FC2ブログ
2015
08.18

迷ったら、やる。

Category: 浅田真央
浅田真央、決めポーズを提案!「ECCジュニア開設者募集・輝き篇」CMオンエア
記事はこちら ➡http://cyclestyle.net/article/2015/08/18/26571.html

凛として、しなやかで。

どんどん彼女の強さが前面に現れだした気がする。

このCMメイキングも、素敵でした。

ただ綺麗とか、カワイイとか、そんな言葉では括れない。

彼女の氷上の動き一つ一つが、饒舌で説得力がある。

動画はこちらから
➡http://news.nifty.com/cs/entame/showbizddetail/jijimovie-20150818-227428/1.htm



身の回りの全ての「やんなきゃならないこと」をとりあえず放り出して、
JO、見に行くことにしました。


 「迷ったら、やる。それが私のルール」

104404.jpg


ほほほ、言ってみたかったざます。
Comment:2  Trackback:0
2015
08.08

JO、トゥクタミさんもin

http://www.tv-tokyo.co.jp/japanopen2015/skater.html

Japan Open 10周年なんですね。

で、このキラキラ✨☆彡なメンバー、すごい顔ぶれになってきました。
あと日本男子2名って・・・・・・・。
誰?


JO2015.png


それにしても、どんだけ豪華やねん。

しかもこの日の夜はCOIで同じたまアリで夜も公演。


真央さと、雨女2にソト子にトゥクタミちゃんにパトリックに、アボジュベですか・・・。
しかもメリチャリ・・・・・。

きゃーっ!




Comment:2  Trackback:0
2015
08.02

The Brain-is wider than the Sky-

Category:
昨日は暑すぎて家の中にいる気がせず。

仕事絡みで出かけなければならない用もあり
オットとご飯でも食べて外で涼んでこようかと
朝から家を出た。


店はどこも涼しく、目にも楽しく、何より歩くので運動になる。

お昼を済ませたら適当なところでオットと別れ、
仕事を済ませ、
自由な時間をゲット。

本屋に行く。

先月は小さな「こだわりの本屋」でずいぶん楽しんだが
昨日はデカい本屋に腰を据えた。

どうも足が痛いなあと思ったら、3時間たっていた。
こんなこと、小さな本屋ではできない。

夢中になっていたのは
「ターシャ・テューダー」コーナー。

花に関する諸々の諸雑誌と洋書絵本のコーナーの間に
うまいことターシャのコーナーが収まっていた。

クリスマスから新年にかけて、カレンダーとしても人気が高いターシャの庭だが、
彼女の画集でコーナーを作った本屋はえらい。

棚の上部からあたるライトは暖かい色。

私が時間を忘れてうっとりしていたのは
「ターシャ・テューダー」×「エミリー・ディキンソン」の本。


「まぶしい庭へ」
エミリー・ディキンスン (著), ターシャ・テューダー (イラスト)


「BOOK」データベースによれば

 “アメリカ文学史上の奇跡”と讃えられるディキンスン。生涯、自然を友とし、描いてきたターシャ。ふたつの才能が出会い、世界の見えない扉が開いていく…22編の詩を収めた詩画集。



エミリー・ディキンスンについてはこちらにも書いた。

ターシャは他にも様々な詩に自ら挿絵を付けた本を何冊も出している。
その中でもエミリー・ディキンソンは多く扱われている詩人。


「心に風が吹き、かかとに炎が燃えている」
ターシャ・テューダー 編・絵(メディアファクトリー)




「ローズマリーは思い出の花」
ターシャ・テューダー 著(メディアファクトリー)


エミリーの詩は難解なものが多いと言われているが
原語を読む限り、難解なのではなく、彼女はそのようにしか書けなかった、という方が近いのではないか、と思う。
今ならば何とでも名前がつけられるであろう、彼女の特性が色濃く表れている言葉の繋ぎ。

「The Woman in White」と呼ばれた彼女の、内へ内へと向かう果てない宇宙。
エミリーが住んだ彼女の両親の家も、ターシャの庭同様に、花で一杯だったそうだ。

生前、地方紙に掲載された彼女の詩はどれも
「出してもいい」とようやく判断された「指の数だけ」のみ。

彼女の死後、残された膨大な詩を出版しようと奔走したのは妹だった。

youtubeに彼女の生涯をつづった動画がある。
https://youtu.be/qiHWnwUwACs?t=312

そしてこちらはエミリーの"The Brain is wider than the Sky"~頭の中は空より広い~についての考察である。
http://engl1022websiteproject.wikispaces.com/THE+BRAIN+IS+WIDER+THAN+THE+SKY


The Brain -- is wider than the Sky

The Brain -- is wider than the Sky
For -- put them side by side
The one the other will contain
With ease -- and You -- beside

The Brain is deeper than the Sea
For -- hold them -- Blue to Blue
The one the other will absorb
As Sponges -- Buckets -- do

The Brain is just the weight of God
For -- Heft them -- Pound for Pound
And they will differ -- if they do
As Syllable from Sound


