現在の閲覧者数: カテゴリー "映画の話" の記事 - 老嬢の鼻眼鏡

カテゴリー "映画の話" の記事

カメカメカメよ、カメさんよ〜♫

『素敵なウソの恋まじない』ダスティン・ホフマンとジュディ・ディンチのラブコメディー。原題『esio trot』の意味がわからず、調べてみると、原題まで逆さま言葉になっていた❣️『tortoise』⁉️そのものズバリ、🐢カメだった💕原作のはじめには、北アフリカからかつて劣悪な環境下、大量に輸入されたカメの話が書いてある。今は人間ではなく『tortoise』のために、保護され、輸入は制限されているという。先日CSで『卒業』が放映され...

時は、やってくるものなんだ。

「深町君・・・おねがい」「なに、急に・・・」「へんな女の子だって、思わないでね」「うん、思わないよ」「あなたの、パジャマを見せて」いえ、「KIDS STATION」で『時をかける少女』を観た、というだけなんです。十分、「へんな女の子」ですよ、芳山さん。何度も再放送されていますので、何度も観ているんですけど。こんなにいい映画だったとは・・・!!!白いブルマくらいで驚いてはいけません。体操服がブルマにIN、くらいで...

満員電車は乗り過ごそう

日本映画チャンネル「市川崑劇場」で見た「満員電車」ところどころオチに言及しておりますので、あしからず。日本映画チャンネルの「あらすじ」には「ぶっ飛んだギャグの連続は爆笑必死。」とある。私には全く笑えなかった。登場人物の名前で辛うじてコメディーだったと気が付く。作品紹介の様に「ぶっ飛んで」もいず、ギャグという言葉ではとても括れない。クレイジーキャッツとは全く違うアプローチなのだから。歯医者といい、社...

パーフェクトな女

『ケイト・レディが完璧(パーフェクト)な理由(ワケ)』をAmazonプライムで視聴。サラ・ジェシカ・パーカーが主演したコメディーである。wikiよりボストンの投資会社でファンドマネジャーとして働くケイトは、夫と二人の子供を持ちながら、数々の仕事で成果を挙げるキャリアウーマン。仕事と家庭をなんとか両立させながら懸命に働く彼女に、ついに大きなチャンスが訪れる。新しい投資ファンドに関する彼女の提案を、ニューヨーク...

TVミュージカル映画の方の「シンデレラ」

1965年に制作されたミュージカルTV映画「シンデレラ」をAmazonで視聴。youtubeにもフルバージョンでありますが。このTV版「シンデレラ」はリチャード・ロジャースとオスカー・ハマースタイン二世の名コンビが楽曲を作り、1957年にジュリー・アンドリュース主演で制作したミュージカルのリメイク版。オスカー・ハマースタイン二世は1960年に亡くなっているんですね。にも拘わらず、1965年版のクレジットには、ちゃんと「Rodgers & H...

バンクス氏の救済

『ウォルト・ディズニーの約束』原題は 『Saving Mr. Banks』直訳すれば「バンクス氏の救済」で、これは映画のテーマそのもの。バンクス氏が、メリー・ポピンズの原作者、トラヴァース夫人にとって本当に「救済」されたかどうかはわからない。映画.comより http://eiga.com/movie/77784/米ウォルト・ディズニーが、自社の映画製作の裏側を初めて描いた作品で、1964年の名作ミュージカル映画「メリー・ポピンズ」の製作秘話をトム...

メロディ

今でも時折CSなどで放送される『小さな恋のメロディ』。小学生になるかならないかの頃、年の離れた姉に連れられて何度映画館に足を運んだことだろう。ビージーズの音楽が全編に流れる、美しい、特別な映画。あらすじ(Wikipedia)舞台はロンドン。公立学校ながら、厳しい教師と生徒たちの間でささやかな対立がはじまっていた。厳格な教えを説く教師たちや子供に過干渉な親たちと、それらに従うことなくそれぞれの目的や楽しみを見...

夜は短し走れよゴリオ

...

アナ雪

...

モテる男

渥美清が金田一耕助を演じた『松竹版 八つ墓村』を久しぶりに見た。wikiによれば本作を原作とした映画が3本、テレビドラマが6作品、漫画が5作品、舞台が1作品ある(2014年3月現在)。9度の映像化は横溝作品の中で最多舞台を入れると10作品もあるという。実に色んなバージョンで見ているので、頭の中でまぜこぜになっている。印象に残っているのは、古谷一行TV版、終戦後のうらぶれた雰囲気の漂う雰囲気が好きだった。鰐淵晴子の...

オシャレ怪獣ドゴラ

『宇宙大怪獣ドゴラ』をCSで観たのです。1964年、東京オリンピックの年に公開されているんですね。チャンネルNECOよりhttp://www.necoweb.com/neco/program/detail.php?id=3797宇宙大怪獣ドゴラ 1964 東宝【キャスト・スタッフ情報】監督:本多猪四郎 特技監督:円谷英二 原作:丘美丈二郎 脚本:関沢新一 出演:夏木陽介 ダン・ユマ 中村伸郎 小泉博 藤山陽子あらすじ『ゴジラ』の本多猪四郎監督×特技監督・円谷英二コン...

