現在の閲覧者数: 2015年04月の記事 - 老嬢の鼻眼鏡

2015年04月の記事

ポワロ百景

AXNミステリには、色々ギモンもあるけれど、「名探偵ポワロ」最終シーズンに向けて、これまで日本で放送されなかったポワロ作品が次々登場したのは嬉しかった。今回連続放送されたのは1時間物のシリーズ。わずかな時間を継ぎはぎしながら、録画をようやく見終わった。何がすごいって、1時間のドラマなのに、景勝地、本物の古い屋敷を使ったロケは壮大。セットなのか本物なのか、建物の内装建具の質感の美しさ。重厚さ。何度も出...

青い春とはいうけれど・・・。

青春って、なに・・・?青い春と言うが、青いのはこっちの顔色である。青い時を送っているはずのものが、真っ黒に日焼けした、悩みのない顔つきをしているとはどういうことだ。我が家に生息している何とも言えない生き物は、新しい学校生活を意外なことに楽しんでいるようだ。生活すべてのバーベルのおもりがどっと増したわけなので、心身ともに大変な時期のはずである。確かに彼も人間なので、疲れ果てて1日の出来事を話しながら...

  • 2015.04.27

基本は、スケートが好きだから

先日、4月18日京都でラジオの公開収録を兼ねて行われた浅田真央と伊藤みどり様のトークライブが、ニュースに取り上げられていたようです。早速動画を上げておられた動画主さまがいらっしゃいました。本当にありがとうございます。一部だけれど、とても大切な部分をニュースにしてあることも、それを動画で見せていただけることも、感謝感謝、でございます。あんまり素晴らしかったので、一部、書き起こしをさせて頂きます。動画を...

エキシを見ながら・・・

昨日、国別のエキシビションの演出には驚きました。やろうと思えば、できるんじゃん。ただ、意図的にやらないことと、やることの差をビシバシつけてるだけで。驚いたわ。リーザの3Aを、『超大技!』って言ったのよ。森下アナ?そしてお約束の、3Aに関しては真央スルーに徹する放送席の皆さん。真央ポピンズとノーサツ大輔を流しただけでもまだマシだった、ということかしら。世界女王ミキティ―もスルーでしたけど。ワールド王者と...

嬉しい観戦感想

スポナビ+のブログの一つに、嬉しいことが書いてあったのでご紹介。15年04月19日【フィギュア】国別対抗戦、女子一番のMVP直リンクしていません。http://www.plus-blog.sportsnavi.com/sea3/article/31宮原選手の演技が生観戦した感想として、どれほど素晴らしいものだったか、書いてくださっています。現地で実際見て、女子のMVPは宮原知子選手だったと、筆者は感じられたと。素人というものは、特にテレビ観戦者は自分の目が確か...

JBのTwitter

ジェイソン・ブラウン選手のTwitterですが・・・。なんで日本語で書いてあるんだろう???そっか、ライブ放送なんかしやしないからわすれてたけど、会場は代々木。JBは大学で日本語も勉強してるんだった、と思いだした。彼のサービス精神は演技だけにとどまらないのね。昨日、「国別対抗戦」を堂々と「四大陸」とタイトルにしたお馬鹿な私。すみませんでした。反省と自戒をこめて、JBのTwitterから画像をお借りして、おわびいたし...

ファントム四大陸・・・ちがったっ!国別よっ!

シーズンをようやく締めくくる、四大陸選手権。※鍵コメさま、ありがとうございます!国別じゃん、国別!どんだけぼけっとしてんのよっわたしっ!ペア、アイスダンスも全部ではなくても放送したのは、よかったわ。リード姉弟、ムーン・リバーは素敵だった。若松さん、河合さんの解説もまとも。これでいいのよ。解説は。女子のSP、リーザが3Aで転倒しても、GGとの点差は転倒の-1の分だけ。後半の3T-3Tが効いていた。マダムの場合、3A...

魅力を語って余りある

知る人ぞ知る、大漫画家、槇村さとるさんのインタビュー。元々バレエがお好きだったというか、よくご覧になられていたようです。記事を書いた人は「ユニークな視点で」と書いていますが、ファンにはごく普通だと思うんですけど。記者の方が???でユニークな方なのかもね。http://sportiva.shueisha.co.jp/clm/othersports/2015/04/13/post_482/index.php漫画家・槇村さとる「髙橋大輔の『白鳥の湖』が忘れられない」女性漫画家の...

修造さんのフィギュア愛

2日前の記事ですが。 「羽生への取材はスリル」 松岡修造さんのフィギュア愛朝日新聞デジタル 2015年4月10日21時57分■伊藤みどりさんに書いた手紙 フィギュアスケート(のキャスター)って、僕に本当に向いている職業だと思っています。米国にいた時に、見ていて好きだったのがフィギュアでした。当時は米国がすごく強い時期。非常にエンターテインメント的で、選手の思いが表現できて、銀盤をたった1人で滑るスポーツ。僕の...

今日も1500ml弁当

先日、友人からプレゼントされた本今日も嫌がらせ弁当ttkk (著) 弁当界のナンシー関か?マツコをはじめ、似顔絵シリーズの激似っぷり。缶コーヒー「BOSS」をはじめ、ドリンク海苔巻シリーズの恐るべきハイクオリティ。チーズと海苔が、この方にかかると食用戯画と化す。圧巻は永谷園のお茶漬け!これが食べ物、しかも弁当箱に入っているだなんて、どんだけ?最初の弁当、「気を付けろ!赤ずきん!」の下のセリフ、「ママの口が大き...

トリツカレ男

先日、20代と50代の男性が2人、「この本、良かったですよね。」「ボク、この人の本大好きなんですよぉ。」女子トークばりに語っていたのをじっと聞いていた。「トリツカレ男?」トリツカレ男 (新潮文庫) いしい しんじ (著) 本の帯には、「佐藤健さん大推薦!『男の中の男』とは何かを主人公に教わった。」とある。ラブストーリー、だという。100%の。忙しい最中、読んでる場合ではなかったが、あっという間だった。童...

  • 2015.04.07

ヤマト先生、高速マバタキ

多分、日本であらゆる意味で最も男前のコーチ、ヤマト先生がブログを更新されておられました。世界フィギュアが終わりましたこちらには、宮原選手とのツーショット写真、ワールドでの思いなども書いてあり、感激もひとしおでございました。ヤマト先生も感無量、高速まばたきで涙をこらえていらしたのでございましょう。リンクサイドから表彰台に立つ彼女を見ていたらこの10年間、 特に悔しくて苦しかったここ2年間の事を思い出して...