現在の閲覧者数: カテゴリー "日常のこと" の記事 - 老嬢の鼻眼鏡

カテゴリー "日常のこと" の記事

水平線の向こうには

...

全力疾走

...

GとJK

...

ゴリオのQOL

...

送別会

...

早春

...

いつまでも女子

...

高さと奥行

...

予防接種も効かなかった

...

未来から来る少年

...

全力空気清浄機

...

職人さんの邪魔係

前回ブログを更新して以来、実は初めてパソコンを開きました。やっと引越が終わったのです。スマホで皆さまのブログは読めるのですが、携帯での入力は何しろ時間がかかるので自分は何も書けぬまま、時間ばかりが経っておりました。毎日引越していたわけでもないのに、何故パソコンすら開く間もなく毎晩寝落ちしてしまっていたのかと言いますと。そう、現場通いをしていたのです。引っ越し先の工事が遅れていたこともあったのですが...

明けましておめでとうございます

明けましておめでとうございます酉年。鳥。連想ゲームのオチはいつも通りです。今年もよろしくお願いいたします。...

本当に大事なものは少ない

...

大工の息抜き

...

「技師の親指」ならぬ、「職人の指」

スケ雨もスケカナも、ステップのレベルやら何やらでジャッジやルールについて細かく検証されておられるブログ様のフィギュア愛には頭が下がる。結果ありきの後付けで理由を探すためにルールブックがあるんだろうかと思ってしまう。キスクラで選手もコーチも一瞬驚くレベルだと、素人には余計に難しい。毎回重箱の隅をつつくように、ルールブックに載っている「理由」を探さなければ理解できない競技って・・・。私もフィギュアスケ...

サンダーモーニング

水曜日に何寝ぼけてるんだと言われそうですが。こちらの「サンデーモーニング」がサンダーでしたので。びびびびびっ!ときてしまって、我ながら驚きです。パトリックのエキシ、やはりエアリーエアリーしていてびっくりしました(@_@)なんじゃこれ! (Sunday Morning by Maroon 5)転んでもわざとなのか本当に滑っちゃったのかもうわからないくらい。いやもう、こづこづもここまで続けられれば良かったのに・・・・と、悔しいやら残念...

メープルは意味不明。

週末は、メープル杯だったようです。メープルは、日本女子にとっては苦い大会になりましたね。さっとん頑張れ!みんな頑張れ!と。テレビを流し見しながら見ておりましたが。女子は「表現力が・・・・。表情がっ!」で塗りつぶすような実況と解説でうんざりしました。この試合では、「表現力」がTV様のおふれになったようです。画面右下に予定の演技などの情報が出ていますので、今更解説のポンデがそれを読み上げる必要などないの...

若毛の至り

ゴリオ(仮名)の頭は、剛毛で強力な天パだ。小さい頃は坊主にしておけば「髪の毛が薄いのかしら?」くらいに見られていたが、小学生になると、格好のいじめの材料になった。公園での野球にも、グラウンドでのサッカーにも入れて遊んでもらえなかった彼を、剣道でもさせるか、と思い立ち、近くの道場に連れて行った。剣道場は武道場の2階にあり、1階は柔道場になっていた。ゴリオは頭を叩かれるのが嫌、という理由で2階に決して...

飾りじゃないのよ定規は

ライストでスケアメのショートを見たばかりです。もう、真央ちゃんだけでいいので。何かと忙しく、丁度電話中で、PCの前で電話しながら「キターーーーーー!」とガッツポーズしておりました。何度もリピしたはずの黒リチュですが、このスケアメの黒リチュの妖しさと言ったら!いやもう、もうもうもうもうもおおおおおおおおおおおおおお~~~~~~~!まさに宝石(⋈◍>◡<◍)。✧♡美術品?芸術品?いやもう、美しかったです💛点数は...

