2017
03.07

大学4年生で、跳べちゃいました!

Category: ヤマト先生
続きを読む
Comment:2
2016
11.21

ヤマト先生、テレビにご出演

Category: ヤマト先生
続きを読む
Comment:0
2016
09.26

コーチ タムーロ

Category: ヤマト先生
なんか、今朝、出先のテレビで流れていたヅラの番組で、
『完璧な3A!』と聞こえてきたので
家に帰ってからつべで見ました。
つべの動画で見ると、「コーチはハマーラ、タムーロ・・・」とか聞こえるんですwwwww

紀平ちゃん、3Aも8トリプルもすごかった!
素直に跳んでる感じが好印象でした。
優勝、おめでとうございます!


これが真王なら加点どころか認定もされてない着地でしょうが、
とにかくめでたい!

とか言いながら、私のハートは勿論「タムーロなヤマーロ先生」に・・・。

本当に現役時代よりずっと素敵になられました。

yamato20162.jpg
ヤマト先生、現役時代ですよ。

yamato20163.png
hideも驚くチャラッチャラですね。


今や若手ホープをじゃんじゃん育成しているチームハマコーに、なくてはならないビジュアル担当・・・いえ、
コーチですよ、こーち。
yamatonorihira.png
ああ、こうして励ましの「目力」を頂きたいものです。

yamato2016.png
ああ、「私の採点」を隣で一緒に待っていてほしい・・・。

それにしても、
デイリーの記事に、いちいち反応しても仕方ないのですが。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160925-00000031-dal-spo

「14歳の紀平梨花が真央上回る、史上初の8つのトリプルジャンプに成功」
デイリースポーツ 9月25日(日)10時32分配信

~略~

紀平は冒頭のトリプルアクセルに成功。GOEで加点が付くできばえだった。その後も3回転ルッツ-3回転トーループなどすべてのジャンプで回転不足、エッジエラーなどミスがなく、加点が付いた。6種類8つの3回転ジャンプを女子の決めたのはISU管轄の試合では初の快挙。

浅田が2014年ソチ五輪のフリーで6種類8つの3回転ジャンプを入れる構成だったが、軽度の回転不足などがあった。



要するに、どこまでも真王は認めたくないんでしょうかねえ。

いまだに・・・・。

今朝のテロ朝、「おはようさん」でも大々的に取り上げておられましたが、
例のスグリ妹が「ひじょーうに」
を繰り返しながら、テレビ向けお褒め役を仰せつかっておられました。

一言も、真王に触れることはありませんです。

ああ、言いたかないんですけどね。

ジュニアとはいえ、ジャンプの着氷、3Aに限らず、
真王なら認められてないと思いますわ。
「完璧」とは何をもって完璧と断言できるのか、お尋ねしたいですわ。
真王は「軽度の回転不足」って、分度器で測ってから言えよって言いたくなるので、
機械の導入を望むんです。
ジャッジの「好み」じゃなかったんでしょうよ。
メディアの好みでもね。
続きを読む
Comment:0
2016
03.22

育てる人ヤマト

Category: ヤマト先生
世界Jrが終わって、ようやくヤマト先生のブログを見に行きました。

教え子の二人が出場する試合、
今回ヤマト先生は同行しなかったそうですが、
本田選手、白岩選手それぞれについて、
彼女たちの成長した部分を
愛情あふれる言葉で綴っていました。

特に4位という好成績でも、日本人選手で一人だけ表彰台に乗れなかった白岩選手に向けて

今回、日本代表選手で一人だけ表彰台に乗れず、
悔しい思いがあるかもしれませんが、世界ベスト4。
胸を張って帰って来いと言いたいです。

田村岳斗華麗なる舞より



なんて優しくて男前なコーチでしょうか。

そしてお約束の変写真。
「トンカツ」と「勝利寺」って・・・。

ロシア選手には不運が重なった試合でしたが、日本人選手3人、素晴らしい結果ですごいっ!


