2015
08.30

競技への情熱は赤々と燃え

International Figure Skating
http://www.ifsmagazine.com/sections/articles/articles/32797-patrick-chan-competitive-fire-burns-bright
Patrick Chan: Competitive Fire Burns Bright

ちょっと前の記事ですが、こちらにパトリック・チャンのインタビューが載っていました。

彼のThe Iceでの演技があまりにも素晴らしかったので、じっくりインタビューを読んでみました。
長いです。

私の中のドラえもんに相談しましたが、私の翻訳コンニャクは性能が悪いのと疲れやすいので、スイッチが入らないそうで。
ざっと意訳だけ書くことにします。たくさん間違いがあるかと思いますので、ご勘弁を。

前半で語られる、若い時なら―の話は省略。

patrick.png


~前略~

若い時には―周りの期待も責任もなく。

スケートに関する全てが経験になるしスポンジのように吸収できる。


Seven years later, Chan can now look back on a career that has checked off the biggest boxes: seven Canadian titles, three World crowns and an Olympic silver medal.
(17歳だったパトリック・チャンは)7年後の今、7度のカナダチャンピオンのタイトル保持者、3度の世界選手権覇者であり、オリンピック銀メダリストだ。

But the competitor that burns inside Chan wants more of all of the above as he embarks on a return to the eligible circuit this fall. “I want my titles back, for sure,” Chan said when asked about a possible fourth World crown in particular. “Why else would I come back? Of course, that’s my goal. I want to win Worlds, and I want to win more Canadian titles.”
競技への情熱を秘め、チャンが今秋戻って来るのは、勿論そのタイトルを再び自分の手に取り戻すためだ。特に4度目の世界チャンピオンになる可能性を聞かれると、チャンはこう言った。「他にどんな理由がある?ワールドとカナダのタイトルを取る、それがゴールだよ。」

A run at a third Winter Olympic Games in 2018 is very much in the cards, as well. “I don’t think I would come back if I didn’t think about the next Olympics, you know,”the 24-year-old explained.“The Olympics are such a great event, and both my Olympics were different.
2018年の冬季オリンピック出場は大いに期待できそうだが、「次のオリンピックを想定しなければ、復帰は考えられなかった。オリンピックは特別なイベントだし、僕が出場した二つのオリンピックは其々違っていた。」24歳のチャンはそう語った。


"Vancouver was so different from Sochi, so I can only imagine what the next Olympics is going to be like.”
「バンクーバーとソチは全く違ったオリンピックだった。次のオリンピックがどんなものになるかは、想像するしかない。」

Not About the Quads

Though he admitted that he did not pay close attention to the men’s event at the 2015 World Championships, he later skimmed through the performances of Javier Fernández and Yuzuru Hanyu on YouTube.
昨季、ワールドには余り注意を払っていなかったが、彼は後からハビエルと羽生の演技はyoutubeで見たという。

But Chan is very aware of what is going on in a skating world he believes is leaning too much toward the technical side of the sport. “Unfortunately, it’s become a lot about just the quads and the jumps. It’s always about that,” Chan said. “When I was skating in Vancouver, a lot of the skating was very artistically based. Not many skaters were doing quads.
彼は自分が信じるスケート世界が、余りにスポーツとしての技術面に偏ったものになりつつあることに気が付いている。
「残念ながら(フィギュアスケートは)ただ4回転や、ジャンプの技術に重きが置かれるようになった。常にジャンプなんだよ。
バンクーバーOPの時には、スケートはより芸術性に重きを置かれていたし、そんなに多くのスケーターが4回転を跳んだわけでもなかった。」

“Now we are seeing not just the top eight, maybe top 10 skaters doing quads. We are seeing all these younger skaters rushing to do these crazy, big jumps as opposed to taking time. I am talking at the lower, lower level. I don’t think it’s the best thing to have these kids think they need to land quads at age 14.
「今や世界のトップ8というより、多分トップ10の選手がクワドを跳ぶ。
このクレイジーでビッグなジャンプを十分な時間をかけることなく、若い選手たちが競って跳ぼうとしているけど、14歳やそこらでクワドを降りることが彼らにとってベストだとは思わないよ。」

“It’s more important for kids to actu- ally take the time to learn how to skate and learn the proper skating skills and become good skaters — like how Mr. Colson taught me when I was younger. We are leaning a little too much toward the technical side, and we’re not seeing enough really great skating, great stories and great programs that people remember. People are just remembering the big jumps, the big quads and all that stuff.”
「いかにスケートを滑るかを学び、相応しいスケーティング技術を身に着け、良いスケーターになるかに時間をかけることは、子供たちにとってとても大事なことなんだ。Mr.コールソンが僕に教えてくれたようにね。今のスケーターは少しテクニックの方に進みすぎているし、素晴らしいスケーティング、ストーリー性、そして人々の記憶に残るプログラムを僕達は見ていないんだ。人々は只、すごいジャンプ、すごい4回転、それを覚えているだけなんだよ。」

New Perspective

While Chan admires the talents of Fernández and Hanyu, he feels their programs are based on the jumps. “I have to admit it. They’ve found the formula. They’ve found their formula to success, which is doing the quads, doing great triple Axels and whatnot.
一方でチャンはフェルナンデスと羽生の才能を認めている。彼らのプログラムはジャンプをベースにしていると感じている。
「彼らは成功の法則を見つけたと認めなくちゃならないね。4回転や素晴らしいトリプルアクセルを跳ぶこと等々で成功する法則を見つけたんだ。」


“Javi is doing three quads — the third quad at the end of the program. That’s his formula. But for every pro, there’s a con, right? I am so, so happy that he won Worlds finally. I think he totally deserved it, and he skated the best out of anyone.
「ハビは3つの4回転を跳ぶんだ。それも3つ目はプログラムの最後にだよ。それが彼のキメ技なんだ。でもどのプロにも、コンビネーションがあるよね?彼がやっとワールドの栄冠を手にして、本当に嬉しく思うよ。彼はチャンピオンに相応しいし、誰よりも良く滑ったんだ。」


“But as the sport moves on, I want to push it forward and have people remember figure skating, not just people being successful and getting medals. Maybe because I’ve won three World titles I see the bigger picture. I want to push the sport forward and become a versatile skater, as opposed to just a technical skater.”
「でもスポーツは進化し続ける。僕もみんなにフィギュアスケートを思い出してもらえるように後押ししたい。ただ成功した、メダル保持者でいるだけじゃなくてね。それは多分、僕が3度世界王者になって、描いた夢なんだ。僕はスポーツを前進させたいし、ただ技術的に上手いだけではなくて、多彩なスケーターになりたいんだよ。」

Chan also senses a higher purpose in what he will bring to the ice in the years to come. “I want to flip the scale back to where it’s more balanced. That’s my goal. I want to see great young skaters come up and actually be beautiful with great lines and great extensions, great power and great flow. People love that. I think that’s what skating is all about. Skating with expression and actually performing is where you can make a difference, and that’s where the sport can change.”
チャンはこれから先、もっと氷上にもたらしたい高い目標がある。
「よりバランスの取れたところに(スケートを)持っていきたい。それが僕のゴールです。これから出てくる若く素晴らしいスケーター達、素晴らしいラインを描き、伸びも力も、流れもある美しさを備えた彼らを見たいのです。人々はそれを愛するでしょうし、僕はそれがスケートの全てだと思うんです。表現を伴ったスケーティングと実際のパフォーマンスこそ違いを生み、スポーツを変えられるところだから。」