牛乳―――――♪

ゴリオ(仮名)が珍しく、「母ちゃん、あのさ、昔の唄でさ、こんなの知ってる?」と聞いてきた。「何にもなくって、とにかく何にもないんだよ。」「でさ、歌ってる人は『さん』って言うんだ。」・・・・・・・・・・?ゴリオの知性に元から期待はしていなかったが、この質問は・・・3歳児か?「ほら、なんにもねーって言う奴。」こんなゴリラでも息子なので、通じるものがある。私の脳裏に、昭和のあの歌が蘇ってきた。「それって...

遠足

今春職場をリタイアされた大先輩は、人間的な魅力も大先輩なお方だ。彼女と初めて話をしたのは、仕事の依頼の件ではなかっただろうか。いまだに同僚から、「あの話にはびっくりしたわー」と言われる無茶ぶりを彼女から課せられた私は、そのおかげで自分の奥に眠っていた「願望」や「欲求」に気が付くことになった。生まれて初めて、仕事をしていて腹の底から愉しかった。そんな大先輩を囲んで、様々な催しものが行われる。私も末席...

所属したい

ゴリオ(仮名)が、部活の試合中に狭心症発作を起こし、倒れてから最初の1週間。引きこもっているゴリオを残し、私は仕事に出ていた。昼も夜も、ひたすらパソコンで遊んでいるのはわかっていたが、その間、彼が何をしていたのか、その一端が判明した。彼は競技と共に、№8を諦めなければならなくなった自分と折り合いをつけるために、違う所属先を探していたのである。彼が求めた新たな所属先として現在わかっているのはこの2団...

俺の名は。

先日ドクターストップがかかって以来、ゴリオ(仮名)は1週間ほど自分の身に起こった現実を処理できず、じっと家に引きこもっていた。練習を終えたチームの友人達が家に来てくれた日も、冴えない顔をしていた。普通に考えても、これは挫折である。私は確かに男の子を産んだはずだが、気づいたらゴリラに育っていたので、彼の気持ちはわからない。ただ、このままゴリオをチームから引き離せば、彼の精神のバランスは崩れるだろうと感...

人生のホーン岬

オリンピックもクライマックス。今回、直前まで治安や選手村など、不安要素も多かった五輪なのに、なんと素晴らしい大会になったことか。チームワークの良さが際立っていた。陸上男子リレーの4人には、「ものづくりニッポン」的な努力と工夫が見えて誇らしかった。不可解判定もロンドンに比べると格段に少なかったように思える。報道だって、冬季に比べりゃ絶叫しようと失言があろうと、どれだけましだったことか。解説には愛があ...

女子会報告

盆と正月に、大体集まる同級生。今回は日曜日だったが、私たちの年代は忙しい。ようやく5人集まったのだが、毎回とはいえ、我が身の老化が嘆かわしい。よくよく聞けば、私以外の全員が、ホットヨガやジム、ウォーキングなどで「筋活」をしている。皆若い若い。お肌はつやつや、このクソ暑いのにふんわりスカートにストッキングにハイヒールとか。私には死んでも着られないノースリーブとか。階段を後ろから上っていると、彼女たち...

ゴリオの係活動

オリンピック期間中は、テレビをつけるとどの時間帯でも大抵何がしかのスポーツの中継や録画が流れていて、見ているだけで幸せだ。離れがたいがテレビを消し、とりあえず身支度を済ませ、車で2時間ほど走る。炎天下、10分と立っていられないほどの暑さと日差しの下に立つ。オリンピックとは無縁の、部活動見学である。ゴリオ(仮名)は今月だけでも合宿が3回。ほとんど休みなく、お盆も遠征だ。弱小の上、新チームにはメンバーが...

雑誌の整理をしていた

本棚がパンパンになり、家具の買い足しか買い替えを考えなければならなくなった。本や雑誌、資料の類が増えすぎた。こんな時、まず私は物をドンドン処分する。物だけではなく、増やすつもりだった家具も、逆に減らしてしまうほど処分する。部屋の片づけの際、一番の関所は本と雑誌の山である。この関所は、「読まねば通せぬ」とばかりに私の前に立ち塞がって時間を奪う。というわけで、今、私の手元にあるのは茶番の時のNumberだ。...

