2015
06.30

ことだまの本

Category:
ゴルゴ松本氏の本を人に勧められ、読んだ。



 「あっ! 命の授業 」  ゴルゴ松本 (著)


ゴルゴ松本さんが、この著書に記した言葉の数々。
軽く読めるが、読み取り方は人それぞれ。

「3年ほど前からボランティアで少年院を回り、少年たちに独自の漢字を使った授業をしていた著者」とAmazonにはある。


「いいこと書いてあるんだよねー」と、この本を一押ししたのは上司である。

漢字を読み解く手法、ちょっと金八入ってますか?と思いつつ読んだ。

最近は世の中も色々なので、読む本には気を付けている。
特に流行りものには。

用心深く読み進めると、
「言霊」という文字が何度も目に入ってくる。

「ことだま」。
この言葉は好きだ。

漢字を解いてゆくと、道理にかなう仕組みが見える。

これまでもそんな本はたくさんあったと思う。

私には、言の葉についての話は、正直どうでもよかった。

それよりも
ゴルゴ松本さんは、これまでどれほど多くの本を読み、
色々なことを考えてきたのだろうと、想像せずにはいられなかった。

手書きのメモ(?)が本文中に織り込まれ、
鉛筆書きだろうか、いじらしいような文字で、
思いついたことを書いているのだが
それがいいとこついている。

あのギャグになった「命」は、ある日「天から降りてきた」そうだ。
彼の身体にふと降りてきた何かだったらしい。

彼の「言の葉解説」に
こじつけだと思う人はいるかもしれないが、
私には素直さの方が感じられた。


この本に登場する
「オードリーヘプバーン」、「アルトゥール・ショーペンハウエル」、「ボブ・マーリー」「アンドリュー・カーネギー」「ロダン」
職業は
「女優」、「哲学者」、「ミュージシャン」、「実業家」「彫刻家」。

ゴルゴさんが紹介した人物のどの言葉も、あまり理屈っぽくない。

言葉と言霊(ことだま)をわかりやすく紹介しているのが良いのだろうが。

大真面目に自分に降りてきた天の啓示ともいうべき「命」を、
大切に育てている彼の魂の方がとても興味深く、
尊いもののように、私には思えた。






Comment:0  Trackback:0
2015
06.30

ジャズとオペラ

Category: 浅田真央
動画を追加しました。



浅田真央が来季プログラムの楽曲発表 フリーは荒川静香も採用した「蝶々夫人」
デイリースポーツ 6月29日(月)21時27分配信



 フィギュアスケートの元世界女王で、1年間の休養から復帰する浅田真央(24)=中京大=がパーソナリティーを務めるラジオ番組「浅田真央のにっぽんスマイル」(TBSラジオ)が29日、最終回を迎えた。この日は生放送で来季のプログラムで用いる楽曲を発表した。

 ショートプログラムはジャズの名曲「素敵なあなた」、フリーはオペラの「蝶々夫人」
今月に入りカナダで、振り付け師のローリー・ニコル氏とともに10日間で作り上げたという。

 「蝶々夫人」については 「アジア人として滑ってみたいなと思っていた曲なので、大好きなプログラム。是非、楽しみにしてほしいなと思います」と語った。



嬉しすぎて、楽しみ過ぎて、言葉にならない。

浅田真央のジャズとオペラ!!!!!









一言いえば、デイリーさん、荒川持ち上げるどんな理由があるの?
Comment:0  Trackback:0
2015
06.26

ジャパン・オープンに新プロで!

Category: 浅田真央
浅田選手、10月のジャパンオープンから出場とのこと。



浅田真央&宮原知子、新旧女王で世界の強豪迎え撃つ
日刊スポーツ 6月25日(木)18時0分配信

maosato.png

 フィギュアスケートのジャパン・オープン(10月3日、さいたまスーパーアリーナ)の主催者は25日に出場選手の一部を発表し、日本の女子シングルは元世界女王で現役続行を決めた浅田真央(24=中京大)と、昨年の全日本選手権を制した宮原知子(17=大阪・関大高)の出場が決まった。