He knows his status in the elite ranks puts him in a position to effect that change. As he toured across Canada with Stars On Ice in May, the connection to and impact Chan has on fans was reinforced. “I just learned the influence I have on a lot of young people in Canada and a lot of young athletes coming up,” said Chan.
彼は自分がエリートであり、変化をもたらすことができるポジションにいることを知っている。5月のSOIカナダ公演で、彼がファンに印象付けたインパクトと絆。
「僕はカナダの若者や多くの若いアスリートたちに自分が与える影響を知ったんです。」

“I realized the influence I have, and that’s great. I have all these opportunities to change the sport. I have the power to do that. It’s really something I can look forward to.”
「僕は自分の持っているすごい影響力に気が付いたんです。スポーツを変える機会を持っていることに。それをできる力を持っていることに。それは僕がとても楽しみにできるものなんです。」

The current Canadian champion, Nam Nguyen, who is climbing the ranks in the sport, is now that 17-year-old kid Chan once was.
現カナダチャンピオン、ナム・グェンは成長株の17歳。かつてチャンがそうであったように。

Chan sees him as one of those sponges he can share experiences with in the years ahead. “You tend to take on the role of mentor as a competitor,”he said.“You feel responsible for your teammates and teaching the younger ones.
チャンは彼をこれから共に前へと進む(若さゆえに何でも吸収する)「スポンジ」の一人だと思っている。
「(人は)競技者の目標であろうと思いがちだし、チームメイトのケアや、若い選手に教える責任を感じるだろう。」

"For example, I’ll have to try to give my best advice to Nam or Gabrielle Daleman and all the other young skaters.”
「たとえば、僕はナムやガブリエルに、他の若いスケーター同様にアドバイスを与えようとする。」

In the same breath, though, Chan warms up to the opportunity to compete against Nguyen and the next generation of talent in his country and beyond.
しかし同時にチャンは国の次世代を担う才能と戦うための準備もしているのだ。

“It’s great that we have a young skater that has done well internationally and that the international judges like, someone who’s able to do the big quads and who’s young and is a fresh face,” Chan said.
「世界で好成績を収めるスケーター、4回転を跳び、若く、フレッシュな顔ぶれのスケーターが国にいるということは素晴らしいことなんだ。」

“For me, it is a challenge, and it will be great. It will make nationals exciting and will probably push me to be better throughout the year. It’s been great to watch Nam and see him compete, but, at the same time, that competitive side in me is like:‘I’ve got something to give,too.’It’s going to be nice to compete against him.”
「僕にとってはそれはすばらしい挑戦だよ。国内戦を面白くするし、きっと僕をいい方に押し上げてくれる。ナム(の成長)を見守りながら彼と戦いの場で会うのはすごいことだよ。でも同時に僕自身の戦いとしては【与える分だけ貰っている】し、【彼との戦いが楽しいものになる】っていうところかな。」

Year of Growth

The year away from competition offered Chan the freedom to try new things. He was chosen as one of torchbearers for the 2015 Pan American Games in his hometown of Toronto in July. A new ice wine from Flat Rock Cellars bearing his name was launched in June.
試合から遠ざかった間、チャンには新しいことにトライする自由な時間が訪れた。7月には故郷トロントで、パンアメリカンのトーチ走者に選ばれた。6月には彼の名を冠した新しいアイスワインがフラットロックセラーズから発売された。

Chan said that attempting extreme activities has changed the way he thinks. “Doing all these crazy things — jumping out of an airplane or going skiing in avalanche country — changes your perspective,” he said.
チャンはこれまでとは全く違う活動に挑戦することが、彼の考え方を変えたと言う。
「馬鹿げたことも全て・・・飛行機から飛び降りる、スカイダイビングとか、雪崩が起きるような場所にスキーに行く、そんなことが物の見方を変えるんだ。」

“Sometimes when we skate, we’re like, ‘Oh my God! This is life or death.’ But it really isn’t. When you’re jumping out of an airplane, it really is life or death. If you don’t pull the parachute cord, it really is death. If you get caught in an avalanche, it’s death. So you really have to be in the moment. Even though I’m potentially falling to my death skydiving, I’m looking around and enjoying the whole process.”
「時折、僕らはスケートをする時に【ああ!生きるか死ぬかだ!】っていう風になるけど、実際にはそうじゃないよね。もしそれが飛行機から飛び降りる時なら、それは本当に生きるか死ぬかなんだ。もしパラシュートのコードを引かなければ、死ぬことになる。もし雪崩にあってしまえば、死ぬ。そんな場面に本当に出会ってみるといいよ。スカイダイビングで死にそうなくらいの気分だけど、周りを見回して、その顛末を楽しむんだ。」

He also grew fond of the life on tour and admits there are still moments when he wonders if the world he experienced in his year away from the competitive arena might just be the right place for him.
彼は又、旅に出る生活が好きになってきている。彼が競技の場を離れ経験してきた世界が、自分がいるべき場所ではないのかと、疑問に思う時がある。

“I absolutely think about that a lot,”he said.“When I’m competing, I will definitely look back at how much I enjoyed skating in a more professional environment and not competing. But again, there’s something I just miss about competing.”
「本当に沢山、考えたよ。試合に出る時、僕は試合よりプロの環境にいるほうがもっと楽しんでいたんじゃないかって思うんだ。でも一方では試合が恋しいっていうような気持ちもあるんだ。」

Taking that time off, he said, was an absolute necessity in the wake of a high-pressure Olympic season. “I think if I had gone right into another year of training, I would have been really burnt out, and I would have hated it,” he said. “I probably would have quit or retired this year and not come back. I wouldn’t have given myself time to savor the Olympics and savor my performances and the success that I have had as a figure skater.”
休みを取ったことは、オリンピックの厳しいプレッシャーから覚醒するために絶対に必要だったと彼は言う。
「もし僕が、すぐにトレーニングに戻っていたとしたら、きっと燃え尽きただろうし、(スケートを)憎んだだろう。多分今シーズン、辞めるか引退するかで、試合に戻ることもなかったかもしれない。オリンピックを、自分の演技を、そしてフィギュアスケーターとしての成功を味わう時間を、僕は持てなかっただろうし。」

Chan believes he is returning from the touring world as a more refined skater who is better equipped to handle the stress. “As a competitor my whole life, I always wondered what my life would be like if I took a year off and was not competing,” he said.
チャンは自分がストレスを上手に操ることのできる、より洗練されたスケーターになって世界の旅から戻ってきたと信じている。
「僕の競技人生で、僕はいつも、競技から離れて1年通して休みをとったら、どんな生活になるだろうと思っていたんだ。」と彼は言った。

“I’ve gained more experience. My time off showed me that if I don’t
win every competition it’s not the end of the world. There’s way more to life and way more to my career than just that.
「僕はより経験を積んだし、全ての試合で勝てなくても、それが世界の終わりじゃないってことを知ったよ。生きる道はもっとあるし、競技のキャリアを積む道だってもっとあるんだ。」

“And it will be good for me to know in the back of my mind that, when I’m competing next season, I have all these other opportunities waiting for me outside of the competitive world. That’s something I can lean on.”
「それに競争世界の外にも違う世界が僕を待っていることを、次のシーズン戦う時に自分の心の裏側で知っていることは、いいことだよね。それが僕の拠り所かな。」

Experienced Approach

When Chan steps back onto the competitive ice this fall, with coach Kathy Johnson by his side and two programs crafted by David Wilson, he hopes to do so with a carefree attitude — similar to the one that the 17-year-old version of himself had all those years ago.
この秋、チャンが試合で氷上に戻る時は、傍らにコーチのキャシー・ジョンソンがいるだろう。
そして二つのプログラムを作ったデイヴィッド・ウィルソンが。彼は17歳の時のように、プレッシャーから解き放たれた自分でいたいと思っている。