・・・にしても、この快挙に、ちっとも嬉しそうでもなく、弾むこともない氷の声の持ち主、ポンデがイラッときますね。
シンバさんの時だけ少し声のトーンが上がりましたので、感情と(損得)勘定は彼女にもあるのでしょう。
蛆は実況も「?」な情報を差し込んできますので、うっかり聞き逃せない、聞き捨てならねえことも相変わらず言います。

Jスポみたいに、有料でも全選手全演技を流してくれた方が、そしてまともな解説で聴かせてくれた方がどれ程ありがたいことか。


Comment:2  Trackback:0
2016
03.05

やっぱドヤ顔

Category: ヤマト先生
なんだか、私の方まで戦い済んで日が暮れた感じです。

一仕事やっとこさ終えて、受けていた試験も、今回の分の単位数を最低限にしていたため、何とか取れました。

さっとんへのあれこれな記事を読んでしまったこともあって、
今ようやくヤマト先生のブログを読む気持ちの余裕ができたのでした。

やっぱり、すごいドヤ顔で変写真www(^^♪

こちらですね。
田村岳斗 華麗なる舞

四大陸の男子の結果については、さすがの考察。
ヤマト先生、フィギュア界のフモさんですな。

ヤマト先生のブログの言葉には、いつも尊敬やヤマト先生的愛情が感じられて、
私はとても好きなんです。

自分のところの選手達の良いところ、伸ばす必要のあるところには冷静です。

男子選手に関しては、男子の選手を担当していないということもあるのでしょうが、
ヤマト先生自身が4回転ルッツに挑戦した時の話なんて経験者ならでは。
テケシ先生はじめ、現役を退いても尚男子があんなに4回転に夢中になる興奮が伝わってきます。

女子なら3A、男子なら4回転ジャンプというものが、誰でも挑戦すれば跳べるというものではないのだなと
こういうブログを読ませて頂くとつくづく思います。

選手にある其々の強みを引き出して点数に繋げる、それがコーチの仕事なんでしょうね。

どんなに結果を出しても、偉そうにすることもなく、周囲に乗せられることもなく、
変わらずに自分のペースでやっていけるところが彼女の強みです。
~田村岳斗



これは四大陸のさっとんについて書いたヤマト先生の言葉です。
さっとんにはいつも自分の生徒でありながら、尊敬の気持ちを隠さないヤマト先生。

さっとんの演技の弱点も、知り尽くしていると思います。
だからこそ彼女の限界と、ではどこなら伸ばしてあげられるかを考え抜いて
そういった意味の「戦略」を練っているのではないでしょうか。

誰も浅田真央にはなれない。

だからこそ努力するしかない。
それを見せてくれるのが宮原知子だと私は思っています。

4大陸でジャンプが認められたからといって
次はわからないのが摩訶不思議ジャッジ。

ヤマト先生が携帯画面に祈ったように、
私も世選ではボストンに向かって(どっちの方角かわかりませんが)祈りますわ。


別世界の浅田真央は、彼女の演技を存分にやりきってくれればいいのです。

誰だって強い選手が好きだから、浅田選手が好きだという方もいらっしゃるでしょう。
でも私はその「強さ」が点数という結果を出せる「強さ」なのか、
それとも精神の強さをいうのかというところに、
こだわっているのです。

浅田選手が生まれ持った資質の上に尚努力を重ねてあの美しさに到達した。
技術を磨くだけでなく、そこに至るまでの諸々に耐え抜いて。
そこが彼女の強さだと思いますし、その結晶として得たあの美しさと精神が好き。

報われてほしい、と切望します。



女子選手で最高難度のジャンプを跳び、誰よりも滑らかなスケーティング、
美ポジだらけのエレメンツ。

これだけやっても点を出し渋るのかと驚くしかない。
恣意的採点と言われても、仕方ないと思います。


点数にはもう期待しませんが、

彼女の未来をある意味で決定づける試合になるのではと思っています。

選手たちの演技には、ワクワクいたします。

でも、一方で、号泣も覚悟の上、タオルを握りしめ、正座して観るつもりです。

あれ?

ヤマト先生のブログの話でしたが、またしても脱線いたしました。




Comment:4  Trackback:0
2015
12.16

KENJIの部屋、さっとん編3

Category: ヤマト先生
スポーツテレビ局J SPORTSの人気番組

フィギュアスケーターのオアシス♪KENJIの部屋←リンクしています

宮原知子編エピソード3がアップされておりました。

さっとんの口数の少なさにも慣れてきたのでしょうか、
いろんな工夫をしながら、KENJI先生、お話を進めておられます。

全部面白いのですが、ツボった部分だけ。

KENJI:じゃあ有名人じゃなくて、憧れというか生まれ変わってみたいスケート選手はいる?