 浅田は3度目の優勝を飾った昨年3月末の世界選手権以来、約1年半ぶりの実戦で、舞台もその時と同じさいたまスーパーアリーナとなる。宮原とは新旧日本女王の関係。2人で協力して、世界の強豪を迎え撃つことになる。

 また、ジャパン・オープンの出場により、世界選手権(来年3~4月、米国)代表最終選考会を兼ねる全日本選手権(12月、札幌)の予選2大会を免除されることも決定。11月のグランプリ(GP)シリーズ第3戦、中国杯(北京)にもエントリーしており、国際連盟公認大会の派遣期間が各予選の前後1週間に重なる場合は、日本連盟の規定で免除となる。

 ジャパン・オープンは日本、欧州、北米による男女シングル2名ずつの団体対抗戦で、フリーのみで争う。欧州代表として、世界王者のハビエル・フェルナンデス(スペイン)も出場する。日本男子の出場選手は未定。





ローリーさん振付のフリーを初お披露目ということになるのだろう。
チケット争奪戦になるんだろうな。

現役時代の浅田選手を見続けてこられたことには感謝だが、何しろ会場へ行く時間がない。
今、老後だったらいいのになあ、とぼやきたくなる。

さあ、この日の夕食を、何でお祝いしましょうか。
Comment:0  Trackback:0
2015
06.25

私が熊にキレた理由(わけ)

スカーレット・ヨハンソンは好きな女優だ。

彼女が出た映画で私が見たものはどれもハズレがなかったこともある。

今朝も彼女の映画をテレビで見たばかり。

ネタバレが含まれますので、ご覧になられておられない方はスルーしてくださいませ。

「私がクマにキレた理由(わけ)」。
328b2c0c26a82841038282be572441f1.jpg

ナニー役だったスカーレット・ヨハンソンはハマり役だった。
雇い主のミセスXがナニーの部屋に仕掛けたナニーカメラはテディベアの中に。
映画のラスト前、ビデオテープに残した彼女の言葉は辛辣だったがミセスXの心に訴えた。

さて、拙ブログにお越しの皆様にはおなじみのもう一匹のクマ

『マレー熊』に

スカーレット・ヨハンソンばりに訴えたとしても。
果たしてジャッジXの心に届くのか。

そんなわけはないだろう。

ルールに詳しいブログ様が今回の改悪についても分析してくださっている。

ISUが何をどう言い訳しようとも、
自分たちに都合のよい運営をするための隠れ蓑を
「素人は黙ってらっしゃい!」とばかりに
突きつけた。

素人はおとなしくルールのことなど考えずにチケット代だけ払ってくれりゃ、それでいいそうだ。

私も映画のナニーのようにクマに向かってキレてみたい。

「選手たちの目の前でドアをバタンと閉めるのはやめて!」

「選手たちはあなたたちの宝。
ただスケートが好きなだけなの。
滑りたいだけなの。
その気持ちを、受け止めてあげて!」


こういうこと書くのは「いんぼーろんしゃ」だそうですが。

都市伝説と言われた「ナニーカメラ」だって実在したのである。

ルールという名の「勝たせたい選手を勝たせるシステム」も、伝説じゃないと思いますけどね。



Comment:2  Trackback:0
2015
06.22

足は真っ直ぐね

Category: 映画の話
「ステップアップ4 レボリューション」を見ていた。

ストリート系、というのか、このあたりのダンスは好んで見ないのだが、
この映画の女優さんのダンスにはくぎ付け。
素晴らしかった。

足が素晴らしい。
新体操のような、足の使い方。

裸足で踊ります。





ステップ・アップ4:レボリューション
STEP UP REVOLUTION


全世界で大ヒットの最強ダンス映画シリーズ第4弾。故郷の街を再開発計画から守るため、ダンス・パフォーマンスを企画する若者たちの姿を描く。

ストーリー
最先端の“フラッシュモブ”を得意とするマイアミのダンス・パフォーマンス集団“ザ・モブ”。リーダーのショーンはプロのダンサーを目指すエミリーと出会い、惹かれ合う。だが彼女の父で実業家のアンダーソンは、ショーンらの故郷、湾岸スラム地区で一方的な再開発計画を進めていて・・・。


監督
スコット・スピアー
出演
ライアン・ガスマン
キャサリン・マコーミック




パフォーマンス、身体表現として、外しているところはひとつもない。
メリチャリがいかに素晴らしいか、こういったダンスを見ていると共通するものを感じる。
この類の映画を見ている人たちって、フィギュアスケートなんか見ないのかしら?

