2016
11.02

サンダーモーニング

Category: 日常のこと
水曜日に何寝ぼけてるんだと言われそうですが。

こちらの「サンデーモーニング」がサンダーでしたので。
びびびびびっ!ときてしまって、我ながら驚きです。

パトリックのエキシ、やはりエアリーエアリーしていてびっくりしました(@_@)
なんじゃこれ!


(Sunday Morning by Maroon 5)

転んでもわざとなのか本当に滑っちゃったのかもうわからないくらい。

いやもう、こづこづもここまで続けられれば良かったのに・・・・と、悔しいやら残念やら、たまりません。

さて、段ボール食器棚が悲しかったので、
百均のミニ棚と木材で工作してみました。


間仕切りの板に棚をくっつけただけです。
薄くて安定が悪いのと、フラットな部分を80~90㎝取って、炊飯器とレンジを載せるのでそこだけ奥行を45センチ取ろうかと思案中。
shokkidana1.jpg

横から見るとこんな感じで。
shokkidana2.jpg
横幅は240センチを想定。
キッチンの幅を考えると、大体これくらいが限度。
実際のものとはサイズのバランスが全然違いますので、イメージだけしか職人さんに伝えられないのですが、
仕方ないのでテープに大体のサイズを書いて貼っています。
全体の高さが150㎝から160㎝あれば、キッチンが殆ど見えないようになります。
圧迫感を抑えることを前回は重視したのですが、それより台所が丸見えだという方が余程気になるものだとわかりました。
ま、いつも綺麗にしていれば問題ないのでしょうが。

ミニで作っても安定性に欠けるので、何がしか考えなくてはなりません。カウンター上には普段使いの食器やカップ類を。
下にはもう少し棚を増やしてゴミ袋やごみ箱の類が入ります。背の高いたっぷりのゴミ箱がおけるように、
現在の物よりかなり幅も高さも出しました。

手元部分を現在の80㎝から100㎝まで高く持ってきて、
下に入るフライパンや調理器具も、できるかぎりかがまずに手に取ることができるように。

現在はお掃除がしやすく頑丈な白の分厚い合板ですが、
経年劣化を考えると
無垢の白ペンキ塗りかつや出しのみで押さえるか、ちょっと考えてしまいます。

格子状の棚は一番上段にあたる部分まで裏の板を持って来なければ目線の位置に抜け感が出ます。
今はその部分にフェイクグリーンを置いて目隠しを兼ねていますので、同じようにできればと思います。

これ、最下段はお掃除のために下の板はありません。

最下段に板を使わないことで、床との段差も扉もないために、重いお米の袋や焼き肉プレートなどが出し入れしやすく、重宝しています。
何より掃除が楽です。

それにしても、百均って、こんな時は本当に使えますね。

百均の什器に、壁一面の格子棚の後ろに白く透けた薄いプラ板のようなものが貼ってあり、その後ろからライトが当ててあるのがとても良かったので、いいなあ、と思ったりもしましたが。
コストを下げるというお題をクリアすることと、安定性の確保の方が今は重要です。

家具職人さんと、よく話し合いたいと思います。

関連記事

コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top