2018
01.30

こづこづがお送りする 映画紹介

Category: TV番組
パソコンが壊れたまま、携帯とタブレット生活のため、
写真や動画張り付けも時間がかかるのですが。
こ、これだけは‼︎

『Movie plus 特集 フィギュアスケート×映画音楽』

真央さん『オズの魔法使』
20180130171929b92.jpeg

きゃなちゃん『マスク・オブ・ゾロ』
20180130171548381.jpeg

鈴木さん『ウエスト・サイド物語』
201801301715084ba.jpeg

織田さん『ラストサムライ』
20180130171526728.jpeg

ヤグディンさま『仮面の男』
20180130171619485.jpeg

というラインナップで、私、こづこづがお送り致しますです。

2018013017141415e.jpeg


なお、2月5日(月曜)23:00〜
『この映画が観たい#53 小塚崇彦のオールタイム・ベスト』もお楽しみに!
Comment:0
2018
01.29

四畳半のミニマリスト

Category:
古文漢文微分積分あたりすべて苦手だった私が、
『方丈記』の詳細など覚えているはずもないのですが。

昨日、訳あって(大した理由じゃないんです)
とある建築家のお話をうかがったんですね。
少人数の勉強会的な。

いきなりマラケシュあたりの建築物から話が始まったのですが、
地中海の街並み、ローマの建築物を過ぎ、
講義も1時間近く経つと、何故か話は『方丈記』の鴨長明の方へ。

京都?
全財産を失い
四畳半作ってそこで全て賄えるように設計した?

森見登美彦の『四畳半神話体系』って、
この流れなんじゃないの⁇

暫し木造家屋の話から、心は京都、下鴨幽水荘へ。

『方丈記』からの『四畳半』は非常に腑に落ちるものがありました。

今、映画『転校生』からの『おれがあいつであいつがおれで』を読み終わり、
『とりかえばや物語』(田辺聖子訳)を読んでいるところなんです。

『転校生』の原作、山中亘の『おれがあいつで〜』を今読み返してみると、
平手打ちや蹴り上げるなどの結構な暴力シーンが異様に多い。
言葉の入れ替えには映画よりもっと苦労しているんですね。
男の子も顔負けの元気の良い女の子だった一美は、いざ本物の男の子になった途端、実にベチャっとした女の子になってしまいます。
一夫は女の子の身体に入ると、反対に男らしさに目覚めたようにぐんと成長するんです。

そこに一種の、多分作者でさえ無意識に書いたかもしれない
ジェンダーの問題が私には大きく感じられたわけなんです。

これが『とりかえばや〜』に繋がったのでした。

この『とりかえばや物語』、シェイクスピアの『十二夜』を思い起こす部分もありますが、作者不明とはいえ絶対女性が書いたよなー、という展開なんですね。
子どもを産んだ女性でも、『女だから』を越えようとする才知。
一方では『男のくせに』と言われる身の情けなさ。
『十二夜』は恋愛賛歌のような、ドタバタ劇のような面白さで、
趣きは違います。

というわけで、次は『四畳半』からの『方丈記』。
果たしてそこに森見登美彦の『わたし』が隠れているのか、楽しみです。





Comment:0
2018
01.23

自分が信じる素晴らしい何かのために

Category:
『Goldie the Dollmaker』
『ゴールディのお人形』
M.B.ゴフスタイン著

20180123002209a01.jpeg


作者のM.B.ゴフスタインは、アメリカの中西部、セントポール市出身の作家です。
著者紹介を最後に読みながら、何とも言えない喜びと誇りにも似た感情で、しばらく気持ちがざわめきました。
彼女はこの本のあとがきに両親から学んだことを書いています。

『弟と私はミネソタ州セントポール市で過ごした子ども時代に、人生において価値のあることは、そして本当に幸せなことは、仕事をすることであり、もし何かひたむきに自分を捧げるものがなければ、その人生はつまらないものだと感じていました。
私が本の中で表現したいと思っていることは、自分が信じるすばらしい何かのために黙々と働く人の美しさと尊さです。そして、本はだれか人が書いたということを知って以来、私は本を書く人になりたいと思っていました。』