“I’ll be very much thinking about that when I’m waiting to go on the ice, as opposed to thinking, ‘Oh, gee, what am I doing? It’s such a nerve-wracking thing to do. Why am I doing this to myself ?’” he said.
「リンクに出て行くのを待っている時、きっとすごく考えるでしょうね。【全く、僕は何してるんだろう?自分を追い詰めるようなことを、何で自分でやろうとしてるんだ?】ってね。」

“I’m looking at the steps I need to take to be successful and not thinking, ‘It’s just going to come to me, and I’ll be a World or national champion right off the bat.’It’s not like that. I need to put in the work. I need to look at what I can bring to skating so that I can convince the judges that I deserve another World or national title.
「僕は何も考えず、成功するためにステップを踏んでいるのを見るのさ。もうすぐそれは来るよ。そして世界チャンピオンか、カナダナショナルチャンピオンにすぐになる。そんな風にはいかないだろう。スケートに注ぎこまなくては。僕が世界の、カナダのチャンピオンにふさわしいとジャッジに信じてもらうためにスケーティングに注ぐものを見つけなくては。」

That’s the part of my mentality that I’m going to change in this next cycle. “I’m not promising my comeback will be the greatest. I have been away for a year, and I’m a little rough, so I need to take the time to work out the kinks. I may not win my first Grand Prix event.
「これは次のサイクルに変えようとしている僕のメンタリティーの一部さ。僕は自分が試合に戻ることが最善だとは約束できない。一年試合から離れ、少しラフになって、(スケートの)手直しに時間が必要なんだ。グランプリシリーズの初戦では勝てないかもしれない。」

"I know it is not going to be a fairy-tale return. I’m sure I’m going
to go through some really big lows. “Competing is competing. Hopefully, I will not focus on trying to please others and please the judges.
「僕はおとぎ話のような復帰になるとは思っていないよ。僕は本当に下の方をかいくぐって行くっていうことがわかっているんだ。試合は試合、できることなら僕は他の人たちやジャッジを喜ばせることにフォーカスしないつもりなんだ。」

"I need to please myself, first and foremost, and I think that in itself will make me successful.”
「僕は僕自身がまず楽しまなくちゃと思っている。それが僕に成功をもたらすと思うからね。」



続きを読む
Comment:3  Trackback:0
2015
08.30

短編の切れ味

今、寝しなに読むために手元に置いている本が2冊。




ポワロの事件簿 1 (創元推理文庫 105-6)



クリスティ短編集 (2) (新潮文庫)


「ポワロの事件簿1」の方は、デイヴィッド・スーシェのTV版ポワロで言えば、中~後期にTV化されている短編集だ。
ポワロ物の短編は軽く楽しめるものが多く、ポワロとヘイスティングスの会話も楽しい。
作品の舞台も華やかでテレビ向きではあるが、何しろ短編なので、ドラマの脚色もかなり色付き。
ドラマもかなり好きなのだが、短編に関しては、私はどうしても原作の方に味があるような気がする。

小気味よく、切れ味がいいからだ。

「クリスティ短編集(二)」はマープルもの、パーカーパインもの、それに「ポワロの事件簿1」とほとんど重なるポワロものから成る。

私はクリスティー作品と言えばパーカーパインが大好きなので、こちらの短編集はとても大切な1冊。

マープルものも好きな作品がこの本に収録されている。

ミス・マープルが最初に登場する「火曜クラブ」の流れを汲む短編である。

TV版のマープル嬢もジョーン・ヒクソン版は悪くはないが、それでも短編に登場するミス・マープルの「らしさ」は演出上、半分も生かせていないかもしれない。

「溺死」はドラマ化されていない短編だが、いかにもクリスティーらしい、そしてミス・マープルにしか解けない人間洞察に優れたお話である。

ある日、近くの川に身投げした若い村の娘について話がしたいと、バントリー大佐とサー・ヘンリーの元にミス・マープルが訪ねてくる。

 「覚えていらっしゃいますでしょう、サー・ヘンリー、一度か二度、ごいっしょに本当に面白いゲームをしたことがございました。謎の事件を出して、それを解決するという遊びをね。あなたはご親切にもわたしが―わたしがたいしてへまをやらなかった、と言ってくださいました」
~クリスティ短編集(二)「溺死」井上宗次・石田英二/訳~より



この奥ゆかしさである。

でありながら、早速

「この娘は身投げしたのではなく、殺されたもので、自分はその犯人を知っている」と真面目な顔で話し出す。
犯人がわかっていながら何一つ証拠を持たないミス・マープルは、

「わたくしは、知っています。知る立場におります。けれども、もし、私が知っている理由をドレウィット警部さんに申し上げたら―そう、すっかり笑われてしまうだけでしょうよ。そして、まったく、それも無理はございません。特殊な知識といったものを理解するのは、とてもむずかしいことなんですもの」



「特殊な知識」とは、例えばこの事件の場合、「何年か前に、野菜売りが自分の姪のところに、にんじんのかわりにかぶを置いて行ったから(犯人が)わかっている―」といった具合である。

理屈もへったくれもない。
長年見てきた物事から判断すると、あることが起こった原因は、こうであろうという結論が経験上導き出されるのだ。

彼女は言うのである。

「わたしには、人間の性質というものが分かっております。この年月の間、ずっと村に住んでおりますと、いやでも人間性というものが分かってまいりますね。」



自分は犯人を知っているのに証拠もなく、表立って捜査する立場にない。
そこで元警視総監であるサー・ヘンリーに裏付け捜査を頼みに来たわけだ。


クリスティーの祖母をモデルにしたと言われるミス・マープルだが、ここでは探偵の真似事などしない、TVの印象とは全く異なる愛すべきお年寄りだ。

この短編の最後は、こう結ばれる。

「今度もまた、ミス・マープルは正しかったのだ。」



この短編集にはもう一篇、「クリスマスの悲劇」が入っている。

この中にも、興味深いミス・マープルの言葉がある。

バントリー大佐が温泉施設における妙齢の女性方の噂話についてこう意見を述べる。

「大勢の婆さん連中がそこら辺にたむろして、人の醜聞を話してるんだ」



これに対してミス・マープルは頬をピンクに染め、こう言うのである。

~中略~
「確かに、いちばん大切な点はね、あなたがたのおっしゃる無駄話というものが、いかにしばしば真実であるかってことですわ!」



これはまったくその通りであろう。

現代で言えばそれはネット上のブログや記事の数々に「個人が、自らの損得に関係なく」書き込んだものの中にもあるかもしれない。
「陰謀論」と言われるフィギュアスケートの不正採点だって、
皆様ご存知のぴぎょくいんにまつわる諸々だって、
「しばしば真実」かもしれないではないか。

理屈もへったくれもない。
長年見てきた物事から判断すると、あることが起こった原因は、こうであろうという結論が経験上導き出されるのだから。
Comment:0  Trackback:0
2015
08.29

