FC2ブログ

老嬢の鼻眼鏡

Welcome to my blog

Categoryゴリオ日記 1/2

成人おめでとう。

うっかり忘れるところだった。友人達が息子や娘の成人式の写真を送ってきてくれる中、私のcloud上に保管されているのは、昨夜家族で一緒に食べたご飯とゴリオがプレゼントしてくれた1999年産のワインの写真のみ。みんなみんな成人おめでとう。ゴリオはいかにも彼らしく、世間様と同じ道は歩かない。成人式の代わりにいい加減何とかして減らさなくてはならない体重と向かい合い、ジムで汗を流し、家族で遠出のドライブをして夕飯を...

  •  4
  •  -

over the rainbow

No image

紅白を録画して観ました。ユーミンの『ノーサイド』、聖子メドレー、RADWIMPS、『不協和音』、星野源、そして『氷川きよし』をピンポイントで観たかったので。ゴリオにおせちの袋を開けさせてお重に詰めながらところどころリアルタイム紅白も見ましたが、挟まれる演出は民放バラエティとどこが違うのかわかりません。ゴリオ目線では『終わってるな、紅白』という感想。ゴリオにとって『終わった』のは紅白ばかりではありません。ど...

  •  4
  •  -

ゴリオの勝負服

No image

このところ怪しい動きを見せていたゴリオ。夜勤のバイトを終え、借りているアパートではなく、珍しくうちに帰って来た。『実は。』なに?『デートに着る勝負服がありません。』え?でーと。いやいや、デート以前に、身体に入る服がないんじゃないの?『まずは話を聞こうじゃないの』こういう話が面白くないわけがない。はやる気持ちを抑えつつ、要領を得ない話に耳を傾ける。ゴリオの女の子の好みは一貫している。前はロードバイク...

  •  2
  •  -

ラグ女

テレビでは『ラグ女』と呼ぶらしい。ラグビーファンの女子ってそんなに増えているのだろうか。ラグビーワールドカップで活躍した選手たちのパレードを待つ人の波が画面に映し出される。夕飯を作りながら聞くともなく聞いていると、『きゃーーーーーーー!カッコいい!きゃああああああ!』なにかのヒステリーか?平日の昼間に、子連れで来ている『ラグ女』もいる。仕事を休んで駆けつけたガチなファンもいる。羨ましいことだ。いつ...

  •  0
  •  -

遠い芝生

No image

金曜も日曜も、『劇場版おっさんずラブ』3dead目に行こうとするところにゴリオ(仮名)から電話で呼び出され。映画館に向かっていた車をゴリオの部屋まで走らせました。彼が免許を取って車を何とかするまでの辛抱ですが、人が忙しい時に限って車要請の電話をかけてくるのはまじ嫌がらせかと思うほど。重たい楽器を積んだ車の中の話題はラグビーワールドカップ。土曜の夜は徹夜で高校の時のラグ部の先輩達と飲んでいたというので、...

  •  0
  •  -

20歳。

ゴリオが20歳になった。『この子の二十歳のお祝いに』♫って、『七つ』だと可愛いが、二十歳だともう『この子』でもなけりゃ『お祝い』だって意味が違う気がする。とりあえずここまで生きてて良かったね、じゃあな!みたいな。昔からそうだったが、ゴリオは生きているだけで上等だという思いは変わらない。ということで、昨日はゴリオをお祝いの夕食に誘い出し、ついでにあれこれ用事を済ませることにした。ゴリオの反抗期も学生...

  •  6
  •  -

青春食洗切符

No image

週末の朝。オットが『ゴリオの買い物に車出すから』と言って出て行きました。買い物❓大学近くに部屋を借りたゴリオは、この1年足らずの間に自分の部屋をすっかり我が家にしてしまいました。小さい台所に〇〇焼の食器、炊飯器も保温鍋も浄水器までウチと同じものを揃え。遠くても地元は地元なので友達の宿泊所として機能している様子。そんな生活を維持するため、彼は盆暮れ正月家にも帰らず勉強する暇があるのかわからない程バイト...

