現在の閲覧者数: 始まらない女子SP - 老嬢の鼻眼鏡

始まらない女子SP


いやあ、もう笑うしかないGPF女子ショートのテレビ放送。

シニアの女子ショートプログラムが始まるまでジュニアの女子が放送されたのは良いとして、ピノコさんのショートが2回流され、まあ前座の長いこと長いこと。

女子ジュニアで優勝したザギトワちゃんには目が釘付けになりましたが、
その後は何度チャンネルNecoの「大怪獣〇〇」とか「〇〇大戦争」などにリモコンピッしたことか。
本当にくじけそうでした。

待ったかいがあって、
さっとん、ショート、パーソナルベストで3位発進。
良かったです💛

PCSはTESに連動して上がったり下がったりするそうなんですが、さっとんには適用されないようですね。
SP世界最高得点を更新したメドべに次ぐ40点越えのTESに、ショートで最下位のソツコワちゃんに次ぐPCSの低さです。

それでもあのモデル並みの美女ぞろいのロシアン4人娘と今季絶好調のケイトリンちゃん相手に、素晴らしいショートでした。
「思ったより点数が出た」ってさっとん言いましたけど、いえいえ、これでも全然出してもらってないよと私は思います。

ポゴの今季のショート、私は大好きなのですが少し腰が痛そうで、調子が悪かったのでしょうか。
でも素晴らしかった!

ラジオも一気に大人びて、おっさん化に拍車のかかるゴリオ(仮名)でさえ霞んでしまうほどの貫禄。

ゴリオ(仮名)といえば、毎日学校で起こる素っ頓狂な事件簿を報告してくれるので、
よその息子さんの秘密のアッコちゃんにすっかり詳しくなってしまった私も、今や『ほぼ女子ママ』。

ゴリオだけでなく、ラジオもうちの子だったら、どんなに楽しかったでしょう。

ま、それはさておきメドべは波があまり無い選手、というか。
オタクの集中力(🙇)の半端なさを思い知らされます。

いやもう、いっそこのまま女優さんになってほしいです。

さあ、この花の咲き乱れるような氷上の美しい戦いに、
般若静香のテンションのひくーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーい、
氷点下解説が絵面の華やかさを見事に消し去ってしまいました。

加点対象、流れ、スピード、流れ、細かい、緻密、流れ、スピード、演技構成点の方の評価。

少ない語彙でつまらなさすぎる解説もどきが続きます。

真王のショート歴代最高得点を超えた、その部分だけ番組は盛り上がりを見せようとしますが、ちょっと賢くなったか、般若も殿も、修造には乗ってきませんでしたね(笑)

2時間のうち半分しか主人公たちが映らないスポーツ放送。
昼間に観た「ゲゾラ・ガニメ・カメーバ 決戦!南海の大怪獣」の方が、余程楽しかったですわ。

nannkai.png
ゲゾラ(イカの巨大怪獣)が燃えるシーンは、「あぶったイカ」を前にした時同様、
日本酒が飲みたくなります。
お酒は苦手ですが、米の酒は別。
痩せないわけです。

ゲゾラ・ガニメは其々イカとカニの怪獣なので、宇宙人に憑依されるなら、もう一匹は亀ではなく、マグロかイクラであってほしかった・・・。
巨大な「南海の大どんぶり」ができたのに・・・。


関連記事

2 comments

非公開コメント