美しさ。

Category: スポーツ
ほんの数年前、目の前でその選手の練習を見たことがあった。

有望な選手だということは聞いていた。

私にその競技のことなどわかるはずもなかったが。

ただ、その体躯の均整のとれた美しさと、動きのキレに惚れ惚れと見とれた。

その時、ああ、この美しさは「体幹」というものから生じるものではないのかしらと

素人ながらぼんやり思っていた。

通常で言う「綺麗」とは全く違う。

人間そのままの肉体の、バランスのとれた美しさ。

無駄がなく、動きの一つ一つが美しい。

この美しさは何だろう。

「美」とはほとんど無縁の競技のはずなのに。

何十人と練習する選手の中で、彼の輪郭だけがくっきりと見える気がした。

それほど、美しかった。



ニュースで、その彼が世界選手権で金メダルを獲ったと知った。


スポーツで見るアスリートの動作の美しさと強さの相関関係は知る由もない。

ふと、浅田真央の美しさも、
彼女の内面や恵まれた容姿やスタイルだけによって感じるものでは
やはりなかったのだと思った。

すっぴんで髪を束ねただけの練習着のままでも、すでに美しい。


img_714e3b18abdb8d7225f043fdd3ef335363869.jpg

PN2013101901001564_-_-_CI0003.jpg

fig13122118220006-p3.jpg

b0038294_1994083.jpg

PN2008111301001012_-_-_CI0003.jpg

3124c19eb163405b8034921bd69007b1.jpg

Comment:0  Trackback:0
2015
08.25

台風のぐるぐる

Category: 日常のこと
今年も台風がぐるぐると来ておりますが、皆さまいかがお過ごしでしょうか。

今朝は雨にも関わらず、スッキリ目覚め、気分よろしく化粧し

朝食欲がないのは夜に食べすぎるせいだと反省しながら

出勤のために着替えた。

かぶって着るだけのブラウスを着て、何度も体型が隠れているか、チェック。

SDM0115M0003_pz_a001.jpg
花柄のやつ。

本当に何度も鏡を見たのである。

女の身だしなみである。

こんな天候だからこそ、珍しく化粧も念入りに。

夏季休暇を取る人が多いため、人もまばらな職場で

にこやかに挨拶し、働き、昼食もとった。

そして・・・。

今日も働いたなあ、と、ふと腰に手をやると

ブラウスの腰にタグのようなものが。

老眼鏡でまじまじと自分の胸元を見て驚愕。

ブラウスが裏返し。

あんなに鏡を見たはず。

誰からも何も言われなかったし。

ま、私は基本、自分の部屋のようなところで働くのであまり人との接触もない。

おばちゃんのことなど誰も気にしてはいないだろう。

そう思い直し、帰りに「指が痛い」と立ち寄った整形外科で

一応リューマチの検査はしたものの、「おそらくこれは手の使い過ぎと老化ですな」と言われたりする。

先日も「目がかすんで見えない」と眼科に行けば

「順調に年を取ってますな」が診察結果だった。

私たちくらいの世代は、多分

パソコンとやらで長年、目や肩腰を酷使してきた、最初の高齢者になるのだろう。

そして、バブルの頃絶頂期だった人たちと同じように

なぜかいつまでもお立ち台から降りられない感じの。

同年代の同僚や友人たちは、今も昔と変わらず美しい。

私とは違って、ずり下がった老眼鏡はミットモナイという美的理由とパソコンの関係で

老眼用のコンタクトレンズを愛用している。

たかだか天気が悪いとか、蒸し暑いとか、そんなことが妙に身体に堪えているのに。

いつまでもそれが老化によるものとは気が付かず

治療すれば治るものと思っている。

昔、ばーちゃんの化粧は、眉毛が変な形に描いてあった。

ばーちゃん家は、お掃除が行き届いていなかった。

それが

加齢による「仕方のないこと」だったことに

ようやく気が付く。

すでに老嬢と名乗っているくせに。





Comment:4  Trackback:0
2015
08.20

賛否両論の火花

Category:
さて、火花の話を書こうかと。

世間では賛否両論、私の中でも不思議な読後感の小説ではあった。

わずかな時間をやりくりしながら、ラストまで一気読み。

ということは、十分興味を魅かれたわけだし、面白かったということだ。

又吉さんの独白を聞いているような気がするような話。

好き嫌いで言えば、好きな本だろう。

文体と登場人物の会話がどうにも最後まで噛み合わず、こなれた文章とは思えない。

わかり易かったとも言えない。
理屈っぽいので少々疲れたし。

おまけに共感もできない。

でも。

「芸人」の内面って、こうなのかと。
そこはリアルだった。
彼のように淡々と見える若手(中堅?)であってもそうなのかと。
でも下品ではない。

彼の書く「芸人」が、お金儲けのための「芸人という職業」とは全く違うことが魅力かもしれない。

「そういう風にしか生きられない」人たちがここにもいた。

そこにとても惹かれた。

「そういう風にしか生きられない」という難儀な人。
そんな彼に羨望を感じながらも自分はそうではないと認識してしまう、
鋭いが普通の感覚を持ち合わせた人。

描写が物足りないので完成品ではないかもしれないが、真実がある本だと思った。

ちなみに私は19と20歳でこの賞を獲った二人の女性作家については、全く理解できなかった文学音痴である。

あちらは描写は巧みだったが、胸に迫る「ほんとう」が感じられなかった。

このあたり、人それぞれなのが、本当に面白い。


Comment:2  Trackback:0
2015
08.18

迷ったら、やる。

Category: 浅田真央
浅田真央、決めポーズを提案!「ECCジュニア開設者募集・輝き篇」CMオンエア
記事はこちら ➡http://cyclestyle.net/article/2015/08/18/26571.html

凛として、しなやかで。

どんどん彼女の強さが前面に現れだした気がする。

このCMメイキングも、素敵でした。

ただ綺麗とか、カワイイとか、そんな言葉では括れない。

彼女の氷上の動き一つ一つが、饒舌で説得力がある。

動画はこちらから
➡http://news.nifty.com/cs/entame/showbizddetail/jijimovie-20150818-227428/1.htm



身の回りの全ての「やんなきゃならないこと」をとりあえず放り出して、
JO、見に行くことにしました。


 「迷ったら、やる。それが私のルール」

104404.jpg


ほほほ、言ってみたかったざます。
Comment:2  Trackback:0
2015
08.17

超人も、JOにIN

Category: 迷探偵モンク
超人・荒川静香がスゴすぎる!
出産直後にフィギュア再開、育児、連盟副会長を完璧にこなす


http://biz-journal.jp/2015/08/post_11093.html

5日前の記事ですが、面白い記事でした。

確かにすごすぎて、般若の面のように怖いわ。

慈愛のみどり神を見ていて、本当に今もスケートが好きで、そして幸せでいらっしゃるんだなあと思わずにはいられなかった。

なのに、なんで 「超人」の方。

自分だけしっかりカメラ目線で娘は「キラキラに夢中」な写真をupするこの方からは、
何のほほえましさも伝わってこないのでしょう。

娘の顔をはっきり見せないためでしょうが、「娘より自分!」というように見えてしまうのも、この方の特徴でございましょう。

そうかあ。

般若じゃなくて、「超人」だったのかあ。

確かに今や人智を超えた存在ですものね。

荒川は演技だけではなく、その“生き方”でも多くの人を魅了しているといえよう。



はい。

魅了されすぎて、開いた口が塞がりません。

昌麿君がJOに入るのかなあと思っていたら、出場選手にUPされてました。

幸せは束の間、

「超人」もご出演されると・・・。

jonew.png

何を「表現」されるのか、楽しみではあります。

「アラカー」ではなく、すでに「アザーカー」(wiki参照)ですが。




Comment:2  Trackback:0
2015
08.17

THE ICE TV版

Category: TV番組
慈愛の動画は細切れで見ていても、編集されてTV番組になると、また違うもので。

TVの方は準備段階から真央ちゃんを追っていたり、みどり神、マティコ先生とのミニ対談ありで盛りだくさんでございました。

解説は伊藤みどり!