宮原:いっぱいいます。

KENJI:例えば?海外の人?

宮原:海外の。

KENJI:誰?例えば

宮原:伊藤みどりさんとか。

KENJI:(笑)めっちゃ海外ちゃうやん!

宮原:そっか(笑)

KENJI:国内やん!

宮原:タラ・リピンスキー。

KENJI:雰囲気というかなんか似てるよね。タラともね。あの子もすごかったやん、ちっちゃくて。14歳やったっけ?

宮原:それぐらいです。

KENJI:そうやんね。さっとんポテンシャルが高いなぁ。海外の伊藤みどりさんって、怒られるで(笑)



さっとん、おとなしいだけでなく、適度にボケつつ、人柄の滲むやわらかトークがいいですね。
「海外の」みどり神は勿論ですが、タラさん、何気に日本人選手(真央ちゃんとか真央ちゃんとかさっとんとかしか知りませんが)の憧れのスケーターなんですね。


さて、KENJIの部屋への入室は、シーズンに入ってからは
勿論、ヤマト先生のブログ経由でございます。

ヤマト先生のブログには、さっとんはじめ、本田真凜選手と白岩優奈選手のJrGPFでの活躍ぶりなどが
「少しでもその役に立てるように僕も成長しなければいけません。」
との言葉と共に綴られています。

写真が、やはりチームになってましたね。
ヤマト先生、しつこいようですが、写真の無断借用申し訳ありません。
問題がありましたら、ぜひご連絡を。

yamato1.png



ハマコー先生は捻挫、お大事に。
ヤマト先生、ホームシック?
あと、裏からすごく支えた人は、トレーナーさんでしょうか。

今朝、テロ朝の朝の番組「おはようさん」で、さっとんとハマコー先生、
しょーま君と樋口先生の、リンクに出る前の「儀式」の話が出ていましたね。

そして、録画し損ねてキャプが取れずに残念だったのですが、
あのパトリックが、GPFの試合直前に、あのおばちゃんコーチ、キャシーさんと「30秒以上?」しっかりと長いハグをしている映像が流れたのです!

番組でも、「あの元世界王者でさえ緊張する舞台で、力づけてくれるコーチの存在は大きい」といったことを言っておりました。
パトリックの違う一面がまた垣間見えて、彼のインタビューの言葉を思い出さずにはいられませんでした。

以前コンニャクしたこの記事の、パトリックの言葉が忘れられません。
彼には彼の理想のスケートがあり、それに向かって邁進しているように見えます。
けれど、実際に競技に戻ってみると、たった1年で男子のリンクはクワドだらけ、天井知らずの点数・・・になっていたという・・・。


International Figure Skating
http://www.ifsmagazine.com/sections/articles/articles/32797-patrick-chan-competitive-fire-burns-bright
Patrick Chan: Competitive Fire Burns Brightより

“It’s more important for kids to actu- ally take the time to learn how to skate and learn the proper skating skills and become good skaters — like how Mr. Colson taught me when I was younger. We are leaning a little too much toward the technical side, and we’re not seeing enough really great skating, great stories and great programs that people remember. People are just remembering the big jumps, the big quads and all that stuff.”

「いかにスケートを滑るかを学び、相応しいスケーティング技術を身に着け、良いスケーターになるかに時間をかけることは、子供たちにとってとても大事なことなんだ。Mr.コールソンが僕に教えてくれたようにね。今のスケーターは少しテクニックの方に進みすぎているし、素晴らしいスケーティング、ストーリー性、そして人々の記憶に残るプログラムを僕達は見ていないんだ。人々は只、すごいジャンプ、すごい4回転、それを覚えているだけなんだよ。」



151213_fig_ex_PatrickChan1.jpg
ジョニ子、この指先、見てる?

