2017
02.19

数値化


気が付くともう年度末は目の前。

インフルになど罹っている場合ではなかったのだ。

出勤停止だったため、来年度に向けた上との面接が延期になっている。

2人の上司の「評価」に、実績を「数値化」したもの。
これらを足して上は何らかの判断をする。

実績といっても、大したものはない。

ただ目に見えないものを「見えるようにする」ためには、兎にも角にも数字が必要なのだ。

あとは、上部が欲しがっている「様式」に合っているか否か。

こう書いていると、
まるでフィギュアスケートの採点と同じだなと思う。

上司の評価はGOEとPCS。

数値はTES。

上部組織が良しとする「様式」、「形」に、果たして私は当てはまるのだろうか。

数値は確かに客観性を持つが、
これだって外からの協力なしには得られない。

上司の評価が全体の印象を大きく左右するのは間違いないが、
ここに客観性があるとは、私は露ほども思わない。
期待していない、と言い換えることもできるが、予想ができるからだ。


何しろ今年度の私は体調が悪かった。
休みがこれほど多ければ、普段何をしていても、何の説得力もないだろう。
この点で、来年度の異動を薦められることはほぼ間違いない。

困ったことに、私は今の場所が日を追うごとに好きになってしまっている。
時に渡辺和子氏の「置かれた場所で咲きなさい」なんぞ読みながら、
全く本なんて役に立たねーよと思いながらも四苦八苦してやってきた。

ようやく花が咲き始めたところで、その花を置いて行くに忍びない。


こんな私の思いまで、数値化できるもんならやってみてほしい。

そう思いながら、

フィギュアスケートって、実に世の理不尽をそのまま具現化したようなスポーツで、
だからこそ愛されるのでは、という気がしてならない日曜の朝。

関連記事
コメント
mikaidou様、連コメしてすみません (;´・人・`)ゴメンネ*

インフルエンザのワクチンは予防ではなく、罹った時に、緩和される効果しかないらしいですね。

文化放送「おはよう寺ちゃん 活動中」2017年2月17日放送、エコノミストの安達誠司さんがゲストの時に言ってました。

安達さんがインフルエンザに罹ったけれど、予防接種をしていたので、軽度で済んだ。しかし、予防接種を受けていなかった奥さんにうつってしまい、奥さんは苦しんだとのことです。

なので、mikaidou様は予防接種を受けていなかったら、さらにもっと辛く苦しいインフルエンザになっていたことでしょう。意味があった予防接種だったんですよ。
だらごろこぱんだdot 2017.03.17 01:49 | 編集
だらごろこぱんだ様

> mikaidou様、連コメしてすみません (;´・人・`)ゴメンネ*>
何をおっしゃいます。大歓迎でございます♡

> インフルエンザのワクチンは予防ではなく、罹った時に、緩和される効果しかないらしいですね。
らしいですね。でも今年は喉風邪も同時に流行っていて、どうやら両方一度にうつされたらしく、見事に重症でしたwww
でも残念なことに全く痩せなかったので実はたいしたことなかったのかも?

mikaidoudot 2017.03.18 01:00 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top