現在の閲覧者数: 2016年01月の記事 - 老嬢の鼻眼鏡

2016年01月の記事

日曜朝

寝る前にテレビをつけると、サッカーの試合が始まるところだった。チャンネルをそのままにしていると、試合までまだ40分以上あるという。番組は相手チームの世界的に有名でもなんでもなさそうな選手情報を事細かに言い始めた。自分の国の選手だってろくに知らないのに、なんだこれ?ああ、犬HKだった。相手国の選手たちのマンセーを延々と聞かされるのはごめんだったので、テレビを切って本を読みながら寝落ちした。今朝、家人が見...

Pの懸念とクワド時代

他ブログ様で、全米の後、ネイサン・チェンがエキシの演技中、怪我のため演技が続けられなくなったという情報を読みました。以前こちらに書いたパトリックの記事をちょっと思い出してしまいました。International Figure Skating http://www.ifsmagazine.com/sections/articles/articles/32797-patrick-chan-competitive-fire-burns-brightPatrick Chan: Competitive Fire Burns Bright日本語は拙訳ですので、翻訳機にでもかけてく...

全米男子とワールド派遣

リッポンポン!全米を制しました!おめでとうございます!そら、こんな顔にもなりますわ。苦労した分、やっとやっと報われた!http://www.afpbb.com/articles/-/3074416?pid=17253119リッポンが男子シングル制覇、フィギュア全米選手権2016年01月25日 10:30 発信地:ワシントン/米国【1月25日 AFP】フィギュアスケート全米選手権(2016 Prudential U.S. Figure Skating Championships)は24日、米ミネソタ(Minnesota)州セントポ...

空より広い

エミリー・ディキンソンについては「なぞの女性」や「The Brain-is wider than the Sky-」で書いたが、一番好きな詩のきちんとした翻訳をなかなか探し出せなかった。ところが、ひょんなところから発見。「ぼくには数字が風景に見える」の著者、ダニエル・タメットの著作「天才が語る」の冒頭に古屋美登里氏の手による「The Brain-is wider than the Sky-」の訳が載っていた。ネット上には上手に翻訳されたブロガー様の訳は載ってい...

  • 2016.01.24

なぞの転校生

そう、私は昭和の女。夏の暑い盛りに眉村卓の原作を読み直していましたので、日本映画チャンネルで、1975年版、「なぞの転校生」全9回を楽しみましたわ。アンサンブルロマンスによる主題歌の不思議なメロディーが忘れられない。ドラマ版は、この音楽だけで大きく特徴づけられたと言っても過言ではないかも。ドラマでは次元ジプシーである山沢典夫が仲間同士、口笛で吹いていた曲(という設定)。上はドラマのテーマ曲をカバーした...

特急券

いらんことをよく引き受けてしまう。得にもならず、別に大したこともできないくせに、準備だけはやたらかかる。私の弱みは、その「いらんこと」が好きだというところだ。残業代がつくでもなく、当日までに要した時間など数える気にもならない。おかしなもので、努力は確かに嘘をつかないが、人の記憶に残るのはちょっとした「破たん」だったりする。結局、自分は取り繕えない。相手のために仕事を超えて何かしようと思ったら、知識...

四大陸スキップ

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160115-00000080-dal-spo浅田真央が四大陸選手権の出場を辞退デイリースポーツ 1月15日(金)17時15分配信 日本スケート連盟は15日、フィギュアスケートの元世界女王の浅田真央(25)=中京大=が、代表に選出されていた2月の四大陸選手権(台湾)を辞退したと発表した。  補欠の村上佳菜子(中京大)が代わりに出場する。辞退の理由については「(3月の)世界選手権に向け、集中したト...

スケートじゃない話2

これは、日記ですので、勿論日常の愚痴なんかも書きたいわけだ。そう、愚痴を言いたくもなるのは、勿論ゴリオ(仮名)のことですわ。ちょっと追記しておくと、学生というもんは、なぜにこう、忙しいのだろう。忙しいのを自分でマネジメントするならいい。でも親の手助けを必要とするほど忙しくしていては意味が無いと思う。自立のための数年間なのだ。親元を離れる直前まで、こうも全てにおいて親がかりで良いものか。子離れしたく...

スポナビブログでよく書いた!