貫禄というか、人間的な余裕というか、みどり神のスケート愛が伝わる解説でしたね。

私のような単細胞は、もうそれだけで嬉しい。

みどり神がパトリックの滑りを語るところではまたしても涙。

小塚選手の「エピローグ」。
彼に飾りは必要ないと思わせる美しさ。

それにしても、仮面舞踏会のオープニングは想像以上に素晴らしかった。

演目が違うと真央ちゃんの表情も全く変わってしまう。

自分で「表現力がっ!」なんて言わなくても、これはもう見ているだけで十分でしょ。

仮面舞踏会のあでやかさ。
ジェフと二人のポル・ウナ・カベサの艶やかさ。


そして動画とは印象が違ったのが「踊るリッツの夜」。

元の映画はこちら➡ブルースカイ(1946年)

こちらの動画をフルで見ると、ローリーさんが振付に相当量アステアを注ぎ込もうとしたのではと驚く。
タラソワさんとは全く違うが、このエキシ、実はとんでもなくハードルは高いと思う。

アステアの杖が生き物のように見える。
Fred Astaire - Puttin' on the Ritz (高画質・字幕付)

動画を探し直してみてみようと思ったのは、真央ちゃんが最初と最後あたりで襟元を小粋にキュッと直す動作をするところを見ていて、アステアの振付にこんなのあったかなあと思ったからだ。

アステア版と真央版は、コンセプトも違えば男女差もあるのでそのあたりは勿論違っていたのだけれど。
真央ちゃんがアステアの動画を研究したかどうかは知らないが、それにしても、振付をモノにする勘のようなものは、真央ちゃん天才だと思う。

勿論アステアは神様なのであの重力を感じさせない不思議なステップは誰にも真似はできないだろう。

短い期間で「踊るリッツ」をここまで滑ってしまうのは浅田真央ならでは。


ところで、アステアつながりだからというわけではないが、Pことパトリック・チャンの演技を見ながら、ジーン・ケリーを思い出していた。
パワーがありながら、足元は軽快だ。
少し痩せて筋肉の付き方が変わったP。
彼のこの1年の充実ぶりが伺える。
OPの金メダルは逃しても、これから観客の心を掴むことに間違いなく成功するであろう幸せなスケーター。

フレッド・アステアとジーン・ケリー。
この二人のことは、TV番組で特集を見た時に書いた。
「巨匠たちの輝き」~魅惑のステップ~

そういえば、この番組中で浅田真央はアステアに例えられていた。

「アステアは優美で高級な感じがするし、アーティストとしての評価が高い」

ローリーさんがアステアの曲を真央ちゃんに選んだのも、同じ理由かもしれない。
Comment:0  Trackback:0
2015
08.10

切ないポチ係

Category: 日常のこと
甲子園ではこの暑さの中、熱戦が続く。

高校野球のシーズンになると、雑誌まで買い込んで日がな一日テレビを見ていたのも遠い昔。

今、じーっと見てしまうのはテレビに映る応援席の選手達。

応援する彼らだって、普段は一緒に練習しているのだ。

私には甥っ子ばかりいるのだが、
皆すでに社会人だ。

上の子たちはすでに30を超え、子供がいたりする。

其々好きなスポーツをしていたが、
私の方の甥っ子たちは、とうとう一人もレギュラーとして試合に出ることはなかった。

オット方の甥っ子たちは兄弟で国体選手になった。

上へ行けばいくほど、大変だとは聞いていたが、
確かに親はとても苦労していた。
それでも、彼らはやはり輝く所にいるように見え、実際、とても良い子たちなのだ。

一方、一度もベンチに入ることさえなかった甥っ子たちを、
親である私の姉は複雑な思いで支えていたことだろう。

わが子がベンチに入る機会さえ与えられなくても、中・高の6年間、親同士の役割分担は同じだけ。

当番で世話をしに行っても、わが子は1年生と同じことしかできないのを、
ただ見ているしかなかったのだ。

レギュラー選手の顔は、イキイキと見えただろう。
楽しげに見えただろう。

それでも、皆競技を辞めることはなかった。

甲子園に出るチームは勿論それだけで素晴らしい。
それでも、そこまで行ってもベンチにすら入れない選手も、やはりいるのだ。

きっと応援団として頑張っている彼らの親御さんたちだって、一緒に応援しているに違いない。

どんなに切ない思いを抱えていても、彼らが頑張る限り、親はその子たちを応援するしかないのだから。


さて、我が家の「オレ」は、半月あまり「オレ」なりに頑張ったのだが、結局彼らしい決断をまた勝手にやらかした。

彼はチームに戻った。

表面上は周りの説得に負けたように見えるが、実は違うと思う。

「オレ」は自分の損得でスポーツをする奴だと思っていたが、
結局は自信が欲しくてやっていたのが今回の件でよくわかった。

自己肯定感。

彼には今こそ必要だったのだ。

私はポチ係として彼の決めたことは何でも応援するつもりだった。
でも、ポチっと押すだけではだめだったのかもしれない。

そうだ、コメント欄が開いているなら彼のコメ欄を自信で満たしてあげればよかったのだ。

自分を認める気持ちがあれば、我が家の「オレ」も、甲子園の彼らも、誇りをもって選手と一緒に戦える。


さて、自分の子供にどのように自己肯定感を与え、育むことができるのか。

今からでも遅くない。

こちらの本で学ぼう。



9歳までに地頭を鍛える!37の秘訣
大川栄美子/著  扶桑社



・・・ん?

10年遅い?



追記
この本の著者の記事が上がっていました。


記事にリンクします↓
成功体験が子どもの自尊感情を高める

以下、抜粋です。


14歳でカナダのトップ大学に合格。大川翔くんの大学生活とは?
週刊SPA! 8月10日(月)9時21分配信

~中略~

「セルフ・エスティームとは、自尊感情、自己肯定感を意味する英語です。子どもが自分のことを大切に思える気持ち、自分に対する自信がちゃんと持てないと、自暴自棄になり、チャレンジ意欲が湧きません。

私は学生時代には家庭教師・塾講師として小学生から高校生までを、また弁護士となってからは、大学や法科大学院で学生らを多数教えてきました。その中で、つねに心がけてきたことは、子どもたちのセルフ・エスティームを高めることです。

そのためには子どもたちの話を肯定的に聞き、少しでもできたら褒めまくること。小さなことでも良いので成功体験を積ませてやることですね」




よしっ!

私は真央、知子をほめてほめて褒めまくる!

「オレ」もついでに褒めまくろう!
Comment:0  Trackback:0
2015
08.09

ドキュメンタリーの難しさ

Category:
今日は仕事もひと段落。

明日から怒涛の忙しさに突入するため、今日だけは出勤はしても、ゆっくりさせて頂いておりました。

で、今日は読書を、怒涛のように。
と言っても、絵本がほとんど。


「イチローへの手紙」
ジーン・D・オキモト/著  河出書房新社
これはとてもよかったな。
イチローとササキ、二人がマリナーズで大活躍している姿を、第二次世界大戦中に兵士だったひいおじいさんが感慨深く、ひ孫と一緒に応援する。

「にぐるまひいて」
ドナルド・ホール/著 ほるぷ出版
こんな生活が口伝えに伝えられてきたという。
生活が季節と共に輪になって。


「ルピナスさん」
バーバラ・クーニー/著 ほるぷ出版
生きている間に、私は一体何を残せるだろう。
同じような話はいくつもあるけれど、木を植えても、花を植えても、それが人の目を喜ばせ、生態系にも害のないものならば、こんなに素敵なことはない。

「バーナムの骨~ティラノサウルスを発見した化石ハンターの物語」
トレイシー・E・ファーン/著 光村教育図書
それなりに、面白かった。
Tレックスの化石発掘を成したバーナム氏の話。
彼についてのはっきりした記録が残されていなかったのが不思議。
論文よりも、記録よりも大切だったのは、「秘蔵っ子」だったのだろうな。




