現在の閲覧者数: カテゴリー "スポーツ" の記事 - 老嬢の鼻眼鏡

カテゴリー "スポーツ" の記事

親切な「もっと」さん

大学ラグビーの決勝戦を見ているのですが。副音声が💛「もっとラグビー」何が「もっと」なのか知りたくて、副音声にしてみました。どうやら主音声が普通の解説(わかる人用)副音声が親切な解説(よくわからない人用)みたいです。これは親切だと思いました。「もっと」というだけのことはあります。「外国人留学生はぁ、2名までしか入れられないと決まっていますのでー」という大学ラグビーミニ知識とか。「倒れたまま手を使ったと...

カメラの技術

花園の決勝戦は、素晴らしい戦いとなりました。80歳を過ぎた母から興奮した電話がかかってまいりました。「もうね、すごい試合で、ドキドキしちゃったよ。」こっちが母の心肺機能を思うとドキドキしてしまいましたが。それにしても、力の拮抗した良い試合でした。何というか、そのフェアプレーな感じが気持ち良く。勝っても負けても、両チームが力を出し切った結果を、すんなり受け入れられる爽快感。あのスピードと大きな人たちの...

センパイの係活動

花園では、連日熱戦が続く。Jスポで見ているが、チーム名にくっついているあの「アニメキャラ」は一体なんなのだ?➡私が知らないだけで、ちゃんとした漫画のキャラらしい・・・。...

逆転の精神力 追記あり

逆転の金メダル今、女子バドミントンダブルスの決勝が終わった。金メダル、おめでとうございます(≧◇≦)レスリングも、卓球も、シンクロも、テニスだって、皆凄い。強いわー。メンタル。高橋、松友選手の二人は、最後まで折れなかった。しかも勝ち方がきれい。レスリングだってそう。相手の髪の毛を掴んだり頭や顔の攻撃はしなかった。あくまでも技で勝つ。諦めることの方が容易い。勝つことは勿論のことだが、負けても、次の試合に...

箱庭のような美

寝不足です。夕べは柔道、今朝は体操。スポーツ選手が晴れ舞台で見せる数々のドラマには、気持ちが揺さぶられます。メダルもですが、何しろどの競技も選手の動きが美しく、特に体操を見ていて泣いたのは初めてです。今朝、内村選手の最後の床を見ながら、もう技の難度なんて何もわからない私ですが、他の選手と比べると一目瞭然の美しい演技に、改めて目を見張りました。大変なプレッシャーだったと思います。内村選手の繊細で軽さ...

ラリー

今、世界卓球を見ていて、息詰まるラリーにドキドキしている。あの幼かった福原選手は、日本チームのキャプテンとなり、今、日本のエースと呼ばれているのは石川選手だ。けれどだからといって、エースと呼ばれた年長の選手の時代はもう終わったとか引退だとかいう記事や、新エースのプレーを認めないと叩くブログなんて、あるんだろうか。なんでもありの世の中なので、もしかしたらあるのかもしれないが、大きな試合の前になると、...

スカッと気持ちよく

今日は、私が応援している選手の大事な試合。ところが勝ってほしい、必ず勝てると応援しているチームの敵方にその選手はいる。フクザツな気持ちと裏腹にゲームは進んでいるのだが、緊張しすぎて現地観戦をやめたほどなので、言いたい放題のテレビ前である。お茶の間観戦はありがたい。いかに屋外ゲームとはいえ、チームカラーで埋まっている席を避ければ大声でゲキを飛ばせるかと言えば、今日のような場合はそうもいかない。こんな...

シーズンイン

フィギュアスケートの選手がジャンプで転んだ時の転び方の上手さに驚くことがある。あのスピードで固い氷に身体を打ち付けながらもすぐさま立ち上がり、演技を続ける。JOでも、GGがジャンプで転倒してもすぐに立ち上がり演技を続ける速さとバネに驚いた。素人ならしばらく立ち上がることもできないと思う。一番印象に残っているのがあの浅田真央2008年ワールドのフリー。3Aを跳ぶために上げたスピードのままジャンプが抜けてその...

桜の勇者

いやもう、夕べからウザかった。誰あろう、オットだ。「今夜、日本代表、南アフリカ戦だからっ!」ハイハイ。Jスポだけでは足りなかったらしく、地上波でやっと流した「録画放送」まで両方撮って、一日中見ていた。私はフモフモさんのところでじっくりフモさん解説を読んでいたのだが、オット解説は隣でずーっと続くのでうるさくて集中できない。ゲームも面白かった(どころではなかったが)が、解説も実況も一言も聞き逃せない面...