  •  2
  •  -

ゴリオ、青春の旅立ち

No image

ゴリオが急ぎの用があると夜遅くやって来た。一人暮らしを始めて以来、物を取りに来たのは3度目ほど。お盆もお墓参りに現地集合解散だったので、泊まったのは初めてだ。遠くない、ということもあるが、ゴリオもようやく年頃らしい独り立ちとやらをやってみたいらしい。頭はツーブロック、若者らしい乱暴なダイエットで体重を落としたと自慢するが、結局タンパク質を多く摂り筋トレしてるので、単に少々小型化しただけで、益々ガチ...

  •  6
  •  -

ゴリオ(仮名)の日

先日CSで大昔のディズニー映画、アニメーションの「シンデレラ」を観ていた。ああ、この曲はいつか繰り返し聴いた曲・・・。映画の一部からそのままCD化されていたんだなあ、と懐かしい。ゴリオ(仮名)がまだ腹の中にいた頃、繰り返し聴いていたのはディズニーの映画音楽だった。つわり症状の一環か、ホルモンのせいだったのか、妊娠中は食べるものだけではなく、聴ける音楽、観られるテレビ番組が極端に変わっていた。「名探偵コ...

  •  0
  •  -

はなのすきなうし

No image

...

  •  0
  •  -

夜は短し走れよゴリオ

No image

...

  •  0
  •  -

GとJK

No image

...

  •  4
  •  -

ゴリラとポゴリラヤ

No image

...

  •  2
  •  -

ゴリオのQOL

No image

...

  •  2
  •  -

未来から来る少年

No image

...

  •  2
  •  -

全力空気清浄機

No image

...

  •  4
  •  -

畳の銀河

No image

「The Tatami Galaxy」こうググると、➡http://ejje.weblio.jp/content/The+Tatami+GalaxyWeblio英和対訳辞書での「The Tatami Galaxy」の意味The Tatami Galaxy四畳半神話大系『四畳半神話大系』(よじょうはんしんわたいけい)は、森見登美彦による日本の小説である。こんなん出てきました|д゚)で、OPをつべで探すとアジカンの曲なので著作権法に守られているとはいえ。海外アニオタの手によってちゃんとupされているのだった。と...

  •  0
  •  -

センパイの係活動

No image

花園では、連日熱戦が続く。Jスポで見ているが、チーム名にくっついているあの「アニメキャラ」は一体なんなのだ?➡私が知らないだけで、ちゃんとした漫画のキャラらしい・・・。...

  •  6
  •  -

若毛の至り

No image

ゴリオ(仮名)の頭は、剛毛で強力な天パだ。小さい頃は坊主にしておけば「髪の毛が薄いのかしら?」くらいに見られていたが、小学生になると、格好のいじめの材料になった。公園での野球にも、グラウンドでのサッカーにも入れて遊んでもらえなかった彼を、剣道でもさせるか、と思い立ち、近くの道場に連れて行った。剣道場は武道場の2階にあり、1階は柔道場になっていた。ゴリオは頭を叩かれるのが嫌、という理由で2階に決して...

  •  2
  •  -

牛乳―――――♪

No image

ゴリオ(仮名)が珍しく、「母ちゃん、あのさ、昔の唄でさ、こんなの知ってる?」と聞いてきた。「何にもなくって、とにかく何にもないんだよ。」「でさ、歌ってる人は『さん』って言うんだ。」・・・・・・・・・・?ゴリオの知性に元から期待はしていなかったが、この質問は・・・3歳児か?「ほら、なんにもねーって言う奴。」こんなゴリラでも息子なので、通じるものがある。私の脳裏に、昭和のあの歌が蘇ってきた。「それって...

  •  0
  •  -

ゴリラの生態

我が家にもゴリラがいるのですが、彼はどうにか私が産んだ子なので、一応「ヒト科」に属しているようです。では、一般的なゴリラとはどのような生き物なのでしょう?ふとそう思ったのは、キングコングの映画の最後のあたりをチラ見したせいだと思います。ジェシカ・ラングの1976年版ですね。うら若き美しい女性を命をかけて守り、散って行った大きなゴリラ・・・。んなわけないだろ!巨大なゴリラを何故美化する?意味わからん、と...