スポーツナビブログにも、色々な主様がいらっしゃいますが、今回はよくぞ書いてくださったと嬉しかった記事です。「スポーツ報道のありかたと今後の日本スポーツ界」http://www.plus-blog.sportsnavi.com/ch191/article/41これ読むのが普通のネット記事を読む側の人たちであって、決してゴミを撒く方ではないのが残念。現在のスポーツ報道に欠けているものを「記者の取材不足と知識不足」「長期的なものの見方の欠如」「アスリート...

signature move

「命のかぎり 希望 胸に」「未来への光を 輝かせよう」「輝かせよう」日本語詞 浅田真央NHK杯フィギュア スペシャルエキシビションのトリを飾る浅田真央の「ジュピター」。アレンジは殆ど聖歌。リベラ➡http://libera-records.com/biographyは聖歌隊というわけではないらしく、幅広い音楽活動で知られているようだが、このコラボはハマっていた。浅田真央は、全日本であんなに苦しい思いを抱えていた直後にも、もうこのショー...

他の記事も読んでみました

Edges, lines, emotions: my week at 2015 Grand Prix Finalhttp://www.insideskating.net/2015/12/30/features/edges-lines-emotions-my-week-at-2015-grand-prix-finalマオ記事を書いていた記者Florentina ToneさんのGPFに関する他の記事をちょこちょこ読んでいるのですが、試合の前後5日間というもの、普段の倍の密度で時間も日付もわからないほどの「スケート漬けの時間」を過ごしたと書いていらっしゃますね。で、この記事で...

この上なく美しく、最高に素晴らしい

浅田選手のGPF記事がこちらに上がっていたのですがYOUは、どんだけMaoが好きですの?演技から衣装から、ロシアのお嬢たちの彼女に対するリスペクトからもうね、それこそエッジがー、とか回転がー、とか、どーでも良くなるほど只々Mao称賛の美しい記事です。こういう記事を読むと、日本という国が心底悲しくなるのでどうにもこうにもやりきれないのですが、同時にどうよ、これが真王の実力ってもんよ・・・ふふふんっと、主にお台場...

チョイ住み・拝見

ご存知真央ちゃんのお姉さん、舞ちゃんと、料理研究家の中本ルリ子さんのNY滞在記を録画していたので、見てみました。「チョイ住み in ニューヨーク」。丁度真央ちゃんが中国杯の時だったそうです。1週間、見知らぬ二人が旅行ならぬ、ちょっとニューヨークに住んでみるという番組で、話題になっていましたね。キャスターとして活躍中の舞ちゃんと、料理研究家のルリ子さん。この中本ルリ子さんは、ほとんど舞ちゃん、真央ちゃんの...

ゆうき

スウェーデンの作家、レイフ・クリスチャンソンの岩崎書店「あなたへ」シリーズをご存知の方もいらっしゃると思う。私が今手にしているのは10巻の「ゆうき」だ。レイフ・クリスチャンソン著 「ゆうき」 岩崎書店 1997年より「円盤投げ夢の100メートルに挑戦する気にもならない人そんな人は失敗しない」「正義も自由も平和もはじめからあきらめている人そんな人は失敗しない」「ゆうき」がタイトルなのに勇気とはこんなもの、と...

  • 2016.01.04

後悔先に立たず

毎年盆と正月には、学生時代の友人達と集まってあれこれ話すのが恒例だ。お盆は休みがないので参加できないが、お正月は何としても行かなくてはと頑張って行くようにしている。毎年毎年わかっちゃいるのだが、私は友人たちの中でも一番おばさん臭く、ケータイも使いこなせず、頭の回転も鈍い。今年は特にレポートに追われていたので頭はボーっとしたまま、バタバタと待ち合わせの場所に急いだ。その場に来られなかった友人に送るた...

あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます。昨年は浅田真央選手、復帰の素晴らしい年でした。今年も選手としてコールされる彼女がリンクに表す姿を、ドキドキしながら見ることができるなんて、本当に幸せものです。白鳥の湖に乗せたバラ1の演技動画です。表現力は「顔芸」や「感情表現」と一緒に語られがちですが、彼女の表現には基礎を重ねた身体の動きから発せられる「正確さによる天然の美」を感じます。彼女の演技に、ひまわりの種で有...