現在の閲覧者数: 2015年03月の記事 - 老嬢の鼻眼鏡

2015年03月の記事

アスリート本

時々、フィギュアスケーターではないアスリートの本を読むこともある。今回読んだのはラグビー選手の本である。http://otomo-rug.jugem.jp/?eid=1354こちらに本の詳細がある。不動の魂~桜の15番 ラグビーと歩む五郎丸歩 著  大友信彦 編実業之日本社この本も、購入するとその売り上げの一部が東北にも寄付されるそうだ。ワールドカップ日本開催を控え、ラグビー界では稀有なスター選手が語った(書いた?)ラグビー人生。間...

  • 2015.03.30

センチメンタル男子FS

夕べの男子は、なんだか切なく、プロトコルももういいか、で寝てしまいました。 テンくん、私の中ではとにかくもう、素晴らしいプログラム。 PCS、もっと出せとこぶしを握ってしまった。 ミーシャ、なんだか応援したくなる。 ヴォロ演技、私は好きだった。 リッポンポン、ジュベみたいなこと言って、おばちゃんは泣くからね。 4Lzはともかく、滑りは別格に美しかった。 こづこづ・・・こづこづ・・。 来季があるのなら、ミヤケン...

男前女子FS

知子ちゃん、世界選手権銀メダルおめでとう!日本女子は3人とも本当に素晴らしかったわ。フリーに来てアメリカ女子も底力を出して来たので、滑走順からいっても難しい戦いをよく最後まで頑張りました。宮原 フリーでも自己最高点で銀!日本女子10大会連続表彰台スポニチアネックス 3月28日(土)15時27分配信  フィギュアスケートの世界選手権第4日は28日、上海で行われ、初出場でショートプログラム(SP)で3位と好発進...

3A一般化運動

マダムの男前なご意見はごもっともだわ。フィギュア:女子の「大技の新時代」の幕開け予感毎日新聞 2015年03月27日 14時38分(最終更新 03月27日 15時05分)  【上海(中国)福田智沙】26日夜に行われたフィギュアスケートの世界選手権の女子ショートプログラム(SP)で18歳のエリザベータ・トゥクタミシェワ(ロシア)がトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)を成功させた。女子の国際競技会では6人目の快挙。201...

コリオグラファーは写真入りでね

上海ワールド。エン・カン選手のSP、振付はローリー。まあ、ずいぶん垢抜けたこと。ヴァイオリン弾きを軽妙に演じた彼も素晴らしいけれど、やはりここはローリーの勝利と言っていいかもしれない。ローリーといえば、テンくん。音楽のトラブルがあったとはいえ、3位につけている。身体もよく絞れて、ローリーの振付を彼の品のある動きで余すところなく表現。今季も素晴らしい。4回転の転倒が惜しかったわ。蛆のおバカなインタビュ...

去るもの、来るもの

さて、送別会のシーズン。桜もほころび始めて、いい季節だ。息子は無事に希望する進路に進むことができた。ここでなくては、という彼のこだわりは、母親を胃潰瘍にするには充分な無謀さだった。結局人間なんて小さい頃から何も変わらないものらしい。親の言うことなど聞きやしない。自分の好きなようにしてきた男なのだから、好きなようにやっていくのだろう。これからも。先日行われた送別会で、若い女子から声をかけられた。彼女...

一本松

「奇跡の一本 大津波を乗り越えて」なかだえり 文、絵 汐文社先日、浅田真央がどうしても訪れてみたかったと会いに出向いた陸前高田の奇跡の一本松。この一本松を主人公にした絵本を読んだ。樹木を主人公に希望、が描かれていると思った。繰り返す自然災害に知恵で生き延びる術を培ってきた陸前高田の土地の人々の歴史が短い中にも伝わる。作者にとっては故郷だそうだ。惨状を描く辛さは察するに余りある。絵本の中で、た...

  • 2015.03.25

卒業おめでとう

袴姿がとても似合って、すがすがしい。浅田真央:「新たなスタート」…卒業式後の会見・一問一答毎日新聞 2015年03月19日 18時21分(最終更新 03月19日 18時59分) 浅田真央選手が中京大卒業式後に行った記者会見の内容は次の通り。 浅田 本日無事に卒業することができました。多くの皆さんに感謝しています。ありがとうございました。 −−今の気持ちは。 浅田 卒業式に出て、学生生活が終わったんだなと思っています。 −−...