もしこんなダンスを踊れる人で、オリンピックだけでもいい、フィギュアを見ている人がいたとしたら、
それでも茶番の金、措置の銀メダリストの表現が素晴らしかったと思うのかしら?


不思議。
Comment:0  Trackback:0
2015
06.21

ハーレムパンツ

Category: TV番組
このところ、ダウントン・アビー(Downton Abbey)にハマっている。

以下はネタバレも含みますので、ご覧になっておられない方はスルーでお願いいたします。

Downton_publicity_landscape20final_20no20text-thumb-700x558-204.jpg



登場人物の鮮やかさ、風景、屋敷、衣装の美しさ。
タイタニック号沈没のニュースで始まる20世紀初頭の世相を盛り込んだストーリー展開。
どれをとっても面白くないわけがない。

私が見ていて一番気持ちが良いと感じるのは、当主グランサム伯爵をはじめ、「心ある人間」が各所に必ずいるところ。
巨大な渦を巻く人間模様と次々に起こる事件、その波紋に疲れることがないのは「良心」という救いがあるからだ。

見ているこちらは、そんなに旨いこといくものかと思いつつ、勧善懲悪を望んでいることにいつの間にか気が付く。
視聴者の希望を叶えることもあれば思い切り裏切ることもある。
そうして壮大なツンデレの世界へと誘い込まれてしまうわけだ。

群像劇なので、誰か一人に共感を覚えるということは難しい。

downton2.png
グランサム伯爵夫妻


fc2blog_20150621020917e42.jpg
夫妻の3人娘

強く、魅力的だが複雑な内面を持つ長女。
姉の影のような自分への劣等感と戦う次女。
女性解放を胸に秘め、新しい時代を切り開こうとする三女。

『「若草物語」のように仲の良い姉妹になるかと思ったら・・・。』と伯爵夫人が嘆くシーンもあった。

何故「若草物語」?と思ったら、伯爵夫人はアメリカの大富豪の娘だった。
で、伯爵夫人コーラのお母様役は、なんとシャーリー・マクレーン。

ハリー・ポッターシリーズではマクゴガナル先生を演じたマギー・スミス演じるグランサム伯爵の母との、丁々発止の戦いが見もの。

downton.png
伯爵夫人と娘たち

さて、私がシーズン1で目を見張ったのが三女シビルの仕立てた新しいこのドレス。

ダウントン・アビーのドラマ中のこのシーン。
ニジンスキーもバレエ衣装にしたハーレムパンツが女性用にデザインされ、「女性参政権運動」に傾倒していた伯爵令嬢が自分らしいドレスをと、このデザインで作らせた。
それを初めてお披露目する、写真はそういう光景なのである。

sybil pants

lady-sybil.jpg
使用人も家族も茫然。

伏線として、三女シビルがドレスを作っている話が数回家族の話題に出ている。
シビルはコルセットを「苦しいから緩めて」、とメイドに頼む。
コルセットからの解放。
ココ・シャネルの時代へと向かう萌芽。
そして皆が食事会に出かけようと待っているところへこの斬新なパンツスタイルで現れる。

どなたかの衣装を思い出しませんか?
mao6_2.jpg



ラルフ・ローレンマガジンサイトより
http://www.ralphlauren.co.jp/rl-magazine/downton-style

こちらにダウントン・アビーのコスチュームデザイナー「スザンナ・バクストン」さんのインタビューが一部掲載されている。


「優れた服が最高の仕事をするのは、ファッションに驚く瞬間-例えばシビル婦人がポアレに触発されたターコイズ色のハーレムパンツ姿でディナーに現れた時-です。着る人の性質について本質的真理を明らかにするのです」



