FC2ブログ

老嬢の鼻眼鏡

Welcome to my blog

Archive2020年05月 1/1

『しゃぼん玉』人の心を動かす仕事

『しゃぼん玉』2016年出演伊豆見翔人:林遣都スマ:市原悦子美知:藤井美菜スマの息子:相島一之シゲ爺:綿引勝彦東宝シネマズ林遣都祭り(もうそう呼んでもいいでしょう)で上映されていてどうしても映画館で観たくて行ってきました。Amazonプライムでまるまる3回観て泣いて。今日は更に顔がぐちゃぐちゃになるほど泣いて帰ってきました。あらすじは以下です。wikiからおかりしました。 直木賞作家・乃南アサの同名ベストセラー小...

  •  0
  •  -

季節は進む

浅田舞さん真央さん姉妹の浴衣姿がインスタに。まとめてみましたこちらでは雑誌の紙面が見られます。雑誌25ans (ヴァンサンカン)真央さんはいつも辛いことは口にしません。でもサンクスツアーのキャストを束ねる座長であるからには今回のコロナ禍によって大変なことも多いと思います。真央さんを応援しているつもりがいつもこちらが励まされてきました。今後フィギュアスケートの試合やショーがどのような形になっていくのかわかり...

  •  2
  •  -

「世界は3で出来ている」の三択

Twitterで『林遣都』がトレンド入りしていました。朝から大変です。長生きしてよかった(≧∀≦)番組内容の詳細はこちら→『世界は3でできている』スカーレットの脚本家の水橋文美江さん教場の演出家の中江功さんこのクリエイター夫妻が『彼しかいない』とオファーしたドラマは徹底して『3密』を避けたという1人3役。ニュージーランドかトム・クルーズの宇宙ステーションか林遣都の三択で林遣都だったという。https://natalie.mu/eiga/...

  •  2
  •  -

『野球部員、演劇の舞台に立つ!』

『野球部員、演劇の舞台に立つ!』平日昼間の東宝シネマズ。派手な商業ベースに乗らない映画にも関わらず以外に観客席が埋まっていることに驚きました。映画の評判かそれとも遣都ファンなのかはわかりませんが100%女性でした。福岡県八女市の高校を舞台に野球部員3人が演劇部の顧問にスカウトされ演劇コンクールの舞台に立つまでを描く成長の物語。演劇の舞台は、演じるだけでなく、衣装、音響、舞台装置などなど、それぞれ担当の...

  •  0
  •  -

東宝シネマズ遣都祭り

No image

近くの東宝シネマズで林遣都さんが出演する映画が観られるというので時間休を取って久しぶりに人の多いところに出かけて来ました。今日観るのは野球部員が演劇の舞台に立つとか立たないとかいう映画です。映画は好きですが歳をとるごとにスクリーンの大きさが眼に辛くなり音響の加減について行けずなかなか映画館まで出かけてみようとは思いません。ほんと、遣都さんが出ていなければ仕事まで休んで自粛明けの人混みに出かけてなん...

  •  0
  •  -

A MESSAGE OF HOPE

【A MESSAGE OF HOPE(連載:希望へ、伝言)】 Vol.15 浅田真央──強くて明るい色で元気を届けたい→https://www.gqjapan.jp/culture/article/20200524-mao-asada-messageBy GQ JAPAN編集部2020年5月24日浅田真央さんは、“大人の塗り絵で”元気を届けます。──現在の日常について教えて下さい。食材の買い出し以外、ほとんど自宅にいます。これまでも自炊をしていたんですが、自宅で過ごすようになって料理をする機会が増えました。な...

  •  0
  •  -

『恋人たち』

牧凌太役の林遣都さんが彗星のごとくあらわれるまで好きな俳優といえば根津甚八さんでした。ジェームズ・スチュアート、ショーン・コネリー、三國連太郎、そして根津甚八。好きでしたねえ、ほんと。私が今『林遣都沼』にいるからといって遣都さんが好みの顔かといえば全然違うんですよ。遣都さんは演技が好き、というのがほんとのところで。根津甚八の顔は私のドストライク。ちょっと世を拗ねた雰囲気と表情が大好きでした。きっか...