彼女は黙々と働く人の尊さを描きたかったと書いていましたが、私がこの本に見出したのは、働く人、というよりはひとりの芸術家の姿でした。

芸術家と、職人との違いは何でしょう。
ゴールディは人形を作って売っています。彼女のお父さんも同じように木彫りの人形を作っていました。
木っ端(木の端材)を使っていたお父さんとは違い、ゴールディは、自然の木からその人形をひとつひとつ作り上げます。
胴体が出来上がると一睡もせずに、その人形の手足になりたいと願ってでもいるような自然の木の枝を4本さがすのです。そして翌朝までにはその枝を人形の手足に彫り上げてしまう。
その描写はまるで絵描きか彫刻家のようです。

ある日ゴールディは町で中国製の美しいランプを見つけます。
そのランプは、値段の高いゴールディの人形でさえ、27体も作って売らなければ買えないほどのものでした。

綺麗なものが好きな、素晴らしい人形作りのゴールディをよく知る店主は、このランプを少し値引きして彼女に売ってくれます。
でも家に帰ると、こんなランプのためにこれから切り詰めた生活をするのか、という『寂しさ』と後悔の念が彼女を苦しめるのでした。
生活者としての彼女と、美しいものを欲する芸術家の魂がせめぎ合うのです。
そこにランプに宿った『作り手の魂』が囁くのです。このランプをどんなに一生懸命作ったかを。
ゴールディはそのランプをつけた部屋で思います。
これで本当の私の部屋、人形を作る部屋になった、と。


絵本のつもりで読み始めてすぐに、これは芸術家の話なのだと気がつきました。
私たちなら敢えてわざわざしないこと。
リスクや効率を抜きにした、魂の仕事。
それがゴールディの生き方であり、生きる糧なのです。

誰かに似ていませんか?

私は浅田真央の3Aへの挑戦を、無駄だとも、戦略的でないとも、見ていて一度も思ったことがありませんでした。

ゴールディが買った高価で、でも生活に必要とも思えない、けれど美しい『ランプ』の輝き。
それは人形作家ゴールディの、芸術家の魂が欲するものでした。
言葉としてしっくりはきませんが、心の食べ物と言っても良いかもしれません。

フィギュアスケートは勝敗がつくところが好きだと本に書いていた真央さんですが、
スポーツも、行くところまで行ってしまえばアートなのかもしれません。
浅田真央には、凡人が言うところの『計算』はなかった。
彼女にあったのは、『志』だったのだと思います。

何かひとつ、好きなことをやり遂げる、ただそれだけに精進したことを、尊く感じます。

ゴールディの作った人形が、多くの人に愛されたように。




Comment:2
2018
01.20

タイプライター

Category: 映画の話
201801201949269cc.jpeg

『大統領の陰謀』

ロバート・レッドフォードとダスティン・ホフマンが若きジャーナリストに扮し、あの『ウォーターゲート事件』の真相に迫ったノンフィクションを映画化したものだ。

1972年、時のアメリカ大統領ニクソンの再選委員会を中心に巨額の資金が動き、再選確実と言われながらも相手候補の事務所に盗聴器を仕掛けようとした一連の事件。

映画を見ながら、記憶が立ち上ってきた。
学生の頃、常盤新平さんが好きだったので彼の翻訳した本も手に入る限りは読んでいた。
この映画の原作もそうだった。
原作はもっと詳細で思わせぶりというか、どちらにしても事件の複雑さに挫けそうになった程難しかったと思う。

映画は初めて観た。多分。
ウォーターゲート事件が、というより、2人のワシントン・ポストの記者が、命がけでコツコツと記事の裏を取っていく過程にフォーカスしたのが良かった。
華やかな俳優達を使いながら、無駄な演出がない。
言葉での説明も極力抑えたクールさ。

今ならポスト社の記事が巻き起こした政界や世間の反応を過剰に映すところではないか。

この映画はそれをしない。

映像で見せて説明をしない。
最後でさえ、彼らの闘いに終わりがないかのような社内のシーンに、
関係者への判決が文字で知らされるくらいだ。

20180120195033d3a.jpeg


レッドフォード演じるウッドワードは記者としては新米。
『ディープスロート』(今世紀になって名前が公表された)という情報源と緊迫感のあるやり取りを重ねながら、取材していく。
彼の記者としての未熟さはタイプライターの打ち方を見てもわかるようになっている。
映画の後半、随分速度は上がっているのだが、昔の英文タイプライターのキーの重さは今のキーボードとは全く違うものだ。
両の人差し指だけで打つ彼の指はきっと関節まで痛むほどキーを叩き続けただろう。

