FC2ブログ

老嬢の鼻眼鏡

Welcome to my blog

Archive2019年07月 1/1

凍ってなくて、大丈夫ですか?

No image

『真央が行く!  岐阜編〜競泳&ゴールボール〜』今回の『真央が行く!』で真央さんが訪れたのは岐阜県。『君の名は。』『ひぐらしのなく頃に』『ルドルフとイッパイアッテナ』『氷菓』などなど、小説やアニメの舞台として所謂『聖地』と呼ばれる場所が多い所ですね。プライムでアニメ映画版の『ルドルフとイッパイアッテナ』を見たばかり(原作が大好きなんです)でしたので、岐阜城の佇まいや町の雰囲気の再現度の高さに...

  •  0
  •  -

20歳。

ゴリオが20歳になった。『この子の二十歳のお祝いに』♫って、『七つ』だと可愛いが、二十歳だともう『この子』でもなけりゃ『お祝い』だって意味が違う気がする。とりあえずここまで生きてて良かったね、じゃあな!みたいな。昔からそうだったが、ゴリオは生きているだけで上等だという思いは変わらない。ということで、昨日はゴリオをお祝いの夕食に誘い出し、ついでにあれこれ用事を済ませることにした。ゴリオの反抗期も学生...

  •  6
  •  -

ひと段落

No image

こんを詰めて急いだ仕事がようやく一段落して、ホッとしたところです。さあ、何をしよう。何を読もう。何処へ行こう。何作ろう。(食べもの)ここしばらく、ご飯も作れないほど疲労困ぱいしていました。このまま、仕事やめちゃおうかなあ。。。。。ブレーキの調子が悪い車で通勤するのも、怖いし、ツライ。ある日フェードアウトするように、職場から居なくなってみたい。今年一年分の仕事の段取りは実は終わっていることだし。もう...

  •  1
  •  -

空に向けてキス

No image

デニス・テン君の追悼公演で、真央さんが滑った『雨に唄えば』。力強く、でも軽やかで端正なナンバーはテン君の滑りを彷彿とさせるに十分です。若い人が亡くなること程辛いものはありません。京都で起こった痛ましい事件と共に、理不尽な暴力への怒りと、戻らない命の重さに言葉もありません。素晴らしいスケーターが集い、テン君に捧げるナンバーを滑り。真央さんが天に向かってキスを放ちました。...

  •  0
  •  -

とまれ、の問題

No image

デイリー新潮の阿保記事とコメント欄を読みながら、なんとも言えない気持ちに。記事そのものは、どうしても難癖つけたい真央さんのネームバリュー頼みのおバカ記事。記事を読んでいて『とまれ』という言葉に引っかかった人は多かったようですが。【『とまれ』ではなく『ともあれ』ですよね】って書いている人にびっくりしました。『とまれ』がタイプミスではない場合。これを書いた人はそれなりの年齢だと思うんですよね。真央さん...

  •  3
  •  -

『いだてん』の後半

No image

視聴率であれこれ言われる『いだてん』ですが、私どもの家では割と真面目にBSで観ています。今日は日本女子初のオリンピック出場、銀メダル獲得を果たした人見絹枝さんを中心にしたお話でした。『NHK大河ドラマ『いだてん~東京オリムピック噺~』、第26回「明日なき暴走」』です。日本女子でただ1人、初めてのオリンピアンにかかるプレッシャー。オットはご飯を食べつつ、最後は泣きながら観ていました。一方私は人見絹枝さんが残...

  •  8
  •  -

『月の満ち欠け』

No image

『月の満ち欠け』佐藤正午直木賞を取った作品だそうで、選者の1人だった林真理子はこの作品を『気持ち悪い』と言ったそうだ。乗り物酔いに似た感覚は覚えるけれども、それをどう捉えて良いのかわからない感じ。久しぶりの一気読み。長さを感じさせない素晴らしい構成。登場人物それぞれの立場から物語が語られる。時間が行きつ戻りつするが、電化製品で時代を表現するのはわかりやすくていい。主人公(おおもとの)三角と瑠璃の出...

  •  0
  •  -

夏風邪

夏風邪を拗らせたらしく、早めに飲み始めたつもりの抗生物質も咳止めも、3割程しか効いていない気がする。咳の感じが喘息っぽく、更に途中1日仕事に出てからは一層しんどい。薬を変えてもらい、職場に提出する診断書を書いてもらったらおサイフが途端に軽くなる。微熱が続くこの怠さには、憶えがある。昔むかし。気管支炎から肋膜に炎症が起き、腎臓も悪くしていたのに、医者はそれを見抜けなかった。何の手当てもしてもらえず、か...

  •  0
  •  -