現在の閲覧者数: 2012年12月の記事 - 老嬢の鼻眼鏡

2012年12月の記事

真央ちゃんのすごいとこ

Q(中野さん): 「トリプルアクセルがあるのとないのではプログラムは違うプレッシャー?」A 真央ちゃん : 「(3Aが)ないから逆に全部をきれいにまとめようと思いすぎる部分もあると思います。」中野友加里さん、大好きなスケーターでした。彼女のドーナツスピンも、3Aに挑戦する姿も、そして演技中のあの笑顔も。中野さんのインタビューに答えた真央ちゃん。真央ちゃんのすごいところは存在そのものすべてなんだけど、自分につ...

真央ちゃん、おめでとう!

ほっとしたあああ~~~おめでとうございますやっぱり全日本だけは、特別に嬉しい。この美しさどうにも落ち着かず、ネットのストリーミングで先に優勝を確信してから家族サービスに(しょーがないから)出かけた。結果を見ずに待って、tvで見る勇気が、今日はなかったし。車の中で真央ちゃんの演技を観たが、今日もどれだけ刺さってるのか、プロトコルが気になり、楽しめない。さっき指の間から確認して・・・・・・・・・。素人...

会場を征服したのは

全日本男子、結果は予想通りだった。試合で勝ったのは羽生選手だったが、勝負で勝ったのはやはり高橋選手だろう。オリンピック以来、高橋選手の演技で泣いた。もう、何も言うことはない。本人が一番感動していたんじゃないのかな。素晴らしい表情をしていた。カタルシス。順位はともあれ、あの演技を魅せた高橋選手は、またもう一つ向こうの世界に踏み込んだのではないか。モロと手を組んだって、もう高橋選手はどんなコーチについ...

guchi(本当に悔しく腹ただしかったので)

家でも外でも今週は忙しかった。でもGPSの幸せを胸に、ぴゅーっと走れた1週間だった。全日本までしばしスケートの緊張はお休み。真央ちゃん、また一生懸命練習してるのかな?少しは休めたかな?などと、平和ボケ状態で何も知らずにいた。ところが今日、「村」をのぞくとさあ大変。またしても、またしても、またしてもっ城田憲子の目 今のままでは、真央はヨナに勝てない。ヨナは復帰戦で、難易度の高い3回転ルッツを完ぺきに跳び...

メリポピにまた涙

GPFのエキシ、みんな素敵だった。時間的にバタバタで、真央ちゃんとDスケさんとしかゆっくり見られなかったけど。メリーポピンズの真央ちゃん、生き生きと楽しそうに滑っていた。彼女のカプリースが大好きで、リピ回数ではダントツだが、同じくらい、好きかも。腰の痛みは、大丈夫だったんだろうか。でも心配も吹き飛ぶほどの笑顔だった。真央ちゃん演技後の美しい挨拶の所作にまた涙・・・。だって、今朝うっかり「例のあの人」の...

踊っている

浅田選手のGPF初優勝の日の映像は、先日からtvでも何回も流れているが、私もあの伊藤みどりさん解説が一番好きで、テレ朝の「フィギペディア」で撮っていたものをリピしている。そういうことで、着メロもずっと「くるみ割り」であるが・・・。昨日からの真央ちゃん優勝の嬉しさがいまだにじわじわと止まらず、「白鳥の湖」のステップ部分をふんふん歌いながらついつい踊り真似(もちろん似ても似つかないわよ)。浮かれているん...

あれこれあれこれ

W優勝でした!おめでとうございます。高橋選手、2本目の4-3が決まって、本当にやったやったやったやった~~~・・・でもさ、今シーズンのフリー、高橋選手、しっくり納得、いってる?衣装は素敵だったけど、4回転2本をとにかく跳んだこともうれしいけど、曲と振り付けから、高橋選手がはみだしてるのが垣間見えた。その「はみだし」こそが高橋選手の真骨頂。彼独特の個性的な、ため・・・ですな。それはそれでとてもかっこよかっ...

真央ちゃん、おめでとう

浅田選手、GPF優勝おめでとう~~~~試合前の緊張した顔を見た時、とっても心配だったけど。こんな時こそ強いのが真王さまだと信じてたよ。最後のコンビネーションジャンプのあたりから、何だか曲がずれて聞こえたのは気のせい?ライブ演奏でもあるまいし、どうして音がずれて聞こえるのか、会場と音声の関係かと思ったが、実際はどうだったんだろう?だけど、浅田選手、本当に最後までよく動いていたと思う。覚悟していたとはい...

陶器の肌、ツルッツルの演技

GPF高橋選手のショート、じゃぱネットの「ヒロミGO」みたいで、決まってましたな。自分でも今季一番調子が良かったと言ってたようだけど、ツルッツルに滑ってました。演技もだけど、高橋選手のあの陶器のような肌を見ると、食生活、ライフスタイルから変えたという精進っぷりに頭が下がるわ。10代後半は、今の町田君のような肌の時期もあったもんなあ。あのピッカピカな高橋選手の肌に、彼の体調、気力の充実を見たわ羽生くんは、...

GPF

はああ・・・。グランプリファイナル、ソチで行われるこの試合は、本当ならもっと楽しみなはずだった。オリンピックのプレシーズン、4年前の「仕込み」を思い出すと、「村」のブロガーさんたちも書いていらっしゃるような〇〇さんの帰還に合わせたようなNHK杯の採点傾向に、もうため息しか出ないのよ。認められるべき時に認められず、明らかに良くなかった時に勝手に点数を盛られてしまう。そしてその採点傾向でもって、大切な試合...