夜歩く

夕べ、いつものようにゆっくりまったりと食事を終えたゴリオ(仮名)。家でのスタイルはトランクス一丁を冬でも貫くゴリラが、夜の9時を過ぎてTシャツを着はじめた。何してんだ。『ヒサジーがさ、今から一緒に行こうって言うんだよ』『探しに行くのかい』『頑張ってくるぜ』『車に気をつけな』男の子の親は、この辺りは気楽である。「悪いことはするな」と言っておけば良い。あのガタイではそうそう被害者にはなるまい。結局近所...

迷子

今日は天気はともかく、湿度の高さと暑さで大変な一日だった。よりにもよってそんな日に。なんというか、入り組んだ昔の住宅街の迷路の奥にあるお宅にお呼ばれしたのだ。途中からは車も入れない道だ。お土産を抱え、歩くしかなかった。古い街の込み入った住宅街は丘が連なり、アップダウンも並大抵ではない。道に迷うこと、ほぼ1時間あまり。メールの道案内に従って歩いていたのに、途中から家々の塀に記された番地が目的地から遠...

先週の続き

はい、今週末も雨の中参加してまいりました。「英語観光ガイド養成講座」。今回は実地研修の巻だった。雨の予報が出たというだけで自主休講する気マンマンの私。ところが先週、講師の先生の弾丸トークに辟易していた友人の方が、「行く」と言う。まじかまじなのか?先週貰った資料一式に、あれから一度も触れていない私に比べ、彼女は会社にいるもう一人のYOU、「Pさん」に資料を読んでもらい、大まかな内容と、文章の書き方のパタ...

週末の午後

高校時代の友人は、設計の仕事をしている。なのになぜだか会社で翻訳をする部署に回され、そこで一緒に働くYOUに悩まされているらしい。仮にそのYOUをPさんとしておこう。Pさんは友人の発音を一語一語訂正しながら、話す。どんな会話も全て彼の『その発音は・・・ちゃう!』に遮られ、小さな彼らの部署は彼の弾丸トークの独壇場となる。或る時は『今週末はバーベキューやろうよ』と誘ってきた。友人は几帳面なので、早速自宅の庭に...

齢80歳の興奮

バレーボールのリオ予選にすっかりハマりこんでいた80歳の母。最近少し元気になった彼女は、「もう~心臓がバクバクいうんだわー」と、コワいことを言いながら日本チームの応援を続けている。そういえば、彼女の母は、相撲が好きだった。千代の富士の全盛期。毎日毎日「あの千代めがっ!あの千代がっ!」と、他の力士を寄せ付けない強さに文句言うのが元気の素だった。千代が強ければ強いほど威勢の良さが増していく。なので場所が...

テスト期間

ゴリオ(仮名)はテスト中。本当ならわずかなテスト前の部活休止期間とテスト期間をフル活用すべきだと思う。ところが、彼が家に帰ってきて言うことには。テスト勉強をするために友人たちと出かけたマックの近くで「献血ルーム」に誘われ、断り切れず「飲めや食えや」に乗せられて献血してきたそうな。緊張してとんでもなく血圧が上がったことを除いて、どうやら彼の献血初体験は楽しいものだったらしい。初めての未成年献血者は感...

購買ぶ

さて、一昨日の夕方、いつものごとくスーパーで大量の食料品を買い込んでいると、隣でオットが、もしかしたら今日は母の日ではないかと言い出した。「来週じゃないの?」と返事をしつつ、サケの切り身の大きさをジッと見極めていた私だが、そういやスーパーのあちこちに「母の日」なるのぼりが立っている。ほんの数日前に「こどもの日」と称してゴリオ(仮名)所望の回る寿司を食べさせたばかりではないか。それなのにもう母の日と...

