FC2ブログ
Welcome to my blog

涙でアメリカンクラッカー

THE ICE 北九州公演、行って参りました。

行ったはずなんですが、遠いので今も帰る途中なんですが、
ラプソディーインブルーから、涙で前が見えなくて、真央ちゃんのフワフワ白衣装が霞んでおりました。

余りにも素晴らしくて、いなかっぺ大将が流すような大粒の涙を駄々漏れにしながら、右隣の男性が真央ちゃんの出番以外には正面を向いたきり反応無しだったり、
左隣の女性が、私の心の呟きと同じ事を「思わず」声に出されているのを聞いて、「そうそう!」と合いの手を入れそうになったりするので忙しかったのです。

ということで、私の今年のメインイベントも終わってしまいました。

もう、「なんもいえねえ」状態です。

inakappe.png
「いなかっぺ大将」 大ちゃんの( ;∀;)です。


とりあえず北九州公演ならではのサプライズの件だけ。

サプライズがあるということで、トークショーにみどり神が来られたら良いのになと期待しておりましたが、
サプライズは、予想だにしなかったものでした。

サプライズは、涙で真央ちゃんの姿もよく見えておりませんでしたが、夢のようでした。
鼻水も出ました。

慈愛、と言われるだけのことはあります。
真央ちゃん、凄すぎです。
おばちゃん、人目も憚らず、両隣の見知らぬ方々と同時にタオルで目と鼻を拭いましたわ。
右隣の男性も、この時はさすがに首を動かして真央ちゃんを見つめていました。

感動で震えながら鼻水流しながら、私の注意を惹き付け続ける男性は、汗拭きタオルでは足りなくなったらしく、最後は意外にも良い香りの汗拭きウェットティッシュであちこちを拭っておられました。

トークショーはブラウン君と未来ちゃん。
舞ちゃんの進行がとても上手でした。
ツナマヨのおにぎり大好きだと言うJBは、「通訳無しで」のはずでしたが、
未来ちゃんに結局通訳してもらっていて面白かった〰❗


慈愛はゲストスケーター達のために、車や通訳を手配して各公演ごとにスケーターにも楽しんで貰える配慮がされているのですね。未来ちゃんがその辺り綺麗な日本語で話してくれました。

太宰府天満宮に行ったブラウン君は、「良い演技ができるように、そして健康であるように」と願ってきたそうです。
未來ちゃんはご両親に御守りを買ってあげたのだとか。
優しくて素敵な未来ちゃん、「少しずつでも、もっとスケートが上手くなりたい」って。
採点を思い出すと、切なくなります。

かなちゃんの赤い衣装のショートプログラムは素敵でした。
ダンスを教える先生役も、今回もしょーま君と二人でしたが、かなちゃん、頑張っていました。

舞ちゃん、他のそうそうたるスケーターに混じっても全く見劣りするどころか、スパイラルもジャンプも素晴らしかったです。
肘と手先の使い方が美しいので演技が一段と華やかに見えます。
クラッシックバレエの素養は身体に染み込んでいるのですね。

浅田姉妹のニューコラボプログラムの時も、涙は止まるどころか、ドヴォルザークの新世界「遠き山に日は落ちて」で、彼女達のお母様を思い出してしまい、どんだけ泣けば気がすむのか、自分に聞きたいほどでした。
この曲、胎教の音楽CDにも入っていたりするのです。

この曲の英語の歌詞に、
「このブルーやグリーンのように…」というような部分があったと思うのですが、
夕焼けのオレンジの衣装にブルーのサッシュを見ながら、選曲も衣装も、あのオレンジシフォンの演技も、練りに練られたプログラムだなあと見とれました。

チェロスイートもボレロも、この上なく素晴らしかったです。

とりあえず、が長くなりましたが、あしからず。


関連記事

Comments 0

Leave a reply