FC2ブログ

老嬢の鼻眼鏡

Welcome to my blog

Archive2014年02月 1/1

ロシア版シャーロック

今、ここでロシア、と書くと、とんでもない騒ぎに巻き込まれているソト子を思い出して胸が痛むわ。ソト子、負けるな世選でもこれがソトニコワっの美しさで世界中を魅了してやって頂戴さて、ようやくシャーロック・ホームズの話よ。閉会式の四輪⇒五輪の演出を見ても、ロシアの人のユーモアはさすがに洒落てるなって思ったわ。そしてロシア版のシャーロック・ホームズもまた、素晴らしく洒落てたわね。ってか、もう、しばしバッチ君...

  •  0
  •  0

銀盤のエンジェル  

No image

「銀盤のエンジェル―伊藤みどり物語」児童文学作家の藤崎康夫さんが書かれたみどり様の本を図書館で発見。アマゾンのレビューが素晴らしかったので、お借りいたします。 淡々と書かれた名選手の伝記, 2011/6/23 「50年に一人、いや100年に一人」と言われた天才フィギュアスケーターの、アマチュア引退直後(オリンピック銀メダル獲得)に書かれた伝記です。名選手の歩みの記録でもあり、一人の少女の成長のドキュメントでもありま...

  •  2
  •  0

氷と芝生

No image

昨日、今日と、早朝から車を走らせ、ラグビー観戦に丸2日を費やした。正面には海、背後に山を携えたラグビー場は、天然芝と人工芝のグラウンドでは海風の当たりもずいぶん違う。お天気には恵まれけれど風は冷たく春にはまだ遠い。何時間も車で試合会場まで走るくらいなら、現地に泊まればよさそうなものだけど、そこはソチ五輪のエキシがある以上、PCを前に、同時進行でTVを見たい。結局ソト子の美しい緑の蝶のような不思議なエキ...

  •  0
  •  0

「これだから僕らは皆、フィギュアスケートが好きなんだ」

No image

ソチ五輪もいよいよフィナーレに近づいて、フィギュアスケートのエキシが始まったわ。真央ちゃんは素晴らしい笑顔で滑ってくれた。まっちーもエアギター、良かったわ。良い意味で今日は力みがなくて、彼の良いところが前面に出たエキシ。大輔さんはピアソラ圧巻でした。本当にキレッキレで、先日のあの演技、膝の状態が嘘のような彼らしさ。これだから、フィギュアスケートはやめられない、と思うようなそんな演技を見せてくれたわ...

  •  0
  •  0

ジャンパー

今朝の浅田選手のフリーの演技。これまで浅田選手がいかに自分を抑制し、「表現」に縛られてきたか。「抑制」は浅田選手の表現を豊かにし、演技の質を高めてきたかもしれない。だけど彼女は、ジャンパー。今日の演技を見れば、彼女が決して3Aだけにこだわってきたわけじゃないことは見て取れるだろう。DG、URという檻に閉じ込められてきたジャンプを、ずっとずっと、放ちたかった。これまで跳んできたジャンプを全て、リンクに刻ん...

  •  0
  •  0

はい、できました!

真央ちゃん、おめでとう!そしてありがとう!「はい、できました!」自分の演技ができました、と答えた浅田選手。今日の演技は、一番浅田選手らしかった。フィギュアスケートが心底好きで、フィギュアスケートを芸術の域にまで引き上げた。なのにずっと、アスリートで居続けた。他の選手たちは知っているわ。彼女がどんな選手かを。そして、メダルよりも鮮烈に、とうとう自分のやりたい演技をやり遂げた。浅田選手が、「恩返しがで...

  •  2
  •  0

真央ちゃん、I Love You!

No image

ソチ五輪のフィギュアスケート女子シングルは、17番滑走者の点数が出た時、すでにもう競技として終わってたわね。沢庵がジャンプを全部決めた後、画面の奥でブルーのジャケットに関係者のカードを下げた男が小躍りしてるのがちらっと映ったわね。関係者の思惑はもう、とりあえず沢庵がジャンプを降りさえすれば、それでよかったんでしょうよね。沢庵が出た第3グループが終わって第4グループがリンクに出てきても、以前の犬HKなら「...

