FC2ブログ

老嬢の鼻眼鏡

Welcome to my blog

Archive2019年08月 1/1

ビッグネーム

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190830-00000002-jct-entうーん。ここでまでこういった記事を載せるのも嫌なんですが。浅田真央さん紹介に「JAP」 国際スケート連盟、批判受け謝罪8/30(金) 12:20配信 J-CASTニュース浅田真央さん紹介に「JAP」 国際スケート連盟、批判受け謝罪 国際スケート連盟(ISU)は2019年8月29日、元フィギュアスケーターの浅田真央さんの紹介文に誤って「JAP」という言葉を用いたとして、謝罪した...

  •  0
  •  -

原作は無いのがいいんじゃ

昨夜、夕飯も風呂も終え、ふと時計を見ると、まだ7時半。早いよ。夜が長い〜。8時から『劇場版おっさんずラブ』が車で15分の東宝シネマズで観られるんじゃないかと思い立ち、早速観て来てしまった。まあヒットしたドラマの映画版なんて、のだめの一件もあるし、それ程期待もせずに観たのだけれど。実は映画版で『おっさんずメンバー』になった沢村一樹のことを考えていた。ドラマの『おっさんずラブ』を観る前に、アガサ・クリステ...

  •  2
  •  -

ハローおっさんずラブ

ゴリオが重い楽器を持ってサークルの練習帰り、家に寄った。この暑さの中、貸しスタジオからほど近い家まで来れば、私が車で彼の部屋まで送るからだ。こうして親子の会話がまた少しずつ増えている。‥‥ふえて、はいるのだけど。『センパイがさ。このキーボード、すっげー高いんだけど、貸してくれて、自分もライブあんのに、オレにいつも優しくてさ。なんかびっくりなんだよね。』へえ。お高いキーボードを車に積み、お礼の菓子折り...

  •  0
  •  -

夜想曲集

「夜想曲集ー音楽と夕暮れをめぐる五つの物語」ハヤカワepi文庫カズオ・イシグロ(著)日本人の笑いのツボ、センスと、翻訳もののそれと。ズレていることもあれば、擽られることもある。「夜想曲集」。クスっと笑うことはあっても、何かが違う。これは漫才の「間」や落語の「オチ」が正確には翻訳できないのと同じではないか?訳者あとがきに興味深いことが書いてある。イシグロは、作品を発表するたびにプロモーションに駆り出さ...

  •  0
  •  -

24時間たたかえますか

No image

1日8時間の戦闘能力も無いわ〜。無事に24時間テレビも終わりましたね。今日の真央さんインスタが長文で驚きました。また一つ、何か得るものがあったんだろうなぁ、と、そこは素直に嬉しいのです。それにしても地上波は観ないよー、というスタンスと真央さん見たさとの狭間で、タップダンスだけ偶然見られたのは私の日頃の行いでしょうか?ラッキーでした。ところで夕飯を食べる手を止めて、涙をぬぐいながら真央さんと皆さんが踊る...

  •  0
  •  -

周回遅れの期待感

あちこちで開かれたアイスショー、氷艶、新プロ情報。すっかり周回遅れの記事を読んでは今さら『おおぅ‥』とため息を漏らしています。それにしても、髙橋大輔さんですよ。氷艶で喝采を浴びたばかりなのに、今シーズンのショートの攻め方ですよ。驚きました。ミーシャ・ジーとの不死鳥ポーズ、写真だけでもトリハダ立ちました。『何を目指しているのかわからない』そういうご意見も目にしますが。『髙橋大輔の行く道は、だーれも行...

  •  2
  •  -

蔵書票を作りたい

「Necessary trouble 」必要な面倒事。黒人文化研究図書館の館長さんは図書館とその活動をこう評しました。ドキュメンタリー映画「エクス・リブリス ニューヨーク公共図書館」を観てきたところです。監督はフレデリック・ワイズマン。図書館の映画のつもりで観に行くと、そこには人種のるつぼ、ニューヨークの姿があらゆる側面から映し出されていたのでした。「世界の美しい図書館」などという写真集がよくありますが、あれを想像...

  •  0
  •  -

世界を救うのは

『天気の子』を観て来ました。新宿を主な舞台に、作り手は昭和、平成、令和のポップでハイでサブなカルチャーをくし刺に貫いて今の日本を描きつつ。行き場のない少年少女。既に一億総中流などあり得ない現実。一方で観る側としてはどうしても宮崎駿作品と比較してしまいますし、実際『ラピュタ』や『ポニョ』と非常に近い感覚に誘い込まれそうになるのですが、それが良い意味で裏切られてゆくのが爽快でした。代々木会館へのオマー...

  •  0
  •  -