FC2ブログ
Welcome to my blog

ウルトラな感動

「ウルトラマン」と
「ウルトラQ」を
続けて観ると、両者は別物だったのだと、素人ながら思います。

初代のウルトラマンは、番組冒頭にウルトラQの始まりの絵が使われていました。
そのQを破るようにギザギザ真っ赤な画面と共に「ウルトラマン」の文字が大きく飛び出てきます。

wikiに撮影フィルムの話が出ていますが、
ウルトラマンの街並みや、怪獣と映る樹木の近影のクオリティーと、
Qのそれとは質感が全く違います。

「かっちょええ」


これはカッコいい。

で、今回見たのは、ウルトラQ『火星からの贈り物』と、『鳥を見た』。


火星怪獣ナメゴンのあのヌメヌメとしたいかにもナメクジな質感に驚きます。
この質感ならカラーではなく白黒の方が良いと思います。

CGのない時代に、こんなものを作ったとは。

キャプがカラー版からしか取れませんでした(´;ω;`)ウッ…
namegon1.png


namegon2.png


片栗粉でとろみをつけた何物かのように、ヌメッタ感のある怪獣や宇宙生物はあまた登場してきましたが、
こんな感じのヌメッタ奴に、テレビ画面でお会いしたことはありません。
本物のナメクジ画像と合成でもしているのでしょうか?

「鳥を見た」の少年が漁師たちに小屋を引きずり出されるシーンの緊迫感。
ショットがまるっきり映画です。

しかも終わり方が素晴らしい。

「鳥を見た」の最後のシーンの余韻。

長い。

ありえないほど、長い。

「さようーならー」という少年の別れの言葉と夕日の海が、
全くクサくないですし。

バブル時代を知っている人間には、
ほんとならあの類のシーンは恥ずかしいものなんです。

でもあれは恥ずかしくない。

これはすごい。

感動いたしました。

次の土曜日が待ち遠しい( ^ω^)・・・



関連記事

Comments 4

kei  
1

今の若い子はモノクロ画面だと受け付けないというようなことをどこかで見たか、聞いたかしました。
ですから、昔の映画を観ようとしないんですね。もちろん、そうじゃない子もいるでしょうが、少数派ということで。
モノクロに色を感じないんですかねぇ。

第一期ウルトラシリーズの中で、何が好きかと訊かれたら、「ウルトラQ」と答えます。恐怖とスペクタクル、何より人間が英知をしぼって敵を倒すというところに魅力を感じます。
シリアスでは「バルンガ」、コミカルなら「カネゴンの繭」がベストです。

2016/09/28 (Wed) 16:49 | EDIT | REPLY |   
mikaidou  
Re: 1

keiさま


> 今の若い子はモノクロ画面だと受け付けないというようなことをどこかで見たか、聞いたかしました。

そうかもしれませんね。文字フォントも古いものでは本を読まないらしいです。

> 第一期ウルトラシリーズの中で、何が好きかと訊かれたら、「ウルトラQ」と答えます。恐怖とスペクタクル、何より人間が英知をしぼって敵を倒すというところに魅力を感じます。

Qは絶対的な強いヒーローがいない分、主人公たちに感情移入しやすいですよね。
番組の作り手も良いもの作ろうという時代だったのでしょうね。

> シリアスでは「バルンガ」、コミカルなら「カネゴンの繭」がベストです。

毎週録画して楽しみに見ます!

2016/09/28 (Wed) 21:34 | EDIT | REPLY |   
kei  
1

怖さでしたら「クモ男爵」。私はこのエピソードで底なし沼というものを知りました。クライマックスに舞台になる屋敷が崩壊するのですが、画面を注視してください。とんでもないものが見られますよ。

それから「海底原人ラゴン」の怖さも忘れられません。「ペギラが来た」は、本当に南極で撮影されたと当時は思ったものでした。
「ウルトラQ」を観たら、「ガス人間第一号」のDVDを借りてください。音楽に驚きます。たぶん。

2016/09/29 (Thu) 08:05 | EDIT | REPLY |   
mikaidou  
Re: 1

keiさま


> 怖さでしたら「クモ男爵」。私はこのエピソードで底なし沼というものを知りました。クライマックスに舞台になる屋敷が崩壊するのですが、画面を注視してください。とんでもないものが見られますよ。

「とんでもないもの」、それは是非観なくては!
「クモ男爵」の「男爵」なんて、今はジャガイモの名前ですけど、
名前の取り合わせも当時としては斬新だったのでは。

Qは音楽も怖いですよね。「ガス人間-」、探してみます。

私は叔父の仕事の関係で、子どもの頃、松竹、東宝系共映画館はタダで入れて貰っていたのですが、
好きで何度も観ていたのが海外のドラキュラ映画でした。
あれが一体どこの国の何というドラキュラ映画だったのか、今も知りたいと思うのです。
小学生がたった一人で映画館で観ていたドラキュラは、コワいものではなく、とても美しくて可愛そうだったんですよ。
ドラキュラは怖くないのに「ウルトラQ」は怖いだなんて、不思議です。

2016/09/29 (Thu) 09:03 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply