FC2ブログ

老嬢の鼻眼鏡

Welcome to my blog

Archive2020年08月 1/1

アンドロイドは電気林檎の味をみるか?

近所に新しく宅配ピザ屋ができたというのに私は家で焼くピザに新境地を見出している。出来合いのピザの台とチーズが冷凍庫にあればそれでOK。後は冷蔵庫にあるものを乗せて焼くだけ。タバスコは必需品だけど乗せて焼くだけにやる気はいらないので週末はこれで勘弁してもらっている。今朝ピザ台に野菜とソーセージを乗せたのはゴリオがガールフレンドを初めて家に連れてくるからだ。しっかり料理を作って待つほどのことでもないちょ...

  •  2
  •  -

ビー玉がこんなにも美しい「玉響」

しばらく続くかもしれないBL漫画の話です。今回は「名作」という文字がレビューに踊るゆき林檎さんの「玉響」です。人を愛しているのに「後ろめたさ」を感じる。主人公たちの「後ろめたさ」が切々と響いて(特にこの方の「グッドバイライラック」はそう!)読むものに余韻を残す漫画家さんのようです。ちょっとお文學な感じと言えばいいのでしょうか。「玉響」続きで「或る日」もあります。大正時代全寮制男子校貿易商の跡取り息子...

  •  0
  •  -

エロくてエモくてヤバい 「重い実」ワールド

いかに雑食とはいえ私も年寄りですから読む本は流石に選びます。BLに限らず、漫画には地雷が多いし男ばかりの家族ですので恥ずかしく今来ている老境漫画ブーム(罹患1名)で読んでいる本は電子が殆どです。電子でもタダじゃないので買ってまで読むには慎重に試し読みをしてから、という段階が必要になります。「試し読み」は罠ですけど、優秀です。最初の数ページで合う合わないって大体わかるものですから。それでも時々「勇気を...

  •  0
  •  -

ファンタジーならとびきりの「日高ショーコ」

「BLはファンタジー」と言いますが。どうせ幻想なら良さげな夢を思い描きたいじゃありませんか。というわけで日高ショーコさんです。この方、原作と漫画を分担していらっしゃるんでしょうか、お二人で描いている漫画家さんです。原作担当がいらっしゃるのでキャラクターにもストーリーにも幾重もの層が隠れていて絵の美しさも十分ですので読み応えがあります。日高ショーコの少女マンガ「日に流れて橋に行く」は明治末期の呉服店が...

  •  2
  •  -

2次元の映画 「どうしても触れたくない」「それでも、やさしい恋をする」

以前この記事で高畑勲さんの著書「十二世紀のアニメーション」について書いたことがありました。↓リンクしてます「絵と言葉で語る」ーこの記事で私はこんな風に感想を書き残しているんです。「絵巻物は、その見方によってカメラが移動し、パンした時と同じように見え、移動の速さも視野の広さも自在に変えることができる。実に不思議なカメラワークが一枚の紙の上に連綿と広がっていくわけなのだ。」「十二世紀の京都の絵師たちが...

  •  0
  •  -

『富士』と『富士日記』

今、武田泰淳の「富士」と武田百合子「富士日記」(どちらもページ数が半端ない)の併せ読みという長い旅に出ているのですが『富士』の中の自然や動物、生活の断片が奥さんの百合子さんの『富士日記』で描かれる生活日記記録と微妙にリンクしていて『富士日記』でチキンラーメンとか普通に食べてるんだなあと思っていると『富士』の中で主人公がリスに与える餌がインスタントラーメンだったりするのでおおおおお、ってなるわけです...

  •  0
  •  -

Yaoi fandom

いきなりですが『腐女子』をWeblio和英辞書で引くと『Yaoi fandom』と出てきました。爆笑しました。こういうことですね。『fujoshi (girls and women who prefer Yaoi, etc.)』では『Yaoi』とは何でしょう?やおいーWeblio辞書を引くと 男性同性愛を扱った女性向け作品の中で、パロディ作品をやおいと呼び、オリジナル作品と区別することもある。[3]元々は、単に「物語性に乏しい漫画や小説などの創作物」を指す言葉だった。また、...

  •  2
  •  -

クライシス帝国の陰謀

暑いというかもう、気を失って道端に倒れ込みそうになるような暑さです。仕事をしていても暑いというより頭がボーッとしてきます。Twitterで見かけたこれが頭をよぎります。仮面ライダーBLACK RXでクライシス帝国が人工太陽作って東京がヤバイってなったとき38度って言ってたぞ日本中マジクライシス pic.twitter.com/LG82yaptBq— イカエイダー (@ikaader) July 17, 2018 仮面ライダーBLACK RX、1989年の話ですよ。この時か...

