2016
09.04

所属したい

Category: 日常のこと
ゴリオ(仮名)が、部活の試合中に狭心症発作を起こし、
倒れてから最初の1週間。

引きこもっているゴリオを残し、私は仕事に出ていた。
昼も夜も、ひたすらパソコンで遊んでいるのはわかっていたが、
その間、彼が何をしていたのか、その一端が判明した。

彼は競技と共に、№8を諦めなければならなくなった自分と折り合いをつけるために、
違う所属先を探していたのである。

彼が求めた新たな所属先として現在わかっているのはこの2団体。

日本唐揚げ協会

日本赤十字社 複数回献血クラブ


「食って」

「出す」


非常にわかりやすい選択である。


「チームに所属できなくなる」=ぼっち
これをいかにゴリオが恐れていたかがわかる気がした。

「日本唐揚げ協会」ではwikiで勉強し、検定試験を受けて会員資格を得たらしく、「カラアゲニスト」と認定。
「複数回献血クラブ」ではいつの日か「ゴールド会員」になることを夢見ている。

カラアゲニストでい続けた結果、脂質過剰で献血ができなくなったらどうするのであろうと疑問に思うが、
何がしかもがいている彼の姿は、成長の一過程として非常に興味深いので、
とりあえず「へー」と「ほー」で相槌をうっておいた。


新人戦でチームのサポートを始めてから、
とりあえずチームに戻った形のゴリオ。

走ることは止められているので、
今は皆が練習している間、
筋トレとタイヤ引きで身体をぼちぼち動かしている。

弱小チームは助け合いが命。
夏休み中も殆ど毎日朝から晩まで一緒だったのに、
練習が半日で終わる日でさえ、夜まで一緒にいる。

映画、
温泉、
カラオケ、
ゲーム。

激しいスポーツで疲れ果てた挙句、
同じメンバーで出かけたいと思う気持ちが不思議だ。

彼が「群れ」の一員でいたいという気持ちは、
青少年としての自然な流れではあるだろう。

それにしても、他のメンバーの彼女話を指をくわえて聞いているだけのゴリオ。

「群れ」から「カップル」に前進するまで、
どれだけのクラブや協会に「所属」することやら・・・。

関連記事

コメント
こんばんは

ゴリオくんさっそく前進していて嬉しいです
チームって大きいんですよね

カラアゲニストとはこれまた
mikaidouさまも気が抜けないでしょうが
PC越しに応援しております!

唐揚げ食べたい…
chocoaccodot 2016.09.05 23:38 | 編集
chocoaccoさま

PC越しの応援、ありがとうございます!

唐揚げ、最近美味しい店を見つけてしまい、
夕飯時の葛藤たるや・・・(´;ω;`)ウゥゥ

ゴリオは一向に痩せませんが、
おかげで私は少しだけ体重が減りました( *´艸`)
mikaidoudot 2016.09.06 09:28 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top