  •  0
  •  -

『そして生活はつづく』星野源

『そして生活はつづく』星野源/文春文庫『逃げるは恥だが役に立つ』が毎週火曜日にダイジェスト版で再放送されていますね。私はお正月頃に多分paraviか何かで観ましたがまあハマりました。いやあの時は正直ガッキーの可愛いさにやられましたが星野源という不思議な存在に気がついたのはそれからだったんです。地上波テレビを観ない年寄りなんて、そんなもんですよ。あんなに映画の『夜は短し歩けよ乙女』で、星野さんが先輩役の声...

  •  0
  •  -

『観光』を買いに

職場とスーパーと家をぐるぐる回っているだけの毎日。読みたい本があったので夜も開けているいつもの本屋さんまで夕ご飯の後、行って来ました。好きな音楽をかけて。少し冷たい夜風を入れながら小さな車で走って来たとか書くとちょっと気持ち良さげに聞こえますね。ところが夜の国道は法定速度なんて全然無視の車が多いんです。後ろから大きな車に煽られて車線を右往左往しながら車道の同調圧力に負け脇目もふらずめっちゃ飛ばして...

  •  0
  •  -

「新型コロナウイルスが終息したらやりたいこと」

No image

さて今日はどんなくだらない話を書こうかと新規投稿のページを開くと。fc2 のトラックバックのテーマが「新型コロナウイルスが終息したらやりたいこと」ですって。皆さま、どんなことをなさりたいですか?私は即答です。コロナが終息したらその時こそちょっと後ろめたい気持ちを抱えて『引きこもりたい』これからまた週末『出かけなきゃ』この妙な義務感との戦いが始まるのかと思うとちょっと鬱憂。まあ、ドラマや映画の撮影が再開...

  •  2
  •  -

『しんがり~山一證券 最後の聖戦~ 』バイプレイヤーとしての林遣都

https://www.wowow.co.jp/detail/107226←wowwowのページに飛びます。連続ドラマW しんがり~山一證券 最後の聖戦~ (全6話) 1997年に起きた山一證券の自主廃業を題材にした、江口洋介主演で贈る本格社会派ドラマ。会社消滅まで闘い続けた熱き社員の姿を描く。監督は『沈まぬ太陽』の若松節朗。1997年11月、四大証券の一角を占める山一證券が自主廃業を発表した。その要因となった約二千六百億円の簿外債務は、いつ、どの...

  •  0
  •  -

『林遣都さん出演のおすすめ映画10選』

No image

『林遣都出演のおすすめ映画10選!完成された演技と未成熟な“少年性”のギャップの非凡さ』https://cinemore.jp/jp/news-feature/1421/article_p1.htmlCINEMOREの素敵記事がTwitterにも上がっていました。#林遣都 出演のおすすめ映画10選!デビュー作から安定してキャリアを築いてきた林に、「ブレイク」という言葉は似つかわしくないだろう。ただただ真摯に、1つひとつの役と向き合い、演じ続ける。それこそが、林遣都の非凡さを表...

  •  6
  •  -

跳べない豚は跳んだフリ

その後、(なんの後ですか)スイスはシャンペリーのお山から全世界に向けて発信された(ふふふ)エクササイズをYouTubeでやって撃沈していた私ですが。今回優しく真面目に教えてくれるステファンが取り入れたのは『跳ぶ』こと。スケーターも一般人もできる程度だと踏んだのでしょうか?跳んだフリ、筋トレのフリでフリばかりを1時間ほどやりましたがそれだけでも凄まじい筋肉痛で大変でした。『年寄りの冷や水』ってこれかしらと我...