よい子が住んでるよい町は

この連休中、他のブログ様を読んで楽しませて頂いたり、撮りためたTV録画を繰り返し見たり、相変わらず本の雑読(私の場合、読書というほどのものでもないので)を致しております。まずは「シャーロック・ホームズVSモンスター」ぶっ飛んだC級。何に驚くかって、これが2010年制作だというところでしょうか。2010年だよ。ガイ・リッチーの「シャーロック・ホームズ」の後ですよ。60年くらい昔の映画だと思って見れば「すげーなー...

ブラッドベリと怪獣

この夏、CSで怪獣映画を沢山流していた。もしやと思って番組表から和田誠さんの本にも出てきた「原子怪獣現る」を見つけることができた。「原子怪獣現る」原題は「The Beast From 20.000 Fathoms」つべはこちら➡https://www.youtube.com/watch?v=rGsilO8T4yIこちらの方が見やすいかも➡https://www.youtube.com/watch?v=NbqhbrycSGEwikiよりhttps://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8E%9F%E5%AD%90%E6%80%AA%E7%8D%A3%E7%8F%BE%E3%...

絵筆のサスペンス

『迷宮のレンブラント』原題 INCOGNITO製作年/国 1997年/米配給 東宝東和時間 107分公開日 1999年10月9日(土)監督 ジョン・バダム出演ジェイソン・パトリックイレーヌ・ジャコブロッド・スタイガーイアン・リチャードソンストーリー 【キネマ旬報データベースより】(※内容にネタバレを含みます)ハリー・ドノヴァン(ジェイソン・パトリック)は天才的な贋作画家。ニーヨークでケチな依頼主に贋作を売りながら生活していた彼は、...

ラストベガスは最後じゃないよね

熊本で被災した友人が連休で実家に帰って来た。心身共に疲れていないか、どうだろうと心配していたが、会って顔を見ると元気そうでホッとした。地震の瞬間とその後の話は聞いた話であっても辛くてここには書けないが、兎にも角にも無事でよかった。今回集まったのは4人。女子高からエスカレーターに一緒に乗った仲間である。多分校則の厳しさに一番辟易していたのは私だったと思うが、皆それなりに学生時代を楽しんだ。考えてみる...

「女経」の純情

日本映画には全く興味がなく、この年まで来てしまった。ところが、このところ「日本映画チャンネル」の古い映画にハマっている。昨日見たのが薬師丸ひろ子の「Wの悲劇」。最後に薬師丸が歌うユーミンの曲、こんなに良かったっけ。あの芝居がかった芝居を真似して遊んだものだが、今見ると三田佳子も凄いし、ラストの後味も悪くない。「探偵物語」は若い頃何度も見たが、今見ても薬師丸が素晴らしい。顎のラインのボブにワンピース...

「ガス燈」の旋律

イングリッド・バーグマンが1944年アカデミー主演女優賞を得た映画。Movie Walkerより「ガス燈」1947年6月公開1870年のロンドン。オールクィスト家に起こった歌手アリス・オ ールクィスト嬢の殺人事件は未だ犯人があがっていなかった。アリスの姪ポーラはグレゴリー・アントンと結婚したが、良人の言に従い問題の家で結婚生活を営むことになった。ある日ハンドバックに入れたはずの首飾りが紛失して以来、グレゴリーは...

SATC的「追憶」

「追憶」原題名は”The Way We Were”Movie Walkerよりストーリー1937年の春、ケイティー(バーブラ・ストライサンド)とハベル(ロバート・レッドフォード)の2人は、大学の創作クラスで机をならべて勉強していたが、政治活動に熱中するケイティーとそれに興味を示さないハベルの生き方はまったく違っていた。やがて、学生たちは卒業し、各方面に散っていった。第2次世界大戦中のニューヨークで、ケイティーとハベルは偶然、再会し...

黒蜥蜴の唄

先日江戸川乱歩と美輪明宏さんの話を書いたら映画「黒蜥蜴」のことをコメントで頂いたり、リンクさせていただいている「にゃんこさんさんのブログ」様でもご覧になられた感想を書いてくださっていた。見たいと思ったのだが、この映画、私が調べた限りではどうやらDVDになっていないようなのだ。代わりにつべで見つけた。つべに上がっている映画はフランス語字幕がついている。海外評価の方が高いのだろう。三島の戯曲からの映画...

忌まわしき花嫁と黒い十人の女

ゴリオ(仮名)の部活が無い休日はめったにないので、昨日は貴重な一日だった。朝から仕事の勉強会。面白くてあっという間に時間が過ぎた。昼食を摂る間もなく映画館に急いで、ギリギリに上映時間に間に合った。「SHERLOCK シャーロック 忌まわしき花嫁」ベネディクト・カンバーバッチ主演で世界的人気を誇る英BBCドラマ「SHERLOCK シャーロック」の特別編。舞台を現代から1895年ビクトリア朝のロンドンに移し描かれるスペシャル...

