現在の閲覧者数: 老嬢の鼻眼鏡

活字中毒の業

...

  • 2017.04.26

水平線の向こうには

...

ほめごろし

...

はなのすきなうし

...

  • 2017.04.21

誰にも見えない

...

  • 2017.04.20

全力疾走

...

技術と芸術?

...

すべてを抱きしめたい

...

「やすらぎ」はどこに

...

スマイル

...

美しいひと

...

違和感

...

空を仰いだ

...

QED(エラリー・クイーン風に)

...

背中

2017年4月10日(月)ご報告致します。突然ですが、私、浅田真央は、フィギュアスケート選手として終える決断を致しました。今まで、長くスケートが出来たのも、たくさんの事を乗り越えてこれたのも、多くの方からの支えや応援があったからだと思います。ソチオリンピックシーズンの世界選手権は最高の演技と結果で終える事ができました。その時に選手生活を終えていたら、今も選手として復帰することを望んでいたかもしれません。...

夜は短し走れよゴリオ

...

ネイサンの'Sleeping Beauty'

...

太鼓持ち居酒屋

...

GとJK

...

プログラム

...

味わいたい

...

ラヴェンダー咲く

...

ゴリラとポゴリラヤ

...

ゴリオのQOL

...

STEP×3

...

その先に道はある

...

牛飼いになるには

...

  • 2017.03.25

送別会

...

孫の応援

...

風車の弥七ファンクラブ

中学の時、若干名で突如としてできた「風車の弥七ファンクラブ」。肝心な時にあてにならない奴は多いが、弥七は「ここぞ」という絶妙なタイミングで「シュッ!」と現れ、いつの間にか去っていく。隠密とか忍者とか、そんな枠にとらわれない黒子のボディーガードだった。「弥七ファンクラブ」は、東野英治郎の黄門様も愛おしいが、クールな弥七になぜか母性本能をくすぐられるという女子の集まりであった。いつも陰で守ってくれる男...

ノリノリの歌

カテゴリに「好きなもの」というのを増やした。好きだけど、ちょっと恥ずかしい。そんなものがたくさんある。そんなことを誰でも読めるブログに書くのもどうかと思うのだが、ま、書く分には楽しいので時々書いておこうかと。私が今でも一番ノレる曲は、やはりRCの「雨上がりの夜空に」なのだが、それ以前からずっとノリノリになれる曲があったとしたら、やはりこれだろう。というのも、好きな曲がカラオケになくて残念だった話を思...

早春

...

沈黙の中の饒舌

以下の日記は本の内容に踏み込んでいます。キリスト教に関しては知らないことも多いので。単に「沈黙」を読んだ感想を書いた日記ですのであしからず。...

  • 2017.03.11

大学4年生で、跳べちゃいました!

...

アマリリスが残すもの

...

  • 2017.03.05

アナ雪

...

いつまでも女子

...

高さと奥行

...

Dilly Dilly

...

  • 2017.02.19

数値化

...

勝者は全てを奪いはしなかった

...

予防接種も効かなかった

...

相反する話

...

未来から来る少年

...

全力空気清浄機

...

変わり身の速さ

...

マオリ族の昔話(追記あり)

3月公開のディズニー映画「モアナと伝説の海」の元になったというニュージーランドのマオリ族に伝わる物語の絵本を読ませてもらった。「Maui and Other Maori Legends: 8 Classic Tales of Aotearoa」PETER  GOSSAGE /著映画では風と海の守り神となっている「マウイ」が主人公。最後の方はマウイは出てこないが、自然豊かな伝説が美しい絵と共に描かれる。何しろ絵が素晴らしく大胆でアート。太陽から放射される光を「マウイの綱...

  • 2017.02.08

畳の銀河

「The Tatami Galaxy」こうググると、➡http://ejje.weblio.jp/content/The+Tatami+GalaxyWeblio英和対訳辞書での「The Tatami Galaxy」の意味The Tatami Galaxy四畳半神話大系『四畳半神話大系』(よじょうはんしんわたいけい)は、森見登美彦による日本の小説である。こんなん出てきました|д゚)で、OPをつべで探すとアジカンの曲なので著作権法に守られているとはいえ。海外アニオタの手によってちゃんとupされているのだった。と...

あの子でなきゃやらないこと

...

待ってたぜ!

...