美しさ。

ほんの数年前、目の前でその選手の練習を見たことがあった。有望な選手だということは聞いていた。私にその競技のことなどわかるはずもなかったが。ただ、その体躯の均整のとれた美しさと、動きのキレに惚れ惚れと見とれた。その時、ああ、この美しさは「体幹」というものから生じるものではないのかしらと素人ながらぼんやり思っていた。通常で言う「綺麗」とは全く違う。人間そのままの肉体の、バランスのとれた美しさ。無駄がな...

おなかがへったから

すでに懐かしいですね。ロンドン五輪。期待の日本柔道陣が次々と敗退する中、彼女はすさまじい気迫と『野獣の目』で金メダルに輝いた。女子なのに『野獣』って・・・とは思ったが、それ以外には言葉は確かに見つからなかった。この記事、最後の1行は余計なんだけど、松本選手のコメントが、とても面白い表現で。モチベーションが、云々で話をされるより、もっと真に迫っている。にしても、だれがつけたの新技『ぐるりんぱ』って・...

親の責任

先日の羽生選手の件で、ずっと思っていたことがあったので、少し書いておこうと思う。先日は羽生選手にも、エン・カン選手にも命に別状がなかったようで、本当に良かったと思う。あの場で、私が選手たちの親の立場でいたとしても、棄権しなさい、と言えただろうかと今も自問するのである。羽生選手のあの目は、無謀な若者のそれであった。長年その競技をしている我が子を見ていればいるほど、もしかしたら、私が親でも止められなか...

スポーツにはお金がかかる

財務省と文科省“金メダル支援”予算増で火花http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141111-00000010-fsi-bus_allこのようなお話がございましたがいやいやいや、 「金メダル1個に税金を100億円もかけて、国民の理解が得られるのか」って、得られないんじゃないの?強化費が強化選手に直にわたるならわかるけど、どこに使ってるのかといえば、「使途不明」?で、お金を出す方も、その使い道を精査しないとは、信じられない話なん...

スケ連もバド連もみな同じ?

某国の試合環境が普通じゃないことには別に驚きはしないけど、この記事にはびっくり。スケ連とどこが違うの?いっしょじゃん。そしてテレビも相変わらず。彼らが口をつぐむ時は、某国に都合の悪い時。日本のテレビがニュースとしてきちんと触れないことが、「あちらに不都合」という証拠になるなんて、面白いわ。今朝のニュース番組なんて、テレ朝ですが、「あの名子役は今!」とか使い古されたハリウッドの元子役の話なんて寝ぼけ...

どこ吹く風

日本人の「選手」がどれほど頑張っても、日本の「組織」がそれを阻んではばからないのは別にフィギュアだけじゃないわね。抗議しなければ、なかったことになる。したって同じかもしれないけれど、じゃ、競技の場でゴネてメダルもらった某国の選手はどうなのかしら?日本人には誇りもプライドもあるからそんなみっともないことしないけど、やっぱりおかしいものはおかしいって言わなければ始まらないわよねぇ。ってか、どこまで無能...

背負い1本勝

柔道グランプリ2014デュッセルドルフ大会運よく海老沼選手の決勝、背負い投げ1本勝ちを見ることができた。ん?背負いが決まったんだと思ったら合わせ技1本になってる。フィギュアスケートばかりか、柔道も何もかも、私に技はわからない・・・。柔道の選手も得意技や試合運びのタイプがそれぞれだけど、やっぱり背負いの1本勝ちは特別胸がスカッとするわ。泥臭く必死にポイントを重ねる試合もあるけれど、その苦しさゆえに感動する...

氷と芝生

道を究める人

柔道グラントスラム女子63キロ準決勝。阿部選手に抑え込まれた隣国の選手が阿部選手の腕を噛んでいるようにみえたというニュースは記憶に新しい。阿部選手の一本勝ちで終わったからまだよかったものの、あれで阿部選手が負けていても、日本の柔道連盟は何も言わなかったのかしら?審判の判断にも疑問が残るけど、柔道って、あれでもいいのかってことよ。あの隣国選手と同じことを、もし日本の選手がやったとしたら、私が思うに間違...