201801201948469b6.jpeg
上に見えるタイプライターはそんなに古いタイプではなさそうです。


20180120195058f58.jpeg

レッドフォードもホフマンも、抑えた演技に抑えきれない情熱が感じられて素晴らしい。

ホフマン演じるバーンスタインは16の時からポストで働く叩き上げだ。
自己流かもしれないが、ほぼブラインドタッチで打つ原稿は中身も練れている。

あの当時の英文タイプは、ミスタッチをしないためには余程熟練しなければ完璧に打つのは無理。
何というか、修正は結局紙の上だったわけで、打ちながら推敲して書き直しするなら始めからやり直しだ。

どんだけ昔❓と言われそうだが私も最初のキーボードは英文タイプ。
すんげー苦手で、ワープロ(古)、PCと、キーボードが軽くなるたび嬉しかった。

ポスト社のオフィス中に流れるタイプライターの重い音は、ジャーナリズムがまだ生きていた証しのようだ。

201801201951295d0.jpeg
この広いオフィスを、柱を境にして前後左右に動く記者達をカメラが長回しで追う。

遠くから編集のお偉方から呼ばれる時の緊張感。

当時ポスト社は大きな新聞社ではなく、ウォーターゲート事件を調べるには大きなリスクが伴った。
社内には『表現の自由』と『ジャーナリズム』を信じる気概が残っていた。

ところで、バーンスタインの部屋がカッコいい。

20180120195502644.jpeg

こちらは白黒だがウッドワードの小さなアパートメント。
2018012019530391d.jpeg

バーンスタインの『男前インテリア』は今でも充分通用するのでは。

20180120195214fcd.jpeg
壁面のざっくりした収納やパネル、照明などなど、しばし一時停止したまま眺めてしまうほど。

一見地味なようで、生地と仕立ての良いスーツのような映画。




Comment:0
2018
01.20

恋をしたからさびしいのか、さびしいから恋をするのか

Category: 映画の話
テレビで映画を観たからって、個人の感想を公に書くのも本当に偉そうで、
日記のつもりとはいえ、なんだか今回は特に恥ずかしい、のは何故だろう。

どうやらこの映画は、私の忘れてしまった『恥ずかしさ』をつついてしまったようで。


大林監督の所謂『尾道3部作』がCS放送されて録画したものの、やはり最後まで避けていた『さびしんぼう』。
インフルで寝ていて暇だったので、ようやく観た。


どうしたことだろう。
大泣きした。

同時に自分の息子を尾美としのりに置き換えてみると、
気持ち悪かった。

確かに母親と息子の関係は、ある意味密接な部分があるかもしれないが、
少なくともゴリオは私の好みではないし、彼だって私なんぞ恥ずかしいったらありゃしない母親に違いないのだ。



公開当時、私の『大林作品』へのアレルギーは相当なもので、主役2人も好きになれなかった。
『転校生』も『時かけ』も、テレビでうっかり見たことはあるものの、こんなに熱心に観たのは今になって、なのだ。

『さびしんぼう』は大林監督のオリジナルだそうで、
先の尾道二作品とは異質な映画だったのではないか。

何故今まで見るのも嫌だったのだろう?

それは私のハルキに対する気持ちに少し似ているからかもしれない。

村上春樹をお好きな方は多いと思うが、私だって初期の作品は嫌いじゃなかった。

ただ『ノルウェイの森』を読んだ時、個人的にどうしても『要するに書きたかったのはそこ❓』という嫌悪を抱いて以来、男性のロマンティシズムには一線引くようになった。
それまでも、そこからも結局テーマはそれなんじゃ?みたいな。

