございます!

終わってみれば、ザギトワがロシア勢では一人健闘して優勝。
2位3位、5位は日本人選手という快挙。

もうすぐワールド。

さっとんのケガが少しでも順調に回復していればいいのですが。

スケートから気持ちが離れつつある今、
ジュニアだけでなく、シニアの大事な試合にさえ、すっかり「孫を応援する気分」になってしまっています。

「マオスイッチ」が入るまで、しばらくは休眠です。






関連記事

0 comments

非公開コメント