  •  0
  •  -

『青くて痛くて脆い』

『青くて痛くて脆い』住野よる/角川書店映画化されて今夏上映される予定だそうですが、この夏はどうなることか。住野よるさんは『君の膵臓をたべたい』を読んで以来『よるのばけもの』、『また、同じ夢を見ていた』を続けて読みました。友情以上、恋愛未満という実にじれったくもどかしいこの感じ。事件そのものより読むことで草食系男子から気持ちの上でざっくりと傷痕を残されることに驚きます。若い時にもっとしっかり傷ついて...

  •  0
  •  -

『QP』

Huluで2011年のドラマ『QP』を観ました。ヤクザとか不良系は須く苦手分野なのでもちろん林遣都さんが出ていなければ絶対見ないはずのドラマです。結論から言えばこれはすごくいい。めっちゃくちゃよかった。高橋ヒロシ原作、三池崇史監督(全話ではありません)。まず音楽。オープニングテーマレニー・クラヴィッツの“Looking Back On Love”エンディングテーママキシマム ザ ホルモンの“ブラック¥パワーGメンスパイ”カッコいいん...

  •  0
  •  -

『絶景本棚』の絶景

『絶景本棚』本の雑誌編集部編画家、まきのいさお氏が本書で古く安っぽい本棚について語っていてるのですが。そのカラーボックスのような本棚でさえ月日が経つと愛着が湧いてきて、さらに『そのなかに古い本と新しい本が混ざってまるでうなぎ屋のたれのように味わいを増している。』『うなぎ屋ののたれ』とは言い得て妙です。この本、ほんとに絶景です。写真の中の本棚に収まった本の背表紙を眺めているだけでワクワクしたりちょっ...

  •  0
  •  -

本の目印に

朝ドラ『スカーレット』の総集編を録画し忘れ。昨日はステファン・ランビエール先生のトレーニング中継も見損ねて。詰めが甘いんです。というわけで今日は林遣都さん御出演の舞台『大道寺家の人々』の録画予約を朝イチで確認しました。さて今生活するのに全く必要ではないもの。その1つが『エクスリブリス』。『エクスリブリス』って何?Wikiさんに説明してもらいましょう。 蔵書票(ぞうしょひょう)ないし書票(しょひょう)は...

  •  0
  •  -

『火花』再考

No image

スカーレットの総集編を録画し忘れたショックで呆然としている週末。朝ドラを始め、意外に地上波も楽しめるようになった気がしていたんですけれどやっぱりダメだったようで。『エール』も楽しみに観ていますがやっぱり私は沼の住人だったようです。先日観たのは姫川玲子シリーズ 『ストロベリーナイト』2010年竹内結子さんが主人公の刑事を演じる『ストロベリーナイト』シリーズのパイロット版です。林遣都さんは新人のエリート刑...

  •  0
  •  -

何を守り、何を捨て、僕らはどう生きていくべきか。『コロナの時代の僕ら』

No image

パオロ・ジョルダーノ『コロナの時代の僕ら』あとがき公開のみ公開継続されていました。早川書房、4月10日には全文48時間公開していたんですね。それだけ今読んで欲しい本だったのだと思います。このあとがきには訳者の飯田亮介氏も書いているように、心打たれるものがあります。早川書房のHPにリンクしています。→何を守り、何を捨て、僕らはどう生きていくべきか。...

  •  0
  •  -

別にコロナのせいじゃない

No image

長い休みが終わって昨日からまた仕事が始りました。先月お給料が振り込まれていなかったことをてっきりコロナの影響だと思っていた私。昨日事務方のお姉さんにちょっと聞いてみることにしました。『あ、ここは翌月払いなんですよぉ〜』ぇ?コロナ関係ないの?雇用契約書に書いてよそれ。なーんだと気が抜けて。自分が担当する部屋に着いて家から持ってきた道具をテーブルに広げました。クイッ○○ワイパー。手袋。除菌ジェル。ハンド...

  •  0
  •  -

男の散髪

ゴリオは天パで、それもかなりクセが強いのですが。その上顔が濃く横は刈り上げお正月には伸ばしている上の髪の毛を金髪に染めていました。さすがにバイト先で注意されたらしく色だけは元に戻していましたが。それにしてもこれはまさに‥‥。懐かしいですね。横浜銀蠅の皆さんです。思わず歌ってしまいました。右側はスカーレットの武志役の伊藤健太郎さんのようです。この動画をゴリオに見せながら大笑いしていると『ちょっとなら切...

