FC2ブログ

老嬢の鼻眼鏡

Welcome to my blog

Archive2020年02月 1/1

400年前のビリー・ジョエル

『宇宙探査艦オーヴィル』 (The Orville) は、セス・マクファーレン(『テッド』の俳優さんですね)が製作し主演するアメリカのSFコメディドラマ。スタートレックのパロディというか、オマージュというか。シーズン1を見始めた時には『宇宙版お茶の間コメディー』と気楽に観ていましたが、これが侮れない深いテーマをバンバン扱っていくんですよね。特に女性差別、マイノリティ、LGBTなどに関しては毎回様々な宇宙人を登場させて色...

  •  0
  •  -

ベルベット

フィギュアスケート、チャレンジカップの男子シングルフリーが終わって、宇野昌磨選手金、田中刑事選手銀メダルの1・2フィニッシュ。ショーマの演技。誰もが息を止めて見入ってしまいそうな『ダンシング・オン・マイ・オウン』は素晴らしかった!もうこれは演技だけで泣けます。何も知らずに観ていたとしても心揺さぶられる演技だったと思います。滑らかで淀みなく吸い付くようなスケーティング。氷の上なのに、ベルベットのような...

  •  0
  •  -

STAR

オランダ、ハーグで行われているフィギュアスケートのチャレンジカップ。男子シングルの宇野昌磨、田中刑事両選手は日本時間の午前3時〜4時からの演技スタート。寝てから観るか、観てから寝るかの時間帯でしたが、寝てから観ました。その前に、あのシブタニ兄妹の妹マイア・シブタニのニュース。平昌オリンピックアイスダンス銅メダリスト、アメリカ代表マイア・シブタニ選手。彼女のインスタには正直な気持ちが綴られていました。...

  •  0
  •  -

『 she's always a woman 』

No image

今はビリー・ジョエルだってAmazon primeで聴くことができるんですね。ネットでニュース記事を読みながら音楽を流していると、この曲がかかるたびにどうも歌詞が気になる。ビリー・ジョエル『She's Always A Woman To Me. (アルバムは"The Stranger") 』男性にとって、翻弄されるタイプの。でもとても魅力的な。そういった女性を歌っているのだと思っていたんですが。NHKの朝ドラ『スカーレット』の川原喜美子は、別れた夫の八郎に...

  •  0
  •  -

当たり前だがスイスのお山は夏でも寒いらしい

こんな下らない話を『宇野昌磨』カテゴリに入れるだなんて。ほんと、ごめんなさい。今日も何かと運の悪い私は、うっかり交差点付近で車線変更したところでねずみ取りに捕まった。確定申告で戻るお金は警察経由でまた元に帰るってわけだ。そんなことなら横断歩道でベビーカーから子供を下ろしてその子にベビーカーを押させて駅前の混んだ交差点を渡る親子の方がよっぽど危険じゃないか。(切符を切られた直後にこの親子が!)とりあ...

  •  0
  •  -

優しい世代

No image

確定申告に行った。税務署の職員さんはとっても頭がいいのか、単に私が馬鹿なのか。何しろ根気強く1から教えてくれる。この職員さんが30歳前後だとすれば、平成生まれの可能性もある。(あら、線引きしちゃった)これがひと時代前ならつっけんどんに書類を突き返されて終わりそうだが、今は違う。職員1人が同時に何人もの納税者をさばきながら親切丁寧だなんて、こちらはありがたいが、あちらにしたらどれほど大変だろう。おかげで...

  •  2
  •  -

顔が変わるほどのストレス

No image

冷え込む日本列島。今人込みにはなるべく行きたくない。駅ビルのエスカレーターの下。気のせいか普段より互いに距離を取ろうとするかのように段々に並ぶ人々の昇り降りを眺める。たまたまだったかどうだか知らないけれど、誰一人としてエスカレーターの手すりにも触れていない。だよね。とうとう我が家のマスクも切れ、布製マスクを検討中。でも布製マスクだって自分で作らない限り、今は入荷待ちなんだそうだ。小雪の降る中、仕方...