  •  0
  •  -

所属したい

No image

ゴリオ(仮名)が、部活の試合中に狭心症発作を起こし、倒れてから最初の1週間。引きこもっているゴリオを残し、私は仕事に出ていた。昼も夜も、ひたすらパソコンで遊んでいるのはわかっていたが、その間、彼が何をしていたのか、その一端が判明した。彼は競技と共に、№8を諦めなければならなくなった自分と折り合いをつけるために、違う所属先を探していたのである。彼が求めた新たな所属先として現在わかっているのはこの2団...

  •  2
  •  -

俺の名は。

No image

先日ドクターストップがかかって以来、ゴリオ(仮名)は1週間ほど自分の身に起こった現実を処理できず、じっと家に引きこもっていた。練習を終えたチームの友人達が家に来てくれた日も、冴えない顔をしていた。普通に考えても、これは挫折である。私は確かに男の子を産んだはずだが、気づいたらゴリラに育っていたので、彼の気持ちはわからない。ただ、このままゴリオをチームから引き離せば、彼の精神のバランスは崩れるだろうと感...

  •  0
  •  -

人生のホーン岬

No image

オリンピックもクライマックス。今回、直前まで治安や選手村など、不安要素も多かった五輪なのに、なんと素晴らしい大会になったことか。チームワークの良さが際立っていた。陸上男子リレーの4人には、「ものづくりニッポン」的な努力と工夫が見えて誇らしかった。不可解判定もロンドンに比べると格段に少なかったように思える。報道だって、冬季に比べりゃ絶叫しようと失言があろうと、どれだけましだったことか。解説には愛があ...

  •  4
  •  -

ゴリオの係活動

No image

オリンピック期間中は、テレビをつけるとどの時間帯でも大抵何がしかのスポーツの中継や録画が流れていて、見ているだけで幸せだ。離れがたいがテレビを消し、とりあえず身支度を済ませ、車で2時間ほど走る。炎天下、10分と立っていられないほどの暑さと日差しの下に立つ。オリンピックとは無縁の、部活動見学である。ゴリオ(仮名)は今月だけでも合宿が3回。ほとんど休みなく、お盆も遠征だ。弱小の上、新チームにはメンバーが...

  •  0
  •  -

夜歩く

No image

夕べ、いつものようにゆっくりまったりと食事を終えたゴリオ(仮名)。家でのスタイルはトランクス一丁を冬でも貫くゴリラが、夜の9時を過ぎてTシャツを着はじめた。何してんだ。『ヒサジーがさ、今から一緒に行こうって言うんだよ』『探しに行くのかい』『頑張ってくるぜ』『車に気をつけな』男の子の親は、この辺りは気楽である。「悪いことはするな」と言っておけば良い。あのガタイではそうそう被害者にはなるまい。結局近所...

  •  4
  •  -

先週の続き

No image

はい、今週末も雨の中参加してまいりました。「英語観光ガイド養成講座」。今回は実地研修の巻だった。雨の予報が出たというだけで自主休講する気マンマンの私。ところが先週、講師の先生の弾丸トークに辟易していた友人の方が、「行く」と言う。まじかまじなのか?先週貰った資料一式に、あれから一度も触れていない私に比べ、彼女は会社にいるもう一人のYOU、「Pさん」に資料を読んでもらい、大まかな内容と、文章の書き方のパタ...

  •  0
  •  -

テスト期間

No image

ゴリオ(仮名)はテスト中。本当ならわずかなテスト前の部活休止期間とテスト期間をフル活用すべきだと思う。ところが、彼が家に帰ってきて言うことには。テスト勉強をするために友人たちと出かけたマックの近くで「献血ルーム」に誘われ、断り切れず「飲めや食えや」に乗せられて献血してきたそうな。緊張してとんでもなく血圧が上がったことを除いて、どうやら彼の献血初体験は楽しいものだったらしい。初めての未成年献血者は感...