Comment:4  Trackback:0
2015
12.09

ヤマト先生、GPFにご出発

Category: ヤマト先生
田村岳斗 華麗なる舞←リンクしています。

更新されていました。

勿論、私は宮原知子選手のファンなんですのよ。
決してコーチ目当てじゃありませんと、申しておきましょう。
カテゴリが「宮原知子」ではなく、「ヤマト先生」追加してるでしょーが、と
突っ込まないでください。

ヤマト先生、生徒さん多いですしね。
将来有望な選手達のことも、一緒に書けますしね。

さっとんの写真より、ヤマト先生の写真が多いのも、気のせいです。

写真、お借り致します。
※写真は選手の許可を得た上で掲載しています。
と記事にはありますが、私はヤマト先生に許可を頂いておりません。
何かございましたら、ご連絡をお願い致します。
下心は、ありませんから。

teamsatoko.png

「出発します!」
December 7, 2015 8:08 PM / フィギュアスケート 15/16シーズン

今からGPファイナル、ジュニアGPファイナルのためバルセロナに向かいます。

3人の選手たちとともにファイナルに行けることを誇りに思っています。

いつも選手たちにはいい思いをさせてもらっています。

僕は日本一の幸せ者です。

しっかりと選手たちが力を発揮できるよう、全力でサポートします。

応援よろしくお願いします!




勿論、応援させて頂きます。

教える選手達を誇りにい思い、自分を幸せ者だと思えるコーチがそうそういるでしょうか?


その一方、KENJIの部屋「宮原知子選手編」では、チームハマコーの練習の厳しい一面も垣間見えます。
ま、KENJIの部屋は相変わらずオモロイですが。


こちらにも、宮原選手と一緒にヤマト先生がっ!

kenjinoheya1.png


http://www.jsports.co.jp/press/article/N2015120720514406.html

【フィギュアスケーターのオアシス♪KENJIの部屋】宮原知子選手エピソード2

田村コーチ さっとんを小2から指導

――知子ちゃんの先生、いつからさっとんのコーチをしてるの?

田村:小学校の2年生かな?初めて会ったのはダイゴだから。

――醍醐の時か?

田村:めっちゃくちゃ下手くそだった。

宮原:(笑)

――何がそんなに?

田村:全てにおいて何かをできるようになるまでが人の3倍、4倍じゃきかないぐらい時間が掛かって、もう本当とろくさい子だなあと思ってたんだけど。

――大丈夫、後で殴っとくから。

宮原:(笑)

田村:え?怒ってんの?

宮原:怒ってない(笑)

――そうや、さっとんすぐ怒るねんで

田村:怒んなよ。

宮原:怒ってない(笑)

さっとんのスケート 性格のまんま

田村岳斗さん

――田村先生から見て、知子ちゃんのスケートはどう見える?

田村:性格がそのまんま出ているスケートをするなあと。

――例えば?

田村:僕だけじゃないと思うけど、本当にしっかり練習してるなというのが、滑り姿見てわかるでしょ。こいつサボってんなっていうのも見て、たまたま飛べたってのもあるし。でも失敗しても、しっかり普段から練習してるんだなってのがわかるよね?

――ブレは少ないよね?調子が悪くても少しだけ

田村:うん。

――って言ってくれてるよ

宮原:(田村におじぎ)


田村コーチから見た普段のさっとん

――知子ちゃん、スケート以外のエピソードある?

田村:1年目の時に、俺の車で野辺山行ったの。その時4人女の子がいて、その中に入ってて。もうちょっとで野辺山着くぞって時に、後ろに女の子4人乗っててギャーって言われたの。なんだー?って見たら一人の子の靴下に、俺の車のシートとガムがくっついてて大騒ぎしてて。
コンビニ寄ってって言うから、コンビニ寄って俺一人でイラってしてたの。コンビニ行くのは3人で、あれ?もう1人は?って後ろ見たら、たぶん俺がイラってしたのを察したのか、知子がティッシュでガムを取ろうとしてんだけど、かえって擦り込んでいたっていう(笑)

宮原:(笑)

田村:ね?やろうとはしてたんだよね?

宮原:覚えてない。

――優しいやん

田村:優しいところはある。ただちょっと擦り込んで……。

宮原:すみません。

田村:いえいえ。

――優しいとこもあるやん


田村コーチ さっとんの指導で気をつけていること

――岳斗先生が知子ちゃんを教える時に、特に気をつけて教えてる部分っていうのは?