齢80歳の困惑

母が、「これ、どう思う?」と取り出したのは、いつもお世話になっているデイサービスのスタッフから頂いたというプレゼント。キーホルダーだった。80歳の母がお花のレイをかけて笑っている写真が、丸いキーホルダーになっている。「あら、よかったね」私は本当にそう思ったのだが、母は憮然として言った。「誰がこんなの、欲しいと思う?」彼女は老いた自分の顔を晒すキーホルダーに困惑していた。「これをさ、私がどこにつけるん...

合宿の週末

世界選手権をゆっくり見るには、余りに忙しい週末だった。明け方まで仕事とネットで読んだり書いたりした挙句、早朝5時半から合宿所で朝食作り。練習試合の会場までの車の中の往復の時間が唯一熟睡できる時間だった。朝食の片づけの後は昼食まで作って競技場に持って行き、練習試合の部員たちに食べさせて又夕食作りに合宿所に戻るという。ど根性な週末。ゴリオたちのチームは、大きな怪我をする子もいず、(両肩脱臼でさえまだ良...

新年度

満開に咲いた桜の花を眺めながら、今日は屋外テラスのレストランで慌ただしいランチを仕事仲間と食べた。今日からまた新年度。やっておかなくてはならない仕事が山積みで、時間がたつのを忘れていた。着替える時間も惜しく、そのままゴリオ(仮名)の合宿所に向かう。保護者は合宿の飯炊き要員なので、とりあえず間に合わなくても行っておかなくては申し訳が立たない。毎度家で持ち帰りの仕事を抱える私には、非常に辛い。明日も早...

送別会

さっき確認したら、昨年の今日も、同じように送別会の話を書いていた。昨日、一昨日と送別会が続き、遅い帰宅後、ゴリオ(仮名)の翌日の弁当のおかずを作っているうち目が冴えてしまい、2晩続きで遅くまで起きてしまっている。仕事の上では一匹狼の私が、誰かとの別れをこんなに寂しく思うようになるとは、思ってもいなかった。共に何か仕事をしたわけでもなかったのに、話をする余裕もほとんどなかったのに。心の琴線に触れる出...

お人形の方のフィギュアの話

ちっちゃいものと言えば「おじゃるで雅な」アニメに「ちっちゃいものクラブ」があって、テーマソングで行進していた。小さいものというのは、なぜにあんなにカワイイのだろう。フィギュアというと、普段スケートのこと(スポーツ的な分析なんて一切ありませんが)を書くこともあるが、ここでいう「フィギュア」は、いわゆる「特定の趣味を持った方々が愛好する人形」のことである。ゴリオ(仮名)は「けいおん」のフィギュアに始ま...

ホワイトデーの自立

三寒四温の季節。突然暖かかったり、急に冷えたりで何を着ればいいのかわからない。昨日は少しのどかなあたりに車を飛ばすと、もう菜の花と、早い桜がチラホラと咲いていた。ハナミズキも満開で幸せな気持ちになる。そんな3月・・・。今年のバレンタインは日曜だったが、ホワイトデーは月曜日。大抵のことは女の私が動かなくてはなーんにもしない我が家の男共。そこでバレンタインもホワイトデーも自分で準備することになる。クソ...

男子高校生の(かかあの)日常

「男子高校生の日常」というアニメがあるのを、ご存知でしょうか。ゆるくてなかなか好きなんです。つべで第1話が見られます➡こちら最初や最後にちょっとだけ「女子高校生は異常」という小ネタも出てきますが、こちらもありえない展開でまあまあ。で、彼らの「かかあの日常」は、どーなんだ、と。ゴリオ(仮名)という生物を育てている私の場合を言えば、その日常とは・・・。弁当+捕食捕食捕食買い物買い物買い物夕飯はイメージ...