  •  2
  •  -

購買ぶ

No image

さて、一昨日の夕方、いつものごとくスーパーで大量の食料品を買い込んでいると、隣でオットが、もしかしたら今日は母の日ではないかと言い出した。「来週じゃないの?」と返事をしつつ、サケの切り身の大きさをジッと見極めていた私だが、そういやスーパーのあちこちに「母の日」なるのぼりが立っている。ほんの数日前に「こどもの日」と称してゴリオ(仮名)所望の回る寿司を食べさせたばかりではないか。それなのにもう母の日と...

  •  2
  •  -

合宿の週末

No image

世界選手権をゆっくり見るには、余りに忙しい週末だった。明け方まで仕事とネットで読んだり書いたりした挙句、早朝5時半から合宿所で朝食作り。練習試合の会場までの車の中の往復の時間が唯一熟睡できる時間だった。朝食の片づけの後は昼食まで作って競技場に持って行き、練習試合の部員たちに食べさせて又夕食作りに合宿所に戻るという。ど根性な週末。ゴリオたちのチームは、大きな怪我をする子もいず、(両肩脱臼でさえまだ良...

  •  2
  •  0

ホワイトデーの自立

三寒四温の季節。突然暖かかったり、急に冷えたりで何を着ればいいのかわからない。昨日は少しのどかなあたりに車を飛ばすと、もう菜の花と、早い桜がチラホラと咲いていた。ハナミズキも満開で幸せな気持ちになる。そんな3月・・・。今年のバレンタインは日曜だったが、ホワイトデーは月曜日。大抵のことは女の私が動かなくてはなーんにもしない我が家の男共。そこでバレンタインもホワイトデーも自分で準備することになる。クソ...

  •  2
  •  0

男子高校生の(かかあの)日常

「男子高校生の日常」というアニメがあるのを、ご存知でしょうか。ゆるくてなかなか好きなんです。つべで第1話が見られます➡こちら最初や最後にちょっとだけ「女子高校生は異常」という小ネタも出てきますが、こちらもありえない展開でまあまあ。で、彼らの「かかあの日常」は、どーなんだ、と。ゴリオ(仮名)という生物を育てている私の場合を言えば、その日常とは・・・。弁当+捕食捕食捕食買い物買い物買い物夕飯はイメージ...

  •  2
  •  0

下敷き

No image

天候不順の日々。晴れたり降ったり、妙に暖かかったり、突然極寒かと思うように冷えたり。そんな中、泥んこスポーツは雷でも落ちてこない限り、中止になることはない。昨日も降ったり止んだりを繰り返す天気の合間にゴリオ(仮名)の試合は行われた。流血、骨折、脳震盪。一試合に3つ揃って、見ているだけでも眩暈がしそうだった。ユニフォームの色もわからなくなるほどの全身泥だらけ。なんで、こんな苦労をわざわざするんだろう...

  •  0
  •  0

シーズンイン

No image

フィギュアスケートの選手がジャンプで転んだ時の転び方の上手さに驚くことがある。あのスピードで固い氷に身体を打ち付けながらもすぐさま立ち上がり、演技を続ける。JOでも、GGがジャンプで転倒してもすぐに立ち上がり演技を続ける速さとバネに驚いた。素人ならしばらく立ち上がることもできないと思う。一番印象に残っているのがあの浅田真央2008年ワールドのフリー。3Aを跳ぶために上げたスピードのままジャンプが抜けてその...

  •  0
  •  0

もももすももももものうち

言葉は、聞くにつけ発するにつけ、耳にする時、ある種の気持ちよさが生まれる瞬間がある。子どもに読み聞かせた本を捨てられず、時折手に取る。あの時、絵本を読んでいて楽しかったのは息子なのか、私だったのか。彼は私の声に敏感だった。緊急手術で生まれた息子だった。取り上げた瞬間、へその緒は取らずとも落ちたそうだ。間一髪だった。彼と私の初対面は、生後4日目くらいだったか。声をかけると、「ハッ」としたように体をば...