あの頃、渡辺淳一にさえ全くそれを感じなかったのに、とても不思議だ。

作り手のいじいじした発情期的なものを見せられるのが嫌だったり。
なのに格調高い感じ、でも大人になりきれない未熟さ、がきっと性に合わないのだろう。

ああ、それなのにハルキ大好きで、小説の感じも似ている新海はOKとか、わけがわかりませんが。

何しろ『さびしんぼう』の音楽、富田靖子の衣装、監督自身を投影した主人公、その全てがダメだった。

それが。
年月が経つと、映画の仕掛けや細かいことに気は回るものの、嫌だったところは気にならなくなった。

作り手の純度の高いストレートな気持ちに、素直に共感する。
だめだ、恥ずかしい。

話の内容や主人公の人を想う気持ちは、実はどうでもよくて。


小林稔侍が息子と一緒にお風呂に入って言う言葉に、妙に涙腺を刺激された。
小林稔侍と尾美としのりがめちゃくちゃ良い。

フェリーで海を渡って通学する彼女の家庭の事情。
夕暮れに船着場に立つ切なさ。

歩いたり走ったりして逢いに行くしかなかった。
船を待つ帰りの夜にも、時間つぶしの携帯がなかった頃。

自分の気持ちと否が応でも付き合わなくては、他には何もなかった時間。

懐かしいのは風景だけではない。
あの頃無駄に長くて、無駄に使うしかなかった時間。

その辺に、今だから貴重だと思えるものを見たのかもしれない。


ああ、恥ずかしい。



Comment:4
2018
01.17

『かはたれどきの 薄らあかりと』

Category: 映画の話
お正月、あの映画『君の名は。』が地上波で放送された。


以下、個人の勝手な感想なので、
「勝手な思い込みやなあ」とでも呆れていただきたい。



本当なら私のような流行り物には懲りているおばさんがこれを観ようとするはずもなく、ゴリオのために録画していたのだ。

勿論若い人が観るものだと思っていたので小説版も読んでおらず、ゴリオのお小遣いでは『映画を2回しか』観られなかったという不平にも、『贅沢な!』とスルーしていた。

年末年始、CSでは大林宣彦監督作品が特集されていて、『HOUSE 』や『転校生』、『時をかける少女』を見たばかりだった。

大林監督作品同様、映画『イルマーレ』にも、萩尾望都の『みずうみ』にも、共通点を感じるSFではありながら、まさか泣いたことなんてない。


若くして大切な人を失う、このテーマは繰り返し使われる。

地震や災害は多くの年端もいかない子どもからお年寄りの身にも『喪失』を現実にしてきた。
戦後に生まれた私たちだが「大切なもの」がある日突然失われる、そこから完全に逃がれられてはいない。

みつはの住む町が彗星に破壊されたように、一度失ってしまったものがあるからこそ生まれる「取り戻したい」という渇望。
子どもならわけがわからず、大人なら諦めようともするだろう。
でもそうできないのが瀧の若さ。

だから彼らが主人公なのだ。と思う。

みつはと彼女が住む町を救いたいのは、観ている私たちも同じ。
瀧は言ってみれば誰でも良い、観るものが自分を投影する鏡。


『君の名は。』は、1回観たからといって全てがわかる映画ではなく、勿論それは一瞬の映像の中に多くの情報が入れ込んであることもだが、感情の振り幅や奥行きの深さを味わうには何度も観るべき映画だった。

監督本人がテレビ放送に先立って言ったように、映画の冒頭数分間に、作り手の思いの殆ど全てが凝縮されている。
冒頭の細切れのカットに、失った人や戻っては来ないものを取り戻せたら‥という切なる願いが込められている。

私がこの映画に泣かされたのは、紛れもなくこの映画がある種のTime Machineであり、映像を通して経験したことのない現象、行ったこともない場所、若さというそれそのものに、文字通りぶっ飛ばされたからなのだと思う。

エンターテイメントとしてあの映像を活かし切ったプロデューサーの川村元気にしてやられたことも間違いない。
川村元気は小説も勿論のこと何しろツボを押さえる『術』を知っている、実に嫌なタイプ😁

早速小説の『新海誠』にも会うことにした。
『秒速五センチメートル』の繊細さには映画を観ていなくても、やられた。


『小説 君の名は。』を映画製作中から書き上げてしまった理由を、新海誠はこう書いている。

この物語は『アニメーション映画という形がいちばん相応しいと思っていた』と前置きした上で。

『個人の能力をはるかに超えた場所に、映画はあると思う。
それでも、僕は最後には小説版を書いた。
書きたいといつからか気持ちが変わった。
その理由は、どこかに瀧や三葉のような少年少女がいるような気がしたからだ。
この物語はもちろんファンタジーだけれど、でもどこかに、彼らと似たような経験、似たような想いを抱える人がいると思うのだ。大切な人や場所を失い、それでも もがくのだと心に決めた人。未だ出逢えぬなにかに、いつか絶対に出逢うはずだと信じて手を伸ばし続けている人。そしてそういう想いは映画の華やかさとは別の切実さで語られる必要があると感じているから、僕はこの本を書いたのだと思う。』