少年は老い易いが少女は少女のままである

老いずに色男に化ける、というD輔選手の進化の仕方もあるわね。先日ミッツ・マングローブ嬢のブログを読ませていただきながら、移ろいゆく少年の日の儚さを、こんな風に愛でることができるミッツ嬢って、前世は貴族かしらと思っていた。たしかにちょっと目を離したすきに、ペットと少年はどんどんと成長し、気が付くと老いている。忘れてたけど、先日息子の部活は新人戦だったわ。・・・幸い風邪ひいてたし、GPFでそれどころじ...

ラグビーW杯、「花園で試合を」

スポニチアネックス[ 2013年12月6日 19:37 ] 記事より「花園で試合を」東大阪市長 ラグビーW杯誘致に名乗り  花園ラグビー場がある大阪府東大阪市の野田義和市長は6日の記者会見で、2019年のラグビーワールドカップ(W杯)について「花園で試合ができるように大阪市とタッグを組んでいきたい」と話し、誘致に前向きな姿勢を示している橋下徹大阪市長と協力する考えを示した。 橋下氏が4日の市議会で大阪への誘...

独走くん

「夏服を着た女たち」アーウィン・ショーこの短編集を私は何度も読んだはずだ。常盤新平さんが大好きで、彼のエッセイ、彼の翻訳を探しては読んでいた。ところがこの小説に関してはアメリカの1920年代から30年代あたりの短編だということと、アメフト選手が独走する時の気持ちが鮮烈に描かれていたことしか記憶になかった。このところ息子の部活を見ているためか、この短編のことばかりが思い出されて。ようやくタイトルを思い出し...

夕べみた試合

七人制ラグビーの公式HPhttp://sevens.rugby-japan.jp/日本、8強に進めず 東京セブンズ2013.3.30 20:54 産経ニュース  ラグビー(7人制)男子の国際大会、ワールドシリーズ第7戦の東京セブンズが30日、東京・秩父宮ラグビー場で16カ国・地域が参加して開幕し、開催国枠で出場した1次リーグC組の日本は1勝2敗の同組4位で準々決勝に進めなかった。31日の下位チームによる順位決定戦に回った。 日本は初戦でカナ...

穴井選手のなみだ

柔道100キロ級、穴井選手の2回戦が終わった。鈴木選手可愛さで、穴井選手が好きになれないのかとずっと思っていた。なんとなく「穴井選手は優等生だし」、みたいに勝手に型にはめていたのかもしれない。日本柔道の-100キロ級は厳しい階級だ。その中で、やっとやっとの思いでつかんだ初めてのオリンピック代表の座。エースとして、何としても勝たなければならなかった。今回の負けは、悔しい、どころの話ではないだろう。偉大な先輩...

「3連覇よりも自分に対しての挑戦だった」~北島康介

オリンピックでなければ、ふつう見る機会のない競技がたくさんある。現地に行かずとも、布団の中でうとうとしながら世界一を競う選手たちを見ることができる。これを幸せと言わずして、何が幸せか。だがしかし、「tv」としか書きようのない小さ目なテレビ。このtvとPCから、老眼の目に一層疲労の拍車をかける「ブルーライト」。ついにZOFFで、「ブルーライト(青色光)カットのPC用メガネ」を購入。昼は仕事、夜は自分の楽し...

一本の美しさ。

平岡開始41秒で一本負けも銀 日本メダル第1号(スポニチアネックス)2012/7/29 0:37  ◇ロンドン五輪柔道  男子60キロ級の平岡拓晃(了徳寺学園職)が決勝で、アルセン・ガルスチャン(ロシア)と対戦。一本負けを許したものの銀メダルを獲得し、日本のメダル第1号となった。  開始41秒、もつれる形で平岡が外巻き込みで投げられガルスチャンに技ありの判定。審判が協議した結果技ありが一本に訂正され、あっけない幕切...

「ポケモン」マッケンジーはイケメンなのだった

 ロンドンオリンピックが始まったオリンピックの開会式。クライマックスでポールの歌声が聞こえたときには思わず「あ」音がずれてしまった時には「ん?」そしてヘイジュードには「」ま、単純な性格なんですな。仕事からダッシュで帰り、テレビをつけたら運よく「ポケモン」で人生が変わった人が平岡選手と組んでいるところであった。アシュリー「ポケモン」マッケンジー↓あらま、写真よりかわいかった。フィギュアスケートのアモ...