  •  6
  •  0

風邪にはストナ

「風邪ひかなくても買います」と書いたからには、一刻も早くドラッグストアに走らなくては、と思っていたら丁度息子が熱を出して帰ってきた。おお、なんと親孝行な。ストナには言うに言われぬ恩義を感じているためか、すっかり大人買いする気でドラッグストアに意気揚々と入った。わざわざお店の人に、商品名で「ストナ、買いたいんですけど」って、普通言わないと思うのだ。でも、この勢いなら、何でも言える。気がした。「ストナ...

  •  0
  •  0

バカ息子たち

No image

大雨で、大変なことになっている。信じられない光景。救助を待つ方たちの気持ちを考えると、胃がキュッとなる。一人でも多く助けたいと救助の方々も必死だろう。どうか助かりますように。オットの実家も大きな川の傍にある。舅は昔ダムの決壊を経験していたので、実家の建て直しの時は、地盤から作り直した。近所の人から笑われたそうだが、それでもひときわ高くし直した土地に、家を建てた。舅が亡くなって、7回忌を迎えた日、ま...

  •  5
  •  0

夏の思い出

2学期が始まった。私が学生の頃は、夏休みと言えば友人たちと海へ繰り出し、遠出しては、「夏」を過ごした気になったものだ。宿題は7月中に終え、進学補習にはクラスで一人だけ参加を拒否して出なかった。8月は丸々ひと月、遊んで暮らした。好きなだけ本を読み、好きなだけ寝て、好きなだけ音楽を聴いて過ごした。今時の子どもは忙しい。夏休みもずっと補習と練習だったので、息子の生活は夏休みであろうと学校が始まろうとあま...

  •  4
  •  0

うちのメシ診断

うちのご飯は私のやる気無し無しのおかげで現在非常にテキトーな感じになっておりますが。家族はみな一見栄養過多にしか見えないので、量より質、の問題だろう。厚労省HPより学校には時々「容儀検査」なる身なりのチェックがある。息子は先日、「身なりは合格、その腹が不合格!来月見せに来い!」とダメ出しを食らったらしい。容儀検査で「腹」チェック。筋トレのおかげで5キロ減り、入らなかったジーンズも楽々履けるようになっ...

  •  0
  •  0

ふしぎな生き物

No image

暑いので、夏服になった。息子が初めて袖を通した夏の制服。「あれ?肩きつい。胸ボタン止めるのがきつい。」採寸してから2か月しか経っていない。制服屋さんに電話した。「刺繍した制服は返品交換不可」という。採寸ミスじゃないのかと食い下がったが、駄目だった。体重は変わらないのに、部活の練習は彼の体つきを又しても変えつつあるのだ。3桁の体重に刻々と迫っている息子だが、腹は元に戻った。代わりに胸、肩と首回りに来た...

  •  0
  •  0

親の顔が見たい

No image

ところで我が家で唯一、運動をする息子は、その運動が別に好きなわけではない。痛いし、きついし、オラオラな運動系のチームメイトが苦手だからである。中身がオタク、しかも争い事は嫌い、という致命的な弱点も持っている。元々、競技には不向きなのだ。只、悲しいことに、試合中の彼は悪い選手ではない。別に良くもないのだが、とりあえず置いておきたいタイプだろう。ということで、彼は今日もスポーツと宿題の狭間で疲れ切り、...

  •  0
  •  0

今日も1500ml弁当

先日、友人からプレゼントされた本今日も嫌がらせ弁当ttkk (著) 弁当界のナンシー関か?マツコをはじめ、似顔絵シリーズの激似っぷり。缶コーヒー「BOSS」をはじめ、ドリンク海苔巻シリーズの恐るべきハイクオリティ。チーズと海苔が、この方にかかると食用戯画と化す。圧巻は永谷園のお茶漬け!これが食べ物、しかも弁当箱に入っているだなんて、どんだけ?最初の弁当、「気を付けろ!赤ずきん!」の下のセリフ、「ママの口が大き...

  •  0
  •  0

去るもの、来るもの

No image

さて、送別会のシーズン。桜もほころび始めて、いい季節だ。息子は無事に希望する進路に進むことができた。ここでなくては、という彼のこだわりは、母親を胃潰瘍にするには充分な無謀さだった。結局人間なんて小さい頃から何も変わらないものらしい。親の言うことなど聞きやしない。自分の好きなようにしてきた男なのだから、好きなようにやっていくのだろう。これからも。先日行われた送別会で、若い女子から声をかけられた。彼女...