メディアが良くも悪くもこれだけ影響力を持つ時代に、意外にも変わらない柔らかな何かを持ってクリエーターをしている人がいるんだなと驚いたと言えば甘いだろうか?
被災した方々が生きる今にも、問いかけるような物語。
だからこそこれまでの新海作品とは違って、きちんとハッピーエンドが見える結末で良かった。

この本に関しては、映画を観てから読むと尚良いと思う。
文字を通して頭の中に映像と音楽が一緒に流れる。
そこに小説版のナレーションを自分で入れ、もう一度言葉として彼らの気持ちを追うことができるから。



新海作品の主人公たちが実際には肝心なところで携帯で手軽に連絡を取り合っておらず、(時空がねじれてますんで無理な話)新海自身、映画製作と同時進行で小説化を進めていたことを考えても、作り手は『携帯後の世界』だけに向けて作品を作っていたわけではないことが伺える。

私は『SNS以降の世界』では、純粋なjuvenile小説は成り立たないだろうと思っていた。
これからはそれぞれの嗜好に合わせ、世代よりも嗜好によって、よりculture の方向性は別れていくのではないかと思っていた。
現代のように、これまでの作品が、特に映像作品がいつでも観ることのできるものになってからは。

それでもひとつだけ、岡田麿里の『あの日見た花の名前を僕たちはまだ知らない』を考えるとあれはやはり『juvenile animation』であり小説だとは思ったが。

大人になってしまってからでは入り込めない質の高い作品世界は、やはり今でもあった。

人生のどの時点で何(どんな作品)に出逢うかによってその人の人生の選択肢さえ変わってしまうように思える。
私が中学生の頃にハマった映画と、幼い頃初めて見た映画をあの当時、同時に観ることは不可能。
人生のどの時点でその作品に出逢うかは、選べなかった。

今は違う。
観たいと思えばどんな映像も映画も、子どもでも観ることが可能だ。
同世代とでさえ同じ文化を体験していないこともある。

それでも。
ジュブナイルでありながら、全世代に訴えかける映像と、叙情性。
映画の中で前面に出過ぎない音楽。
小説では繊細な気持ちに更に涙させる。
こんな才能があるのかと脱帽。
RADWIMPSと新海映画を居酒屋から電話一本で繋げた川村元気にも。

小説版の後書きに新海自らが書いているように、『映画と小説は別物』。
映画で描き切れなかった物足りなさを小説で補完している部分があったと。
成る程と思った。


萩原朔太郎の詩、『空いろの花』には、
「かはたれどきの薄らあかり」のひと時に、恋する男子の物想いに耽る様子が描かれている。

男性の方が、よほどロマンティスト、な気がする。


Comment:0
2018
01.16

出される料理は何でも美味しい気分で

Category: TV番組
さて、寒波寒波で職場の寒さと闘っている間にあっという間に1月も後半に入ってしまった。

我が家のゴリラ‥‥いえ、ゴリオは結局家から出て行く予定をガッツリ斜め下方に修正し、全く縁もゆかりもない大学のとある学科に『家から』通うことになった。

彼には自分の専門分野が既にあり、それで食べていけるはずだった。
アホとしか思えないが、彼がいずれ自分の好きな分野にまたもや舵を切るのは目に見えている。

職場の最年少女子にこの話をすると、

『あ、いますよ!そういう馬鹿がっ!』


まあそんな感じでお正月はふて寝的にテレビ三昧だった。

あれこれ見過ぎて感想も書けないが、お馴染みのヤツだけ書いておこう。

ネタバレしてるよー、という部分もありますが、
多分誰も読まないと思うので、書きたいように書いております。



まずはCSで観た『転校生』、『時をかける少女』、『HOUSE 』。

レトロ感がツボで、あの風景をSFやホラーの舞台に持ってきたところは今なら『これもあり』と思える。
特に『転校生』は素晴らしかった。
主役2人の心の機微、葛藤、思春期ならではの伸びやかさと繊細さ脆さ。
何しろ尾美と小林の演技がいい。
山中恒の原作を実に上手く映画にしたと今更思う‥‥ようになった。


