現在の閲覧者数: 老嬢の鼻眼鏡

その先に道はある

...

牛飼いになるには

...

  • 2017.03.25

送別会

...

孫の応援

...

風車の弥七ファンクラブ

中学の時、若干名で突如としてできた「風車の弥七ファンクラブ」。肝心な時にあてにならない奴は多いが、弥七は「ここぞ」という絶妙なタイミングで「シュッ!」と現れ、いつの間にか去っていく。隠密とか忍者とか、そんな枠にとらわれない黒子のボディーガードだった。「弥七ファンクラブ」は、東野英治郎の黄門様も愛おしいが、クールな弥七になぜか母性本能をくすぐられるという女子の集まりであった。いつも陰で守ってくれる男...

ノリノリの歌

カテゴリに「好きなもの」というのを増やした。好きだけど、ちょっと恥ずかしい。そんなものがたくさんある。そんなことを誰でも読めるブログに書くのもどうかと思うのだが、ま、書く分には楽しいので時々書いておこうかと。私が今でも一番ノレる曲は、やはりRCの「雨上がりの夜空に」なのだが、それ以前からずっとノリノリになれる曲があったとしたら、やはりこれだろう。というのも、好きな曲がカラオケになくて残念だった話を思...

早春

...

沈黙の中の饒舌

以下の日記は本の内容に踏み込んでいます。キリスト教に関しては知らないことも多いので。単に「沈黙」を読んだ感想を書いた日記ですのであしからず。...

  • 2017.03.11

大学4年生で、跳べちゃいました!

...

アマリリスが残すもの

...

  • 2017.03.05

アナ雪

...

いつまでも女子

...

高さと奥行

...

Dilly Dilly

...

  • 2017.02.19

数値化

...

勝者は全てを奪いはしなかった

...

予防接種も効かなかった

...

相反する話

...

未来から来る少年

...

全力空気清浄機

...

変わり身の速さ

...

マオリ族の昔話(追記あり)

3月公開のディズニー映画「モアナと伝説の海」の元になったというニュージーランドのマオリ族に伝わる物語の絵本を読ませてもらった。「Maui and Other Maori Legends: 8 Classic Tales of Aotearoa」PETER  GOSSAGE /著映画では風と海の守り神となっている「マウイ」が主人公。最後の方はマウイは出てこないが、自然豊かな伝説が美しい絵と共に描かれる。何しろ絵が素晴らしく大胆でアート。太陽から放射される光を「マウイの綱...

  • 2017.02.08

畳の銀河

「The Tatami Galaxy」こうググると、➡http://ejje.weblio.jp/content/The+Tatami+GalaxyWeblio英和対訳辞書での「The Tatami Galaxy」の意味The Tatami Galaxy四畳半神話大系『四畳半神話大系』(よじょうはんしんわたいけい)は、森見登美彦による日本の小説である。こんなん出てきました|д゚)で、OPをつべで探すとアジカンの曲なので著作権法に守られているとはいえ。海外アニオタの手によってちゃんとupされているのだった。と...

あの子でなきゃやらないこと

...

待ってたぜ!

...

全員探偵団でチェロも弾く

パソコンを開く余裕のなかった間も、寝しなの本は開いていた。1度に何冊も読むのは好きではない。でも致し方ないこともある。「読書日記」や「記録」を付けている方々は偉いと思う。読書系のWebサービスやSNSもわんさかある。使いこなせれば本当に便利だ。私にはそういうことができない。「きちんと」記録を残すということができない。なので日記に時々忘れないための記録を残すのみ。最近読んでしまったり、読んでいる途中だっ...

  • 2017.01.27

職人さんの邪魔係

前回ブログを更新して以来、実は初めてパソコンを開きました。やっと引越が終わったのです。スマホで皆さまのブログは読めるのですが、携帯での入力は何しろ時間がかかるので自分は何も書けぬまま、時間ばかりが経っておりました。毎日引越していたわけでもないのに、何故パソコンすら開く間もなく毎晩寝落ちしてしまっていたのかと言いますと。そう、現場通いをしていたのです。引っ越し先の工事が遅れていたこともあったのですが...

親切な「もっと」さん

大学ラグビーの決勝戦を見ているのですが。副音声が💛「もっとラグビー」何が「もっと」なのか知りたくて、副音声にしてみました。どうやら主音声が普通の解説(わかる人用)副音声が親切な解説(よくわからない人用)みたいです。これは親切だと思いました。「もっと」というだけのことはあります。「外国人留学生はぁ、2名までしか入れられないと決まっていますのでー」という大学ラグビーミニ知識とか。「倒れたまま手を使ったと...