「紙つなげ! 彼らが本の紙を造っている」
佐々 涼子/著 早川書房





「マリアンは歌う」
パム・ムニョス・ライアン/著 光村教育図書
これは後日ゆっくり調べなおそうと思った。
いつも思うが、絵本はあなどれない。

そして息子と一緒に
「男子校ルール」。
息子がこちらのルールにピッタリ当てはまっているのが笑える。


勿論本命は
「紙つなげ! 彼らが本の紙を造っている」

圧倒的だった。
石巻であの大震災にあい、全てを失ったと誰もが思った。
壊滅状態だと思われた現場の製紙工場の人々の気持ち、そこに本社がどう決断し、どう復活を遂げたか。
飲み込んだ言葉を発しないまま被災地で自分たちの仕事と向き合った人々。
突き刺さる悲しみと、モノづくりへの誇り。

あのヒット本、この話題本が、こんな未曾有の被害にあった工場から生まれた紙によって出版されたとは。

この本そのものも、さすがに素晴らしい紙質でできていた。
何度もページをなでながら、涙ながらに読むしかなかった。

セットで読むAmazonレビューも、内部の方の「すばらしい」との感想あり、外部からの「都合の悪いことには触れてない」との糾弾あり。
でもこれは凄まじくも、素晴らしいドキュメンタリーだと思う。

それにしても、ドキュメンタリーとは難しい。

こちら➡「銀盤のエンジェル」にも書いたが、伊藤みどりと浅田真央の不思議な縁の間に、般若が入る隙はない。

「表現力」は「身体芸術」を補うものでも、「芸術」を支える「技術」に取って代わるものでもない。
技を磨いた果てに生まれる何かが産み落とすもの、それが芸術と呼ばれ、人の心に届くのではないか。

夕べ見ていたテレ朝ch2、「フィギュアスケートレジェンドプログラム 会心の演技 浅田真央・鈴木明子」編。
2009年国別対抗戦のフリーでの「仮面舞踏会」の素晴らしかったこと、美しかったこと。

この時の浅田選手の嬉しそうな顔。

浅田選手、体の軸が全くズレない。
しなやかなのに、ピンと伸びた背筋。
その動きからは一瞬も目が離せない。
何とダイナミックな演技。
ジャンプも高い。
何度も何度も見ているのに、いまだにすぐに終わってしまう気がする。


さて一方、こちらは果たしてドキュメンタリーと言えたのでしょうか。

先日の、般若にとどめを刺した番組は、こちらの会社で制作され、○HKで放送されたようです。

情熱大陸なんかも作ってらっしゃるようで。

http://www.tvu.co.jp/company/

テレビマンユニオンは、1970年2月25日に創立しました。
制作者が放送局からはなれて独立した、日本最初の独立テレビプロダクションです。
大きな会社に所属していては、制作者として自立できない。そう考えて制作者は、自立しました。自らが〈制作者〉という職業を選びとったのです。
この旅立ちは〈海図なき航海〉でもありました。



http://www.tvu.co.jp/program/2015_anotherstories_0805/


宿命のトリプルアクセル(仮)

女子フィギュア最高難度のトリプルアクセル。五輪で跳んだのはわずか「2人」。1992年アルベールビルの伊藤みどりと2010年バンクーバー&2014年ソチの浅田真央。いずれも銀メダル。一方、荒川静香は練習でトリプルアクセルに成功しながら試合では一度も跳ばず2006年トリノで金…
跳ぶべきか、跳ばざるべきか。メダリストたちの葛藤のドラマを追う!

(再放送)8月13日(火)23:45~←日にち間違ってますよ。



で、ダイアナ妃やマイケルジャクソン、あさま山荘事件などのアナザーストーリーを描いてきた方たちが作られたそうですので、フィギュアスケートに造詣の深いスタッフや監修はついていなかったと思われます。

子会社制作の番組。

プロデューサーの高城さんが写真入りでTVのこれからなどを語っていらっしゃるサイトも拝見いたしました。

結局、「宿命のトリプルアクセル(仮)」に見られるように、初めにタイトルありき。
○HKは、この制作会社にとっては筆頭顧客。
「この方向で、よしなに。」と言われりゃ、どんなもんでも作ります、というところでしょうか。
でも、見ている方も甘くない。

ソチ前の年末年始、同局のフィギュアスケート特集番組のあのあからさまな印象操作のひっでー作りを思えば、まだましかもしれません。

見ている方も、浅田選手絡みの○潮記事、そして○寺「タブー」記事と、あらあらあら、また始めやがった、と思うわけです。
○寺の他の記事を読めばあの記事の意図は一目瞭然。
というか、あのサイトの記事が日本語で書いてあることの方が不思議。

東京OPのロゴ問題。
昨日ベルギーから帰国したばかりの職場の方が、あちらでも有料チャンネルか何かで日本のニュースをご覧になっておられたそうですが、ベルギー在住の兄弟さんと一緒に、どんなに探しても、ベルギー本国ではあんなロゴ問題は新聞にも載っていなけりゃ、テレビで話題になっていることもなかったと話しておられました。

勿論盗作も、建設費問題もよろしくございません。

只、報道の矛先、責任の擦り付けが、いつも結局は政権叩きに使われることになるのが興味深いのでございます。






Comment:4  Trackback:0
2015
08.08

JO、トゥクタミさんもin

http://www.tv-tokyo.co.jp/japanopen2015/skater.html

Japan Open 10周年なんですね。

で、このキラキラ✨☆彡なメンバー、すごい顔ぶれになってきました。
あと日本男子2名って・・・・・・・。
誰?


JO2015.png


それにしても、どんだけ豪華やねん。

しかもこの日の夜はCOIで同じたまアリで夜も公演。


真央さと、雨女2にソト子にトゥクタミちゃんにパトリックに、アボジュベですか・・・。
しかもメリチャリ・・・・・。

きゃーっ!




Comment:2  Trackback:0
2015
08.05

その世界を楽しみにやってくるスケーター

Category: TV番組
○HK BSプレミアム アナザーストーリーズ「宿命のトリプルアクセル それぞれの選択」

8/5(水)21:00~22:00

ナレーションを聞く限り、「トリプルアクセルに導かれた3人の選手」と最後まで言ってましたけど。
番組的には無難に終わって、ようございました。

前半はみどり神の笑顔でいっぱいだった。

3Aの時のみどり神の写真、何とかならんかったのか・・・とは思いつつ。

アルベールOPで3Aをきめた時の笑顔の美しかったこと。

カタリナ・ビットがなんぼのもんじゃい。

みどり神が言いました。

「誰もやったことがないトリプルアクセルは
私のモチベーションを高めるもの」



女子ではまだ誰も公式戦で成功していなかったジャンプを
自分の跳び方を模索しながら作り上げた天才の孤独。

さて、面白い話がありましたね。

中京大学の湯浅教授によれば

2010年、浅田真央と伊藤みどりの3Aを比較した時、ある数値が大きく異なることを発見した。
「踏切前の助走スピードというものがありますね。
どうですか、伊藤みどりさん見ると
1秒間に6.7mというスピードなんですね。
浅田真央選手、その約半分(3.7m/秒)なんですよね。」

ナレーション
「教授によれば
トリプルアクセルの成功率を上げるためには

踏切直前に減速し高く跳び上がるのがベスト。

高く跳ぶことで、3回転半回る滞空時間を稼ぐことができる。
以前、浅田真央もこの方法で跳んでいた。

伊藤みどりはそれに対してスピードに乗ったまま跳ぶことで
飛距離を伸ばし、滞空時間を稼いだ。
その飛距離は、浅田真央の実に1.5倍。」

「トップスピードに乗ったジャンプは
難易度が非常に高く今のルールでは大きな加点の対象ともなっている。
だが、伊藤みどりの時代にそんなルールはない。
ただひたすら、跳びたい。」




湯浅教授は更に、伊藤みどりは天才型、浅田真央は努力して積み上げてようやく作り上げていくタイプの選手だと話している。

伊藤みどりに特別な能力があっただけで、3Aに関して、浅田は元々当たり前の跳び方をしていただけだということがわかる話ではございませんか。

それを他のトリプルジャンプと同じ土俵で「飛距離がないからダメ」だと評価を渋ったジャッジがそもそもおかしかったのでは?