  •  2
  •  -

やじろべえ

No image

前記事と分けました。4月、とうとうお給料が入らなかった身としては思うことも多々ありますが。こんなご時世なので上が揉めているのも仕方ありません。外に出ないおかげで出費も減っているので今はじっとしています。今月一杯に伸びた緊急事態宣言ですが私は必要だと思いますよ。休業補償は必要でしょうけど。ネイサンの動画に限らず真央さんの動画や色んな再放送も次々に上がってきます。今観ている2017年のフィギュアスケート国...

  •  0
  •  -

ヒアリングの勉強にネイサンのイケボ

No image

アモディオとネイサンが語る!アモディオ久しぶり!ヒアリングの勉強をネイサンのイケボで(*^▽^*)こうサービス満点だとどれだけ家にいても1日24時間じゃ足りない気がします。...

  •  2
  •  -

3分以下クッキング

No image

フィギュアスケート男子シングルの田中刑事選手がTwitterにパン作りの様子を挙げていました。スコーンだと思って作ったらパンみたいになってパンだと思ったら、裏が全て焦げてた。焦がす才能が十分発揮された、作品となりました。撮影後、研磨して美味しくいただきました。#おうち時間 #焦げスコーン pic.twitter.com/ZaOm0pfLzY— 田中刑事 keiji tanaka (@deka_1122) April 29, 2020 ダイナミックな演技に定評のあるアスリ...

  •  0
  •  -

影響力

No image

『コロナ時代の僕ら』(パオロ・ジョルダーノ/早川書房)にはイタリアに住む日本人妻が中国人と間違われ中傷を受ける話が出てくる。トランプ大統領の発言が正しいかどうかは別にしてその影響が恐ろしいのはコロナへの憎しみがアジア人全体に向かうところだ。同様に芸能人の政治的発言をどうこう言える立場ではないけれど。彼らがもし自分たちの影響力を意識して発言しているとして今現在食うに困らない人たちが物申すならもっとで...

  •  0
  •  -

『あたしたち、海へ』

『あたしたち、海へ』井上荒野/新潮社本の帯が好きでじっくり見てから本編に取り掛かる。帯が案外先入観になって思っていた話と違うよねそう思うこともあってこの本はまさにそれだった。以下素人の勝手な感想でネタバレなのでご注意を。最終的にこの小説は帯の言葉に集約されていくのだけれど。でもそう単純ではない。登場人物の視点がくるくる変わっていくのは流行りなのだろうか?それが効果的なことも欠陥になることもあるので...

  •  0
  •  -

緑の髪

No image

『コロナ時代の僕ら』の情報が入ってすぐ小さい方の本屋さんにメッセージを送った。お店は開店休業状態なので本は殆どオンラインで受け付けて郵送しているらしい。でも待てなかった。車横付けで店まで本を受け取りに行って良いかと問うとOKの返事が来た。路駐するにはオットに運転してもらった方が良い。約束の時間より早く着いて閑散とした通りにある店の前でしばらく待った。道の向こうからやって来た店主は30代後半。緑色の髪。...

  •  2
  •  -

『コロナ時代の僕ら』パオロ・ジョルダーノ

『コロナ時代の僕ら』パオロ・ジョルダーノ/早川書房トリノ生まれの物理学者によるエッセイ集だ。つい先日、今年の2月から3月にかけて書かれた『Nel contagio』を早川書房がいち早く捕まえ邦訳出版したのが4月25日。私がこの本を手に入れたのが昨日4月30日。どんだけ狭いんだ、世界。凄まじいスピードで翻訳を成した飯田亮介氏自身もイタリアのとある村に住んでいる。横浜に続き長崎で発生したクルーズ船の集団感染の件で船会社の...

  •  0
  •  -