田村:先シーズンはすごい結果が良くて。うぬぼれるとかそういう子ではないけども、人間だったら気の緩みや、そういう隙があるだろうから。そういう話をするとうちのボスが怒るから。良い時ほど気を引き締めてっていうのは、本人もわかってるし……俺の考えじゃないな、チームとしてね。

――つられてかどうか知らへんけど、お前の声も小さくなってきてる

宮原:(笑)

――前回の時と全然ちゃうねんけど(笑)。知子ちゃんから見て、田村先生はどんな先生?

宮原:面白い先生(笑)

――よかったな。面白いって

宮原:調子悪くて沈んでる時も、明るくしてくれる。

――いいやん。落ちたのを上げてくれる。いいよね


田村コーチ目標達成!!

――岳斗先生は前回このKENJIの部屋に来てもらった時に、今後の目標は?って聞いた時、全日本チャンピオンを生み出したいってって言ってたの

田村:(VTR)今年の目標?全日本でメダルは1回立ち会わせてもらったけど、まだチャンピオンにはなってないから、そこに行くまで自分も手伝えればなと思う。



「全日本チャンピオンを生み出す」


田村:俺言ってたっけ?

――言ってたよ。お前、だって酔ってたもん(笑)。結構ええこと言うてたよ。酔うてるからさ。覚えてない?

田村:そう言われると、言ったような気がしないでもない。

――普段から思ってることやから出たんやろうね。


全日本(金) 四大陸(銀) 世界フィギュア(銀)

――昨シーズン、全日本優勝で、四大陸銀メダルでしょ。しかも2年連続。世界フィギュアで銀メダルでしょ。すごくない?自分の中でも盛り上がった?

宮原:すごい嬉しかったです。

田村:世界選手権のメダルは目標だったけど、僕らも含めてチームでメダルのチャンスがあれば狙いたいと試合前から思ってた。いざ本当に獲ってしまうと、本人より僕らの方が喜んで。俺も獲った瞬間に、この子に下手くそって言うのはもうやめようって思ったんだけど。
日本帰って一週間も経たないうちに、俺には下手くそ言われるし、ボスには初級から出なおせって言われるし。まだ国別があったから、そこで気緩めちゃいけないってのもあって心を鬼にして、え?怒ってんの?



宮原:(首を振る)

――国別の時すっごいはしゃいでたやん!

田村:ガッツポーズしちゃったもんね。

宮原:(うなずく)


今シーズンの目標

――今シーズンの目標は?

田村:今シーズン、周りが変わったから。知子自身はそんなに変わったところは、心の中で上になったとか、そういう意識はないけど。でもこういう風にTV出る機会も増えただろうし、周りの方が変わっただろうし。
そんな雰囲気でも、今までの自分の良いところはそのままでいてもらって。周りがどんな状況であっても、とにかく試合で集中してベストを尽くす。それで去年よりも結果が出ればなって思ってます。

宮原:今シーズンの目標は、フリーは去年より難しくなってるんで、去年よりも演技の質を向上させることです。

――ジャンプだけでなくて表現や、踊りをもっと見せていこうってこと?

宮原:(うなずく)

追われる立場になって

――今まではどんどん上がってきて追いかける方やん。今は頂点に立って、今年2連覇もかかってて、追いかけられる方やん。プレッシャーってある?

宮原:すごく感じてるわけではないんですけど、普段の練習や試合に臨む気持ちは今までと変わらないです。

――自分の練習を、自分の試合をって集中してるから、あんまり周りの目を気にしないもんね

宮原:はい。

――家に帰ってきたら、TVでも雑誌でもわぁーってなってるし、その時にちょっと思うんかな?

宮原:TVでも自分のインタビューを見るのは、あんまり好きじゃないんで。

――それはなんでやろな

宮原:恥ずかしい(笑)

――これから知子ちゃんのプライベートな部分を聞いていきたいんで、先生がいたら言いにくいことがあるかもしれないんで、じゃあ先生、さよなら!


田村:いちゃダメ?

151208-03.jpg



宮原:どっちでもいいです。

――どっちでもいいん?