  •  0
  •  0

ヘアスプレーのおばちゃんダンス

No image

トラボルタが太ったママに大変身して話題を呼んだ映画、「ヘアスプレー」。これはリメイク版。《Welcome to the 60's》Lサイズショップのモデルをしないかと話をもちかけられたトレーシーが、太りすぎてもう何年も外に出かけようとしなかったママ・エドナと一緒にミスター・ピンキーのお店に出かける時の曲で、6分13秒もあるわ。ソチ五輪の女子シングルショートプログラムの演技が始まってしまった。私はとても落ち着いていられず...

  •  0
  •  0

メリチャリ!

アイスダンスを再放送で見ている。アイスダンスはシングルほど見てないので何も語れない私だけど、どうしようもなくメリチャリが好きなのよ。このオリンピックの大舞台のショート1位で迎えたフリー。少なくとも「チャリ」は守らなかったわ。団体戦とは全然違ってた。暴走、と言われた彼の持ち味、メリルの繊細な美しさを最大限に出しきってあの神演技。あの守らない、しかもミスらない、メンタルとフィジカルのバランスは何だろう...

  •  0
  •  0

注目選手は探したい

ソチ五輪のフィギュアスケート男子シングルの試合が終わって以来、こんな地の果てブログに、ちょっと不可思議なアクセスが。一体どちら様FC2ブログはアクセスキーワードやリンク元サイトが見られるのでちょっと見てみると・・・。そこには大量の「ジェイソン・ブラウン」が・・・。そして時折「ジョニ子 解説」あとは、「ミッツ 羽生」うーん・・・そちら系でしたか・・・。JBのキュートな引力に、ググった方も多かったのね。私...

  •  0
  •  0

解説者に大切なのは・・・衣装よ!

某所で見つけた写真ジョニ子のお洒落な1週間お借りいたしますもしかして、一応相棒のタラさんとはコーディネートしてないとも限らないけど、ジョニーはジョニー。ってか、ごめん、タラさんよりビューテホー羽生くんへのお祝いと、ダンスと女子についても、こちら今日もありがと。楽しい気分で寝られるわ...

  •  0
  •  0

「鐘」

No image

フィギュアスケートを見ていることが本当に辛くなったのは「ロス・ワールド」の後だったわ。まだまだフィギュアや浅田選手について、テレビから情報を得ることの方が多かった時。あの2009年ロサンジェルスで行われた世界選手権の後、浅田選手が例のワイドショー番組でのあの言われように一時不調になってしまったと言われたわね。表に出てくる情報に明るいニュースは一つもなかった。2009-2010年のバンクーバーシーズン、沢庵はGPS...

  •  0
  •  0

次の扉が開くまで

No image

今朝方、眠さもピークに達したころ、大輔さんの演技に思わずテレビの前で正座し直した。朝のニュース番組で、スケ連理事という肩書の稔が、「膝なんて壊れたっていいんだよ。高橋は思い切りやれ」ってなことを得意げに言い放ったわね。今、大輔さんはそれでなくても選手生命を賭けた戦いをしてると思うわよ。十分すぎるほど、あの足で4回転を跳び、ステップを踏み、彼らしい演技をしたでしょ。プル様でさえ、最後はスケートより、...

  •  0
  •  0

Johnny Weir On His Journey

No image

ジョニ子のインタビューがyoutubeで見られます。彼が綴った「The ICE」の内容とも被るけれど、最初にフィギュアスケーターで興味を持ち、影響を受けたのがオクサナ・バイウルだったこと、フィギュアスケートは、スポーツであり芸術であり、ショービズでもあることなど、衣装の話も含め、彼のフィギュアスケート観を正直に語っているわ。http://www.youtube.com/watch?feature=player_detailpage&v=F33kYMXdzvMジョニ子の言葉は全部...

  •  0
  •  0

ペアを見ながら

ソチ五輪、フィギュアスケートのペア、ロシアが1、2フィニッシュで金、銀メダルを獲った。国や政治がどうであろうと、団体戦の余波で、あれこれ周りがうるさくても、少なくとも選手達は真摯だと思うわ。素晴らしかったわ。【2月13日 AFP】ソチ冬季五輪は12日、フィギュアスケートのペア・フリースケーティング(FS)が行われ、ロシアのタチアナ・ボロソジャー(Tatiana Volosozhar)/マキシム・トランコフ(Maxim Trankov)組が合...

