FC2ブログ

老嬢の鼻眼鏡

Welcome to my blog

Archive2020年12月 1/1

電子元年

2020年は歴史の教科書に載る年になるんでしょうか?31日なのに掃除もそこそこ、料理は適当なまま放りおき、自分の1年を振り返ってみたいと思います。世間一般の常識から常に遅れること10年以上。今年は私にとって「電子元年」でした。視力が弱くなったこともあって漫画発掘のために電子書籍に手を出し課金に次ぐ課金。私の場合、生業としての仕事の1/4(適当)は「読書」なので調子に乗りました。「ナナのリテラシー」/鈴木みそ電...

  •  0
  •  -

すごいすごいすごい

No image

すごいすごいすごかった女子シングルのフリー演技。4Sと3Aを入れた女子フリー演技を紀平選手がやってのけました。ジャンプの加点が嵐だった坂本選手もN杯よりずっとカッコ良かったです。三原選手の演技構成点では背中が冷たくなるようなジャッジの意思を思い知らされましたが。そこは相変わらずの格付け大会なんですね。レベルの高さは男子同様。いやもうすごかった。宮原選手のトスカも素晴らしかったんですよ。それにしてもええ...

  •  2
  •  -

ゲームの達人

No image

友人のいずみちゃんに、先日のオット実家での顛末をとっくりと話す機会を伺っていた私。昨夜全日本の鍵山くんの演技が終わって「電話していい?」といずみちゃんにメッセージを送ったのですが返事がない。(仕方ないので)最後の演技まで見終わってホワーンと座っていると電話がかかってきました。「やだ、スケート観てたらメッセージに気がつかなくて!すごかったねえええ!」いずみちゃん大興奮。そう、昨夜の全日本フィギュアス...

  •  0
  •  -

背中がカッコいいのよ。

No image

孤独なぼっち仕事の私は今日が自分だけ仕事納めでした。フレックスで早めに帰ってテレビを付け、ミステリ番組でもないかとCSのチャンネルを進めていると流れてきた音楽に台所の洗い物を片付けていた手が止まりました。あれ?これ「グレートスピリット」?テレビ画面を観ると氷上を滑っているのはショーマなんだけど、ちょっと違う。ショーマが大人の顔して滑ってる。あれ?これ去年の試合じゃないよね?私は未来に来たの?画面下に...

  •  2
  •  -

ロボット掃除機GoGoGo

姑の葬儀の後、高速で6時間ほどの道を帰ってきた。こびっとを持ち込む余所者は帰れと、1泊で八つ墓村(笑)を追い出されたもののオットも私も忌引きを有効に使わせてもらうことにした。県外移動したことだし自主的に外出を自粛土産がわりに持たされた、兄自慢の自家製米を食べている。さて遅い朝食を食べながら見るともなしにテレビを見ているとロボット掃除機のコマーシャルが。ほうほうなるほど、ゴミを吸いながら拭き掃除もして...

  •  0
  •  -

横溝正史風 ロマンス(長いです)

No image

姑が亡くなった。寝たきりになって10年の後老衰での大往生。90歳だった。姑というかオットの実家というのは私には異世界すぎて横溝正史風なドラマでも見ているようだった。そしてその異世界にはリアルタイムで進行するロマンスがあったのだ。姑が亡くなった今その長いロマンスについて書いてみたいと思う。想像していただきたい。八つ墓村のように山に閉ざされた町。商家の11人姉弟の7番目の娘だった姑は悪魔の手毬唄で言うところ...

  •  7
  •  -

「ミステリと言う勿れ」

恥ずかしながら第二次漫画ブームそれも大ブームに浮かされているんです。昨年、もう抜けることはできまいと思った遣都の沼(林遣都さんのことです)が沼からサイダーくらいサラッサラになり、そちらからサッサと抜け出すことができたのでこのところ漫画の深い闇の底を探究しています。年寄りの冷や水と言いましょうか。これね、「冷や水」って軽く言いますけど意味は「自らを破滅に追い込むような行為のこと」ですから。怖いんです...

  •  4
  •  -

真央が行く!横浜編

真央が行く!「横浜編~パラ卓球&ボッチャ~」 浅田真央さんが訪ねるのは、横浜でパラスポーツに取り組む双子。兄の齊藤元希さんは、「パラ卓球」期待の新星。弟の大希さんは、地上のカーリング「ボッチャ」に夢中。車いす卓球ならではの超高速ラリー、高度な戦術が求められるボッチャの魅力を体感!パラスポーツと出会うことで前向きに歩み始めた家族の物語にも触れる。コロナの逆境の中でも励む全国のアスリートへ、真央さんが...

  •  0
  •  -

サンコンさん(ニセモノ)の老後

No image

おはようございます。朝から上機嫌なのは視界がちょっとだけクリアになったからです。先日、またしてもアレルギーで目の充血が「森美也子」(八つ墓村参照)になり視界がボヤけて運転も危ぶまれる事態となりました。左目の奥が片頭痛なのでしょう、ズキズキと痛んで辛すぎます。どうしよう、もう漫画が読めない!ステロイド入りの点眼薬を出し渋る先生に「もう何もかも見えないんですぅ」と泣きつくと「視力の検査、し直しましょう...

  •  4
  •  -

Go to しない

Go to とか何とか言ったって何だか面倒そうで県を跨いだ移動なんてできるなら避けたいし都内の真ん中に住んでいたって親子3人、知り合いにまだ誰1人としてこびっとのヨウセイになった人がいないという友人もいるのに私のように田舎町で1人の仕事をしていても職場でクラスターが起きる人もいるわけでテレビの情報や場所による感染者の増え方にも実感がなかなか伴わないものですよね。そんなこんなで出るに出られずでもじっとしてい...

  •  2
  •  -