田村:どっちでもいい言うた(笑)

――俺今説明したやん。どっちでもいい言うたらあかんがな(笑)

田村:いちゃダメって言わなきゃなの。

宮原:あ、じゃあ、はい。

田村:じゃあすいませんでした。お邪魔しました。

――ありがとうございました





知子ちゃんも勿論ですが、ヤマト先生のご活躍、心からお祈りいたしておりますわ。

どの選手もしのぎを削ったファイナリスト。
誰一人としていい加減な練習をしてファイナルに来る選手はいないと思います。

真央選手には、もう好きなように、思い切り、自分らしく演じてもらえれば十分です。
何も言うことのないほど、彼女は美しい。

さっとんもですが、真央選手には、とにかく自信が大事。

浅田真央は誰とも比較しようのないスケーター。
これまでも、これからも。




Comment:4  Trackback:0
2015
12.02

ヤマト先生、ブログ更新

Category: ヤマト先生
宮原選手は、本当に良いスタッフに恵まれたのですね。

ヤマト先生のブログが更新されていました。

こちらの写真は、どうやら知子ちゃんEXのストラップのようです。
かわいい!
sato-thumb-500x666-10205.jpg


リンクしています↓
「田村岳斗 華麗なる舞~NHK杯が終わりました。」

宮原選手について、今回の試合の詳細を書いてくださっています。

一部分、お借り致しました。

あれだけのメンバーの中にあっても、
普段通りにやれたことが優勝につながっていきました。
実績や身体能力、経験もある選手の中にあって、
宮原の有利な点があるとすれば、それは辛抱強さです。
根比べをしたら、宮原に勝つチャンスが出てくると思っていました。
今までの試合で、確率的にここは危ないのでは?
というところは重点的に練習していました。
会場にはいってからのSPの2分50秒、
フリーの4分の中で勝負が決まったというわけではなく、
準備の段階を含めて勝利に結びついたと思っています。

試合では普段通りの精神状態に近づけること。
なかなかそれが難しいとは思いますが、
それにきちんと応えて結果を出してくれました。

中略

新聞等で読まれた方がいるかもしれませんが、
コンディション面で出水慎一先生が大活躍してくれました。
トップアスリートと接する経験も豊富な方で、
ウォームアップから練習、試合前後のケアまでしっかりやってくれました。
表現面でも田尾真里子先生に指導していただきました。
そういう方たちのサポートも含めて今回の結果につながりました。
宮原は、関わってくれた人になんとかしなければという思いを起こさせる魅力があります。
スケートに対する真摯な姿勢で、人を惹きつけて、
自然にチームとして出来上がっていきました。



チームのサポートがあることほど、選手にとって心強く、自分を客観的に知る環境はないのではないかと思います。
ブログではこの後、宮原選手は「今回の結果に慢心する選手ではありませんが、コーチである自分も油断することのないよう気を付けていかないと・・・」とありました。
ヤマト先生自身が、選手を育てることを通じて勝つことの喜びを感じていることが伝わってきます。

変な話ですが、つくづく若いっていいなと思います。
キャリアを積む上で、上昇気流に乗りつつある時の興奮があるんだろうなと。

これまで、今の真央ちゃんには佐藤コーチ以上のコーチはいないと思い続けてきましたし、今もそう思っています。
同時に真央ちゃんのスタッフも、以前のようにきっちりいてくれると良いなと、N杯以来、感じています。

身体のケア、心のケア、すでにスタッフがいらっしゃるなら心配ありませんが。

タラママのようなパワーを、彼女に照らしてくれる誰か。

アシュリーの輝きは、恋しているから?とも思います。
恋でもスタッフでもいい、浅田真央にきちんと、「あなたは世界一のスケーター」と、常に言ってくれる誰か。

良い時も悪い時もあるのは、人間誰しもそうですが、それにしても真央ちゃんのスケート人生は過酷。

プレッシャーや周りの雑音を一人で背負わなくて良いように。
心身のケアを客観的にできるように。

もうね、祈らずにはいられないんですわ。

ただただ、彼女が「リンクに帰ってきてよかった」と思えることを。

祈らずにはいられないんですわ。

Comment:3  Trackback:0
2015
11.14

ウチの選手たち

Category: ヤマト先生
フランスのテロ事件と、エリボン杯の中止で、
萎れておりましたが。

ニュースを巡っている途中で
いつの間にか、あのヤマト先生のブログが更新されていたことに気が付きました。

この方、解説もよろしいのではと思わせる選手たちについてのお言葉の数々でございます。

田村岳斗 華麗なる舞

「今シーズンもよろしくお願いします。」では、
日本男子選手と4回転のボーやん選手について語っておられます。
アニキ、です。

「今シーズンの選手たち」では、
「ウチの選手たち」について、一人ひとり丁寧に紹介してくださっていますの。

最後の部分は、完全にバキュン撃ち抜かれましたので、ここだけ紹介させてくださいませ。

ジュニア、ノービス世代の成長は、ウチのボス、濱田美栄先生の技術、熱意はもちろんですが、
宮原のスケートに対する態度が後輩たちにいい影響をあたえている事が大きいと思っています。
この2人は僕にも大きな影響をあたえてくれています。
 