  •  0
  •  -

『すきになったら』

『すきになったら』ヒグチユウコ/ブロンズ新社絵本の帯が、ピンクとブルーの2色ありました。おまけなのか、一筆箋がページの間からヒラリと。ヒグチユウコさんの緻密なタッチが、今回猫ではなく、ワニに、遺憾なく発揮されています。もうね、お高い絵本ですが、これは買いです。2016年初版で、3年の間に9刷を重ねています。ヒグチユウコさんの絵と、言葉のひとつひとつが手を取り合って。ひらがなって可愛くてセクシーだとか思いま...

  •  0
  •  -

花形・力石・岩清水

今回は著作権に引っ掛かりそうなほど、個人の写真で一杯です。コワイわ〜。かつての漫画愛好家(っていうのか?)にとって、梶原一騎の劇画を毎週楽しみに読んだ記憶は輝かしいものだったのではないでしょうか。私は『巨人の星』はアニメで、『あしたのジョー』は後半リアルタイムで漫画、のちにアニメ、『愛と誠』は第1回から漫画で読んだ記憶がいまだにあります。梶原一騎原作のこの3作品、主人公もライバルも、なかなかの悲劇で...

  •  0
  •  -

『日はまた昇る』

No image

『日はまた昇る』アーネスト・ヘミングウェイ/集英社小説にジェンダーは関係ないと言いたいけれど。やっぱりあると思う。この本は、というか、ヘミングウェイの小説は、やはり女性向けではない。昔の名作って、ミステリでさえネタバレしてしまっているので大体結末の予想は付く。この本に限っては、それでもこのテーマをどう完結させるのかという興味に惹かれて読んでいるわけだけれども。第一次世界大戦後のパリ。戦争で心身とも...

  •  0
  •  -

恋愛小説ってなに

先月の読書会でのことだった。終了間際に次のお題を主催者が言い渡した途端、そこにいたメンバー全員が浮かない顔をした。「来月のテーマですけど、今度こそ【恋愛小説】でいきましょうよ。せっかくのバレンタインなんだから。」こちらの読書会は毎月決まったお題に沿って、各自がおすすめの本を持ち寄り紹介するという気楽なものだ。がしかし常連メンバーは一筋縄ではいかない。ミステリが好きなおじいちゃんはいついかなる時もミ...

  •  2
  •  -

ひな壇芸人の国

No image

アカデミー賞の話題であちこち賑わっています。この動画は、文字通り、「明日にはみんなこのスピーチの話をしているよ。」素晴らしいスピーチでした。This is the Joaquin Phoenix Oscar speech everyone will be talking about tomorrow pic.twitter.com/0pQLxpuQI2— NowThis (@nowthisnews) February 10, 2020 ホアキン・フェニックスのこのスピーチの詳細は英語と日本語でこちらに文字起こししてあります→https://www.ell...

  •  0
  •  -

ひとり息子

No image

昨日の「スカーレット」109話では大学に行った筈の武志が、今日は卒業して信楽に帰って来たというからびっくりしました。旅立っていく武志の「ありがとう」に朝から盛大に流れた涙を返して。「スカーレット」は【クライマックスよね、ここ】、そういうところをさっくり割愛するので、「あ、そう。そうなのね。」と観ているこっちがなんか勇み足みたいな恥ずかしさを覚える朝ドラです。お母ちゃんのマツさんの大往生にも驚きまし...

  •  0
  •  -

『翔んで埼玉』

最悪だった四大陸選手権の地上波視聴のついでに、何やら沢山映画賞を貰ったらしい(まだノミネートだけ?)「翔んで埼玉」を録画して観ました。最初から最後まで数分おきにやってくる笑いの波。B級をAの脚本とドストライクな俳優陣でやるとこうなるんでしょうか。あの少女漫画雑誌「花とゆめ」に魔夜峰央が連載していた時代の漫画界隈。BLというジャンルと宝塚の取り合わせからの腐女子の萌芽、そして関東圏以外の地方民までが埼玉...

