FC2ブログ

老嬢の鼻眼鏡

Welcome to my blog

Archive2021年01月 1/1

「さんかく窓の外側は夜」

ヤマシタトモコさん原作の「さんかく窓の外側は夜」。主人公の1人、冷川のビジュアルがヤマシタトモコ作品の中でも異質な美しさ。ものすっごく魅力的な俳優さんたちで映画化されましたね。これはざっくり霊が「視える人」と「祓える人」の2人がバディになって事件を解決しながら互いの過去を超えて行こうとする話なんです。原作者のヤマシタトモコさんは主にボーイズラブ漫画を描いていて雑誌で読んだインタビューではこの「さんか...

  •  2
  •  -

親指の疼き

親指がうずいたってクリスティー本みたいな謎は展開しませんが、パスワードが入れられずに往生することにはなります。先日大根でもおろそうかと優秀なおろし金君を持ち出しせっせと白くてふわふわな大根おろしを量産しているとザクおろし金に刺さったのは右手の親指でした。いててこの痛さは深い!貧乏性の自業自得・・・。大根が5センチ残ったって諦めりゃよかったのに、なんてこったい。だらだら流れる血はなかなか止まらず、夜...

  •  4
  •  -

郵便を送りたいだけなのよ

あれこれニュースを見たりつべで「ゆっくり不動産」(注:クセのある間取りの物件をゆっくりボイスで紹介するだけのチャンネル)を延々と見たり人の世のいらぬお付き合いでまたしてもパソコンを買わなくてはならなくなったり美容院に氷川きよし的な美容師さんがいてリアル氷川きよしの美の威力すげーとびっくりしたり働いたりご飯作ったり掃除したり洗濯したり山へ芝刈りに行ったり(行かない)そして小学生の子どもがいる友人に「...

  •  0
  •  -

誰かの靴を履いてみる〜「キンキーブーツ」

ローラのブーツの歩きにくさは履いてみなけりゃわからない。誰かの生きづらさなんてその人の身になってみなけりゃわからないのだ。今朝FOXで偶々観ていてグイグイ引っ張られ気がつくと泣きながら夢中になっていた映画。「キンキーブーツ」 監督: ジュリアン・ジャロルド衣装デザイン: サミー・シェルドン撮影: アイジル・ブリルド映画脚本: ジェフ・ディーン、 ティム・ファース2005年 イギリス 日本でもミュージカルで舞台化...

  •  2
  •  -

「物件ファン」のファン

妖精さんが私の住む街にも増えてきました。おまけに風が強くて雪が止まない。道路が凍る前に食糧を冷蔵庫に一杯にしておいてよかった。私にしては真面目にニュースで情報を拾っているのですが何しろタブレットを開いたら私の手が勝手にこのサイトを開いてしまう。リンクしてます→「物件ファン ー物件をたしなむ不動産エンターテイメント」リンク先のページのタイトルはこれ「大正ロマンに心が弾む、3億円の洋館」ある種の「不動産...

  •  0
  •  -

スーツとメガネ

「映画狂乱日記〜本音を申せば12」小林信彦/文藝春秋この本の後半、「原節子という大きな星」というタイトルで2015年9月に亡くなられた原節子さんへの小林信彦流追悼の辞が述べられている。この項が読みたくて本書を買った。理由は映画「三本指の男」について何がしかの言及がないかと思ったからだ。所謂Bであろう「三本指の男」があの週刊文春連載「本音を申せば」の俎上に載るなんてあるわけないのだけれど。それ以前に、この映...

  •  2
  •  -

トランポリン

皆さま年明けの寒波、いかがお過ごしでしょうか?私は長めの冬休みの上雪で職場が休みになりヽ(;▽;)ノもう2週間というもの家に引きこもっております。ぼちぼちリアル読書会が始まったところでまた感染拡大。テレビのドラマも映画も不作。何回観ても面白いと思ったのは「バック・トゥ・ザ・フューチャー」と「天気の子」くらいで。特に新バージョンの名探偵ポワロ「ABC殺人事件」の酷さにがっくり。もはや愛する小林信彦の「映画...

  •  0
  •  -