確かに服はその人を表す。
時に、本質を。


Lady-Sybil-in-Paul-Poirets-Harem-pants-vintage-300x241.jpg

Downton Abbey Fashion – Lady Sybil – Paul Poiret and those Harem Pants
http://glamourdaze.com/2012/10/downton-abbey-fashion-lady-sybil-paul-poiret-and-those-harem-pants.html
こちらから超意訳。


「ポール・ポワレのハーレムパンツ」と呼ばれるこの衣装が、一躍有名になったのは1911年。
バレエ・リュスの「シェヘラザード」からインスピレーションを得たことは否定されていない。
ポワレの才能はこれを婦人用のパーティードレスとして採用することを良しとしたが、偶然にもそれは20世紀の「女性政党」(女性の自立)にふさわしいドレスを生み出すこととなった。



Ballet-Russes-leon-bakst-216x300.jpg
Poiret-harem-pants-1911-136x300.jpg
http://glamourdaze.com/2012/10/downton-abbey-fashion-lady-sybil-paul-poiret-and-those-harem-pants.html
写真は上記サイトからお借りしました。

54.jpg
真央シェヘラのパンツ衣装、人気もあったが、歴史もあったわけで。

点と点がつながると本当に面白い。


シビルの新しいドレス、やはり元はシェヘラザードからヒントを得たものだったよう。

女性参政権集会に参加したり、自ら政治活動家を称する運転手と駆け落ちしたりと当時の先端を行くシビルは、子供を産むと同時に命を落とすが、これは自らの女優生命を考えたシビル役のジェシカ・ブラウン・フィンドレイの希望による降板のためだそうだ。

シビル役のジェシカ、とても素敵な女優さんなので、これからもテレビや映画に引っ張りだこかもしれない。


Comment:5  Trackback:0
2015
06.16

私の妙薬

ISUホームページから

GPSのアサインの一部です。
http://www.isuresults.com/events/gp2015/gpsmen.htm
男子シングル

asaign.png

羽生選手はスケカナでパトリック・チャンと直接対決。
ここにブレジナ、リッポンとアメリカの若手ファリス選手も入って4回転、面白そうなのですが。

アボは全米からワールドを目指すとか・・・頑張って!。

小塚選手はフェルナンデスと同じ中国杯とロステレ杯。

NHK杯、羽生選手と浅田選手が出るということは、スケ連ホクホクですな。
ジェイソン・ブラウン選手も来る!

楽しみなのは、エリボン杯。
テン君、昌麿君、ダイス、Pチャン、コフトン君。

昌麿君はスケアメで無良選手と一緒。
なぜダイスではないのか不思議な感じですが。
未来ちゃんはNHK杯のみ、一試合のエントリー。

浅田選手は中国杯、NHK杯、そして願わくはファイナルからの全日本、と年内後半怒涛の連戦でしょうか。

初戦までの練習期間は何とか取れると思う。
その後がタイトですが。

ジジュンちゃん、ポゴ、ラジオも浅田選手と同じ中国杯。

知子ちゃんはスケアメとNHK杯。

アシュリー、ポゴ、レオノワもNHK杯に来る。

トゥクタミちゃん、リプ、GGがエリボン杯で重なる。

で、ソトニコワとプルはロステレに出るって本当かしら?


アサインと同じくして又もルール変更。

女子の3Aはいらんってことか。

回転不足と判定されたジャンプの基礎点をトリプルアクセル(3回転半)は0・1点下げて5・9点に変更
3Tと3Sの基礎点はアップ。


基礎点はともかく、どう運用してくるのか見もの。


何はともあれ、シーズン前のドキドキが戻ってきた。

浅田選手の初戦には、毎年赤飯炊いてきたのだ。
栗ごはんの年もあった。


なんだか、コラーゲン、的なプルプル感を気持に感じるのは何故?
昔なら若返りの妙薬、とか言うのでしょう。
ほほほ・・・。

Comment:2  Trackback:0
2015
06.15

動画主さま、ありがとうございます

Category: 浅田真央
私の休暇も明日まで。

おかげさまで、回復してまいりました。
手術は免れました。

覚悟していましたので、経過観察で済んでほっとしました。
思い切って休んで、本当に良かった。
友のありがたさが身に染みました。
本当にありがとう。

素敵な動画をアップしてくださる動画主様にも感謝です。

浅田さんが神社にお参りする姿、可愛くてあどけない。









今は好物のアイスもやめられて、スマートでゴールドの香りがプンプンの御方ですが、
私はこの方の演技が大好きでした。
彼女の長い手足に目を見張っておりました。
「日本人で、こんなに足が真っ直ぐでエレガントな滑りをする選手がいるんだ」
そう思っておりました。
この動画を見ると、今の彼女が・・・・・・・・・・・。
以下自粛。


