現在の閲覧者数: ヤマト先生、テレビにご出演 - 老嬢の鼻眼鏡

ヤマト先生、テレビにご出演


テレビでの立ち姿、スーツでバシッと決めた立ち姿。

ステキでしたね、ヤマトコーチ。

緊張した面持ちで、さっとんの『真面目さ』を大真面目に語っておられました。

ほんとにテレビ映えします。
番組中、「プロコーチ」と紹介されていたように、
こんな肩書を持った元スケーターがテレビに出るようになったことに、
感慨もひとしおです。

N杯を控えた番宣みたいなもんでしょうが、
元・ハマの番長の、「何の話してんの?」という不思議な表情が面白うございました。


//////////////////////



ヤマトコーチの動画をそのままにしておいたら、次から次へと他の番組のフィギュアコーナーが出てまいりました。

テレビでフィギュアスケートの話題を追った番組だけを集めた動画や何やら、沢山UPされております。
それが次々と出てきたわけなんですね。

見ちゃいました。

ジョーン・ヒクソンさんのミス・マープルなら、
「とても興味深いわ」
と言うところでしょう。

あちこちのテレビ番組で扱われるフィギュアコーナーを集めてみると、
実にハッキリ見えるものですね。

同じ言葉がどの局でもどの選手を扱っても繰り返し使用されるので。

スケ連は、すでに措置ポンちゃんの代表選手をほぼ決めてしまいつつあるということなんですね。
今のうちから、周知徹底を図っているところでしょうか。
それとも、アレ系な局の願望なのでしょうか。

女子は万が一OP代表が2枠になればなったで、別に良いということなのでは?

ギリギリまで集金だけには浅田選手を使い続けるでしょうけれど。

OPのプレシーズンには、色々なことがあるもんです。

陰謀ではなく、これは明らかに興行側の『都合』でしょう。

スケ連は、高橋、小塚、町田のお三方のみならず、全日本でもテレビに映してさえもらえない、
多くの素晴らしい選手達の引退を早めはしましたが、
彼らは自力でセカンドキャリアを切り開こうとしています。

真央ちゃんのセカンドキャリアに関しても、何も心配はないのです。

只、競技としてのフィギュアスケートは、その時が来たら

「ぜんぜん、興味がないわ」


となることでしょうね。


関連記事

0 comments

非公開コメント