2017
10.29

夢を守りぬいた、冬

Category: 浅田真央




毎年ストナは買うんです。
ちょっと風邪気味なのが、なんだか嬉しくて。

今年のCMは、
泣きました (T ^ T)

綺麗だから泣くって、不思議?



滑り続けてくれている、ただそれだけでいいんです。

春を待ちましょう。


Comment:2
2017
10.26

ダンかヒデキかヒデキかダンか

Category: TV番組
ジェイソンかネイサンかネイサンかジェイソンか?
こう聞かれれば
「どっちも大好き💛」
と笑える私ですが。

「モロボシダンと郷秀樹のどちらが好きですか」と聞かれると、
これが悩んでしまうんですね。
永遠に聞かれないとは思いますけどね。誰からも。

そう、ウルトラセブンと帰ってきた方のウルトラマンの話なんです。

o0620092613700113140.jpg
画像お借りしました



ファミリー劇場が毎週両方を放送してくれるおかげで、以前録画したものをもう一度見てリピ。
更にセブンと帰ってきた人(ジャックだなんて後付けの名前なんてウソクサクテ使えませんわ)を見比べるためにまた繰り返し見るという恐ろしいループに突入してしまっているのです。

ウルトラQとヒーローものの端境期というか、
特にセブンは話の中身がすごすぎて、セブンが戦う時間がどんなに短くても一向にかまわないほどの人間ドラマだったり、秀悦なSFだったりするのであれこれ考えさせられることが多いのです。

これが30分の尺でさえなけりゃ。(2時間サスペンスより絶対いいのができるよっ!)
むしろ変身しないままの方が面白いんじゃ?(だって戦うまでが面白いんだもん!)
まじでこれこのまま映画にできたよね?(ロボットに支配された第四惑星なんて面白くって惜しすぎる!)
毎回毎回ぐるぐる頭の中で揺れる想い。

ダンとアンヌの正面から向かい合って任務について語る時の
「ちかっ!!!!!」という距離感。

ああ、どうなの?
話からしてセブンに惹かれる。

あの郷秀樹のつれないクールな感じ。
昔の私ならイチコロだったわ。

でも、クールと言うより朴訥で。
カッコイイと言うより不器用な。

そんなダンが、私の中のアンヌに海岸を走らせるんです。(いや、アンヌは海辺で砂に埋まってましたっけ。生首みたいに。)

ダンがタンポポならヒデキはバラ。
ダンが焼き鳥ならヒデキはステーキ。

うーーーーーーん。

昔、姑に「あんたは、まるで宇宙人みたいだね」と言われたものでした。

こんなことに頭を悩ませている私は、やはり・・・・。



1000072346_1.jpg
画像お借りしました

モダンでオシャレな怪獣。
モノトーンでキメてみました。


Comment:2
2017
10.21

セブンの独白

Category: TV番組
『地球を守るためなら、何をしてもいいのですか?』

モロボシ・ダンの悲痛な問いに、今も答えは出ていません。


『ウルトラセブン』、『帰ってきたウルトラマン』がCSで放送されているのですが、
見れば見る程面白いんです。

子供の頃、セブンの再放送が怖くて見られなかったのは。
あの四角な顔の、特に口元のフォルムが嫌だったんだなとか。
必殺技、アイ・スラッガーがめちゃ怖かったんだなとか。
色々発見もありますが。

なんといっても衝撃的だったのは
第26話「超兵器R1号」です。

『地球防衛のためなら他の星を滅ぼしてもいいのか❓』という重いテーマで驚きました。

「使わなくても、超兵器があるだけで、平和が守れるんだわ!」と女性科学者が言いますが、
皆で判断したその結果に、一同茫然となるわけです。

モロボシ・ダンの苦悩は宇宙人の視点があったからゆえ。
この視点こそ、ヒーローに必要なものなのではとか、
つい本気で考えてしまう深さです。


『それは…血を吐きながら続ける、悲しいマラソンですよ…』

脚本、すごいです。


一方の帰ってきた方のウルトラマンですが。

郷秀樹ですよ。
ネーミングからしてルックスからして私生活丸出しからして既に面白い!

これだけ揃った宇宙人を見ながら、昆虫がヒーローになった途端にそっちに走ってしまったのは私です。

デートで観る映画が『ドラキュラ』で、これがまた凝っていてじっくり流すのですが、
呼び出しがかかるとガールフレンドを置いて顔色ひとつ変えずにとっとと映画館を後にして任務に就く秀樹。

顔が良くてもこりゃだめだ、と幼心に判断したのも仕方ない事かもしれませんね。
記憶にはありませんが。

私とて、クシャミで飛び出る大魔王や、兄妹知人がやたらと多いオバケばかり観ていたわけじゃないんです。
根性がすごいカエルや、何度ひっくり返しても壊れないちゃぶ台を持ってる一家とか、田舎っぺと言いながら世渡り上手な兄ちゃんの熱血ぶりも見ているわけです。

再放送や続きで現れるウルトラ一家のスマートさとは一線を画す何かが私の中にあったのかもしれません。

宇宙人と下町。

この狭間で昆虫とショッカーに魅了された私のテレビ番組編成表は、時系列がメチャクチャですが。

特に帰って来てからのウルトラで一気に子供時代を思い出してしまった週末なのでした。


え?