  •  0
  •  -

覆せ、戦え

16日の日曜日は「浅田真央サンクスツアー滋賀公演」のライブ配信で一部スケートファンは盛り上がりましたね。私は画質の劣るテレビと画質はいいけど迫力に欠けるタブレットを前に涙を拭くタオルを握りしめ正座して拝見しました(´༎ຶོρ༎ຶོ`)始まる前から「今からだね!」「映った?」「会場音、聞こえる!」的な動作確認を友人のさっちゃんとLINEで行いつつどうか成功しますようにと心は会場に飛んでいました。遠くに住む友人と同じ...

  •  2
  •  -

部屋と3食とわたし

夏季休暇(お盆休みとも言いますね)もあっという間に最終日。PCR検査後2週間のみそぎ期間を経て(なんだろう、これ)自分の気分的にもコロナ縛り的なものが落ち着いてきました。陰性だったけれど「そこで働いてる」ってだけでこんなにも肩身の狭い思いをするもんなんだとよくわかりましたよ。コロナ観戦()に怯えるよりはやっぱりスポーツ観戦の方がいいですね。今日は待ちに待った浅田真央サンクスツアーWeb観戦の日。スケート...

  •  2
  •  -

ショーマ自分解説

真央ちゃん(小藪さんに真央ちゃんって呼ばれる方が嬉しいって言ってましたのでちゃん呼び)出演の#こやぶるを見てそのままショーマの動画を見てきました。【公式】宇野昌磨アップロードチャンネルhttps://youtu.be/EeINX0b7IOM【解説シリーズ】第1弾 2019-2020 SP「Great Spirit」こちらは解説ではなくその前の第1段のなんですけどこのラーメンな感じ、すごく好きです。はい、自分解説の始まりはキリッとしたショーマ(遅いん...

  •  2
  •  -

「麗しのギャングVS勝負する蝶々夫人」

8月8日夜に放送されたNHK SWITCHインタビュー 達人達「望海風斗×浅田真央」「麗しのギャング」VS「勝負する蝶々夫人」それぞれの代表作品に因んだタイトルがこれ。「勝負する蝶々夫人」かっこいいですね。引退を決めた宝塚雪組男役トップスター望海風斗と引退後、自らのチームを率い「サンクスツアー」で全国を回るフィギュアスケーター浅田真央 「望海風斗×浅田真央」現役男役として実力と人気を兼ね備える、宝塚歌劇団雪組トッ...

  •  2
  •  -

ほんの些細な幸せ

経過観察という名の味も素っ気もない体温と行動範囲の記録報告を続けている。保健所のURLに自分に割り当てられた番号を入れてあとは決まった返事をしていくだけのごく簡単なものだ。絵面をカスタマイズできたり交換日記みたいになっていれば楽しみもあるのだが勿論そんな機能はない。不要不急の外出は控えることになっているけれど昨日までは仕事に出ていたし(開店休業ですけどね)食料品の買い出しにも行く。観戦者()がいるの...

  •  0
  •  -

写真雑誌

No image

National Geographic 日本版の8月号。特集はズバリ『パンデミック 人類はどのように感染症と闘ってきたか?』写真の力はすごい。息を飲んだ。世界のどこか歴史のいつかの話がこんなにも身近になってしまったからだろうか。まるでエジプトのミイラのように厳重にくるまれたインドネシアの病院に安置されたコロナ感染が疑われる患者の遺体の写真。どの写真も驚きだけれどこれが今の話なんだからそしてひと事ではない話なんだから。...

  •  0
  •  -

それは実際現実で

No image

観戦()した人に対して世間の目がいかに厳しいものかネットニュースで読んではいたもののちょっとオノノイタ。誰もが遊んでいて罹患するわけじゃない。仕事中に観戦()する人もいればBBQして密っていてさえ偶然感染しない集団だってあるだろうに。このご時世でもzoomすら採用されていない研修を受けにいく筈だった。『所属がわかったら、お互い嫌な思いするでしょ?』事務方にそう言われた。『ですよね』昨日の今日だし欠席する...

  •  2
  •  -

新生活様式における『劇場版 おっさんずラブ』地上波放送

今朝起きてニュースをチェックしながらあ忘れてた『劇場版 おっさんずラブ』の地上波放送、昨夜だったわ。大丈夫です。映画館で3回円盤買いwowowで録画2つそして地上波録画どうやっても観られます。地上波放送にあたっては春田創一さん(田中圭さんの役名)が顔を見せてくれるということで録画を朝から観ました。この映画が上映されてたった1年で観る側の意識がこんなに変わってしまうとは。今後こんな映画作れるのかいって思うほ...

  •  0
  •  -

それはやっぱり鼻からで

No image

前記事にも書いたように職場で妖精さん()が発見され私もPCR検査を受けた。とりあえず陰性だった。結果が出るのは早かった。PCR検査は30度を軽く超えてる暑さの中テントはあれども屋外で執り行われた。検査を受けるこちらはずらずらと立って並んでいるだけでよかったけれど検査する医療関係の方はたった3人で1人が名簿のチェック。チェック係の彼女は白衣にマスクのみ。もう1人が鼻から検体を採取する人でこの人と検体を試験管み...

  •  0
  •  -