東京物語

先日お亡くなりになられた原節子の代表作ということで、『東京物語』が放送されたので、録画しておいた。尾道の小さな港の湾沿いに並ぶ瓦葺の屋根。蒸気機関車の吐く黒い煙。戦後の復興と共に失われた家族の在り方の欠片が散らばる。どこまでも善良で、「私らは幸せですよ」と語り合う老夫婦。田舎から東京まではるばる子ども達に会いに来た両親に、冷たい実の子ども達とは違って、血の繋がらない義理の娘の紀子(原節子)が一番優...

ルーク・スカイウォーカー

先日「スターウォーズ」を地上波で録画した。『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』を最初からじっくり観たのは初めてだ。「2001年宇宙の旅」は好きな映画だし、レイ・ブラッドベリは大好きな作家なのに、どういうわけか「スターウォーズ」シリーズが公開された時点では第1作目だったこの映画は、食わず嫌いのまま、まともに見たのはファントム・メナスくらいで、この年になってしまった。ルーカス制作の作品では、「イン...

キャデラック・レコード・ラバーズ・オンリー

「キャデラック・レコード ~音楽でアメリカを変えた人々の物語~」Cadillac Recordsたまたまテレビをつけたら、こんなに素敵な映画が。http://www.cinematoday.jp/movie/T0007617シネマ・トゥデイより1950年代のシカゴを中心に、伝説的なレコード・レーベル、チェス・レコードと所属アーティストたちの盛衰を描く実話ドラマ。監督は『彼らの目は神を見ていた』のダーネル・マーティン。チェス・レコードを立ち上げたレナード・チ...

足は真っ直ぐね

「ステップアップ4 レボリューション」を見ていた。ストリート系、というのか、このあたりのダンスは好んで見ないのだが、この映画の女優さんのダンスにはくぎ付け。素晴らしかった。足が素晴らしい。新体操のような、足の使い方。裸足で踊ります。ステップ・アップ4:レボリューションSTEP UP REVOLUTION全世界で大ヒットの最強ダンス映画シリーズ第4弾。故郷の街を再開発計画から守るため、ダンス・パフォーマンスを企画する...

パガニーニ

「21世紀のパガニーニ」と称される美貌のヴァイオリニスト、デイヴィッド・ギャレット。超絶技巧を自在に駆使しての自由闊達なヴァイオリンの音色に只々あっけにとられ続けた。天才の一生というものは、とかく映画になっても切なく苦しいものが多いものだが、これもその一つと言っていいだろう。ただこの映画、一生を丹念に追う必要がないほど、主演、制作総指揮のデイヴィッド・ギャレットは映画の中でパガニーニを演じ切った。...

マダム・イン・ニューヨーク

仕事が終わり夕食の支度をすませ、もうすぐ私の住む町では上映が終わってしまう「パガニーニ」を見るために映画館に急いだんだけど。時間が変わっていたので午後7時からの映画は「マダム・イン・ニューヨーク」。ポスターが好きだったし、ニューヨークに行った気分になれるなら、と見るとにした。とかく「ボリウッド」と揶揄されるインドの映画だが、これは素晴らしかった。インドに住むシャシは専業主婦。夫はやり手(らしい)ビ...

眠れる森の美女

「Dlife」チャンネルが、アンジー姐さんの「マレフィセント」公開記念にディズニー映画「眠れる森の美女」を放送してくれてたので、息子と一緒にあれこれ突っ込みながら鑑賞中。テレビのHDが壊れてしまって、データもだめになってたので、これは嬉しかったわ。王国にようやく誕生したお姫様のお祝いの席で、この姫は粘着質の悪い魔女に呪いをかけられてしまう。魔女の呪いからお姫様を守るため、3人の善良な魔法使いが森の奥で彼女...

ヘアスプレーのおばちゃんダンス

トラボルタが太ったママに大変身して話題を呼んだ映画、「ヘアスプレー」。これはリメイク版。《Welcome to the 60's》Lサイズショップのモデルをしないかと話をもちかけられたトレーシーが、太りすぎてもう何年も外に出かけようとしなかったママ・エドナと一緒にミスター・ピンキーのお店に出かける時の曲で、6分13秒もあるわ。ソチ五輪の女子シングルショートプログラムの演技が始まってしまった。私はとても落ち着いていられず...

dream

I have a dream that my four little children will one day live in a nation where they will not be judged by the color of their skin but by the content of their character.私には夢がある。私の小さな四人の子ども達が、いつの日か肌の色ではなく人間の中身によって評価される国に住めるようになるという夢だ。I have a dream today私にも夢があるわ。組織の力関係ではなく、演技そのものによって評価されるスポーツを見...

納涼007

「007サンダーボール作戦」いわずとしれた、007映画の第4作目である。なんといっても、ふんだんに取り入れられた水中シーンが怖かったり美しかったりで、夏にはぴったり、目にも涼しい。暑い時に、海の映像を見ながら涼しい部屋でボーっとする。ずーっとこうしていられたら、どんなにいいだろう。ジェームスボンド役のショーンコネリーが少々暑苦しいが、大好きな俳優なので仕方ない。この映画の全編に、あの007のテーマが、繰り返...