2012
12.24

真央ちゃんのすごいとこ

Category: 浅田真央
Q(中野さん): 「トリプルアクセルがあるのとないのではプログラムは違うプレッシャー?」
A 真央ちゃん : 「(3Aが)ないから逆に全部をきれいにまとめようと思いすぎる部分もあると思います。」

中野友加里さん、大好きなスケーターでした。
彼女のドーナツスピンも、3Aに挑戦する姿も、そして演技中のあの笑顔も。

中野さんのインタビューに答えた真央ちゃん。
真央ちゃんのすごいところは存在そのものすべてなんだけど、自分についても、さすがによくわかってるなあ。

トリプルアクセルをあおられる⇒試合にそれを入れた時に思い切り回転不足とGOEで引かれちゃうという恐れは確かにあると思う。

だけど真央ちゃんはあくまでも自分と戦っている選手だ。
モチベーションを上げ、思い切り戦いたいという気持ちが、彼女の中にあるんだろう。
トリプルをダブルにすることで、守りに入ってしまう気持ちが演技に表れていることを、自分で良く知っている。

すべての選手に同じように回転不足、GOEがつくのなら挑戦できることも、今の採点ではまず無理だろう。

むずかしい。とても。

佐藤コーチも言っていた。「こちらで良いと思っていても・・・」
その通りだろう。

100%、誰もが納得する採点が行われないならば、せめて、100%、真央ちゃんが納得できる演技ができるように、ソチに向けて、気合入れて応援するしかないのね、ファンは。
Comment:0  Trackback:0
2012
12.24

真央ちゃん、おめでとう!

Category: 浅田真央
ほっとしたあああ~~~

おめでとうございます

やっぱり全日本だけは、特別に嬉しい。
真央優勝

この美しさ
hakuchou.jpg

どうにも落ち着かず、ネットのストリーミングで先に優勝を確信してから家族サービスに(しょーがないから)出かけた。

結果を見ずに待って、tvで見る勇気が、今日はなかったし。

車の中で真央ちゃんの演技を観たが、今日もどれだけ刺さってるのか、プロトコルが気になり、楽しめない。

さっき指の間から確認して・・・・・・・・・。


素人には、ほんと、わかりまっせん。

先日息子が通知表をもらって帰って来たが、もちろん、小さい数字の行進で、こんなんでこれから先この子はどうするつもりなのかと悩ましい。

だけど、真央ちゃんの点数表の中身は、
優勝したって、私には息子の通知表より悩ましいのだ。

国内大会でこれ?

明子さんのあの美しいスケーティングですら、4位・・・。

にわかファンは、何十年やってても、にわかだからわからねえ。

今日の家族サービスは、イルミネーションを見に東へ西へ。長時間ドライブであった。
回りはカップルばかり。

SH3J0304 (300x225)


Comment:0  Trackback:0
2012
12.10

メリポピにまた涙

Category: 浅田真央
GPFのエキシ、みんな素敵だった。

時間的にバタバタで、真央ちゃんとDスケさんとしかゆっくり見られなかったけど。

メリーポピンズの真央ちゃん、生き生きと楽しそうに滑っていた。
彼女のカプリースが大好きで、リピ回数ではダントツだが、同じくらい、好きかも。

腰の痛みは、大丈夫だったんだろうか。
でも心配も吹き飛ぶほどの笑顔だった。

真央ちゃん演技後の美しい挨拶の所作にまた涙・・・。
だって、今朝うっかり「例のあの人」の動画見ちゃって、演技後の態度にちょーむかっ腹立ててたもんで。

どうしてこう、対照的なんだろう。
真央ちゃん、なんて礼儀正しいんだろう。
そんなこの子がどうしてこんなに苦しみながら競技してるんだろう、とか、色々考えて。

「なんでスケート、いつも泣きながら見るの?」息子が言った。
「これ、明るい曲じゃんよ」

そうだよね。うっとり、にっこり、観るのがふつうだよね。

ところで、Dスケさんのピアソラ。

鼻血ぶーだった。

フリーからなんか、ひとつ突き抜けた感があったけど、オーラ全開でしたな。

ひとつの演技作品をモノにするということは、その振り付けを自分の色にしてしまうことかもしれないけれど、ある意味それは諸刃の刃だ。
ひとつ間違えば、いつも同じテイストってことになる。

Dスケさん、それがわかってたのかな?