カメラの技術

花園の決勝戦は、素晴らしい戦いとなりました。80歳を過ぎた母から興奮した電話がかかってまいりました。「もうね、すごい試合で、ドキドキしちゃったよ。」こっちが母の心肺機能を思うとドキドキしてしまいましたが。それにしても、力の拮抗した良い試合でした。何というか、そのフェアプレーな感じが気持ち良く。勝っても負けても、両チームが力を出し切った結果を、すんなり受け入れられる爽快感。あのスピードと大きな人たちの...

レッツゴー ROAD TO THE DEEP NORTH

『ちはやふる奥の細道 (新潮文庫) 』小林信彦/著W.C.フラナガンという、日本文化研究における第一人者と自称する架空のアメリカ人が書いた“芭蕉と日本”を、あの小林信彦が翻訳した、という設定の元で書かれた、小林信彦による著書。なんだか回りくどくて面倒くさいのだが、実際の著者は小林信彦ということだ。私がこの本と再び出会ったのは、PTAの会議場になった、ゴリオ(仮名)の学校の図書室だった。なんと、「俳句・短歌・和歌...

  • 2017.01.07

都合のある記事

...

キャプテン ゼブラ

InsideSkatingに、ランビとデニスの師弟コンビの「四季」話が載っていました。"Captain Zebra"と "Philosopher Vasiljevs" http://www.insideskating.net/2016/12/14/interviews/captain-zebra-and-philosopher-vasiljevs-a-story-told-by-stephane-lambiel-and-deniss-vasiljevs以下、あまりにざっくりとした意訳ですので、上記サイトをお読みになられることをお勧めいたします。ラトビアのデニス・ヴァシリエフス君は怪我に悩ま...

明けましておめでとうございます

明けましておめでとうございます酉年。鳥。連想ゲームのオチはいつも通りです。今年もよろしくお願いいたします。...

新しい年へ

おせちの準備(今年は詰めるだけ( ´∀` ))お雑煮の出汁取り、具の下ごしらえ。大掃除ついでに、引っ越し準備の下準備。気が付くと、何時間も経っていて驚きました。テレビをつけると、全日本選手権の再放送中。録画していたので、休憩がてら、ゆっくり見直しました。やはり浅田真央は、違うフィールドで戦っているように私には見えました。スポーツ選手として、その競技を極限まで突き詰めようとすると、それはスポーツを超えて、...

センパイの係活動

花園では、連日熱戦が続く。Jスポで見ているが、チーム名にくっついているあの「アニメキャラ」は一体なんなのだ?➡私が知らないだけで、ちゃんとした漫画のキャラらしい・・・。...

ライムライトの君の名は億単位の価値がある

「自分と戦うからだよ。諦めてはいけない。幸福のための戦いは美しい。幸福は実在しているよ。」映画「ライムライト」より私も道化師となって、真央ちゃんにこう言ってあげたい。...

  • 2016.12.27

生き様

心から美しい、と思います。跳ぶことを止めない姿。舞い続ける、赤い靴。ありがとう。...

スケーターとして必要なものは全て持っている

高橋氏の話  「最初のアクセルがシングルになってしまったのは、非常に残念なんですけど、やはり雰囲気の作り方というのは、格が違うなという風に感じましたし、最後のステップなんか本当に、スケーターとして必要なものは全て持ってるという印象を持ちましたね。素晴らしいです。」       泣きました。演技にもですが、演技後の男前な姿にです。自分が望んで戻ってきた、その落とし前は自分でつける。本当に素晴らしい黒...

「絵と言葉で語る」―アリスの同類

本当は全日本の後にゆっくり書くはずだったが、今夜の試合を思うと落ち着いていられないので、先に書いてしまおう。但し、私の中で不消化、不勉強なままなので、この記事は随時更新となっていくかもしれない。今年読んだ中で、一番面白かった本。この本一冊の価値は、諸々の本をもっと読みこまなくては私などには理解できないだろう。豚に真珠と言いたくなるほど、私には珠玉の本だった。鳥獣戯画などの絵巻物を、「十二世紀のアニ...

  • 2016.12.24

いじわるばあさん

...

祈るだけ

最終滑走!GO! MAO!...

本当に大事なものは少ない

...

即興のステップ

この背中に。言葉は、必要ない。でしょ。...

アクセルより、ブレーキで。

...

始まらない女子SP

...

戻ってきてくれて、ありがとう

...

ウルトラMao

待ちに待ったストナのCM。何度見ても圧倒的な迫力と体の線と動きの美しさでございます。日本全国47都道府県を駆け抜けるウルトラMaoと風邪Maiさん。見たこともない、美しいウルトラマン的、巨人ですね。何が素敵って、ウルトラもカゼさんも、ハイヒールなんです。ハイヒールのブーティー履いたウルトラな巨人ですよ。しびれます❗元祖ウルトラマン氏。軽く500回転くらいは跳んでいらっしゃるかと。画像が鮮明ではありませんが、こん...

小さな■

...

二番目の悪者

...

  • 2016.11.24

味は出てても点は出ない

...