選手たちが結果を出してくれるのは、とてもうれしいことです。
僕自身、選手時代を振り返ってみると、「楽しく滑れた」はただの負け惜しみで、
結果として勝てなければ悔しさが残るだけ。勝った時が一番楽しかった。
だからこそ、ウチの選手たちには、しっかりと準備をして、
より上のステージで「本当の楽しみ」を経験してほしいと思っています。



アスリート魂をよくおわかりのコーチ。
そのような気持ちで選手を育てていらっしゃるところが素敵です。



ウチの子も女の子だったらなあ・・・。
ヤマト先生の「ウチの子」の一人だったらなあ・・・・・・・・・・・・・・・・・。



隣を見ると、いつものパンツ一丁で寝転んでライン中のゴリオ(仮名)。

最近益々ゴリ化が進んでいるので太腿周りを図ってみました。

左の太腿1本で
62センチ。(今測りなおしたら64センチありましたわ"(-""-)")

大根足じゃなくて、軽く電柱ですね。

人間のウエストサイズでございます。

恐ろしくて胸や胴回りを測ってみる気にはなれません。

ゴリオ(仮名)は、男でよかったのかもしれません。
・・・・・・・・・・・・・。

綺麗なお嬢さん方、どうかヤマト先生のもとで、素晴らしいスケーターに育ってくださいませ。

box-thumb-500x666-10125.jpg
写真、お借りいたしました。
Comment:4  Trackback:0
2015
10.12

ヤマト先生、発進!

Category: ヤマト先生
たんたかたーんたかたんたったたーーーん!


頭の中で「宇宙戦艦ヤマト」のテーマが鳴り響いております。

ヤマト先生、いや、違いました、本田真凛ちゃん、JGPクロアチア大会優勝&ファイナル進出おめでとう!

marin1.png

marin2.png



JGPクロアチア杯2015(ISU Junior Grand Prix Croatia Cup 2015)日本代表-本田真凜さんの演技動画です。
動画主様、ありがとうございます。




ジャンプがキレてます。
高さ、回転軸、素晴らしかった。

演技後の解説がべた褒めです。
声色や興奮した物言いなどいらない。
こんな風に彼女の演技が魅せた点を一つ一つ取り上げ、
冷静に「彼女はスターだ。スペシャルだ。」と言い切ってくれる。
聞いていて、とても嬉しいです。

決してコーチから何やら言って聞かせてもらっているのがあくまでも自分であるような脳内妄想など致しておりません。
ご了承くださいまし。

いや、本当は、浅田選手の「バース・デイ 告白・・・ 浅田真央25歳 空白の1年の真実」
こちらの感想を書くはず、だったのです。

こちらの動画で涙したその涙も乾かぬうちに、

次の動画で、
たんたーっかたーん、たかたんたったたーーーん♪
ヤマトスイッチが入ってしまったのでした。

私の息子、「ごりお」(仮名)が、娘であったなら・・・。

自分もなぜだかグラウンドの砂にまみれて負け試合を見た後。
練習着をお風呂場のシャワーと足で踏んで泥を落とし、洗濯機に放り込み。
それでも洗濯物を干す部屋の床は砂まみれな連休。
おやつにどんぶり飯とラーメンと卵と肉とプロテイン入り野菜ジュース。
今日は練習試合中内臓をしたたか打った「ごりお」(仮名)はおやつ後に爆睡。
寝ている間に晩飯を作り、明日の弁当と捕食の準備に追われていた。
今起きてきた「ごりお」に夕食を食わせなくては・・・。
あ、夕食は食わせたはずなのに、明日の朝食のハムをデザートに食っている。
当然そのあとはパンで〆、のコースである。
これで炭水化物が足りないって言われるのはおかしいと思う。