私なりの勝手な解釈では
こんな感じなのだろうか。

頭の中は空より広い。
世界がいかに広くても、脳は全てを透徹する。
頭の中は海より深い。
スポンジが水を吸い込むように、脳は全てを吸い込むだろう。
頭の中は神と同じ程の尊さ。
その二つに違いがあれば、音と音節ほどのもの。

カルバン派(プロテスタントの一派)であった両親の影響を受けたためか
エミリーの詩には宗教的なものも多いという。

・・・。

せっかく遠いところに頭の中はぶっ飛んでいたのに

日曜の昼、「今日の昼飯、何?」と
現実に引き戻される。

Comment:0  Trackback:0
2015
08.01

うさぎ跳び

昔々、
神社までの長い階段を
うさぎ跳びで跳んで上るという練習に耐え
甲子園だか何だか、様々なスポーツの頂点に立ったりする
ど根性マンガがございました。

ついでにその頃、試合中も練習中も、水飲むことだって禁じられておりましたわ。

昔の話かと思ってたら、とんでもございません。

いまだそんなメンタルを引きずって、
「んじゃお前もやってみろよ!」
叫びたくなるよなことを
ぬかす奴らもいるのでございます。

この酷暑に。

軽井沢で選手を疲弊させ、集客の多い試合で酷使し、
とりあえず中国杯には「ドクター連れてってやるわよっ」の恩着せがましさで
全試合全選手のためなんかじゃありゃしない
宣伝するだけの「帯同」。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150729-00000030-tospoweb-spo


フィギュア軽井沢合宿 環境はビミョー!?
東スポWeb 7月29日(水)16時10分配信

 軽井沢合宿の効果は…。フィギュアスケートの全日本シニア強化合宿(長野・軽井沢町)が28日に公開され、小塚崇彦(26=トヨタ自動車)、宮原知子(17=大阪・関大高)らが取材に応じた。

 個人競技のフィギュアだが、今回の合宿の目的はチーム力の強化。

日本スケート連盟の小林芳子フィギュア強化部長(59)

「五輪では男女とも表彰台を狙える選手を3人揃えたい。そうすることで、日の丸の重圧を一人ではなく、3人で背負えれば」
とその狙いを説明した。
軽井沢を選んだのも、より合宿ムードを高めるため。

昨年までの中京大では日常的に使用している選手もいて、普段の練習の延長でしかなかった。

 一方で、選手には決して好評ではない様子。

男子のホープ、宇野昌磨(17=愛知・中京大中京高)は


ホテルの部屋にクーラーがないんですよ。中京大のほうが良かったかな?」。
日本を代表する避暑地とはいっても、日によっては寝苦しい夜を過ごしているようだ。

 一流アスリートの練習環境としてふさわしいのか、やや疑問は残るが、
小林強化部長は「合宿らしくていいじゃないですか」と一蹴。

別の連盟関係者も
「アイスショーで一流ホテルに泊まったりしているから、そう思うんでしょう。


五輪の選手村がそんなに恵まれているとは限りませんよ」と話した。

 まさか、クーラーがないことが原因ではないだろうが、この日は村上佳菜子(20=中京大)が微熱を理由に午後の練習を中止。参加選手でただ一人、メディア対応も欠席した。

スケジュールの都合で合宿に参加していない羽生結弦(20=ANA)、浅田真央(24=中京大)の2人が正解だったなんてことにならなければいいが



東スポさん、普通に書いてるつもりが、とんでもなくイヤミな記事に落としてきました。


「アイスショーで一流ホテルに泊まったりしているから、そう思うんでしょう。
五輪の選手村がそんなに恵まれているとは限りませんよ」


五輪の選手村で宴会酒盛りの関係者は恵まれまくっておられたようでしたが。

自分たちスケ連幹部は涼しいところから文句垂れるだけ。


「アイスショーで一流ホテルに泊まったりしている」


プロや世界の有名選手を招待したアイスショーで、選手が同じホテルに泊まったらそれが贅沢だとでも?

何様でいらっしゃいますか。

アンテナが反応した部分だけ大文字と色付けしようと思ったら、なんだかほとんどデカく、太く、色付きになってしまったという・・・。

要するに、人気選手は思いのままに動かしたい。
お金は儲けたい。
だけど、
子飼いの選手達でいい目にあえるのは、お気に入りの限られた子たちだけなの。
ほほほほほほほほほほほ・・・・・・・・・。
THE ICEがどんなに人気があったって、こっちは選手集めて合宿してやるわ。
どうよ、スケ連って、すげー権力持ってるから。


新潮の記事といい、わたくし、むかっ腹が立っております。

書かれた記事、やられた分だけ応援してお返しするわよ。

竜崎麗華ことお蝶夫人のセリフをお借りいたします。

勝とうとすることなどなくてよ。
あなたのプレイをすればよろしいのよ。
「この一球」常にそれだけでよろしいのよ。



ochoufuzin.jpg
画像、お借りいたします。



Comment:2  Trackback:0
back-to-top