『Sherlock 4』

これは再放送でやっと観た。

賛否両論あるだろう。

私には何というか別バージョン過ぎて、自分の本棚を探すのももどかしく、そのまま青空文庫で『瀕死の探偵』を読み直して気を取り直した程だった。

いやもう、『瀕死の探偵』の短編のスカッと鮮やかなことよ。

『東の風』に関しては、シーズン3にも散々キーワードのように使われていたが、
なぜあれを結局『ホームズ一家物語』にしたのかが謎。

成功しすぎて、家族ぐるみで製作に関わりすぎたのか?
殆ど全能と思われた『ユーラス』が幼児のように家族の愛を欲していただけで、
あそこまでのことをやったのか?
だとしたら家族があの後シェリンフォードに集う場面でさえ、彼女に『再プログラム』された皆さんに見えてしまったのは、私があのストーリーを面白いとは思うものの、全く好まなかったせいなのだろうか。

人間らしいシャーロックを解き放ちたいならば、私はロシア版の方が圧倒的に好きだ。


『コナン・ドイルの事件簿 シャーロック・ホームズ誕生秘史』

これは以前観た時も面白いと思った。
ドイルが学生時代や開業後もベル教授(ホームズのモデル)と一緒に事件を解決していく。
ドイルが生きた当時の世相が巧みに織り込まれ、虚実取り混ぜたその混ぜ加減がいい。
ただし暗いんです。救いは大好きな俳優、イアン・リチャードソン。


ロシア版の新『名探偵シャーロック・ホームズ』

録画したものを観ているが、何度観てもどの回を観ても素晴らしい。
レオンカヴァッロ作詞・作曲のイタリア・オペラ「道化師」がアイリーンとのゴタゴタ事件の間に流れる。
あの高橋大輔氏も使った第二幕『道化師』と同じ部分が新ロシア版では、ホームズの悲恋のバックに使われる。
実に斬新でエモーショナル、重厚なのにあのホームズものにぴったりハマった音楽の使い方に痺れた。
要するに、アイリーンを巡るモリアーティとの三角関係を音楽で表現したのかと。
特に後半、本当のホームズとワトソンはこうでしたよ、あの話もこんな感じの話をあんな風に書いたんですよ的な現実と、ワトソン博士が書いたホームズ像が近づいていき、遂に女王陛下とバスカヴィルの犬が現れるラストは秀悦。


新しい版クリスティーの『検察側の証人』

SATCでサマンサ役をしていたキム・キャトラルがいい感じにハマって、悪役の2人がまた魅力的だった。
(ディートリッヒの映画は別格でしたけど)
ただ、主人公の弁護士の最後の最後はいかがなものかと。

もう一つ、BBCの『そして誰もいなくなった』。
これも‥何だかなあ。

ホラーとかサイコパスが苦手なんだから仕方ないが、何故原作には全くそれを感じないのだろう。
演出がそっち風味でなければ、あの『トミーとタペンス』みたいになってしまうのだろうか?
それも困る。



映画『オリエント急行殺人事件』

景色とペネロペ・クルスは良かった。
あとはびっくりする程別世界のポワロ。
ポワロがポワロである『らしさ』を全部取り除いたらこうなりました、という感じ。


というわけで、『君の名は。』は次回に。




Comment:2
2018
01.01

浅田真央は前を向いて跳ぶ

Category: 浅田真央
明けましておめでとうございます。

昨夜は素晴らしい演技にひたりながら、穏やかに歳を越すことができました。

等身大の彼女の心のうちに秘めたものを少しずつ昇華しながら、
先に進んで行く様子が嬉しい。

2018010111264243d.jpeg


201801011145283c8.jpeg

何故か写真が大きすぎてこれだけしか貼れませんでしたが。
演技の美しさは、別格。


テレビでは優しい表情、滑りだと言われていましたが。

浅田真央は、あれだけの気持ちを込めて滑る時も、
やはり前を向いて跳びました。

試合とは違うと言いながら、ゴリゴリ難しいステップを惜しげもなく踏みます。


表情は優しくとも、瞳は真剣でした。

彼女は本当にスケートが好きで。
家族が好きでした。

自分の才能故に家族が壊れてしまった、その苦しみを背負って表現者として生きる
セルゲイ・ポルーニンを思い出しました。

舞さんにも言えなかった真央さんの思いを。
例えテレビの企画であっても表現できて、本当に良かった。

『未来へ』

今年、真央さんは何処に歩いて行くのか、
とても、楽しみです。


201801011352498c5.jpeg






Comment:0
back-to-top