2017
02.08

変わり身の速さ

Category: ネット記事

さっとん~~~~~(´;ω;`)ウゥゥ
ヤマト先生!
何とかしてくださいぃ~~~~~<(_ _)>

てか、連盟は選手を酷使し過ぎなのではないでしょうか。
男子も女子も。

さっとんの「左股関節の疲労骨折で全治4週間」という記事。
勿論心配ですのであちらこちらで記事を読みまくりましたが。

記事の内容は殆どどれも同じですが、
何しろメディアの変わり身の早さに驚きます。

勿論選手にとって骨折、しかも疲労が原因で股関節ともなると本当に辛いと思います。
日本の一番手としてのプレッシャーも大きかったと思います。

けれどこれまで、OPの3枠取りが、さっとん一人の肩にかかっているような空気がここまでありましたんでしょうか?

若い選手で「3枠」は十分と言わんばかりの全日本での採点でしたし、メディアもこぞって「新時代」を強調しておられましたが。

こちら↓
【フィギュア】宮原が股関節骨折 五輪「3枠」大丈夫か
東スポWeb 2/8(水) 16:45配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170208-00000030-tospoweb-spo


前半省略

今度の世界選手権は平昌五輪の国別出場枠が懸かる。前回ソチ五輪と同じ3枠を確保するには、世界選手権で上位2人の順位合計で「13」以内が必要。

昨年の世界選手権で日本女子は11大会ぶりにメダルを逃した。
宮原が5位、浅田真央(26=中京大)が7位に入って合計「12」で何とか3枠を死守したものの、現状の戦力で前回以上の成績は望みにくい。


 今回、宮原以外で世界選手権に出場するのは樋口新葉(16=東京・日本橋女学館高)と三原舞依(17=神戸ポートアイランドク)。樋口は昨年のGPシリーズ・フランス杯3位、三原もスケートアメリカ3位がシニア国際大会の最高成績では心もとない。

日本連盟の小林芳子強化部長(61)は「経験は少ないが、その分勢いがある」と期待しているが、

ロシアを筆頭としたライバル国の選手層や最近の成績を見る限り、苦戦は必至。宮原が万全の状態で大会に臨めないとなればさらに厳しくなる。



スケ連が「勢い」で枠が3つ取れると本気で思っていらっしゃるのでしょうから、素人は「そうなんだろうなあ」と思うしかないのでしょうけれど。

若い選手達にはこれを機にぜひ頑張って頂きたいと思います。

それにしても、メディアは今こそ「層の厚い若手の日本女子選手たち」を応援する時ではないのでしょうか。

「心もとない」って、そんなはずはないでしょうよ。
あれほどベテラン選手をコケにした記事を書いて載せてきたのですもの。

都合の良い時だけ「世代交代」で、
さっとんが怪我、というだけで「心もとない」って。

全日本女王をこれまでしっかり取材して記事書いてました?


あれほど散々「世代交代」を強調して来たのですもの。

さっとんにはしっかり怪我を治してもらって、「層の厚い若手女子選手たち」に存分に頑張って頂けば、きっと大丈夫!
メディアは今こそそう記事に書いたらいいんじゃないでしょうか?

国内であれほどの選手をあの採点にしておいて、
散々「引退」の文字をチラつかせた記事を載せておいて。
若手の邪魔をするなと、ベテラン選手にはそういう全日本の採点でしたし、メディアの論調でしたでしょうに。

例えさっとんがエースとて、さっとんが治療のため万全でなくともビクともしない位、若手は育ってるんでしょ?

「若手はジャンジャン育ってますから、枠取り大丈夫です!」くらい書いて頂きたいと思いますけど。
大事な「若手」の選手たちのためにも。




関連記事
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top