特急券

いらんことをよく引き受けてしまう。得にもならず、別に大したこともできないくせに、準備だけはやたらかかる。私の弱みは、その「いらんこと」が好きだというところだ。残業代がつくでもなく、当日までに要した時間など数える気にもならない。おかしなもので、努力は確かに嘘をつかないが、人の記憶に残るのはちょっとした「破たん」だったりする。結局、自分は取り繕えない。相手のために仕事を超えて何かしようと思ったら、知識...

スケートじゃない話2

これは、日記ですので、勿論日常の愚痴なんかも書きたいわけだ。そう、愚痴を言いたくもなるのは、勿論ゴリオ(仮名)のことですわ。ちょっと追記しておくと、学生というもんは、なぜにこう、忙しいのだろう。忙しいのを自分でマネジメントするならいい。でも親の手助けを必要とするほど忙しくしていては意味が無いと思う。自立のための数年間なのだ。親元を離れる直前まで、こうも全てにおいて親がかりで良いものか。子離れしたく...

後悔先に立たず

毎年盆と正月には、学生時代の友人達と集まってあれこれ話すのが恒例だ。お盆は休みがないので参加できないが、お正月は何としても行かなくてはと頑張って行くようにしている。毎年毎年わかっちゃいるのだが、私は友人たちの中でも一番おばさん臭く、ケータイも使いこなせず、頭の回転も鈍い。今年は特にレポートに追われていたので頭はボーっとしたまま、バタバタと待ち合わせの場所に急いだ。その場に来られなかった友人に送るた...

あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます。昨年は浅田真央選手、復帰の素晴らしい年でした。今年も選手としてコールされる彼女がリンクに表す姿を、ドキドキしながら見ることができるなんて、本当に幸せものです。白鳥の湖に乗せたバラ1の演技動画です。表現力は「顔芸」や「感情表現」と一緒に語られがちですが、彼女の表現には基礎を重ねた身体の動きから発せられる「正確さによる天然の美」を感じます。彼女の演技に、ひまわりの種で有...

下敷き

天候不順の日々。晴れたり降ったり、妙に暖かかったり、突然極寒かと思うように冷えたり。そんな中、泥んこスポーツは雷でも落ちてこない限り、中止になることはない。昨日も降ったり止んだりを繰り返す天気の合間にゴリオ(仮名)の試合は行われた。流血、骨折、脳震盪。一試合に3つ揃って、見ているだけでも眩暈がしそうだった。ユニフォームの色もわからなくなるほどの全身泥だらけ。なんで、こんな苦労をわざわざするんだろう...

夕飯時の会話

夕食時、女子のフリーが始まったあたりで食卓を囲んでいた。「副音声」でライブ のおかげで今日も快適でございました。ポゴとレオノワが昨日の転倒の後大丈夫だったか気になっていたり、、木原選手のキスクラのキャシーさんに嬉しくてたまらなかったり、私の頭はグルグル忙しかった。未来ちゃんの演技を観ながら、「点出してくれよ~~~!」と祈っていたら、オットが「あ、歌詞入り音楽使って良くなったんだ」と言った。ゴリオ(...

はみ出し者

「できるところまでやっぱり、やりきらなきゃだめだろうなって。」こう言って、競技に復帰した浅田選手。「迷ったら、やる。それが私のルール」ECCのCMでは、こうもおっしゃいました。「やりたくてもやれない時は来る」――ならば浅田はやる。私の年齢では、「やりたくてもやれない時」はもう目の前だ。『自分の居場所はここだ』浅田選手がそう信じた場所に、彼女は立ち続けることを選んだ。浅田選手の残す足跡をたどって、私も自ら...

スケートじゃない話

すみません。完全に独り言日記に書いておこう、の回ですので、スケート関係の話ではございません。先日もスケカナで銅メダルを獲った永井選手が、早朝練習の送迎をしてくれたお母さまへの感謝を口にしていました。メダルを獲るような選手の家族の方は、それこそ大変でいらっしゃると思います。宮原知子選手も、早朝からお父様の車で練習に行く姿も、車内で食事をとる様子も、テレビで以前放送されていましたね。皆厳しい練習を積み...