Comment:2  Trackback:0
2015
06.14

早くて誰得

Category: 浅田真央
mao1011e29.jpg


いやあ、午前1時、2時に速報って・・・。

浅田選手が自分で決めたことなら勿論全力で応援いたします。

が・・・。
浅田真央、GPシリーズ参戦へ NHK杯へのエントリー有力
http://www.sponichi.co.jp/sports/news/2015/06/13/kiji/K20150613010539540.html
スポニチアネックス

フィギュアスケートの元世界女王で、1年間の休養を経て現役続行を表明した浅田真央(24=中京大)が10月下旬に開幕する15~16年シーズンのグランプリ(GP)シリーズにエントリーすることが13日、関係者の話で分かった。当初は不出場の方針だったが、状態を見て参戦可能と判断したとみられる。出場大会は国際スケート連盟(ISU)が15日にスイスのジュネーブで開く会議で決まる。

 1年の休養から復帰するシーズンに、いきなり浅田が世界トップクラスのスケーターと激突する。5月18日に現役続行を表明したが、「どの試合に出るかは決まっていない」とし、佐藤信夫コーチや関係者もGP不出場の方針を示していた。浅田は既にトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)や1回転ループ―3回転サルコーを含む3連続ジャンプに取り組んでいる。5月末には「技術が出来上がってきた実感がある」と話しており、こうした状態から出場可能と判断したとみられる。

 昨年までの規定では、「過去10年の世界選手権で6位以内の実績がある選手の復帰」に該当。GP出場のための最低点をクリアする必要はなく、上限の2大会出場が認められる可能性が高い。15日のISUの会議で各選手の出場大会が調整されるが、GP開催国の希望も反映されるため、浅田は2大会のうち1つは11月下旬のNHK杯(長野)へのエントリーが濃厚だ。


浅田はこれまでファイナルを含めてGP通算14勝。GPシリーズ上位6選手はファイナルに進出できるが、今季GP2試合とファイナルを全て勝てば、女子歴代最多17勝のスルツカヤ(ロシア)に並ぶ。

 今はカナダに滞在し、振付師のローリー・ニコル氏とともに新シーズンのプログラム作りを行っている。休養前と比べて作り始めた時期が遅く、関係者は過去のフリーの再演も示唆している。「1年間のブランクは、目に見えないところでじわじわと出てくるかもしれない」と指摘する関係者もいるが、GP開幕まで約4カ月の準備期間がある。浅田は「昨年の世界選手権のレベルに最低限持っていかないと、試合には復帰できない」と話していた。優勝した14年世界選手権は合計216・69点。勝負のリンクに戻る浅田が、200点超えを連発する。
.


[ 2015年6月14日 02:00 ]



「1年間のブランクは、目に見えないところでじわじわと出てくるかもしれない」と指摘する関係者

こと浅田選手のことになると、関係者の皆さんのお口の軽いこと、きっついこと。

「関係者」がどなたか存じませんけど、準備期間の短い浅田がGPSで残す成績次第では、「ほーらね」とか言うのかしら?

復帰する自国の名選手に暖かい言葉一つ、マスゴミに残せる「関係者」はいないのかしら。

「出るなら最初からバンバン出すわよー。」
「FIFAと同じで、人気コンテンツは儲かるのよー。」
「たんと稼いでねー。」


いっそのこと、ハッキリ言ってくれた方がまだまし。

しかも記事の〆はこれで決め、ですか。
「勝負のリンクに戻る浅田が、200点超えを連発する。」

予言者?