『ウルトラマン ジード』の構成が

あの

乙一❓

あの中田永一さんのことでしょうか❓

20171021234850994.jpeg


シェーーーーーーー!

Comment:4
2017
10.20

オワタ(°▽°)追記

Category: 日常のこと
続きを読む
Comment:1
2017
10.20

インスタ映え

Category: 日常のこと
いやあ、真央ちゃんインスタ、可愛くて、何度も何度も見てしまいます。

で、昨日も横浜高島屋のグッズ写真を
友人が送ってくれるんです。

横浜での着物姿、本当に美しい!

もう、ホノルルまで行くしかないと思ってしまいますね。

引退してからインスタ始めるタイミングも最高。

浅田真央は、浅田真央のプロだなと思います。

ファンに向けた近況報告、本当にありがたい💕




他のスケーターのインスタも色々見ますが、
其々素敵です。

メリルとジョニ子は美意識が大気圏外。

同じインスタでも、個性が出ますね。

ゴリオの携帯は手と繋がってるんじゃないかと思っていましたが、
私の手もそうなりそうで怖いです。

いやいや、側から見ると気持ち悪いので、やめておきましょう。


Comment:0
2017
10.18

お直し

Category: 日常のこと
選挙戦もたけなわ。
近所を歩くと候補者のポスターを見かけることも多い。

『あ、この人盛ってるよねー、頭頂部。』
とか。

『あら、この方シワもシミも消しちゃってさ。』
とか。

『やだ、こんなに引きつるくらいなら笑わなくていいのにー。』
などとつい足を止めてじっくり眺めていると。

1人だけ、顔色も冴えず、髪の艶もなく、
疲れた顔におざなりの笑顔を貼り付けて
ポスターにおさまっている妙齢の女性がいた。

所謂二世議員なのだが、
主婦であろう彼女の、ちょっとくたびれた顔に
妙な親近感がわく。

お直ししないポスターなんて、今時珍しい。
いや、敢えてそこを狙ったのだろうか?
もしかして、精一杯お直ししてこれとか?

ポスター1枚とはいえ、有権者には立派な判断材料。

ポスターだけで言えば、

『正直そう』というポイントは、
この『お直しなし』の人に入れたい。
Comment:0
2017
10.09

科学的を空想する

Category:
『空想非科学大全』
柳田理科雄/著

目次ですでに色々な想像が駆け巡る🤣

法則1 ヒーローは、たった3分間で
地球の平和を守らねばならない!

法則2 正義の組織の基地は、絶対に秘密でなければならない!

科学的に大真面目にヒーローのツッコミどころを語ります。

ーーーーーーーーーーーーー
『だが、ちょっと待て。わずか3分の活動時間で、この広い地球を守る。本当にそんなことが可能なのだろうか?』

『各種の怪獣図鑑によれば、ウルトラマンはマッハ5で空を飛び、時速450㎞で走る。また、200ノットで泳ぐこともできるという。』
ーーーーーーーーーーーーー



まじウルトラマンすごい、と思いますよね。

柳田先生そこで計算するんです。

ウルトラマンが空をマッハ5で飛んだとすると時速6120㎞。
東京を出発して西に向かった場合、この速度で3分間。
どこまで行けるかって、名古屋なんだそうな。
行ってる間に地球は宇宙人に支配されてしまう😱
困って親兄弟を呼び始めると。

因みに1番早く空を飛べるのはセブンだそうです。
日本周辺にウルトラ兄弟を配置して効率的に宇宙怪獣から守る布陣も載っているのは楽しい。

ヒーローの知能指数も只事ではありません。
仮面ライダー1号、本郷猛は600。
ウルトラマンが10000。
チブル星人(ウルトラセブン第9話登場)に至っては50000。

地球を救う方もヒーローと戦う方も大変大変。

本郷猛は、私の記憶に間違いなければ初恋の人だと思うのですが。
彼が世界有数の生化学者とはついぞ知りませんでした。
私の初恋は、フィクション、ノンフィクションに関係なく
知的水準の違いで終わっていたのでした。

バルタン星人の視力なら1万メートル先のコメツブが見えるそうで。
柔道一直線の『一条直也』の2段投げ、一度投げた相手に彼が追いつく速度は時速700㎞とか。

魔法使いサリーのバトンからは車やお菓子や豪邸。
モロボシ・ダンの小さなカプセルからは怪獣。
キューティーハニーは何も無い空間から服を取り出す。

柳田先生は悩みます。

『彼らの奔放な行為の前には「質量保存の法則」が立ちはだかる。』

キューティーハニーが何故全裸になる必要があるのかの考察、
こういう話はもういっくらでも読めます。

秋の読書に旬の話題、『カズオ・イシグロ』でも読めって❓

ほほほ、ほほほほ‥。





Comment:2
2017
10.08

# アップデート

Category: 日常のこと
続きを読む
Comment:0
back-to-top