  •  0
  •  0

ジョニ子はお仕事中

ソチでオリンピックのアナリストとしてお仕事中のジョニー。まるでTIN TIN??さて、「News+Opinion」でジョニ子がインタビューに答えてます。「Johnny Weir on Fooling Around in the Olympic Village and Being Gay in Sochi」By Simon van Zuylen-Wood こちらhttp://www.phillymag.com/news/2014/02/07/johnny-weir-2014-olympics-nbc-commentator-sochi/このタイトル、えらく失礼なのではと思うのだけど。ジョニ子を色物扱いな...

  •  0
  •  0

団体戦女子SP

真央、トリプルアクセル転倒で3位「自分の滑りができなかった」も総合4位でフリー進出デイリースポーツ 2月9日(日)2時24分あのリプへの大声援の後で、よく滑ったと思ったわ。思ったより緊張したと言ってたけれど、それでもあの丁寧な美しさ。男子に続いて女子も、とにかく皆レベルが高かったと思うわ。3-3はポンポン飛べて当たり前のように決めてきた。この中でトップに立とうとする浅田選手のような日本人が、今後果たして出て...

  •  0
  •  0

餅しょってGO!

 桃太郎?金太郎?孫悟空?浅田真央「勝負メシ」モチ100個持参東スポWeb2014年02月07日 09時00分こだわりの食材を持参した浅田真央餅しょって鬼退治に向かう浅田真央【ロシア・ソチ発】 日本代表選手には至れり尽くせりの環境のなか、浅田真央(23=中京大)はこだわりの食材を持参した。日本人のソウルフード「お餠」だ。 真央は餠が大好物。選手村の部屋にはキッチンがあり自炊が可能、さらにオーブンが付いているという情...

  •  0
  •  0

ラベンダーとこうもり

No image

夕べ、テレ朝ch2の「フィギペディア2010#1」を見て眠ってしまった。これ、「浅田選手VSキムヨナ 激闘の歴史」と銘打って、GPFでの二人の戦いを2006年から2008年まで綴るっていう巻なんだけど、私とて、肥えているのは身体ばかりじゃなく、目だって少しは肥えたのかもしれないわ。年ごとに開いていく二人の技術の差はこれ見りゃ歴然。おかしかったのは点数が実力と反比例していく様よね。今のやり方(GOE加点とPCS演技構成点の...

  •  0
  •  0

月の光

No image

静かな静かな旋律に、浅田選手の演技が始まると、会場のライトは煌々と明るいのにもかかわらず、青い光に照らされた海のような湖のような情景に浅田選手が舞っている。気が付けば夢から覚めたようにショートプログラムが終わっていた。「ノクターン」も好きだけれども、この「月の光」はもっと好きかもしれない。彼女の表現のひとつは、「音と一つになる」こと。そしてこの「月の光」では、彼女自身が青い光になって、世界を照らす...

  •  0
  •  0

仮面舞踏会FS

No image

2008-2009年。あのsawakichiさま曰く、「ロストワールド」。そして「パンドラの箱が開いてしまった」シーズン。浅田選手にとって、タラソワコーチを迎えたことは大きかったと思うわ。彼女の戦いは、オフアイスで、より熾烈になっていった。色んな意味で、強くなる必要があった。あの「ミス・サイゴン」が、「死の舞踏」でのひと睨み、強烈な自己主張で鎌首をもたげはじめたシーズンよ。負の魅力というものがあるならば、キムヨナの...

  •  0
  •  0

幻想即興曲

No image

フレデリック・ショパン  「幻想即興曲」を浅田選手が演じたのが2007-2008年シーズン。このシーズンの4大陸直前、ラファエル・アルトゥニアンから突然の「責任を持てない」という電話で、浅田選手はコーチを失うのよ。youtubeでフジTVの日本語版と、その他の外国語バージョンで見比べてみてご覧ください。この時すでにフジでは音声を操作され、スウェーデンのヨーテボリでの熱狂的な声援が後半に行くにしたがって小さくなってるわ...

  •  0
  •  0

チャルダッシュ

これは全く個人的な思い出話。私が浅田選手を初めてテレビで見たのは、彼女がまだジュニアで、可愛いあどけない少女で、お姉さんの舞ちゃんの方がスケートしながらモデルにも挑戦、っていう、どちらかといえば舞ちゃん中心の取り上げられ方をしてた頃。2005-2006シーズン、初めて出場したGPS、そしてGPFで優勝しちゃう快挙の年。みどり様の解説にこちらまで興奮しながら「くるみ割り人形」のガッツポーズに嬉しくて仕方なかった。...

  •  0
  •  0