続きを読む
Comment:0  Trackback:0
2015
06.13

夢の途中

「GOLDEN  SKATE」のこちらのページ
http://www.goldenskate.com/2015/06/satoko-miyahara/

宮原選手の記事が載っていたので、他の記事と合わせて読んでいた。

しょーま君記事や、ラトビアのデニス君、勿論JBの記事等など。
シジュンちゃん記事も暖かいものだったわ。

そして知子ちゃんの記事はこちら。

Satoko Miyahara: ‘I Still Have A Long Way To Go’
By Wei Xiong
Photo © Danielle Earl
Satoko-Miyahara.jpg

中身は昨季の宮原選手の活躍、ワールドで銀メダルを獲った時のキスクラでの表情から国別対抗戦で見せたガッツポーズ、そして今後の課題について・・・特にジャンプについて書いてある・・・だけである。
目新しい話は特別なく、宇野君ともう一人、女子ジュニア選手の記事と共に、日本国内の記事とほとんど変わりはない。
それでも国別でのエピソード、コーチの名を律儀に3人書いてあるところ等、丁寧な記事はほっこりと楽しめた。

この記事を書いたライター自身の言葉はおそらく、この一文だけではなかったかしら。
ここだけは、ライターの「美しき誤解」だと私は思ったのだけれど。

In past 30 years, nearly all Japanese champions in the Ladies’ event eventually went on to win a world medal—and in most cases, the title. As a result, it’s not surprising that the Japanese media and skating community would set high expectations on the skater from Kyoto.



全日本後、日本のメディアもスケ連も、知子ちゃんがワールドで台乗りすることをそんなに期待してましたっけ?
このライターの書いている通り、これまでの女子全日本チャンピオンやメダリストの戦績を考えれば、
そう考えても不思議じゃないわよね。
どんなにロシア女子が強くても、宮原選手をはじめ、日本選手にはもっと期待というか、応援的な雰囲気があっても良かっただろうなあ、と思うわよ。
でも、国内ではその実、そんなこともなかった気がするのは私だけかしら?

ワールドの銀メダルを初めて獲った宮原選手を大きく取り上げたワイドショー、どの程度だったかしら。
国内の選手より時間をかけてマスゴミに取り上げられてた他国の選手も過去にはいたけれど、この違いは何かしらね。

文科省ですらこれでしょ。
「賛否両論!文科省がフィギュア女子の支援ランクをCに格下げ」
http://irorio.jp/gt1999/20150214/205229/
これが四大陸直前、今年の2月ですから。

GOLDEN SKATEの記事を書いた方にとっては別になんということもない一文だったかもしれないけれど。
外から見れば「普通なら、そう思うわな」
ということが、
日本に限ってそうではない。
そういうことではないのか。

選手の努力を支援するどころか、
期待するどころか、
叩きのめす採点すらするのが全日本という大会。

宮原選手の目標は「自信を持っていい演技をすること」。

選手一人一人に、どんな形でもいい、その「自信」をつけさせることは、スケ連の仕事と無関係ではないはず。

明らかな回転不足を見逃せとは言わない。
それでも国際大会より厳しい全日本のジャンプの判定に、何の意味があるのか。

男子の支援ランクはそのままで、女子だけCに格下げ。
これが浅田選手の復帰で今後変わることがあるのか、ないのか。
いずれにしても、スケ連が「国の支援」という通帳の残高が減ることに危機感を持ったとしても不思議ではない。