どちらにしても、みどり神の時代には「ジャンプだけのゴムまり」と揶揄され、
浅田は「飛距離がないから」と切り捨てられた。

なんて理不尽なのだろう。



そのハイリスクローリターンなジャンプを「敢えて」跳ばずに
「イナバウアー」を武器にした
 「表現力」
で金メダルを獲ったのがアラカーなんだそうです。

3Aについてアラカーが言ったことは本音だっただろう。
この人の物言いの特徴だ。
投げやりに見えるその姿に、いつもの自信満々な彼女は欠片も見えない。
笑いながら話しているのに、そこに明るさはない。
金メダリストなのに、うつむき加減の笑顔に輝きはない。

「私じゃなくても、みたいな。誰かが、やれば。っていう感じでした。」
「みどりさんは特別な能力を持っていたから跳べた技。特別な能力の人が跳べる技って思っていて。あんまり自分たちには関係ないっていう。」 




「技術的なジャンプとかスピンですとか、そういったものって、世界のトップ選手たちと、そう大きな差があるわけではないんですよ。じゃ、何が順位を変えるかっていうと『表現力』」
「初めて表現をすることの面白さに芽生えたというのが二十歳の時に出会ったニコライ(モロゾフコーチ)」
「あ、面白いな、と思ったんですね。そこから、ですね。
技術よりも(表現が)面白くなったのは初めて。」



自分の気持ちを込める表現 
アラカーさんがその表現として選んだのがイナバウアーだったんだそうな。

ジャンプよりも、表現することの方が面白いと思った。
トリノ前にルールが変わり、点数にならないイナバウアーを外すしかなかったアラカー。

そんな時に現れたのが、浅田真央。だとナレーターは言う。

浅田選手の当時の印象を、アラカーはこう語った。

「すごいインパクトが大きかったですね。
私たちはもう、この見慣れた世界の中で、もうどう明日を生きていくか、みたいな。
どう楽しみを見つけようかみたいな時期に差し掛かっていたので。

その世界を楽しみにやってくるスケーターの存在というのは脅威で。」



不覚にも、アラカーの浅田真央への印象があまりにも的を得ていて、そこからもう涙が止まらなくなっていた。

アラカーが浅田真央を脅威だと捉えたのは、彼女のスケートの才能でもその愛らしさでもなく、「その世界を楽しみにやってくる」からだったのだ。

誰もが苦しみもがいている世界で、「その世界を楽しみにやってくる」。
こんな強さが他にあるだろうか。

更にアラカーはこう言った。

(浅田選手は)「常にチャレンジをした演技をしていて、それが印象的で。それも個性だな、と。」




アルベールビルのフリー演技をビデオで見直しながら、みどり神はこう言った。

「挑戦することが成功を導き出すきっかけだと思う
失敗しても悔いの残らないジャンプにはなったと思う」


「ねえ、よかったねえ。
今、本当に思うと、挑戦してキメて、あの時やって良かったっていう思いですね。」



こう話すみどり神の笑顔の明るいこと。
一点の曇りもないまなざしは、浅田選手と同じ。

中京大学の湯浅教授が再びみどり神と浅田選手の違いを語る。

「私の印象では、伊藤みどりは選手ってのは、どちらかというと天才型だと考えていいと思うんです。
パッとある時に一気にできてしまう、こういった能力を彼女は備えていたと思います。
浅田真央選手は、ずっと見ていた限りでは、どうも天才型ではないなあと。
一つずつの技を一つずつ丁寧にこなしながら時間をかけてようやく出来上がってくる。」



一方、体型変化と共に3Aに苦心した時期の浅田を、アラカーはこう見ていたという。

「勝負をするとしたら、他に戦略はたくさんあったと思うんです。
彼女自身、以前からやっていたトリプル-トリプルという技があったり、いくつか複数あって、それを全部封印してでも完成させたい技。」



はい、出ました。「戦略」。
アラカーさんもお好きな言葉ですが、ある種の浅田ファンも「戦略を練れ」って書いていらしたわね。

これに浅田選手自身はどう答えていたか。

「今まで積み重ねてきたものを、そんなにすぐには、できないからとか、試合で完璧にやってないのに変えるのは勿体ないと思いましたし。」



普通の人は、「試合で完璧にやってないから」試合には入れない選択をするのではないか。

浅田真央、なんて人なんだろう。

「トリプルアクセルを跳ばないと気持ちが『引いた気持ち』になってしまう。
『引いた気持ち』が他の部分に影響するのが、一番怖い。」



ここでナレーターが言うのよね。

「トリプルアクセルは、浅田真央の、戦う心、そのものだった」


○HKさん、そこまでおわかりならば、その「こころ」が、各方面の都合によって「認められたり認められなかったり」
更には自国の報道にまで踏みにじられてきた苦しさを何とお考えなのだろうか。

私は忘れない。
TV各局が、長い間、番組の中でありとあらゆる手を使って「浅田落としキャンペーン」を張り巡らしたことを。
今もまた同じ手で足を引っ張ろうとしているのがメディアではないか。

最後のソチのフリーでの演技に「パーフェクト」と言いながら、そこに下された点数の残酷さには触れずじまいだった。

みどり神の時には「アジア人の壁」があった。
けれど浅田にはもっと不可解な壁が立ちはだかっていたではないか。

そこから目をそらして、何が「戦略」か?

権力におもねることが「戦略」ならば、浅田がそんな道を選ぶことをファンが皆喜ぶのかしら?

あれだけの魑魅魍魎に取り囲まれてもなお、「その世界を楽しみにやってくる」選手だから愛される。

アラカーはこの番組では明らかに負けた人として私の目には映った。

彼女自身の顔が、言葉がそう語っていた。

スケートを本当に好きな人にはかなわないということを。

浅田真央の真っ直ぐな瞳。
みどり神のスカッとした笑顔。

五輪の金メダルはすばらしいものだろうが、競技人生において幸せなのは誰か。

THE ICEを直にご覧になられた方々はよくご存じだろう。

fc2blog_201402212345170f4.jpg


追記

アラカーが認めている。
3Aを跳べるのは、特別な能力のある人だけだと思っていたと。

あらら、次のヒラマサでは3Aも4回転も、女子で当たり前の時代になるって言ったのは、どのジュニアのコーチだったかしら。

そうそう、アラカーは、ワタナベエミが「真央は跳んだことない」って言ったらしいトリプルトリプルも、浅田は武器として持っていたとハッキリ言ったわよ。

マスゴミがどんだけ嘘ばっかり垂れ流してるか、よーくわかるように、
「解説」してくれてどもありがと!



