2016
10.08

アールヌーヴォーの宝石 追記あり

Category: 浅田真央


inside1.png

アールヌーヴォーの宝石
私が怪盗ルパンなら、絶対この宝石を狙いますとも。
なんて的確で美しい言葉で真王を表現するのでしょう。

写真、沢山、早くUPお願いしますよ。


inside2.png


そうですとも。おっしゃる通りです。
優勝のケイトリンちゃんにもおめでとうを言っていますが、
まずはMAO採点への疑問をしっかりつぶやいてくださっています。
あのPCSですものね。

ジャッジはMAOのスケートの価値を理解できていませんし、彼らには採点するにふさわしい教育が必要だと。
さすがのToneさんも、このあたりは「自分よりもっと賢い方が以前そんな風に言ってましたわ」、というような
ワンクッション置いた言い方をしていますね。
採点に物申すということが、フィギュアスケート界でどれ程大変なことなのか、それでもつぶやいてくださっている勇気に、胸のすく思いです。

宝石の鑑定をするには、宝石の価値のわかる鑑定人でなきゃ、ですよね。




inside3.png

そうですとも、彼女から目が離せない。
炎のようなMAOなんです。




fincup1.png

3人とも、まるでお人形さんのようですね。
今朝方ライストを見ながら、ポゴの涙にはこちらも切なかったです。
でもシーズンはこれから。


fincup3.png

この可愛い手袋(ミトン?)の写真、フィン杯の毎年恒例なのでしょうか。
これまでのタイムラインの写真にも載っていましたね。
どの選手も嬉しそうに手袋見せて写っているんです。
みんな自前の手袋なんでしょうか?
真王の手袋、レトロな感じでカワイイ!

センターパートのヘアスタイルも、赤でも重くないこの品の良い衣装も、本当に似合っていましたね。
黒リチュ衣装もとても素敵でしたが、
こちらもまた彼女の「お姫様感」を際立たせています。

身体の使い方がSP、FSでは全く違います。

赤リチュがこんなにエアリーな炎だとは。
火の鳥でもあるのでしょうが、
後半に進むにしたがって、
その炎は高く空に向かって燃え盛るのです。

力むことない自由闊達な炎。


動画主様、ありがとうございます。






ずっとどこかで書こうと思っていたのですが、
こちらに追記させていただきます。

拍手コメントを下さる方々の暖かいお言葉には、いつも励まされ、感謝しています。
お一人お一人に返信の手立てがありませんので、こちらでお礼申し上げます。

本当にありがとうございます。

いつからか拙ブログ名を検索するとおかしなところに誘導するサイトが同名で上がって来るようになっていました。
記事タイトルもご丁寧に真似して。

過疎ブログにまで嫌がらせをするには、それなりの理由があるものと思います。
それでも、書かずにはいられない、応援し続けずにはいられない魅力が、浅田選手にはあります。

普通のコメントだけでなく、拍手コメントを下さる方々も、同じ思いでいらっしゃるのだと心強いです。


関連記事
コメント
こんにちは(^^
真央ちゃん、すごく素敵でしたね。これでフィギュアスケートがまた楽しめます。
火の鳥、そうそうエアリーな!的確な感情表現です。
真央ちゃんって不思議なオーラですよね。
ケイトリンが優勝して嬉しい、ポゴちゃんの涙・・・
まだ演技を見てないので、この二人は見ておかないといけませんね。表彰台麗しすぎて幸せになりますね。
にゃんこさんさんdot 2016.10.08 13:17 | 編集
にゃんこさんさん様

こんにちは!

表彰台、ほんとに華やかでキュートでしたね💛
ポゴちゃんのプロも本当に好きですし、
ケイトリンちゃんのはじけるような笑顔も嬉しかったんです。
でも真央ちゃんの演技はもう、同じ土俵で語ってもいいものかと思ってしまいます。

不思議なオーラを追いかけて、今季もブーブー言いながら、スケート、見ちゃうんでしょうね。
mikaidoudot 2016.10.08 13:38 | 編集
お久しぶりです。

なんとなんと素晴らしい真央選手の演技!

シーズン序盤ですから、ジャンプの取りこぼしは仕方ありません。これからです。滑りの美しさは相変わらずですね。そして驚いたのが体の動きの良さです。肩、腕、腰の美しい、メリハリの効いた身のこなし。淀みの全くないスケーティングと融合して、その美しさと迫力に目を見張りました。今シーズンのプロを見ると、なんだか仮面舞踏会と、鐘を思い出します。普段は少女のような真央選手ですが、心の中にはマグマの様な熱を秘めている。そんな感じです。

映画「疑惑のチャンピオン」をご覧になりましたか?自転車レースの最高峰、ツール・ド・フランスで7連覇を成し遂げたランス・アームストロングのドーピングスキャンダルの実話を元にした作品です。始まりはランスの勝利への執念でした。癌を克服し、奇跡のカムバックから初勝利。一躍時の人となり、ランスには名誉と莫大な富を得ます。しかし彼のドーピングは業界で周知の事実。自転車協会は彼に苦言を呈しますが、ランスに「自分の活躍のおかげて協会も成り立っている。」といわれ沈黙します。

金が全ての世の中。気持ちが悪いですね。

でもアスリート魂を燃やす選手の美しさは変わりません。

真央選手も、来シーズンを見据えていますね。選手としての彼女を見られるのは、今後数年でしょう。一瞬一瞬をよく見ておきたいと思います。



sonadot 2016.10.09 00:09 | 編集
sonaさま

コメントありがとうございます!
お久しぶりです(*^-^*)

> シーズン序盤ですから、ジャンプの取りこぼしは仕方ありません。これからです。滑りの美しさは相変わらずですね。そして驚いたのが体の動きの良さです。肩、腕、腰の美しい、メリハリの効いた身のこなし。淀みの全くないスケーティングと融合して、その美しさと迫力に目を見張りました。


腰の痛みがあったのか、体調も不十分な中でのあの演技。
レベルの取りこぼしは残念でしたが、そんなものがどうでもよくなる美しさでしたね。

「疑惑のチャンピオン」はレビューとストーリーだけどこかで読みました。

> 金が全ての世の中。気持ちが悪いですね。
> でもアスリート魂を燃やす選手の美しさは変わりません。


トップアスリートって、なることよりもそうであり続けることの方が難しい気がします。
燃やし続けることができる魂。すごいですよね。

> 真央選手も、来シーズンを見据えていますね。選手としての彼女を見られるのは、今後数年でしょう。一瞬一瞬をよく見ておきたいと思います。

この「期間限定」な感じに、時々切なくなるのですが、試合の度のこの緊張と期待を味わえる今を大切にしたいと思います。
引退してしまえば、もう「J6がっ!」などと腹を立てることもなくなるんですよね(´;ω;`)ウッ…
でも今シーズンのプロも本当に素晴らしいので、思い切り楽しみましょうね。
mikaidoudot 2016.10.09 00:37 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top