浅田選手は、こんな世界に帰って来る。
そして宮原選手も、他の選手達もこんな世界で必死の努力を続けている。

それでも「スケートが好き」と言う選手。
その心の強さを、好きにならずにはいられない。




Comment:0  Trackback:0
2015
06.10

おことばづかい

Category: TV番組
夕べ、TVの地上波チャンネルを操作中、うっかり蛆に合わせてしまった。

全日本以来オリ急以来、ではなかったか。

美しい「日本のプリンセス」のお姿に、なにやら、息子が反応した。

「オレのかこちゃん!」


我が家に生息する蒸し暑い若者は、久しぶりにまともな時間に夕食を終えたところだった。

「あのね、『様』つけなきゃ、だめでしょーが。いくらなんでも皇室の御方なんだよ。」

聞く耳持たない若者はうっとりと画面に見とれている。

「かわいいよ、オレのかこちゃん・・・」

三丁目の夕日以来、愛してやまなかった堀北真希が、この瞬間日本のプリンセスに敗北した。


番組には、俊彦ではない方の、田原さんというご老人が出演されていた。

「みちこさんがあ、かこさんがあ、きこさんがあ」

語尾は濁していたが、やんごとなき方々にさん付け。

やんごとなき方々への独特な敬語のケの字もついに聞こえては来なかった。

さすが蛆と呼ばれるだけのことはある。

毎年恒例のフィギュアスケート全日本、その他数々の蛆がやらかした蛮行により免疫があったのは幸いであった。

期待を裏切らない演出は、あっぱれ。

局アナは、それはかとなく「様」を聞こえるように発音してはいたが、よくわからないタレントや、山田じゃない方のクニコさんなどを賑やかしに連れてきて、やんごとなき方々をその辺の芸能人と変わらない扱いに。

サブリミナルのように「うそっこ蛆ちゃん」は「本当ではないこと」を写真で、言葉で差し込んで来る。


ご老人がどんなに「『キャリアウーマン』 から皇室へ」と、一席ぶっても「オレのかこちゃん」のインパクトには遠く及ばない。

予想通り、番組開始40分で、若者どころか、中年男子の興味もそがれてしまっていた。

私は一人、テレビの前に残された。

ご老人の不明瞭な「さん」付けの無礼にムカムカしながらも、最後まで時間配分の予想通りだったことには笑うしかなかった。


さて、相も変らぬ蛆番組を前に、
浅田選手の復帰と共に、全日本で塩が息を吹き返さぬよう、今から祈るのみである。


Comment:0  Trackback:0
2015
06.05

ホワイトヘヴンの方へ

ホワイトヘヴンは名探偵ポワロが住むマンション。

whitehaven2.png

本では便利の良いロンドンの中心地にあるような描写だったはずだが、TVシリーズのこちらは閑静な場所にあるらしい。


取りためているポワロの1時間シリーズを繰り返し見ながら、
TVシリーズにしかない謎を楽しんでいる。

こちらのお二人
原作よりTVシリーズで大活躍のヘイスティングス大尉とミス・レモン。
lemon.png


素敵な車を「4階の部屋」事件で犯人にスクラップにされ、
ポワロがポケットマネーで車代を出そうとしたり。
「イタリア貴族殺害事件」では購入済みで納車途中の車をぶち壊されている。
この時は銀行の支払いを停止するとは言っていたが。

外車を乗り回し、演劇を楽しみゴルフに興じる。
働いているとしたらポワロの助手として。
軍からの年金だけでは無理なはずなので、どう考えてもTV版ではポワロから報酬を貰っていなければあの生活はできないのでは。
だからポワロがヘイスティングスを紹介する時は必ず「パートナー」と言っていたのでは。
つまり報酬は折半かそれに近い状態にしていたのではと。
TV版では、ですが。
勝手に想像。

名士のご友人も多く、有名人に詳しいヘイスティングス。
原作では経済的には自立していたはずの彼が、TV版では破産したり投資に失敗したりと、波乱万丈の人生だ。
car1.png



秘書のミスレモンのヘアスタイル
前髪、どんな仕組みになっているのか不思議。

misslemon2.png


ミスレモンの衣装は、出番の多かったエンドハウスの事件の時が一番好きだった。

スーシェのポワロシリーズのファンで、レトロファッション系のブログがいくつかある。
ミスレモンが「働く女性のスタイルアイコン」だと書いていらっしゃる。
もちろんポワロのページもアリ。
写真を数点お借りいたしました。
Style Icon for the Working Woman – Miss Lemon
http://www.retrochick.co.uk/2011/03/16/style-icon-for-the-working-woman-miss-lemon/