10日間

NHK総合 浅田真央 被災地への旅3/14(土)20:00~20:45被災地を訪ねるために10日間という日程で、東北を巡った真央ちゃん。真摯に多くの被災地の方の声を聞き再開されたスケートリンクで子供たちにスケートを教える。真央ちゃんのスケート靴紐を編み上げるスピードが倍速のように早い。氷の上で、本当に楽しそう。マイク片手に超絶美ポジ。プリプリの牡蠣にこの顔!子供たちの前に立つ時の笑顔。震災が落としたもう一つの影。ス...

春よ来い

息子がようやく終えたのは、「お」が付かない方の受験である。塾に行くのが楽しみだったらしいが、塾でしか勉強しなかったので、息子が勉強する姿は見たことがない。たまに机に向かっていたかと思えば、志望校に入ってから取るはずの資格を入学前から一人で取りに行き、合格証を得意げに見せに来た。意味不明なことをやらかす。普通は心配するか勉強させるかするのだろうが、悲しいことに私は負けず嫌いだ。彼が試験に落ちれば全て...

貴重な資料、貴重な記事

http://www.huffingtonpost.jp/2015/03/10/rikuzentakadashi-library_n_6837100.html 【3.11】「高所へ逃げろ」と書かれた陸前高田市立図書館の本がたどった運命 地域の歴史を忘れず、伝えるために 2015年03月11日 07時17分 JST 更新: 2015年03月11日 14時21分 JST高所へ逃げろ。「津浪記念碑」という本の表紙には、そうメモ書きされていた。2011年3月11日、東日本大震災による大津波は、この本を所蔵していた岩手県の陸前高田...

「わかりません」と言えるプロフェッショナル

職種は違うがある意味同業と呼べる方の講演を拝聴した。瑞々しい感性の持ち主による講演は湧き水のように新鮮だが、潤うには鋭く、春の山菜の苦味とえぐ味にも似た若さを感じた。その道のプロとして、自分の苦手分野にどう対処するのかと聞かれた彼は答えた。「わかりませんと言います。」自分は専門家かもしれないが、その中でも得意分野で勝負しているという。苦手なものはそれが得意な人に任せればよい、という。なるほど、そう...

世界Jrチャンピオン

昌麿くん、やりましたね。優勝おめでとう!SP、FPとも難しい曲だと思うんだけど、彼は曲負けしない。ショートの時から、リンクに出る時の目が良かったわ。リラックスした表情とも違うけれど、彼の目に『恐れ』がなかった。勿論演技はあっという間にもう終わり?と思うほど。昌麿君、最後のポーズを終えた瞬間にもう動き出したのであかん、と思ったけれど、彼の客席から湧き起る拍手に対する笑顔と挨拶は素敵だった。動画主さま、感...

トントン スー

http://www.nhk.or.jp/fukushima/note/NHK総合   特集 明日へ -支えあおうー 震災から4年 つなげよう3月8日(日)午前10:05~10:54、午後1:05~4:00キーステーション:南相馬市小高区 被災地の声や復興への取り組みを紹介する「明日へ-支えあおう-」。今も避難生活が続く子どもたちの通う、福島県南相馬市の仮設小学校をキーステーションに、生放送でお伝えする。テーマは「つなげよう」。震災前のふるさとの記憶を未来...

追いつかない

真央ちゃんが凄い勢いで活動の幅を広げています。おおお、追いつかないのでコピペばっかり。一番好きなこのDJの写真、笑顔が柔らかい。真央 初の冠番組で近況報告「料理教室へおいしいものを食べに行く」スポニチアネックス 3月2日(月)21時50分配信  フィギュアスケート女子で今季休養中の浅田真央(24)が初のラジオパーソナリティーを担当する新番組「住友生命 presents 浅田真央のにっぽんスマイル」が2日に放送され、休養...

スケート教室

http://www.news-gate.jp/article/55934/浅田真央「目標もしっかり持ってやっていく」ザテレビジョン 2015年3月2日 4時28分 配信フィギュアスケートの浅田真央選手とタレントの浅田舞が、愛知・日本ガイシアリーナ・アイスリンクで開催された「LOTTE フィギュアスケート教室」に特別コーチとして登場。100人の小学生を前に華麗な滑りを披露した。 初めてのスケートで緊張気味の子供たちも多く、二人のコーチは優しく話し掛け、スト...