Comment:8  Trackback:0
2015
08.02

The Brain-is wider than the Sky-

Category:
昨日は暑すぎて家の中にいる気がせず。

仕事絡みで出かけなければならない用もあり
オットとご飯でも食べて外で涼んでこようかと
朝から家を出た。


店はどこも涼しく、目にも楽しく、何より歩くので運動になる。

お昼を済ませたら適当なところでオットと別れ、
仕事を済ませ、
自由な時間をゲット。

本屋に行く。

先月は小さな「こだわりの本屋」でずいぶん楽しんだが
昨日はデカい本屋に腰を据えた。

どうも足が痛いなあと思ったら、3時間たっていた。
こんなこと、小さな本屋ではできない。

夢中になっていたのは
「ターシャ・テューダー」コーナー。

花に関する諸々の諸雑誌と洋書絵本のコーナーの間に
うまいことターシャのコーナーが収まっていた。

クリスマスから新年にかけて、カレンダーとしても人気が高いターシャの庭だが、
彼女の画集でコーナーを作った本屋はえらい。

棚の上部からあたるライトは暖かい色。

私が時間を忘れてうっとりしていたのは
「ターシャ・テューダー」×「エミリー・ディキンソン」の本。


「まぶしい庭へ」
エミリー・ディキンスン (著), ターシャ・テューダー (イラスト)


「BOOK」データベースによれば

 “アメリカ文学史上の奇跡”と讃えられるディキンスン。生涯、自然を友とし、描いてきたターシャ。ふたつの才能が出会い、世界の見えない扉が開いていく…22編の詩を収めた詩画集。



エミリー・ディキンスンについてはこちらにも書いた。

ターシャは他にも様々な詩に自ら挿絵を付けた本を何冊も出している。
その中でもエミリー・ディキンソンは多く扱われている詩人。


「心に風が吹き、かかとに炎が燃えている」
ターシャ・テューダー 編・絵(メディアファクトリー)




「ローズマリーは思い出の花」
ターシャ・テューダー 著(メディアファクトリー)


エミリーの詩は難解なものが多いと言われているが
原語を読む限り、難解なのではなく、彼女はそのようにしか書けなかった、という方が近いのではないか、と思う。
今ならば何とでも名前がつけられるであろう、彼女の特性が色濃く表れている言葉の繋ぎ。

「The Woman in White」と呼ばれた彼女の、内へ内へと向かう果てない宇宙。
エミリーが住んだ彼女の両親の家も、ターシャの庭同様に、花で一杯だったそうだ。

生前、地方紙に掲載された彼女の詩はどれも
「出してもいい」とようやく判断された「指の数だけ」のみ。

彼女の死後、残された膨大な詩を出版しようと奔走したのは妹だった。

youtubeに彼女の生涯をつづった動画がある。
https://youtu.be/qiHWnwUwACs?t=312

そしてこちらはエミリーの"The Brain is wider than the Sky"~頭の中は空より広い~についての考察である。
http://engl1022websiteproject.wikispaces.com/THE+BRAIN+IS+WIDER+THAN+THE+SKY


The Brain -- is wider than the Sky

The Brain -- is wider than the Sky
For -- put them side by side
The one the other will contain
With ease -- and You -- beside

The Brain is deeper than the Sea
For -- hold them -- Blue to Blue
The one the other will absorb
As Sponges -- Buckets -- do

The Brain is just the weight of God
For -- Heft them -- Pound for Pound
And they will differ -- if they do
As Syllable from Sound


私なりの勝手な解釈では
こんな感じなのだろうか。

頭の中は空より広い。
世界がいかに広くても、脳は全てを透徹する。
頭の中は海より深い。
スポンジが水を吸い込むように、脳は全てを吸い込むだろう。
頭の中は神と同じ程の尊さ。
その二つに違いがあれば、音と音節ほどのもの。

カルバン派(プロテスタントの一派)であった両親の影響を受けたためか
エミリーの詩には宗教的なものも多いという。

・・・。

せっかく遠いところに頭の中はぶっ飛んでいたのに

日曜の昼、「今日の昼飯、何?」と
現実に引き戻される。

Comment:0  Trackback:0
2015
08.01

うさぎ跳び

昔々、
神社までの長い階段を
うさぎ跳びで跳んで上るという練習に耐え
甲子園だか何だか、様々なスポーツの頂点に立ったりする
ど根性マンガがございました。

ついでにその頃、試合中も練習中も、水飲むことだって禁じられておりましたわ。

昔の話かと思ってたら、とんでもございません。

いまだそんなメンタルを引きずって、
「んじゃお前もやってみろよ!」
叫びたくなるよなことを
ぬかす奴らもいるのでございます。

この酷暑に。

軽井沢で選手を疲弊させ、集客の多い試合で酷使し、
とりあえず中国杯には「ドクター連れてってやるわよっ」の恩着せがましさで
全試合全選手のためなんかじゃありゃしない
宣伝するだけの「帯同」。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150729-00000030-tospoweb-spo


フィギュア軽井沢合宿 環境はビミョー!?
東スポWeb 7月29日(水)16時10分配信

 軽井沢合宿の効果は…。フィギュアスケートの全日本シニア強化合宿(長野・軽井沢町)が28日に公開され、小塚崇彦(26=トヨタ自動車)、宮原知子(17=大阪・関大高)らが取材に応じた。

 個人競技のフィギュアだが、今回の合宿の目的はチーム力の強化。

日本スケート連盟の小林芳子フィギュア強化部長(59)

「五輪では男女とも表彰台を狙える選手を3人揃えたい。そうすることで、日の丸の重圧を一人ではなく、3人で背負えれば」
とその狙いを説明した。
軽井沢を選んだのも、より合宿ムードを高めるため。

昨年までの中京大では日常的に使用している選手もいて、普段の練習の延長でしかなかった。

 一方で、選手には決して好評ではない様子。

男子のホープ、宇野昌磨(17=愛知・中京大中京高)は


ホテルの部屋にクーラーがないんですよ。中京大のほうが良かったかな?」。
日本を代表する避暑地とはいっても、日によっては寝苦しい夜を過ごしているようだ。

 一流アスリートの練習環境としてふさわしいのか、やや疑問は残るが、
小林強化部長は「合宿らしくていいじゃないですか」と一蹴。

別の連盟関係者も
「アイスショーで一流ホテルに泊まったりしているから、そう思うんでしょう。


五輪の選手村がそんなに恵まれているとは限りませんよ」と話した。

 まさか、クーラーがないことが原因ではないだろうが、この日は村上佳菜子(20=中京大)が微熱を理由に午後の練習を中止。参加選手でただ一人、メディア対応も欠席した。

スケジュールの都合で合宿に参加していない羽生結弦(20=ANA)、浅田真央(24=中京大)の2人が正解だったなんてことにならなければいいが



東スポさん、普通に書いてるつもりが、とんでもなくイヤミな記事に落としてきました。


「アイスショーで一流ホテルに泊まったりしているから、そう思うんでしょう。
五輪の選手村がそんなに恵まれているとは限りませんよ」


五輪の選手村で宴会酒盛りの関係者は恵まれまくっておられたようでしたが。

自分たちスケ連幹部は涼しいところから文句垂れるだけ。


「アイスショーで一流ホテルに泊まったりしている」


プロや世界の有名選手を招待したアイスショーで、選手が同じホテルに泊まったらそれが贅沢だとでも?

何様でいらっしゃいますか。

アンテナが反応した部分だけ大文字と色付けしようと思ったら、なんだかほとんどデカく、太く、色付きになってしまったという・・・。

要するに、人気選手は思いのままに動かしたい。
お金は儲けたい。
だけど、
子飼いの選手達でいい目にあえるのは、お気に入りの限られた子たちだけなの。
ほほほほほほほほほほほ・・・・・・・・・。
THE ICEがどんなに人気があったって、こっちは選手集めて合宿してやるわ。
どうよ、スケ連って、すげー権力持ってるから。


新潮の記事といい、わたくし、むかっ腹が立っております。

書かれた記事、やられた分だけ応援してお返しするわよ。

竜崎麗華ことお蝶夫人のセリフをお借りいたします。

勝とうとすることなどなくてよ。
あなたのプレイをすればよろしいのよ。
「この一球」常にそれだけでよろしいのよ。



ochoufuzin.jpg
画像、お借りいたします。



Comment:2  Trackback:0
back-to-top