  •  4
  •  0

春よ来い

No image

息子がようやく終えたのは、「お」が付かない方の受験である。塾に行くのが楽しみだったらしいが、塾でしか勉強しなかったので、息子が勉強する姿は見たことがない。たまに机に向かっていたかと思えば、志望校に入ってから取るはずの資格を入学前から一人で取りに行き、合格証を得意げに見せに来た。意味不明なことをやらかす。普通は心配するか勉強させるかするのだろうが、悲しいことに私は負けず嫌いだ。彼が試験に落ちれば全て...

  •  2
  •  0

卒業式の鬼

No image

卒業式に何を着ようかと、これからのシーズン考える方もいらっしゃると思う。私も3年前とは明らかに違ってしまった体型に、んんんんん、と悩む。・・・卒業式といえば、必ず思い出すことがある。中学校の卒業式。そこそこ楽しかった思い出もあり、最後の仰げば尊しでは涙の一つもこぼす予定だった。ピアノ伴奏が始まって、皆が歌い始めてすぐのこと。後ろの方から場違いな「おおおおお~~~~ん」「おぉーーん」という鳴き声がす...

  •  0
  •  0

間近に見るツンデレ

No image

不肖の息子にも数人、友人らしき女の子がいる。皆で集まるときにはお互いの家に行き来して遊んだり、一緒に出掛けたりしている。学校ではあまり話をしないらしい。朝、息子が家を出ると、私はベランダに朝の空気を吸いに行く。気取って歩く(本人は普通のつもりだけど)息子が嫌でも目に入る。そこに左手側から友人の一人である女の子がやってくる。家がすぐ近くなので、どうしても一緒になってしまう。彼女は何故か息子とは逆方向...

  •  0
  •  0

織田さんの画像

No image

夕べ、なぜか英語の宿題だからと息子に頼まれたのは織田信長の画像。印刷していって、その人物について説明しなけりゃならないから、頼むと言う。ふーん。私はイソイソと、画像検索で真っ先に見つけた、私の殿(女子力が高い方)の画像をプリントアウトし、息子に手渡した。「はい、これ」息子は先日のNHK杯の折、「アボットは良かった。ユヅの下だったとは納得いかんっ!」と怒っていた。そこそこ、スケート見てることだし、英語...

  •  0
  •  0

厨二病親子

No image

浅田真央の五輪が終わり、世選が終わり、もうこれで、私のフィギュアスケートに関する喜びも悲しみも終わったものと思っていた。GPSだって、殿の解説が楽しみで見ているだけだろうと思っていた。が、しかし・・・。エリボン杯が始まる今夜半、まっちーの出番であり、はるかちゃんの出番でもある。ラジ子に、そして先日は涙を流したリプも。アシュリー姐さんのジャンプに、またしても妖怪が憑りつくのか、リプはいつものリプに戻る...

  •  0
  •  0

給食

No image

私の作る夕食は、学校の給食とよくかぶる。ちゃんと給食献立表を見て作るお母さんなんているんだろうか?とりあえず冷蔵庫にあるものでちゃちゃっと作る、それで精一杯。ところがうちの息子の不満は、「かぶり献立」というより、「夕食が給食そっくり」という一点に集中している。私は学校給食ほどありがたいものはないと思っているので、毎年学校からくるアンケートには給食絶賛を表明しておく。ところが息子曰く「味も中身も病院...

  •  0
  •  0

シリとフトモモ

No image

明日は休日。出なければならない会合もおサボリして、買い物に行かなくてはならない・・・・・・・・本当なら、ウキウキもするとこだろう。だって、可愛い息子のための買い物なんだから。しかしながら・・・・・・・・私は、ドキドキしながら可哀相な息子のために、買い物に行くんである。あるのだろうか?この夏、異常な速さでますます成長したオシリとフトモモを覆うことのできる制服が・・・。先日もバーゲン中の若い子の行く洋...

  •  0
  •  0