裸族の「ごりお」は食事時も裸族。
下だけは履いているが・・・。



ああ、せめてこの微笑ましい師匠と可憐な教え子の姿に、
癒されたいのでございます・・・(ToT)/~~~


Comment:0  Trackback:0
2015
02.16

ヤマト先生の読書

Category: ヤマト先生
田村岳斗先生のブログによれば http://www.jsports.co.jp/skate/yamato/fs1415/post-154/

「まだまだ勉強中」とのことで、読書に励んでおられるご様子。

田村岳斗ブログ
「華麗なる舞」より

ところで、最近、他のスポーツの方がどんな考えを持っているのか知るために
フィギュアスケート以外のスポーツの監督や指導者が書かれた本を読むようになりました。
本を読むこと自体、意外と思われる方も多いかもしれませんが(笑)、
少しでもスケートの役に立つヒントがあればと思って読んでいます。
その中でも、野村克也さんの本には、なるほどと思うことがいくつもありました。
指導者になってから10年。まだまだいろいろ勉強していくことがあるんだなと、
改めて思っています。




私は読書する男子に弱い。
読書する自分に酔う奴は別。

必要に迫られ、片っ端から手に取る書物に軽い衝撃を受けつつ、どんどん謙虚になっていく。

読んだからって、自分はいきなり変わらない。
本来読書は人を横柄にはしないと思う。

一つの答えだけが欲しいのに、本は他の情報も「関連して」教えてくれる。
そのどうでもいいような関連情報が一番役に立つと思う。

そうして積もった点と点がいつかどこかで繋がった時の喜びは大きい。


四大陸の間は、木原選手を連れドイツに遠征とか。

例え月見草の本でもいい、チームB嬢の本なんか参考になさらなくって、本当にようございました。

ヤマト先生、応援してます。

蛇足ですが、今朝のyahooのトップにも(スポーツ欄にさえ)載りやしなかった四大陸の結果でしたが。

宮原選手に期待してる素振りなど全くなかったメディアが、いきなり

「女王の重圧…宮原、“守り”裏目に「悔しい」2位/フィギュア」(サンケイスポーツ)
このタイトルはどうよ?

本人は悔しがっていようが、メダリストのうち2名は日本人選手だったのよ。

おめでとうも、快挙の言葉もない報道は相変わらず。


ところで、全日本で女子選手のメンタルを思い切りつぶしにかかったスケ連ですが、ちゃんと結果を出してます。
当のスケ連のHPにはそれとわかるような「お知らせ」はありませんでしたけどね。

http://www.sanspo.com/sports/news/20150213/oth15021321180008-n1.html

真央休養…五輪支援ランク、フィギュア女子が最低のCに降格
SANSPO.COM 2015.2.13 21:18

 文部科学省は13日、五輪でメダル獲得が有望な競技を重点支援するマルチサポート事業で2018年平昌冬季五輪に向けてターゲット競技を見直し、昨年のソチ五輪後に浅田真央(中京大)が休養したフィギュアスケート女子を、金メダルが期待され、最も力を入れて支援する「A」ランクから新設した最低の「C」ランクに格下げしたと発表した。



勿論、選手に責任はありません。
浅田とも何の関係もないでしょう。
ただ一つ言えるのは、スケ連が浅田にしたこと、しなかったこと、それを後進にもしようとしていること。
その結果の一つが、この有様。

浅田はスケートが好き。
それでも尚、現役選手を続けることに躊躇するのは、上部組織がこれだもの、当たり前の話じゃありませんか。

今は男子に良い選手がわんさかいるから、それでもいいんでしょう。
でもこのまま続くのかしら。

全日本の女子の採点が、他のどの国際試合とも同じ傾向の採点だったならいい。
エッジエラー、回転不足、スピンのレベルでも。
どの試合でも、どの選手でも、同じように採点されるならどんなに厳しいジャッジでも、誰も不思議に思わない。

女子は実入りが少なくなった分、王者羽生選手への縛りはきつくなる一方でございましょう。
選手生命は長いほうがいい。

選手の使い捨てが自分たちの足場も揺るがすと、気が付かないで現在を貪る。

貧しい組織。



Comment:0  Trackback:0
back-to-top