  •  6
  •  -

あなたの知らない競技

No image

昨夜のフィギュアスケート四大陸選手権。放送開始からたっぷり1時間過ぎてから録画中のあの放送局にチャンネルを合わせると。どうやら女子の演技はその辺からようやく始まったところだったようで。え?それまで『女子シングル』にも関わらずナニヲ放送してたかって?いや観てないので知りませんけど。相変わらず安定の独特の仕様になっていたようです。2Aをべた褒めしている荒川さん解説がツボですよ。昨日の女子シングル、やれ3A...

  •  2
  •  -

令和の「おしん」には信作がいる

No image

「スカーレット」106話「炎を信じて」今日の信作「信楽のブルース・リーがきたで」ブルース・リーの真似したり、頭に粉チーズを振りかけるふりをしながら喜美子の家から帰ろうとして、振り返りざまの変顔。もうあれは一芸ですね( ̄▽ ̄)とは言いながら実際の林遣都さんの年齢を考えると、あの演技は驚き以外の何ものでもありません。おどけるおっちゃんの、もう『カワイイ』ではない年齢の、父親になった信作のその暖かさ。15歳から...

  •  2
  •  -

福は内

No image

今日のツイッターでもトレンド入りしているらしい#林遣都さんですが、画像、動画とも溢れていますね。成田山で「チームスカーレット」が豆まきをした様子が、つべにも上がっていました。幸せを今日もありがとう。スカーレットの戸田恵梨香・大島優子・林遣都ら悪疫退散願い「福は内」大阪・成田山 https://t.co/utTjFosUhz #スカーレット #戸田恵梨香 #林遣都 #大島優子 #松下洸平 pic.twitter.com/IaLYDPeMdt— THE PAGE 大...

  •  0
  •  -

キーボードが恋しいの

No image

タイムセールのお知らせがAmazonから届く。早速サイトに飛んでノート型パソコンとタブレットPCのページを眺めてはリンクをゴリオ(息子です)に送信する。『悪くないけど微妙』『CPU大事』『デスクトップならもっと安くでいいやつあるからなんとも言えない』『メーカーは一概に言えないし』『スペックと金額の兼ね合い』『まってそのpc微妙かも』『説明に矛盾点あるし』『あとその商品cpuの世代が説明文と紹介画像で一致してなかっ...

  •  0
  •  -

永井路子版『方丈記 徒然草』

今回も他所に保管していた感想文を移した備忘録です。『永井路子の方丈記 徒然草』落窪物語は漫画の出来が(編集の仕方が)思いのほか良くて大いに楽しみました。でも方丈記は永井さん版で。1方丈は京間の四畳半の1.12倍程の広さとWiki先生に書いてあります。で、四畳半の部屋そのものは室町時代にできたとも。『仏教においては方丈に全宇宙が内在しているという考え方が生まれ、そこから寺院の住職が生活する建物を特に方丈と呼...

  •  0
  •  -

『高尚な遊び』による金田一耕助

NHKが横溝正史の『犬神家の一族』を30分ドラマにしました。こちらからNHKのサイトに飛びます。→シリーズ「横溝正史短編集Ⅱ」【会見動画】今日は22:30〜シリーズ横溝正史短編集2 第三弾 NHK BSプレミアム渋江監督による『犬神家の一族』実は私も一瞬出ますのでお見逃しなく😁#金田一耕助#池松壮亮https://t.co/dR8J0jlq6C— 佐藤佐吉 Sakichi Sato (@sakichisato) February 1, 2020 あの『犬神家の一族』を30分で。最初はデフォ...

  •  6
  •  -

田辺聖子版『とりかえばや物語』

田辺聖子さんの作家としての構成力は『リアリストだから』と『古典の森へ』の中に書かれていますが、彼女は同時に宝塚を観て育ったロマンティスト。お聖さんは小川未明が大好きだったそうです。小川未明は『赤いろうそくと人魚』などで知られる児童文学作家。我が家でも祖母から母、母から私へのクリスマスプレゼントになったのがこの小川未明の本でした。さて、田辺聖子の手になる『とりかえばや物語』。以前他所に書いて残してお...

  •  0
  •  -