お帽子が素敵ですわね。

Tumblr_lf6gk7bxwB1qgrla1o1_500.jpg

misslemon4.png

lemon1.jpg


今の独身女性と変わらず、流行りものに強く物知りだったり。
「負け犬」の催眠術。
「エンドハウスの怪事件」では降霊術(のふり)。
ヘイスティングスとコックリさんもしてたわね。
「スズメバチの巣」では昼休みにフィットネスクラブへ行くミスレモン。
一緒にいかが?と言われて怒るポワロさん。

fitness.png

「イギリス貴族殺害事件」では上と同じスーツでデートにお出かけミスレモン。
misslemon5.png


「ジョニー・ウェイバリー誘拐事件」の冒頭
ミスレモン独自のファイリングシステムは素晴らしく。
相互参照可能なデータファイルを作っている。

証人の名前
犯人の名前
被害者の職業
事件の種類(誘拐・薬物中毒・不倫・爆弾etc・・・)
5通りから調べられると言っているが、あの引き出しの数から言って、
そこから細分化された事件の種別は常人には理解不能かもしれない。
事件の種類まで、アルファベット順だったし。
あの数の引き出しに入っているのは大きさからいって事件のデータをカード状にしたものだろう。
資料そのものはラベルを付けて別に保管してあると思う。
相互参照可能、ということは、それだけの数と内容の事件データカードを作成したということだ。
コピー機が無かった時代、あのタイプで?
それとも、手書きで?
何気にすごい。

misslemon1.png



ポワロお得意の「秩序と方法」は、ミスレモンのためにあるような言葉。
同じクリスティの手によるパーカーパイン氏の元にいたミスレモンとは別キャラだと私は思っている。

絵画も色々。
シャガールも。
モダンアートも。
アールデコ
家具調度品
ポワロが競売でアンティークの鏡を買いに行ったり。

クラッシックなモノポリーとか
monopoly.png
これ、駒が小さな可愛い銀のブーツ。
ポワロさん、負けず嫌いなので、最後はちゃんとオチも用意されている。

PoirotがParrotを押し付けられる「ダヴェンハイム失踪事件」
Parrot.png
この事件の最後、ポワロ特製の鳥料理が振舞われる。
鳥にナイフが入れられるたびにオウムが鳴く。

ヘイスティングスがインド料理好きで、コメを食べることに感心しないポワロ。
ママンの味を再現したポワロのウサギ料理に、「ウサギらしい味がする」と無理やり感想をひねり出す、ヘイスティングス。

食事のシーンは多いが、こちらは完全に原作のイメージ勝ち、か?

ミス・レモンがジャップ警部がホワイトヘヴンに泊っていた時に作った料理は、女性らしく、いかにもヘルシー。
そのジャップ警部も自宅でポワロに「これが本物のイギリス料理ってもんだ」と得意げに料理をふるまう。
ポワロ、大ピンチである。

料理に関しては、火花散る攻防が続く。


素敵な場所(お城?美術館?)で最愛の女性とデート。
doubleclue.png

故郷ベルギーを舞台にした「チョコレートの箱」で一番好きなシーンから。
chocoletebox2.png
ポワロの警察官時代のお話。

初恋の女性(?)からプレゼントされたあの「花瓶のピン」

このピンの入っている美しい入れ物、グランドメトロポリタンの盗難事件の冒頭、寝込んだポワロの枕元にも置いてある。
ポワロ思い出の宝物。

chocolatebox.png

いつも付けていたこのピンですね。
お花は随時変わります。
紫色の花の時は本当に素敵でございました。
img_c101.jpg


原作とは関係ない小ネタに、製作者の腕のふるいどころがあるわけで。

そこがファンにも突っ込みどころで。



ポワロが「ちびガメ」とか
「ちび蛙」とか
ひっどい言われようなところを聞きたくて、吹き替え版を英語音声にして聞くとか。
翻訳ではいつも「ベルギーの小男」だったけれど、バリエーションが色々あったのね。

こちらに素晴らしいTV版ポワロシリーズ全70作品の解説などがございました。
http://www.agathachristie.com/poirot-tv/

ところで今回のタイトル、
ご存知の方なら「あれ?」でございましょう。

この本で、何度深夜の散歩に出たことか。

深夜の散歩―ミステリの愉しみ (ハヤカワ文庫JA) 文庫 – 1997/11
福永 武彦 ・丸谷 才一・中村 真一郎 (著)



Comment:0  Trackback:0
back-to-top