だから、一度きっちり振り付け通りにやる。
ちょっとやりにくいな、ノリが違うなと言う部分を、試合のたびに自分の中のカウントに合わせていく。
だけど、全部、ではない。
もどかしいが、やはり全編D流、にしない方がきっと品が残る。
わかっていても、振り付けをぶっ壊して、もっとDスケのノリを見せてほしいとも思う。

ファンは彼の彼たる所以を見たい。
エキシでは、十分それに応えてくれたと思う。

Dスケさんの腕の中で踊っているのは「わ・た・し」とかこのおばさんの妄想まではなはだしく開花させちゃうカッコよさ


居酒屋解説(By sawakichiさま)佐野さんが、ケガする前のDスケ選手のジャンプを、「この素晴らしいディレイト回転」と何度も言ってたな。

久しぶりに、その空中に上がりきってから、通常の回転より少し遅れて回る、何ともカッコいいジャンプまで見せてもらった。

素晴らしいの一言につきた。
Dスケ選手、今回はぺろって舌を出さなかったな。

自信に満ちたあの顔。

羽生くんが青臭く見えてしまったほど。

はああ。うっとり。



Comment:0  Trackback:0
2012
12.09

踊っている

Category: 浅田真央
浅田選手のGPF初優勝の日の映像は、先日からtvでも何回も流れているが、私もあの伊藤みどりさん解説が一番好きで、テレ朝の「フィギペディア」で撮っていたものをリピしている。

そういうことで、着メロもずっと「くるみ割り」であるが・・・。

昨日からの真央ちゃん優勝の嬉しさがいまだにじわじわと止まらず、「白鳥の湖」のステップ部分をふんふん歌いながらついつい踊り真似(もちろん似ても似つかないわよ)。

浮かれているんであろう。

「家庭の平和のため」エキシは見せてもらえなかったけど、明日見るからいいもんね。

現実は厳しい、ということは昨日の真央ちゃんの表情からも感じる。
世選は見るのもつらいものになるのではとも思う。

でもね、今はやっぱり嬉しい。

「仮面」も、2シーズンにわたってあの曲が頭の中をぐるぐる回って離れなかった。
「白鳥」も同じことになるんだろう。

脳内ヴァイオリンの音が、こんなに美しく聞こえるとはハレルヤ。
自分の白鳥鼻歌に合わせてずんだずんだ足を踏み鳴らす母親を横目に、息子は「初音ミク」をイヤホンから流れる歌に合わせてうなっている。

夫は・・・。早々に自分の部屋に避難した。
Comment:0  Trackback:0
2012
12.08

真央ちゃん、おめでとう

Category: 浅田真央
浅田選手、GPF優勝おめでとう~~~~


試合前の緊張した顔を見た時、とっても心配だったけど。
こんな時こそ強いのが真王さまだと信じてたよ。

最後のコンビネーションジャンプのあたりから、何だか曲がずれて聞こえたのは気のせい?

ライブ演奏でもあるまいし、どうして音がずれて聞こえるのか、会場と音声の関係かと思ったが、実際はどうだったんだろう?

だけど、浅田選手、本当に最後までよく動いていたと思う。

覚悟していたとはいえ、アシュリーどや顔ワグナーのPCSを見た衝撃
でも、転倒の痛みをこらえてよく最後まで演技したと思う。


問題は世界選手権。なんだろうな。


Comment:0  Trackback:0
2012
12.08

陶器の肌、ツルッツルの演技

GPF
高橋選手のショート、じゃぱネットの「ヒロミGO」みたいで、決まってましたな。

自分でも今季一番調子が良かったと言ってたようだけど、ツルッツルに滑ってました。
演技もだけど、高橋選手のあの陶器のような肌を見ると、食生活、ライフスタイルから変えたという精進っぷりに頭が下がるわ。

10代後半は、今の町田君のような肌の時期もあったもんなあ。

あのピッカピカな高橋選手の肌に、彼の体調、気力の充実を見たわ

羽生くんは、現地に早く入りすぎて、慣れないお化けロシアンホテルで疲れちゃったのかなあ。
なんとなく、目には隈が・・・。

ところで、演技そのものは私は今季の小塚選手が一番好きかも。

誰だ?彼が踊れない、上半身が動かないとか言ってたのは?
すみませんでした。ほんと、私がわからんちんでした。

あれで、パトリックとPCSが4点差・・・

天野が暗躍するという女子。

真央ちゃん、頑張れ
Comment:0  Trackback:0
back-to-top